Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.362]~『さすらいの女神(ディーバ)たち』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.962(2011.10.7)
★☆
☆★☆             http://homepage1.nifty.com/pochie/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『さすらいの女神(ディーバ)たち』─
◆2.メールちょうだいッ!!
◆3.映画情報
◆4.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『さすらいの女神(ディーバ)たち』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『さすらいの女神(ディーバ)たち』(TOURNEE)
(2010年 フランス)(上映時間1時間51分)
監督:マチュー・アマルリック
主演:マチュー・アマルリック、ミミ・ル・ムー、キトゥン・オン・ザ・キー
ズ、ダーティ・マティーニ、ジュリー・アトラス・ミュズ、イーヴィ・ラヴェ
ル、ロッキー・ルーレット、ダミアン・オドゥール、オレリア・プティ
*シネスイッチ銀座ほかにて公開中。順次全国公開予定
ホームページ http://www.ontour.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
フランスでTVプロデューサーとして活躍していたジョアキム(マチュー・アマ
ルリック)は、トラブルを起こして業界を追われ、家族や親友を捨てて渡米す
る。数年後、アメリカのショーダンサーたちと結成したグループ「ニュー・
バーレスク」を率いて、フランスでのツアーを始める。行く先々で観客を沸か
せる一座だが、訪れる場所は港町ばかり。何とかしてパリでの凱旋公演を実現
するため奔走するジョアキムだったが……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
たくましい女性ダンサーを通して描く人生の悲哀と豊かさ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『潜水服は蝶の夢を見る』『キングス&クイーン』などで知られるフランスの
名優マチュー・アマルリックの監督・主演作品。第63回カンヌ国際映画祭で監
督賞を受賞しました。

アメリカからフランスに公演に来た女性ダンサーを中心としたショーの一座を
描いたドラマ。いったいどんなショーかといえば、ユーモラスでエロチックな
大人のための歌と踊りのエンタティメント。基本はストリップのように服を脱
ぐダンスが多いのですが、明るく、元気で、笑えるステージで、いやらしさは
感じません。

何でも、実際にこういう「ニュー・バーレスク」というショーが世界中で行わ
れていて、今回登場するダンサーは全員が現役のニュー・バーレスクのダン
サーだそうです。

そんな彼女たちのステージ風景がこの映画のハイライト。ほとんどのダンサー
がけっこうな年齢で、しかも体型も太目の人が多いのに、ステージになるとバ
ツグンの存在感を発揮するから面白いもの。

そして、ステージと並行して描かれるのが、舞台裏での様々な出来事。その中
心になるのが、一座を率いるジョアキムという男性です。実は、彼はもとはフ
ランスの超有名テレビプロデューサー。しかし、不祥事を起こして業界を追放
され、アメリカで結成した一座を率いて再起を図るためにフランスにやってき
たのです。

そんな彼にとって最大の目標がパリでの公演。それが実現しなければリベンジ
は果たせません。ところが、昔のムチャクチャな行状がたたって、関係者との
関係がますます悪化し、パリ公演は遠くなるばかり。

事態が思うように打開できずに焦るジョアキム。昔関係した女性、別れた妻の
もとにいる2人の子供なども登場し、その人生の悲哀を浮き彫りにします。

同時にニュー・バーレスクのダンサーたちの心情も、リアルに切り取られます。
ステージの後でドンチャン騒ぎをする一方で、孤独を抱え人生の辛さに身もだ
えする彼女たち。年齢や体型がなおさら人生の悲哀を浮き立たせ、ジョアキム
のそれと交差します。

それでもやっぱりポジティブな彼女たち。「私たちのショー」「女たちのため
の女たちのショー」と公言し、ジョアキムのダメ出しも拒否する、そのたくま
しさが観客の心も元気にします。

ラストはミミというダンサーとジョアキムに起きた出来事を中心に、人生の豊
かさをさりげなく示して終わります。ジョアキムを救うのはやっぱり女性。タ
イトルの「女神(ディーバ)」がピッタリのラストです。

ドキュメンタリータッチの映像なども駆使して、生き生きとしたドラマを作っ
たマチュー・アマルリックの演出は、カンヌの監督賞にふさわしいものでした。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆

≪ぽちのオススメ度≫
★★★☆☆
                       (ぽち)

2011年10月5日(水)シネスイッチ銀座にて。午後1時30分の回

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.メールちょうだいッ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Cinemaの王国」は皆さんからのメールを活力に発行を続けておりまッす。

みなさんも「Cinemaの王国」へのメッセージや取り上げて欲しい作品のリクエ
スト、観た映画の感想など、気軽にメールをくださいネ。できれば名前(ハン
ドルネーム可)を本文中に明記してください。(メールは誌面で紹介する場合
もあります。載せて欲しくない方は、その旨を明記してください。)
・メールはこちらまで fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3.映画情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲今週末は、本日から『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』、明日から『アク
シデント』『ツレがうつになりまして。』『夜明けの街で』『アサシン』『UND
ERWATER LOVE おんなの河童』『クイック!!』『ラスト・エクソシズム』『レ
ア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース』『ヴァンパイア・ストーリー
ズ』『地球にやさしい生活』『明りを灯す人』などが公開です。

各映画の公式サイトは下記サイトあたりで探してみるとよいでしょう。
→ http://www.eiga-site.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*また連休?どうしようかな。

*ツイッターやってます。よかったらフォローしてね。
→ http://twitter.com/Wordrocks
                         (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.962(2011.10.7)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://homepage1.nifty.com/pochie/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2011  ぽち  fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/22 部数:  1,005部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2019/02/22 部数:  1,005部

他のメルマガを読む