Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.1682]~『ルイの9番目の人生』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.1682(2018. 1.30)
★☆
☆★☆             http://cinemaking.movie.coocan.jp/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『ルイの9番目の人生』─
◆2.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『ルイの9番目の人生』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『ルイの9番目の人生』(THE 9TH LIFE OF LOUIS DRAX)
(2015年 カナダ・イギリス)(上映時間1時間48分)
監督:アレクサンドル・アジャ
出演:ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、エイデン・ロングワース、オリ
ヴァー・プラット、モリー・パーカー、ジュリアン・ワダム、ジェーン・マグ
レガー、バーバラ・ハーシー、アーロン・ポール
*ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて公開中。全国順次公開予定
ホームページ http://louis9.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
難産の末に生まれ、毎年のように事故や病気で生死をさまよってきた少年ルイ
(エイデン・ングワース)。9歳の誕生日に両親とピクニックに出かけた彼は、
崖から落ちて昏睡状態に陥る。ルイの父ピーターは現場から行方不明となって
しまい、美しき母ナタリー(サラ・ガドン)のもとに謎の警告文が届くように
なる。そんな中、ルイの主治医となった小児神経科医アラン・パスカル(ジェ
イミー・ドーナン)は、事件の真相を探るため、自ら調査に乗り出すのだが…
…。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
少年の転落事故をめぐる謎をダーク・ファンタジーで描く
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
リズ・ジェンセンによるベストセラー小説『ルイの九番目の命』の映画化です。
不思議な少年が昏睡状態になった事件の真相をめぐるサスペンス・ミステリー。
とはいえ、それをダーク・ファンタジーの切り口で描き、サイコ・スリラー的
な要素まで盛り込んでいるところがユニークです。

主人公の少年ルイは、生まれた時から何度も事故や病気になり、そのたびに死
にかけて生還し続けています。なんと9年で9度死にかけたというのです。この
怪しく不可思議な設定が効いています。

そんな彼が崖から転落した事件の真相が、このドラマの肝。その事件の前後の
経緯を、昏睡状態のルイの独白で綴る手法が面白いところ。しかも、そこには
謎の怪物なども登場します。いかにもダーク・ファンタジーらしい暗く、美し
く、鮮烈な映像も特徴。水中でのシーンをはじめとしてどれも印象的で、それ
もまたこの映画の魅力になっています。

事件の謎を追う主治医アランが、おぞましい悪夢を見るあたりでも、ダーク・
ファンタジーやホラー的な世界が描かれます。同時に、彼はリアルな世界の中
では、ルイの母親と親密な関係になり、それがまだ事件の真相を霧の中に包み
込んでしまいます。途中で謎の手紙の存在が明らかになるなど、ミステリーと
しての仕掛けも色々と工夫されています。

父親に突き落とされたというルイ。だが、それは本当なのか。その父親はどこ
に消えたのか。謎は深まっていくばかり。様々な可能性が示唆されては消え、
皆目先が見えない展開が続きます。

そんな中、前半からたびたび登場するのが、事件前にルイにセラピーを施して
いた精神科医。彼とルイとのセラピーのようすが、回想として何度も登場する
のですが、その精神科医が終盤で大きな役割を果たします。

ラスト9分で明らかにされる真相。それはけっして驚くべきものではありません
でした。それまでのドラマの過程を冷静に見れば、何となく想像がつくのでは
ないでしょうか。

しかし、問題はそれを解き明かす仕掛け。ルイの主治医に対して精神科医が行
うある行為。その内容と得内容と映像に驚かされます。途中で、主治医がルイ
と入れ替わる展開にも、思わず息を飲んでしまいました。ここでは、サイコ・
スリラー的な世界も垣間見えます。

事件の構図そのものや、そこに登場する精神の病そのものは、けっして珍しい
話ではありません。しかし、それを独特の世界観で描き、心をざわつかせる監
督の手口に感心させられました。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)
(84点)

2018年1月26日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷にて。午後2時30分の回
                          (ぽち)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*寒いものは寒いです。
                           (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.1682(2017. 1.30)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://cinemaking.movie.coocan.jp/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2018  ぽち
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

他のメルマガを読む