Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.969]~『東京オアシス』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.969(2011.10.27)
★☆
☆★☆             http://homepage1.nifty.com/pochie/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『東京オアシス』─
◆2.メールちょうだいッ!!
◆3.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『東京オアシス』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『東京オアシス』
(2011年 日本)(上映時間1時間23分)
監督:松本佳奈、中村佳代
出演:小林聡美、加瀬亮、黒木華、原田知世、森岡龍、大島依提亜、光石研、
市川実日子、もたいまさこ
*新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開中
ホームページ http://www.tokyo-oasis-movie.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
喪服を着た女性・トウコ(小林聡美)は、深夜のコンビニの前で出会った男
性・ナガノ(加瀬亮)の車に乗せてもらう。衣装のまま撮影現場から抜け出し
てきたと話すトウコ……。ある映画館で眠り込んでしまったトウコが目覚める
と、以前一緒に仕事をしたキクチ(原田知世)がいた。彼女は元シナリオライ
ターで、今は映画館で働いているという……。動物園にやって来たトウコは、
ツチブタの柵の前にたたずむ女性・ヤスコ(黒木華)に声をかける。彼女は動
物園にバイトの面接にやって来たのだが……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おなじみのスローライフ・ムービーもそろそろ厳しい感じで……
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『かもめ食堂』『めがね』『プール』『マザーウォーター』のスタッフによる
作品。監督は『マザーウォーター』の松本佳奈とCMディレクターの中村佳代。

ドラマそのものよりも、全体を包むスローな癒し系の雰囲気で見せるところは
過去の作品と同じ。ただし、ここまでドラマのレベルが低いと、正直観ていて
つらくなります。

女優らしき主人公の3つのエピソードで構成された映画。最初は偶然知り合った
配送ドライバーの車に乗せてもらい、車中やドライブイン、海などで会話を展
開します。続いて、映画館で眠りこけた主人公が、元シナリオライターで今は
その映画館で働く女性と話をします。そして、最後は動物園でバイトの面接に
訪れた女性との会話。

とりたてて大きなことは起きないのは仕方がないにしても、肝心の会話がつま
らないのが致命傷。上っ滑りで、空回りするばかりのセリフが(特に最初のエ
ピソード)、延々とやり取りされます。

登場人物の背負ったものや、現在の状況がまったく見えないばかりか、その心
理さえほとんど伝わってきません。ひたすらスローな雰囲気の中で、空疎なセ
リフが飛び交うばかりでは、もはや眠気を催すのも仕方ないところ。まさか睡
眠導入映画なのか?

『かもめ食堂』『めがね』『プール』は海外が舞台で、エキゾチックな雰囲気
が良い味付けになっていたけれど、今回は東京が舞台なのでそれもなし。癒し
効果は激減。ユーモラスな場面も、中途半端で笑うに笑えません。

作り手はいったいこの映画で何を言いたかったのか。東京にもオアシスになる
場所があって、人がいる……ということなのでしょうか。それならそれで、も
う少しやり方があっただろうに。特に脚本をもっと練り上げて欲しかったです
ね。

数少ない見どころは映像でしょうか。冒頭の車の中から映した東京の風景、最
後のエピソードの動物園の映像など、映像的にはそれなりに見応えがあります。

もしも今後も日本を舞台にこういうスローライフ・ムービーを作るなら、よっ
ぽど工夫しないと難しいのでは?

≪ぽちの満足度≫
★★☆☆☆

≪ぽちのオススメ度≫
★★☆☆☆(+1/2★)
                       (ぽち)

2011年10月23日(日)新宿ピカデリーにて。午後3時10分の回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.メールちょうだいッ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Cinemaの王国」は皆さんからのメールを活力に発行を続けておりまッす。

みなさんも「Cinemaの王国」へのメッセージや取り上げて欲しい作品のリクエ
スト、観た映画の感想など、気軽にメールをくださいネ。できれば名前(ハン
ドルネーム可)を本文中に明記してください。(メールは誌面で紹介する場合
もあります。載せて欲しくない方は、その旨を明記してください。)
・メールはこちらまで fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*どうもうまくスケジュールが合わなくて、今年も東京国際映画祭には行けそ
うにもない感じ……。

*ツイッターやってます。よかったらフォローしてね。
→ http://twitter.com/Wordrocks
                         (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.969(2011.10.27)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://homepage1.nifty.com/pochie/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2011  ぽち  fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/14 部数:  1,010部

他のメルマガを読む