Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.1752]~『最後のランナー』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.1752(2018. 7.28)
★☆
☆★☆             http://cinemaking.movie.coocan.jp/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『最後のランナー』─
◆2.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『最後のランナー』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『最後のランナー』(ON WINGS OF EAGLES)
(2016年 中国・香港・アメリカ)(上映時間1時間36分)
監督:スティーヴン・シン
出演:ジョセフ・ファインズ、ショーン・ドウ、エリザベス・アレンズ、小林
成男、リチャード・サンダーソン、ジェシー・コーヴ、オーガスタ・シュウ=
ホランド
*有楽町スバル座にて公開中。全国順次公開予定
ホームページ http://saigo-runner.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
1924年のパリ・オリンピックの男子400メートルで金メダルを獲得したエリッ
ク・リデル(ジョセフ・ファインズ)。敬虔なクリスチャンである彼は、宣教
師として生きる道を選択し、オリンピックの翌年に中国の天津に渡った。1937
年、天津が日本軍に占領される中、リデルは妻子をカナダに退避させる一方、
自身は現地に留まり、人道支援を続ける。だが、まもなくリデルは欧米民間人
とともに日本軍の収容所に入れられてしまう……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
名作『炎のランナー』のモデルのあまりにも過酷なその後
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アカデミー賞4部門に輝いた1981年の名作『炎のランナー』。そのモデルとな
ったエリック・リデルのその後を描いたドラマです。

『炎のランナー』で、、1924年のパリ・オリンピックに英国代表として出場し、
男子400メートルで金メダルを獲得したスコットランド人宣教師の息子エリッ
ク・リデル。その後彼はどうしたのか? 敬虔なクリスチャンであるリデルは
宣教師の道を歩み、中国の天津に渡ったのです。そこで、現地の子どもたちに
勉強を教えるようになります。

しかし、時代は戦争の影が色濃くなります。1937年、天津が日本軍に占領され
る中、リデルは妻子をカナダに退避させますが、自分は中国に留まり、人道支
援を続けます。だが、まもなく他の欧米民間人とともに収容所に入れられてし
まいます。そこでの過酷な体験が綴られます。

映画全体の構図は、リデルの運転手を務め、収容所に入れられた後も何かとサ
ポートした中国人青年ジ・ニウの目線で、彼のナレーションを軸にして進行。

何せ日本軍が支配する収容所が舞台だけに、日本軍の非道な場面もたくさん登
場します。それでも、ことさらに煽り立てるような描写はなく、むしろ日本軍
の中にも人道的な兵士を登場させるなど、根底に「ヒューマニズム」を据えた
描写が目につきます。

ただし、それでも日本軍の上官たちはヒドイ。リデルが自分たちの意に沿わな
い行動をとると、彼を穴蔵の牢獄に閉じ込めてしまいます。そんな過酷な日々
の中で、リデルはどんどん衰弱し、病気になっていきます。

『炎のランナー』のモデルだけに、「走る」こともドラマの重要な要素。リデ
ルが金メダリストであることが収容所の指揮官の耳に入り、指揮官はリデルに
レースを申し入れます。この戦いは二度に渡って行われます。

なかでも終盤の戦いは感動的。リデルは相当に体が弱り、とても走れるような
状態ではありません。それでも必死でレースに臨みます。なぜならリデルが勝
てば、重い病の収容者に薬を差し入れることが許されるからです。ところが…
…。

このドラマで最も印象的なのは、リデルの利他の心です。彼は自己を犠牲にし
て、ひたすら他者に尽くします。一歩間違えば、ただの偉人伝になりがちなド
ラマですが、そうならないのは、彼の行動の背景に深い信仰心があるからでし
ょう。

その純粋な姿は、あまりにも高潔で美しい。それゆえこのドラマは普遍性を持
つに至るのです。単に日本軍の戦争責任を問うというような次元を超えて、時
代や民族を越えて多くの人々の生き方を問い、反戦への願いを伝えます。

主役のリデルを演じたのは、『恋におちたシェイクスピア』などのジョセフ・
ファインズ。けっして派手な役者ではありませんが、兄のレイフ・ファインズ
同様に、なかなか味のある演技を見せてくれます。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)
(85点)

2018年7月25日(水)有楽町スバル座にて。午後5時15分の回
                       (ぽち)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*『菊とギロチン』まだまだ上映中です。
http://kiku-guillo.com/
                          (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.1752(2018. 7.28)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://cinemaking.movie.coocan.jp/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2018  ぽち
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/03/20 部数:  1,005部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/03/20 部数:  1,005部

他のメルマガを読む