Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.1797]~『メアリーの総て』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.1797(2018.12.28)
★☆
☆★☆             http://cinemaking.movie.coocan.jp/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『メアリーの総て』─
◆2.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『メアリーの総て』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『メアリーの総て』(MARY SHELLEY)
(2017年 イギリス・ルクセンブルク・アメリカ)(上映時間2時間1分)
監督:ハイファ・アル=マンスール
出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、スティーヴン・ディレイン、ジ
ョアンヌ・フロガット、ベン・ハーディ、メイジー・ウィリアムズ、ベル・パ
ウリー、トム・スターリッジ
*シネスイッチ銀座、シネマカリテほかにて公開中。全国順次公開予定
ホームページ https://gaga.ne.jp/maryshelley/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
19世紀のイギリス。作家の父を持ち小説家を夢見るメアリー(エル・ファニン
グ)。だが、継母と折り合いが悪く、見かねた父によって友人の家へと預けら
れる。メアリーはそこで、異端の天才詩人と噂されるパーシー・シェリー(ダ
グラス・ブース)と出会う。互いの才能に惹かれ合った2人は恋に落ちるが、
パーシーには妻子がいることが発覚する。それでも情熱に身を任せて駆け落ち
するメアリー。やがて彼女は様々な悲劇に見舞われてしまう。そんな中、詩人
バイロン卿の別荘で「みんなで1つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけ
られる……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『フランケンシュタイン』の女流作家の自立への闘い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホラー映画などでおなじみのフランケンシュタインの怪物。そのもとになった
のが、19世紀に書かれたゴシック小説の古典『フランケンシュタイン』の作者
メアリー・シェリーの人生を描いた映画です。

舞台は19世紀のイギリス・ロンドン。思想家で小説家のウィリアム・ゴドウィ
ンを父に持ち、小説家を夢見るメアリー。彼女の母はメアリーを生んですぐに
死んでしまいました。そのことが、彼女の心に大きな影を落としています。

おまけに、その後に父と結婚した継母とメアリーは折り合いが悪く、見かねた
父によって彼女は、スコットランドの父の友人の家に預けられてしまいます。
メアリーは屋敷で開かれた読書会で、「異端の天才詩人」と噂されるパー
シー・シェリーと出会います。

その後、様々な紆余曲折を経て、2人は情熱に身を任せて駆け落ちしてしまいま
す。その際、メアリーの義妹クレアも2人に同行します。彼女も何かと口うるさ
い母を嫌い、自由を求めて家を出ることにしたのです。

さてさて、こうしてメアリーとパーシーが幸せになるかと思いきや、そんな安
直な展開にはなりません。現実は厳しいのです。パーシーは自由恋愛を標榜し
て、クレアとも怪しげな関係になります。金銭的にも親に勘当されたり、勝手
に親の財産を担保に入れたりして、波乱続きの日々を送ります。

そんな中、メアリーは妊娠して娘を出産。ようやく幸せを手に入れるかと思い
きや、借金の取り立てから逃れる途中で娘は死んでしまいます。

この映画の監督は長編デビュー作『少女は自転車にのって』が第86回アカデ
ミー外国語映画賞にノミネートされたハイファ・アル=マンスール。サウジア
ラビア初の女性監督の彼女は、この物語を『フランケンシュタイン』誕生の過
程を追う伝記という切り口ではなく、普遍的な青春ドラマとして描きます。が
んじがらめの現状から脱出して、自由に羽ばたこうと思うものの、現実の壁に
ぶち当たって葛藤する若者。そんな視点から、メアリーの人生のドラマを紡ぎ
出すのです。しかも、それは女性の自立への闘いでもあります。

演出は正攻法。その中で美しく格調高い映像が際立ちます。メアリーが書く文
章やパーシーが作った詩などを随所に挿入して、それぞれの心理を映し出す手
法も効果的。メアリーの悪夢を映像で見せるあたりの仕掛けもぬかりがありま
せん。

やがて有名な詩人バイロン卿の別荘に滞在中、「みんなで1つずつ怪奇談を書い
て披露しよう」と持ちかけられます。メアリーは、これまでの苦闘の人生を託
して一気に文章を書き上げます。『フランケンシュタイン』の完成です。その
時、メアリーは何とまだ18歳! しかし、彼女の苦闘は続くきます。今度は出
版社との闘いです。そこでもまた大きな偏見や障壁が、彼女のゆく手を阻みま
す。それでも彼女は前に進もうとします。

ラストは父との関係、そしてパーシーとの関係に新たな展開をもたらすととも
に、彼女がついに自立を勝ち得たことを強く訴えます。これこそが、ハイフ
ァ・アル=マンスール監督が、最も描きたかったことではないでしょうか。そ
の点において、このドラマは今の時代とも、確実につながっていると思います。

それにしても主演のエル・ファニングの堂々たる演技!! まだ20歳だという
のに、こんなすごい演技をしてこの先どうするのだ? と、変な心配をしてし
まうほどの圧巻の演技です。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)
(86点)

2018年12月25日(火)シネマカリテにて。午後1時30分の回
                       (ぽち)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*たぶん今回が年内最後の配信です。来年もよろしくお願いいたします。
                       (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.1797(2018.12.28)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://cinemaking.movie.coocan.jp/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2018  ぽち
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

他のメルマガを読む