のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-

J Question vol.1950


カテゴリー: 2009年02月23日
 ▲ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┏┓
┃┃  のんびりやろう!情報処理試験! 〜1問1問コツコツと〜  ┃┃
┃┃ 2009.2.23 vol.1950 18,301 部発行   http://www.shunzei.com/ ┃┃
┗┛ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼

--PR------------------------------------------------------------------

◇◆ C言語対策の決定版!アルゴリズム力を身に付けるための1冊! ◆◇
◆◇       【基本情報技術者試験 C言語の切り札】      ◇◆
◇◆      http://www.shunzei.com/book/kirifuda_c.html     ◆◇
◆◇◆                             ◆◇◆
◇◆◇    C言語対策の定番として継続的に売れています(^^)   ◇◆◇

----------------------------------------------------------------------

  。.・*:.。.BIGLOBEのADSLは3大セキュリティ標準装備☆.。.・*:.

 ミ★ さらにお得!⇒>> 月額基本料金 最大2カ月無料、初期費用無料!
 ミ★ さらに安心!⇒>> パソコン1台の出張設定も無料でうれしい!
 詳細は⇒ http //px.a8.net/svt/ejp?a8mat=CI6E0+2JORXU+B4+6DZBN 

------------------------------------------------------------------PR--

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        春試験の受験申込受付は終了しました        ■
----------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■今日の問題■☆☆(等幅フォントで見てね!)
----------------------------------------------------------------------
 次の受注表を正規化した構造はどれか。

 ┌───┬─────┬───┬──┬──┬────┬────┐
 │受注No│ 受注日 │受注先│商品│数量│ 単価 │合計金額│
 ┝━━━┿━━━━━┿━━━┿━━┿━━┿━━━━┿━━━━┥
 │   │     │   │ S │  3│  1,000│    │
 │  1 │00/10/01 │ A  │  │  │    │  4,900│
 │   │     │   │ T │  2│   950│    │
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │   │     │   │ S │  1│  1,000│    │
 │  2 │00/10/01 │ B  │ U │ 10│  1,200│ 22,000│
 │   │     │   │ V │  5│  1,800│    │
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  3 │00/10/02 │ B  │ T │  8│   950│  7,600│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  4 │00/10/02 │ C  │ U │ 25│  1,200│ 30,000│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │ : │  :  │ : │ :│ :│  : │  : │
 └───┴─────┴───┴──┴──┴────┴────┘

   ┌───┬───┬───┬────┐┌───┬──┬──┐
 ア │受注No│受注日│受注先│合計金額││受注No│商品│数量│
   └───┴───┴───┴────┘└───┴──┴──┘
   ┌──┬──┐
   │商品│単価│
   └──┴──┘

   ┌───┬───┬───┬────┐┌───┬──┬──┐
 イ │受注No│受注日│受注先│合計金額││受注先│商品│数量│
   └───┴───┴───┴────┘└───┴──┴──┘
   ┌──┬──┐
   │商品│単価│
   └──┴──┘

   ┌───┬───┬───┬────┐┌───┬──┬──┐
 ウ │受注No│受注日│受注先│合計金額││受注日│商品│数量│
   └───┴───┴───┴────┘└───┴──┴──┘
   ┌──┬──┐
   │商品│単価│
   └──┴──┘

   ┌───┬───┬───┬────┐┌──┬──┐┌──┬──┐
 エ │受注No│受注日│受注先│合計金額││商品│数量││商品│単価│
   └───┴───┴───┴────┘└──┴──┘└──┴──┘





















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■解答■(出典:H12.秋 初級シスアド 問43, H12.秋 2種 問51)
----------------------------------------------------------------------
   ┌───┬───┬───┬────┐┌───┬──┬──┐
 ア │受注No│受注日│受注先│合計金額││受注No│商品│数量│
   └───┴───┴───┴────┘└───┴──┴──┘
   ┌──┬──┐
   │商品│単価│
   └──┴──┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■解説■
----------------------------------------------------------------------
 データベース特集に入っています。
 今日は、正規化(normalization) の問題でした。

 正規化ですが、最近は出題率は下がってきています。
 春試験で言えば、ソフトウェアやデータベース向けになりますね。


 データベースの正規化(normalization) とは、データベースの冗長性を
 減らし、参照時の矛盾を減らすことをいいます。

 一般的に、正規化は第3正規形まで行います。第3正規形まで正規化する
 ことによって、冗長性のないデータ項目のグループが作れますが、
 処理効率を考えると必ずしも良いとはいえません。


 さて、問題を見ていきましょう。正規化を行っていきます。

> ┌───┬─────┬───┬──┬──┬────┬────┐
> │受注No│ 受注日 │受注先│商品│数量│ 単価 │合計金額│
> ┝━━━┿━━━━━┿━━━┿━━┿━━┿━━━━┿━━━━┥
> │   │     │   │ S │  3│  1,000│    │
> │  1 │00/10/01 │ A  │  │  │    │  4,900│
> │   │     │   │ T │  2│   950│    │
> ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
> │   │     │   │ S │  1│  1,000│    │
> │  2 │00/10/01 │ B  │ U │ 10│  1,200│ 22,000│
> │   │     │   │ V │  5│  1,800│    │
> ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
> │  3 │00/10/02 │ B  │ T │  8│   950│  7,600│
> ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
> │  4 │00/10/02 │ C  │ U │ 25│  1,200│ 30,000│
> ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
> │ : │  :  │ : │ :│ :│  : │  : │
> └───┴─────┴───┴──┴──┴────┴────┘

 まずは、第1正規化を行います。

> ●第1正規化
>  繰返しデータをレコードとして、独立させること。

 初期状態では、商品の項目が受注先ごとにまとめて掲載されており、
 右から4つの列が1つの表の中に2つ以上のデータを含んでいます。
 このようなデータを繰返しデータと言いますが、
 この部分を1行に1つのデータとなるように行を増やします。

 ┌───┬─────┬───┬──┬──┬────┬────┐
 │受注No│ 受注日 │受注先│商品│数量│ 単価 │合計金額│
 ┝━━━┿━━━━━┿━━━┿━━┿━━┿━━━━┿━━━━┥
 │  1 │00/10/01 │ A  │ S │  3│  1,000│  3,000│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  1 │00/10/01 │ A  │ T │  2│   950│  1,900│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  2 │00/10/01 │ B  │ S │  1│  1,000│  1,000│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  2 │00/10/01 │ B  │ U │ 10│  1,200│ 12,000│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │  2 │00/10/01 │ B  │ V │  5│  1,800│  9,000│
 ├───┼─────┼───┼──┼──┼────┼────┤
 │ : │  :  │ : │ :│ :│  : │  : │

 このデータを元にして、主キーを見つけます。
 主キー(primary key) とは、その項目を選び出すとその行(横全部)が
 一意に決まる列を言います。

 この主キーは、特定の行を取り出したい場合に有効です。
 1つの行を取り出すときに、すべての項目を確認してデータが一致するもの
 を探していたら、ものすごい手間がかかりますよね?

 主キーを設定することによって、この手間が省けます。1項目だけを見れば
 特定の行を取り出せるようにしたのが主キーの設定ということです。


 さて、主キーを設定しましょう。

 この表の場合は【受注No】と【商品】に注目すると、横1行のすべての項目
 が特定できます。主キーはこの2つになります。

 このように、列の繰返しの部分をなくすことを第一正規化といい、
 このようなデータを第1正規形(first normal form) といいます。


> ●第2正規化
>  主キーの一部だけから特定できる項目を別の表にすること。

 この段階では、第1正規化で得た主キーの一部だけで特定できる項目を
 別の表に分けます。主キーの一部とは、【受注No】か【商品】のどちらかで
 特定できれば良いということです。

 例えば、第1正規形で【受注No】に注目すると次のような表ができます。

 ┌───┬─────┬───┬────┐
 │受注No│ 受注日 │受注先│合計金額│
 ┝━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━━┥
 │  1 │00/10/01 │ A  │  4,900│
 ├───┼─────┼───┼────┤
 │  2 │00/10/01 │ B  │ 22,000│
 ├───┼─────┼───┼────┤
 │ : │  :  │ : │  : │

 また、【受注No】と【商品】に注目し・・・

 ┌───┬──┬──┬────┐
 │受注No│商品│数量│ 単価 │
 ┝━━━┿━━┿━━┿━━━━┥
 │  1 │ S │  3│  1,000│
 ├───┼──┼──┼────┤
 │  1 │ T │  2│   950│
 ├───┼──┼──┼────┤
 │  2 │ S │  1│  1,000│
 ├───┼──┼──┼────┤
 │  2 │ U │ 10│  1,200│
 ├───┼──┼──┼────┤
 │  2 │ V │  5│  1,800│
 ├───┼──┼──┼────┤
 │ : │ :│ :│  : │

 さらに、【商品】に注目すると以下のようになります。

 ┌───┬──┬──┐ ┌──┬────┐
 │受注No│商品│数量│ │商品│ 単価 │
 ┝━━━┿━━┿━━┥ ┝━━┿━━━━┥
 │  1 │ S │  3│ │ S │  1,000│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  1 │ T │  2│ │ T │   950│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  2 │ S │  1│ │ U │  1,200│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  2 │ U │ 10│ │ :│  : │
 ├───┼──┼──┤
 │  2 │ V │  5│
 ├───┼──┼──┤
 │ : │ :│ :│


 このように「○○がわかれば、横1行全部がわかる」と言うようなものを
 見つけて、その関連でグループ分けを行うのが、第2正規化です。
 ここでいう「○○」というのが、そのレコードの主キーになります。

 ここまでをまとめると、次の3つの表に分かれました。このようなデータを
 第2正規形(second normal form) といいます。

 ┌───┬─────┬───┬────┐
 │受注No│ 受注日 │受注先│合計金額│
 ┝━━━┿━━━━━┿━━━┿━━━━┥
 │  1 │00/10/01 │ A  │  4,900│
 ├───┼─────┼───┼────┤
 │  2 │00/10/01 │ B  │ 22,000│
 ├───┼─────┼───┼────┤
 │ : │  :  │ : │  : │

 ┌───┬──┬──┐ ┌──┬────┐
 │受注No│商品│数量│ │商品│ 単価 │
 ┝━━━┿━━┿━━┥ ┝━━┿━━━━┥
 │  1 │ S │  3│ │ S │  1,000│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  1 │ T │  2│ │ T │   950│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  2 │ S │  1│ │ U │  1,200│
 ├───┼──┼──┤ ├──┼────┤
 │  2 │ U │ 10│ │ :│  : │
 ├───┼──┼──┤
 │  2 │ V │  5│
 ├───┼──┼──┤
 │ : │ :│ :│


> ●第3正規化
>  主キー以外の項目で特定できる項目を別の表にすること。

 第3正規化は、主キー以外(受注No と商品以外)に注目してグループ分け
 を行います。この問題では、これ以上分けることができません。


 したがって、「ア」が正解となります。

   ┌───┬───┬───┬────┐┌───┬──┬──┐
 ア │受注No│受注日│受注先│合計金額││受注No│商品│数量│
   └───┴───┴───┴────┘└───┴──┴──┘
   ┌──┬──┐
   │商品│単価│
   └──┴──┘



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★これ、おしえてっ!(質問編)★ 回答期限:2月23日(月)の夜まで
----------------------------------------------------------------------
 「この問題がわからないっ!!」という、
 読者からの質問をみなさんに回答してもらおう!というコーナーです。


 今回の質問はこちらです。(出典:H20. データベース 問26)
----------------------------------------------------------------------

 関係 R と S において,R ÷ S の関係演算結果として適切なものはどれか。
 ここで,÷ は除算を表す。

    R         S
   ┌──┬──┐  ┌──┐
   │ 店 │商品│  │商品│
   ┝━━┿━━┥  ┝━━┥
   │ A  │ a  │  │ a  │
   ├──┼──┤  ├──┤
   │ A  │ b  │  │ b  │
   ├──┼──┤  ├──┤
   │ B  │ a  │  │ c  │
   ├──┼──┤  └──┘
   │ B  │ b  │
   ├──┼──┤
   │ B  │ c  │
   ├──┼──┤
   │ C  │ c  │
   ├──┼──┤
   │ D  │ c  │
   ├──┼──┤
   │ D  │ d  │
   ├──┼──┤
   │ E  │ d  │
   ├──┼──┤
   │ E  │ e  │
   └──┴──┘

 ア ┌──┐  イ┌──┐  ウ┌──┐  エ┌──┐ 
   │ 店 │   │ 店 │   │ 店 │   │ 店 │
   ┝━━┥   ┝━━┥   ┝━━┥   ┝━━┥
   │ A  │   │ A  │   │ B  │   │ E  │
   ├──┤   ├──┤   └──┘   └──┘
   │ A  │   │ B  │
   ├──┤   ├──┤
   │ B  │   │ C  │
   ├──┤   ├──┤
   │ B  │   │ D  │
   ├──┤   └──┘
   │ B  │
   ├──┤
   │ C  │
   ├──┤
   │ D  │
   └──┘


--[回答のめやす(横幅:全角34文字)]--------------------------------
> 1234567890123456789012345678901234
----------------------------------------------------------------------

 これに対する回答(解説)を2月23日(月)の夜までにお願いします。

 このコーナーで取り上げてほしい問題のリクエストも募集中です。
 回答&お便りはこちらからでもOKです。
 http://www.shunzei.com/about/mail.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼選択肢で勉強しよっ!▼(答えはこのメールの一番下にあります)
----------------------------------------------------------------------

> VLAN(Virtual LAN) って?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
> *********************** 投稿募集中のテーマ *********************** <
----------------------------------------------------------------------

 ●「これ、おしえてっ!」で扱ってほしい問題のリクエストやその回答
 ●「選択肢で勉強しよっ!」で扱ってほしい用語のリクエスト
 ●「その他、試験などに関するお便り(テーマフリー)」

 ハンドル名を添えて、このメールマガジンに返信して頂ければ届きます。
 WebからでもOK! http://www.shunzei.com/about/mail.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 のんびりやろう!情報処理試験! 〜1問1問コツコツと〜(週3日発行)
----------------------------------------------------------------------

 編集・発行:しゅんぜい mail_at_shunzei.com (_at_は @ に)
     発送:melma!   http://www.melma.com/  (ID:189)
      :まぐまぐ  http://www.mag2.com/   (ID:24856)
      :めろんぱん http://www.melonpan.net/ (ID:78)

 登録・解除:http://www.shunzei.com/mm/

 ○バックナンバー
 立ち読み  : http://www.melma.com/backnumber_189/
 ダウンロード: http://www.shunzei.com/mm/backnumber.html

 転載について: http://www.shunzei.com/about/disclaimer.html
 広告掲載は mail_at_shunzei.com (_at_は @ に)までお願いします。

----------------------------------------------------------------------
 ○メールマガジンの購読の登録・解除は個人の責任で行ってください。
  しゅんぜいは一切代行しません!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼選択肢で勉強しよっ!の答え▼
----------------------------------------------------------------------

 (セキュアド平成15年問20ウ)
 (ネットワーク平成15年問41ウ)の選択肢より

> 複数のポートを論理的なグループにまとめ、グループ内だけの通信を
> 可能にする。

 VLAN(Virtual LAN)とは、論理的に LAN を分割し、グループ化して、
 そのグループ内だけの通信を可能とする技術です。

 ここで言う LAN とは、ルータなどのネットワーク層レベルの
 中継機器を介さずに、通信が可能な範囲のネットワークを言います。
 言い換えれば、ブロードキャストフレーム(送信先のMACアドレスが
 全て 1 のパケット)が届く範囲のことです。

 VLAN はスイッチなどのネットワーク機器で設定します。
 ポートの設定でグループ化を行うポートVLANや
 イーサネットフレームにタグを付けることでグループ化を行う
 タグVLANがあります。



=-=[あとがき]=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 今日は、IT系のネタで。

 http://q.hatena.ne.jp/1230133898

> 一定規模以上のWebサイトを運営しているエンジニアの方、業務時間外の
> 障害対応ってどういう風にやっていますか?
> ルールとか体制とかを中心に教えてほしいです。
> 
> ちなみにぼくの会社では、監視ツールや自作監視スクリプトでアラートを
> エンジニア社員全員に送って、誰かが対応することになっています。
> (たまに誰も対応やレスをしなくて上司に怒られます)
> これはぼくら社員にとって正直ストレスになるので、なにかよいルールや
> 体制を上司に提案したいなと考えています。

 質問された方は、どちらかと言うと担当の部門の社員数が少なめの
 会社にお勤めの方かもしれませんね。

 ある程度サイト(システム)の規模が大きくなってくると、外部委託して、
 保守体制を整えているところが多いかと思います。

 規模にはよりますが、たとえば一時切り分けは外部委託、二時切り分けは
 自社で、というような形態も多いかもしれませんね。


----------------------------------------------------------------------
◆のんびりやろう!情報処理試験!はこちらから http://www.shunzei.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-

RSSを登録する
発行周期 週3日(月水金)
最新号 2018/10/17
部数 5,409部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

のんびりやろう!情報処理試験!-1問1問コツコツと-

RSSを登録する
発行周期 週3日(月水金)
最新号 2018/10/17
部数 5,409部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング