TPS/Jメール

TPS/Jメール

カテゴリー: 2011年06月29日
**********************************************************************
       ☆☆☆☆☆ TPS/Jメール ☆☆☆☆☆
**********************************************************************
  今週のもくじ
 ・PSコラム (入信あり次第配信します)
  ・YMコラム
  ・ホットトピックス   
**********************************************************************
**********************************************************************
☆☆ PSコラム ☆☆

      (入信あり次第配信します)

**********************************************************************
☆☆ YMコラム ☆☆  (NO.559)
 
   科学衛星の命名ものがたり(7)

      はるか(遥か、HALCA)(旧名MUSES-B)──世界初のスペースVLBI

   1997年2月12日、Mロケットの最終バージョンM-Vが内之浦の整備
   棟に雄姿を現した。直径は、先行のM-3SIIの1.4 mに対して2.5 m、
   全長は28mだったのが31 mとなった。重さは61トンのM-3SIIから
   実に140トンへ。まさに世界最大の固体燃料ロケットが誕生した
   のである。

   このM-Vロケットの1号機で打ち上げるのを、火星探査機にするか、
   スペースVLBI衛星にするかで議論があったが、初フライトで高精
   度の軌道投入が必要になる惑星探査は控えようということ、スペ
   ースVLBIならば、投入精度に少々の誤差が生じても、地球を周回
   してからの軌道決定を精度高く行えばミッションとしては可能で
   あることから、火星探査は後に回そうということになった。

   Mロケットを使った工学実験衛星(MUSES)シリーズの第2弾
   MUSES-Bにつけられた「はるか」という愛称は、柔らかくしかも切
   れのよい素敵な響きの名前である。はるか宇宙の彼方を電波でな
   がめる、という意味合いが含まれていることは言うまでもない。
   恒例の実験関係者による投票では延べ191名の応募があった。アン
   テナを展開した衛星の佇まいからの連想からだろうか、「おりひ
   め」「まいづる」など美しい名前が多かったのがこのときの投票
   の特徴である。「はるか」と投票したのは4名だったのだが、その
   一人である高校2年生の中田詩子さんは、1991年に亡くなったラン
   チャ班の中田篤の一人娘で、今回の実験期間中に内之浦を訪問さ
   れた途次の応募だった。

   なお、国際的にはHALCA(Highly Advanced Laboratory for 
   Communications and Astronomy)というAcronymが、、実験主任の
   上杉邦憲と衛星主任の廣澤春任の「わざ」でこじつけられた。ま
   た、プログラム名のVSOP(VLBI Space Observatory Programme)
   は、森本雅樹、西村敏光両酒豪の執念の命名。いわゆる傑作がほ
   とんどない投票だったのも特徴だが、その中で文句無し河本正光
   さん(松下通信工業:現パナソニック)の「大風呂敷」がISASニ
   ュース編集委員長賞に選ばれた。河本さんには、記念品として赤
   い大風呂敷が贈呈された。

   のぞみ(望み、NOZOMI)(旧名PLANET-B)──初めて火星へ

   2号機で打ち上げる予定だった月探査機LUNAR-Aが、苦闘の末に開
   発が間に合わず、涙を飲んだ後、1998年7月4日、M-Vロケット3号
   機によって、日本初の火星探査機PLANET-Bが、内之浦の鹿児島宇
   宙空間観測所から打ち上げられた。火星上層大気について、太陽
   風との相互作用に重点をおいた研究を行うことが目的だった。

   日本が太陽系探査に進出する志を表明するということで「のぞみ」
   と決まった。他に有力なものとして「みらい」「あかね」があっ
   た。投票の中で笑いを誘った傑作は「一機火星」。「一気呵成」
   のもじりである。

   「のぞみ」に決めた後、新幹線「のぞみ」が気になっていた私が、
   所長の西田篤弘に「JRに断りを入れる必要はないですかね」と問
   いかけると、西田が「こっちの方が100倍も速いんだからいいだろ」
   と言ってチョンになった。

   打ち上げた翌年、1998年12月の地球重力圏離脱時に、燃料供給系
   に不具合が発生したため、火星への到達軌道を変更し、火星への
   到達を11年10月から15年12月に変更したり、2002年4月に通信系・
   熱制御系機能に不具合が発生したり、波瀾万丈の苦労の末に、火
   星周回軌道に投入できる軌道までたどり着いたが、通信機能を再
   度喪失し、ついに軌道投入は断念せざるを得なくなった。しかし
   その後の惑星探査にさまざまな技術的達成を遺産として遺したミ
   ッションであった。(YM)
**********************************************************************
☆☆ ホットトピックス ☆☆

   ● 衛星エンセラダスの地殻下に大規模な塩水の集水池

     土星の氷衛星エンセラダスの地殻下に大規模な塩水の集水
          池が存在することが明らかになった。

      ● NASA、キュリオシティのバーチャルビデを公開

     NASAは6月24日、今年の末に打ち上げられる予定の大型科学
          ローバー、キュリオシティのバーチャルビデオを公開した。

各記事の詳細は日本惑星協会ホームページでご覧になれます。
http://www.planetary.or.jp/
**********************************************************************
**********************************************************************
■タイトル  :TPS/Jメール
■発行元   :NPO法人 日本惑星協会
         http://www.planetary.or.jp/
■発行日   :毎週水曜日
■発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
         http://www.mag2.com/
■マガジンID:0000022732

「TPS/Jメール」は、上記URLよりいつでも登録/解除可能
です。
**********************************************************************
**********************************************************************

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む