Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.1747]~『セラヴィ!』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.1747(2018. 7.13)
★☆
☆★☆             http://cinemaking.movie.coocan.jp/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『セラヴィ!』─
◆2.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『セラヴィ!』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『セラヴィ!』(LE SENS DE LA FETE)
(2017年 フランス)(上映時間1時間57分)
監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
出演:ジャン=ピエール・バクリ、ジル・ルルーシュ、ジャン=ポール・ルー
ヴ、ヴァンサン・マケーニュ、アルバン・イヴァノフ、バンジャマン・ラヴェ
ルネ、アイ・アイダラ、スザンヌ・クレマン、エレーヌ・ヴァンサン、ジュデ
ィット・シュムラ、ウィリアム・レブギル
*シネクイント、シネマカリテほかにて全国公開中
ホームページ http://cestlavie-movie.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
30年間に渡ってウェディングプランナーとして数々の結婚式をプロデュースし
てきたマックス(ジャン=ピエール・バクリ)だが、そろそろ引退を考え始め
ていた。そんなある日、彼のプロデュースで17世紀の古城を使った豪華絢爛な
結婚式が行われる。式の成功に向けて張り切るマックスだったが、集まったス
タッフたちは揃いも揃ってポンコツばかり。次々にトラブルが起きて、式は大
混乱をきたしてしまう……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
くせ者揃いの結婚式が巻き起こす笑いと人間ドラマ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
車いすの大富豪とその介護人の交流をユーモラスに描いた『最強のふたり』の
エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督コンビによる結婚式を舞台に
したコメディー。

式場となるのは17世紀の古城。その豪華絢爛な結婚式をプロデュースするのは、
30年間に渡って数々の結婚式を仕切ってきたベテラン・ウェディングプラン
ナーのマックス。式の成功に向けてスタッフに指示を出すものの思い通りに行
きません。それもそのはず、集まったスタッフたちはいずれもクセモノ揃い。

例えば、マックスの腹心ともいうべき黒人女性は、すぐに他のスタッフともめ
事を起こします。しかも、唐突に笑えない冗談を繰り出したりもします。ある
いは昔なじみのカメラマンは、式の料理に手を出すなど、まともに仕事をしよ
うとしません。バンドのリーダーはやたらにプライドが高くて自己中心的。そ
して臨時ウェイターとして雇われたマックスの義弟は、元同級生の新婦を口説
き始めます。やれやれ。

スタッフのみならず新郎もクセモノ。彼もまたとんでもない自己チュー男で、
論文のように分厚い挨拶文を示して、「これを読むから段取りを変えろ!」と
マックスに要求する始末。

これで何も起こらないはずがありません。やがて式がスタートするとトラブル
の連続。そのあまりにもバカバカしいトラブルがマックスを困らせ、同時に観
客を笑わせます。

こうした現在進行形のトラブルを生き生きと、テンポよく、軽妙に描きます。
おかげで、終始笑いが途切れません。はたして、マックスがトラブルをどう乗
り越えるのかというハラハラ感も味わえます。

終盤になるにつれてドラマはほとんどカオス状態に突入。マックスの腹心の女
性は、それまで険悪だったバンドリーダーと変な雰囲気になります。カメラマ
ンは会場で出会い系アプリを使って、参列者の女性を物色します。

そして飛び出す新郎のあまりにも奇抜すぎる余興。幻想的でロマンチックでは
あるものの、その先に待っているのはまたしてもとんでもないトラブルです。

ただし、このドラマ、ただのドタバタでは終わりません。終盤の停電騒ぎを救
うのは、スタッフの中にいたあるアジア系の移民たち。この心温まるサプライ
ズに加え、マックスが移民の雇用に関して極度にナーバスになる展開など、多
民族国家であるフランスの光と影も描かれます。

さて、最後の最後に待っているのはマックス自身の人生模様。彼は実はそろそ
ろ引退を考えていたのです。おまけに、スタッフの女性と不倫もしています。
それが、このトラブル続きのカオスのような結婚式を通して、ある決断に至る
のです。それが温かな余韻を残してくれます。

クスクス笑って、心地よく映画館を後にできる作品。『最強のふたり』が好き
な人なら、きっと気に入るはず。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)
(89点)

2018年7月11日(水)新宿シネマカリテにて。午後2時5分の回
                       (ぽち)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*何度も言うけど暑い・・・。
                          (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.1747(2018. 7.13)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://cinemaking.movie.coocan.jp/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2018  ぽち
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/03/13 部数:  1,005部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/03/13 部数:  1,005部

他のメルマガを読む