Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.970]~『密告・者』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.970(2011.10.28)
★☆
☆★☆             http://homepage1.nifty.com/pochie/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『密告・者』─
◆2.メールちょうだいッ!!
◆3.映画情報
◆4.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『密告・者』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『密告・者』(THE STOOL PIGEON/綫人)
(2010年 香港)(上映時間1時間55分)
監督:ダンテ・ラム
出演:ニコラス・ツェー、ニック・チョン、グイ・ルンメイ、ミャオ・プー、
リウ・カイチー、ルー・イー、パトリック・キョン
*10月29日(土)より新宿武蔵野館ほかにて順次全国公開予定
ホームページ www.mikkokusha.net
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
香港警察の捜査官ドン(ニック・チョン)は、ある犯罪組織に密告者を送り込
むが、正体がバレて密告者は重傷を負う。1年後、ドンは台湾から帰ってきた犯
罪者バーバイを逮捕するため、新たな密告者としてサイグァイ(ニコラス・ツ
ェー)という青年に白羽の矢を立てる。妹が借金で娼婦にさせられていること
を知った彼は、金を作るため密告者となる。犯罪組織の運転手としてバーバイ
とその情婦ディー(グイ・ルンメイ)に近づき、ドンに情報を流すサイグァイ。
だが、やがて意外な運命が彼を待ち受けていた……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ダンテ・ラムが描く密告者、犯罪組織、警察による息詰まる攻防戦
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『インファナル・アフェア』をはじめ香港ノワールには、めったにハズレがあ
りません。鬼才ダンテ・ラム監督によるこの映画も、十分に当りといえるでし
ょう。

タイトルどおり密告者を描いたドラマ。密告者の正体が組織にバレて、彼が再
起不能の状態に追い込まれてしまった香港警察の捜査官ドン。その責任を感じ
つつも、新たに出所間近の青年サイグァイを密告者にスカウトし、組織に送り
込む。彼の情報を元に、宝石店強盗を企む一味を徐々に追い込むドンだが……。

密告者、犯罪組織、警察の3者のスリリングな攻防戦は見応え十分。正体がバ
レる危険と直面しながら警察に情報を流す密告者を中心に、スリル満点のシー
ンが続き、重苦しい緊張感がスクリーンを覆います。

カーチェイス、銃撃戦、逃走劇、バトルとアクションシーンも満載。「あわ
や!」のシーンの連続で手に汗握る展開が続きます。

ドラマの大きなターニングポイントになるのは、凶悪犯罪者バーバイの情婦デ
ィーの存在。犯罪計画の先頭に立っていた彼女の意外な行動が、事件を思わぬ
方向に導き、サイグァイの運命も大きく変わります。

事件の背景として、主要人物が背負った重荷を映し出しているのも、この映画
の大きな特徴。愛する妹が借金のかたに娼婦にさせられているサイグァイ。貧
しい家に育ち身売りされバーバイに救われた過去を持つディー。

その中でも、最もじっくりと描かれるのが、捜査官ドンが抱えた重荷。冒頭で
再起不能となった密告者の姿を通して、ドンの罪の意識をクローズアップ。さ
らに、ある過ちから妻を傷つけた彼の哀しい過去と、現在の状況を描き出し、
ドラマに深みを加えています(ただし、その結末がやや出来すぎなのと、わか
りにくい部分があるのが惜しいところ)。

後半に行くにつれてドラマはどんどん加速。盛り上がりは最高潮に達します。
宝石店強盗の犯行後、証拠隠滅を図る犯人たち。次の瞬間に起きる意外な裏切
り。サイグァィとディーによる逃走劇。それを追う犯人たち。そして捜査官ド
ン。息をつかせない怒涛の展開。あまりにも壮絶な事件の結末。

ラストに漂うのは爽快感ではなく、哀愁と苦味。そこで流れる情感あふれる歌
が印象的です。

密告者を演じたニコラス・ツェーが、近日公開の『新少林寺 SHAOLIN』とはひ
と味違う寡黙なワルを好演。捜査官ドンを演じたニック・チョン、情婦ディー
を演じたグイ・ルンメイも存在感十分。特にルンメイは、高校生の時に『藍色
夏恋』でデビューした時から知っているだけに、なおさら感慨深いものがあり
ました。

スリリングで、迫力満点で、余韻も残してくれる香港ノワール&アクション。
香港映画の底力を改めて実感させられる一作でした。

≪ぽちの満足度≫
★★★★☆

≪ぽちのオススメ度≫
★★★☆☆(+1/2★)
                       (ぽち)

2011年9月8日(木)試写(シネマート六本木)にて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.メールちょうだいッ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Cinemaの王国」は皆さんからのメールを活力に発行を続けておりまッす。

みなさんも「Cinemaの王国」へのメッセージや取り上げて欲しい作品のリクエ
スト、観た映画の感想など、気軽にメールをくださいネ。できれば名前(ハン
ドルネーム可)を本文中に明記してください。(メールは誌面で紹介する場合
もあります。載せて欲しくない方は、その旨を明記してください。)
・メールはこちらまで fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3.映画情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲今週末は、本日から『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』『ミ
ッション:8ミニッツ』、明日から『WAYA! 宇宙一のおせっかい大作戦』『が
んばっぺ フラガール! フクシマに生きる。彼女たちのいま』『ウィンター
ズ・ボーン』『グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独』『ゲーテの恋
 君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」』『ゴモラ』『ゴメンナサイ』『スク
リーム4:ネクスト・ジェネレーション』『ステキな金縛り』『スパルタの
海』『ちづる』『ハートブレイカー』『フェア・ゲーム』『マーガレットと素
敵な何か』『モンスター上司』『ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀』『映画 
スイートプリキュア♪ とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪』『天皇ご
っこ 見沢知廉・たった一人の革命』『密告・者』『ひかり』など大量に公開
スタートです。

各映画の公式サイトは下記サイトあたりで探してみるとよいでしょう。
→ http://www.eiga-site.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*明日公開の『ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀』も試写で見せてもらったの
ですが、今週は間に合わなかったので、来週の頭に掲載します。(ホームペー
ジに先にアップするかもしれません)

*ツイッターやってます。よかったらフォローしてね。
→ http://twitter.com/Wordrocks
                         (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.970(2011.10.28)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://homepage1.nifty.com/pochie/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2011  ぽち  fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,008部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,008部

他のメルマガを読む