独立・起業・経営・人脈の知恵袋マガジン

★【きぷら開運014 号】★50代と30代SOHOのコラボレーションの罠

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 き┃ぷ┃ら┃  Keyplanet MailMagazine
 ━┛━┛━┛                            2001/08/23 開運014号

             【独立・起業・経営・人脈】の知恵袋 きぷら
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■INDEX■
      ■きぷらのコラム
               ▼『50代と30代SOHOのコラボレーションの罠』
                                   玉井 昇

            ■キープラネットメンバー紹介
               ▼ 山本 美江 
                  パソコン指導、Webサイト構築 
        ▼ 渡邊 桃伯子
                 (株)ともクリエーションズ
                 教育ソフト企画開発、通販システム構築、
         BtoBシステム構築

            ■今週の教訓

            ■編集部からのお知らせ

            ■編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■きぷらのコラム「きぷらム」

     ▼『50代と30代SOHOのコラボレーションの罠』Vol.1 
                               
                                             玉井 昇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 イヤなら断ればいいんだけど

  「相手に何を言われても、まず自分の利益を考えろ」
  「一番大事なのはお金だよ」
  「変なプライドよりお金を考えなさい」
  「家族を養うにはお金が必要だろう」

 と言われて
 今まで、「そんな安い金額では受けられません」と断っていたので
 (値崩れをおそれたのと安売りしたくなかったので・・・)
 なんか考えてしまって。未熟者だから・・・
 そこでアドバイスどおり、「お金」中心に考えました。

 が「やり方がずるいなぁ」と馬鹿正直な玉井の感情センサーが点滅
 したのでした。

                                             玉井 昇


 (初めに断っておきますが、全ての50代のSOHOに対して当てはま
  ることではないです)


  「君のような技術のある人に仕事が来ないのはおかしい!」
  「君は技術は良いが営業センスが悪いからだ」
  「センスはもうボロボロ!」
  「なってない!」
  「そもそも何言ってるかわからない!」
  「いったい何を考えているのか?」


  先日、4年位お取引のある50代のSOHOのお客様に初めてお
 酒をご馳走になったときの事だった。

 お取引を始めて2年くらい経ってから、ちょくちょくこのようなお
 言葉を戴き始めたが、お酒の力も手伝ってかその叱責が爆発した。

 しかし、お酒が進むと本音がチラホラ見え出した。


  「当社は君の御陰でインターネットを早くから導入できたし、
   売上の大半がネット経由で来るようになった」
  「もう、インターネットなしでは考えられない」
  「君には感謝している」
  「君と会わなかったら今の我社はない」
  「いつかドカッと御礼をするから」
  「海外は好きか?」
  「アメリカ行くか?」
  「スイス行くか?」


 何度か「御礼をする」と言われたことはあるが、実際に御礼をされ
 たことは未だかつてない。お酒の席では良くあることだと適当に話
 をあわせていた。が、次の瞬間、わが耳を疑った。


   「今、仕事的に少し時間があるようだったら、時間を有効利用
  する為に我社に出勤しなさい。君のその営業センスを良くするた
  めに、私の下で働きなさい。そして学びなさい。
  それについては、勉強だから満足の行く数字ではないが勉強だと
  思ってこの金額でやってみないか?」


 その条件だと51時間を超えた場合時給は半額。ネット売上を増やせ
  ば労働時間も200 時間まで認められ、月商に比例して時給が段階的
 にUPするしくみとパートさんの時給より少し良い程度の金額がギッ
 シリとメモに書いてあった。


 先方に都合の良い実質的な値下げ勧告であった。同じ作業で今まで
 の半分にも満たない報酬である。
 ここ一ヶ月くらい「今は仕事どうだ?忙しいか?暇か?」とやたら
 聞かれた理由が始めてわかった。



  今、50代でSOHOとして事業を営んでいる方の多くは、法人、
 個人に関らず共通の問題を抱えている。

 現在ビジネス市場の流れの中で勝ち残っていくには避けては通れな
 い大きな壁が彼らの前に立ちはだかっている。
 それは「IT化」である。
 50代のSOHOが今の地位を築くまでには相当な努力を要したこ
 とと思われる。専門分野で実績を残しながら、がむしゃらに走って
 きたとよく聞く。
 50代といえばアナログの世界では脂の乗った世代だろう。

 がしかし、ここ数年で起こったIT化の波はそんな経験や実績をも
 お構いなくすべての事業者に襲い掛かった。
 この波に乗り遅れたら、いかに実力のある彼らとて生き残るには至
 難の業である。
 そうなると道は2つ。
 IT化を諦めアナログで通すか、IT化にシフトしていくかだ。

 後者を選んだ50代SOHOは自身で勉強していたのではスピード
 に欠ける。ラットイヤーとも言われるIT時代でIT化のスピード
 が遅いのは致命傷となる。

 そこで若い人にアウトソーシングすることになる。良いパートナー
 に出会えた幸運な50代はIT化のメドがなんとか立ち、アナログ
 からデジタルへとシフトチェンジに成功する。それどころか、遅れ
 をとったライバル達を出し抜き、一躍業績を向上させることになる。
 IT化の恩恵を肌で実感する瞬間である。



  一応の結果がでた頃から、だんだんと雲行きが怪しくなってくる。
 昔の成功体験を捨てきれず、この成功は自身の力と錯覚するのであ
 る。そうなると、社会経験の浅い若手SOHOを軽ろじ始めるので
 ある。
 知らないノウハウや技術を教授していた姿勢はなくなり、良いパー
 トナーとしてではなく、一労働者として見るようになる。

 自身の成功体験が強ければ強いほどその傾向は日増しに強くなり、
 やがて、若手SOHOに払っていた費用も勿体無く思えてくる。
 そして言葉巧みに安く使おうと目論むようになるのである。



 後日、事務所に伺った。
 空き時間を利用するはずの仕事が山のようにあり、「大至急やって
 ください」という注文付きだった。報酬は以前の請求額の1/3で
 ある。


 私は期せずして、過去2年間に2人の50代SOHOから全く
 同じ扱いを受けた。
 確かに、根っこの部分では育てようする気持ちがあるのかも知れな
 い。
 が、一度良い返事をしようものなら、今までには費用が気になって
 出せずにいた仕事をここぞとばかりに大量に持ってくる。
 その態度には、育てようとする姿勢は微塵も感じない。
 「あれも、これも、みんなさせよう!」という行動にでるのである。
 挙句に、「IT関連でいいアイデアがあったら、当社で事業化する
 から、言いなさい。」となる。


 50代SOHOが苦手とする分野の若手SOHOを言葉巧みに取り
 込み自身のビジネスを発展させようとしているのである。
 その頭の中にはもはや若手SOHOの仕事やビジネスの発展のこと
 など微塵も入っていないように思う。



 私は以前に同様の誘いを受けた時、提示された業務の内容に惹かれ
 た面もあり「高級な職人」をめざし、その誘いを受けた。
 結果、提示内容とは程遠い職務内容や支払いでトラぶり、袂を別つ
 ことになった。

 「高級な職人」をめざすからには、技術の安売りは厳禁であり、専
 門分野を外れた雑務に時間を割くことは望ましくない。
 そういう意味では今回の誘いは受けるべきではないであろう。


 しかし、今回は「経営的見地」からこのお話を(条件付で)受け、
 売上を増やすことを選択した。
 技術者としては単価が下がることは簡単に容認すべきではないが、
 少なくともそこに商売がある以上お客様の満足を引き出し、売上を
 確保することが重要である。その上で、利益のでる方法を模索する
 ことを考えたい。


 世代やSOHOとしてのスタンスの違いによって、様々な選択肢は
 あると思う、その中でベストな選択ができるように常に自身の立場
 を明確にして置きたいものである。

 『50代と30代SOHOのコラボレーション』が不幸な結果に
 ならないことを祈ってやまない。


 ┏<プロフィール>――――――――――――――――――――┓
      作者  :  ソフトプランニング 代表  玉井 昇
     業務内容:  インターネット関連サービス
            ソフト開発
     E-MAIL :  n-tamai@softplanning.com
     HP  :http://www.softplanning.com
  ┗――――――――――――――――――――――――――――┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■きぷらのコラム「きぷらム」

    ▼メイキングオブ『50代と30代SOHOのコラボレーションの罠』Vol.2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


====▼編集部Kさんの突っ込み

 多分、玉井さんがSOHOというキーワードを使って、読み物に
 したかったという、隠れ根性がみえる。違うべが?(津軽訛)


====▼玉井の主張

 ショック!(;;)
 一番伝えたかったのは
 「50代のオッチャンは人生経験が多い分、注意が必要だよ」
 ということを伝えたかっただけです。

 読み物に仕上げるだとか宣伝に利用するだとかの機転があれば、
 こんな経験は簡単に切り抜け、怒りもないです。

 今回も読み物として書いたのでなくて体験に基づいた警鐘文のつも
 りでした。

 決してヘッドハンティングとかのいい話ではないのです。
 ただただ、安く使いたいだけ!

 玉井は完成度うんぬんより、体験した熱い気持ちを読んでほしかっ
 ただけです。だから体験したその夜に書きました。


====▼編集部Kさんの突っ込み

 だましたい50代の経営者側に立つとすれば、こんなに有能な人なら
 手込めにしてでも抱えたいと思うのは当然ではないですかね。
 経営者なんだもん。


====▼編集部Mさんの突っ込み

 そうだ、そうだ。
 玉井君は、な〜〜に怒ってるの?

 自分のスタンスをはっきりさせれば、もっと言いたいことがはっきり
 してきて、この文章はさらに、インパクトのあるものになると思うよ。


====▼編集部Kさんの突っ込み

 開発費用が、人件費に変わったあたりから、
 ズレてくるのかな???


====▼玉井の主張

 例えば、ホームページの表紙をデザインし直すJOBを受託したとし
 ますね。その効果があって検索エンジンのヒット率もぐんと上がりま
 した。

 暫く経って、また変えたくなりました。
 今回は、前回ほど払いたくありません。
 なので、いろんな事を言って、時給2000円で作業させてしまおうとし
 ます。

 デザイナーのデザイン料は時給でははかれる対象のものではありませ
 んよね。
 本来、デザイン料として10万円いただいた実績がある(として)のに
 時給で換算したら同じ仕事が8千円の請求金額になってしまいます。


 時給に変わる理由がこちらからお願いしたわけではなく、
 営業のセンスが悪いから云々かんぬんと一方的に言われて・・・

 これは怒りの対象とはなりませんか?
 前に受けたのと同じ作業なんですよ。


====▼編集部Kさんの突っ込み

 でもあれ? と思ったのは
 『そこでアドバイスどおり、「お金」中心に考えました。』
 っていうなら、受けてないのでは?
 だって、お金中心なら受け入れられない金額だったんでしょ?


====▼玉井の主張

 違うの!
 断れば収入は0でしょ!
 受けれは何時間手塩にかけて完璧に作業してもいいわけじゃん!
 満足のいく良いもの作るには時間がかかるでしょ。

 水増し請求はしないまでも、正当な仕事には構想とか調査とか時間
 がかかるのです。
 社員やパートさんだったらそれこそ勉強時間もお給料もらえるでしょ。
 だからそう言った時間も請求時間に換算することができる。
 相手の会社の為の時間主義とでも申しましょうか。
 だって、その仕事をするためにかかった時間は実作業時間だけじゃ
 ないのです。

 反対に従来どおりの見積による受託の場合は、スキルUPや構想など
 は自分もちでやっています。アウトプット主義と申しましょうか。

 そう考えてお受けしました。


====▼編集部Kさんの突っ込み

 この人、50代は50代だけど、普通はSOHOとは呼ばねべな。
 MのFさん、建築の、あの人だって1人で会社をやってて、
 電話番のおばさんはいるみたいだけど、社員は誰もいねだよ。
 Fさんを誰もSOHOとは呼ばねしよ。


====▼玉井の主張

 うそ!? えーーー?びっくり!

 SOHOって個人、法人に関係なく少人数で事業をしている
 人たちをさすでしょ!
 スモールオフィスホームオフィスの略でしょ
 私の中ではMのFさんもBさんもSOHOですよ。
 だって、玉井が明日法人になったら明日からSOHOじゃないの?
 玉井はだいたい20人以下の企業はSOHOだと思っていましたよ。


====▼編集部Kさんの突っ込み

 SOHOとは、法人・屋号まったく関係ありません。
 だから玉井さんは会社にしなくても、現在SOHOですよん。
 間違いなく。

 ベンチャーのように拡大志向でなく、自分らしいサイズで
 自分の幸福観にあわせて仕事をしていくのがSOHOとしての特徴だと
 日本○○センターのHさんも言っておられます。


 私自身はSOHOではありません。
 生き方にこだわると、拡大していく方法にはならないかもしれませ
 んが、個人のレベルでいいと思ってしまえばそれで終わりになって
 しまうので、私としては、出来るならば<自分なりのサイズで>、
 拡大していった方がビジネスとしてはおもしろいと考えています。

====▼玉井の主張

 知らないうちにそんな見解が一般的になっているとは驚きです。

 とすると私もSOHOではありません。
 拡大志向ですから、ただ、私の場合拡大できないだけ・・・

 「自分なりのサイズで拡大」とは面白いですね。

 尺度は体重かしら・・・うそうそ



====▼編集部Mさんの突っ込み

 30代SOHOの玉井さんは、その50代経営者に対して、

  ●自分の立場をどのように位置づけていますか?

====▼玉井の主張

 対等な取引関係を望んでいます。
 仕事に見合った報酬は払うべきと思っています。
 (だから腹が立つのだと思います)
 いかなる理由でも仕事の出来と関係ない部分を攻撃して値下げさせ
 るのはずるいんじゃないかと思います。仕事の成果を認めている訳です
 から

 だから、
 有能な人なら手込めにしても抱えたいと思うのはそれはそれでいいです。
 でも、それなりに「払え」といいたいです。


====▼編集部Mさんの突っ込み

 ●自身の立場を明確にする為にどんな事をしていますか?


====▼玉井の主張

 この事件の前までは「そんな安い金額では受けられません」と
 見積段階で断っていました。
 みなさんはそんなことしているのでしょうか?


====▼編集部Mさんの突っ込み

 ●50代経営者とのつきあい方とか、


====▼玉井の主張

 今回のケースに限って言えば、
 以前は、こちらがインターネットを教えていましたので強い口調で
 指導しておりましたが、本文にもあったように成果がでた時点で逆
 転してしまいました(笑)

 ですから、目上の方でもありますし、ご助言はありがたく頂戴して
 います。聞けないものは聞けませんが・・・


====▼編集部Kさんの突っ込み

 玉井さんって、ねぇ、30代だったの?
 何におどろいたって、それに一番驚いた。

 ねぇ、これって、あとは原文にするか、メイキングにするか、私に
 まかせてもらって、編集して明日流させてもらってもいいのかしら?

 そんな話にはなっていないんだっけ?


====▼玉井の突っ込み

 20代だと思った?
 今夜、配信予定です。
 代替の記事がなけれ間に合いませんよー。さあ、どうする!?


====▼編集部Yさんの突っ込み

 昨日の段階で、「え?玉井さんの、原稿却下?どうして?もったいない」
 と思っていたら、Mさんからの、メイキング(裏話)原稿。

 原稿は、もう一度練りなおして、メイキング(裏話)は、WEBに載せる
 とか?

 だって、どっちもおもしろいんだもーん。

====▼編集部Kさんの突っ込み

 誰か〜

 お願い、今晩の発行のコンテンツ、これにしますって、ズバっと言い
 切って決めて〜。

 私夕方までにチラシを作って、宅急便で送らないと間に合わない作業
 があって、大焦り。

 なんとか決めてくだされ〜。

====▼玉井の突っ込み

 やだべーだ!

(▼編集部Y談)

(そういいつつ、ちゃーんと最終原稿をズバッとだすところが編集長な
 んだな。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■キープラネットメンバー紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ▼山本 美江 パソコン指導、Webサイト構築
---------------------------------------------------

 『失敗にはそれなりの意味がある!』

 「コンピュータ業界で仕事をはじめて20年、その間に一度だけ違
  う業界に転職したことがあります。35歳の時、人生においても
  仕 事生活においても半分まできたかなと感じていた時…、」

       続きは→ http://www.keyplanet.com/ms_essay03.html

---------------------------------------------------
   ▼渡邊 桃伯子 (株)ともクリエーションズ

   教育ソフト企画開発、通販システム構築、BtoBシステム構築
---------------------------------------------------

 『忘れられない笑い話』

 「なぜ日経新聞でアルバイト雑誌を出しているの?」
 私の質問に周囲の人たちの表情は「そんなことも知らないの…」
 と驚きに変わっていた。

  続きは→ http://www.keyplanet.com/ms_essay04.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今週の教訓  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ コラボレーションの教訓
  「立場をはっきりさせよう」
  使われる立場か、使う立場か、対等なパートナーか
  しっかりとした関係を築けばトラブルも回避できる 


 ◆ IT化の教訓
 「知らない人からや知人からの件名のないメールを開けるのやめよう!」
  ウィルスが流行っています。被害にあう前に対策を!

 【投稿募集中】

 教訓シリーズでは、ビジネスで「とっても痛い目にあった」とか、
 「騙された」とか、「とても気持ちよく取引が出来た」などの教訓を
 募集しています。とびっきりの教訓お待ちしております。

 投稿は  magazine@keyplanet.com まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集部からのお知らせ 
   「きぷら目標3000部キャンペーン」!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

!!!!!!!!! 『相互広告』 実施中!!!!!!!!!!!! 

 まずはご連絡をお待ちいたしております。

 編集部 メールアドレス: magazine@keyplanet.com  
 (内容によりお断りする場合も御座いますのでご了承下さい)

 

------[AD]-------------------------------------------------------------
__/__/◆ 助成金情報メルマガ ◆__/__/__/__/__/__/__/ 毎月5日発行 __/__/
                                
 ★☆ JOSEIKIN NEWS      助成金、補助金、コンテスト等 事業しながら
     〜助成金最新情報〜 ★☆ ”もらえるお金”の情報満載! その他にも
                実務取扱情報、助成金エッセイ等あります!  
           
 ご購読のお申込はこちら>> http://www.office-hayashi.net/merumaga.html
__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

【きものプラン通信】 ひとり一人に合ったきものライフのお手伝い
   http://www.keyplanet.com/kimono/ 「きものプラン」発行
 国際化の今日 “きもの” も注目してみては?  きもの業界はアパレル
 入り乱れて、スクランブル状態。不定期につきご負担にはなりません。

  ご購読申込みはこちらから→→ tami@keyplanet.com 
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・


--------------------------------------------------------[AD]----------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◇  盆踊り、花火大会、海水浴、帰省ラッシュ、甲子園、暑気払いパ
   ーティ、超大型台風と盛りだくさんの8月がもうすぐ終わろうと
   しています。我が家もご多分にもれずフル回転で遊んでしまいま
   した。皆さんもご多忙を極めたのではないでしょうか?
   残り僅かとなるとなんだかとっても名残惜しいですね。まだまだ
   遊びたい…何かやり残したことはないかなぁ?…しまった。仕事
   をやり残した!みなさんはやり残した事、ありませんか?
                             (玉井)

 ◇ 玉井編集長のコラム「50代と30代SOHOのコラボレーショ
   ンの罠」配信前から編集部の中で大好評でした。しかしその狭間
   の40代は両方に挟まれてまさに中間管理職。「40にして惑わ
   ず」この本当の意味は…?              (祢津)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 次回配信予定日:09月10日(もちろん大安!)
 キープラメールマガジン  きぷら 開運014号

 発行部数:1,981部(8月23日現在)   http://www.keyplanet.com/
 発  行:キープラネット・ワークショップ  鬼の代表 川野 真理子
          せこい儲けをもくろむ・きぷら編集部
               涙の編集長:玉井 昇
       華の編集長:祢津 順子/楽な編集長:森山 圭已子
       謎の編集長:行時 貴代/粋な編集長:米林 世津子

 ★広告の掲載申込み・お問い合わせは…(ご意見・ご感想もね)
            mailto:magazine@keyplanet.com へ
 ----------------------------------------------
 登録・解除・変更は下記ページにて行ってください。
  http://www.keyplanet.com/magazine/index.html
 ----------------------------------------------
 ★禁複写・転載★
   本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
   Copyright(c)2001 keyplanet workshop. All rights reserved.
   転載をご希望の方は、ご一報ください。magazine@keyplanet.com
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む