Cinemaの王国

[Cinemaの王国 vol.853]~『冷たい熱帯魚』

★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆
★☆
☆   「Cinemaの王国」  vol.853(2011. 1.21)
★☆
☆★☆             http://homepage1.nifty.com/pochie/
★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=======================================================================
このメールマガジンは、自腹で年間100本以上の映画を観る(ぽち)が、映画館
で実際に観た映画の感想を書くマガジンです。
=======================================================================
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
【INDEX】
◆1.今週のこの1本!
  ─『冷たい熱帯魚』─
◆2.メールちょうだいッ!!
◆3.映画情報
◆4.ぽちのひとりごと
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1.今週のこの1本! ~『冷たい熱帯魚』~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『冷たい熱帯魚』
(2010年 日本)(上映時間 2時間23分)
監督・脚本:園子温
出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲
*1月29日からテアトル新宿ほかにて公開予定
ホームページ http://www.coldfish.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
<ストーリー>
小さな熱帯魚店を営む社本(吹越満)の家庭では、娘が若い後妻に反発し、社
本と妻との間もギクシャクしていた。そんなある日、娘が起こした万引き事件
をきっかけに、社本は大きな熱帯魚店を営む村田(でんでん)と知り合う。ま
もなく村田の事業を手伝うことになった社本は、やがて恐ろしい殺人事件に巻
き込まれていく……。

<レビュー>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
恐怖とともに笑いを巻き起こすユニークすぎる猟奇サスペンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前作『愛のむきだし』をはじめ、個性的な作品を送り出している鬼才・園子温
監督が、かつて埼玉で起きた愛犬家殺人事件など、いくつかの実在の猟奇殺人
事件をヒントに描いたサスペンス。

家庭に問題を抱える小さな熱帯魚屋の主人が、ひょんなことから羽振りのいい
同業者と知り合い、それをきっかけに恐ろしい猟奇殺人事件に加担させられて
いくというお話。

「日本にはない救いのない映画を作りたかった」という園監督の言葉のとおり、
救いらしい救いのない映画です。安直なハッピーエンドや未来への希望など皆
無。猟奇殺人事件がネタということで、死体解体などのグロいシーンもテンコ
盛りです。

しかし、それでも目をそむけることはありませんでした。2時間半以上の長丁場
にも関わらず、最初から最後まで飽きることなくスクリーンに見入ってしまい
ました。

前半で興味深いのが、主人公の社本たちが、村田という詐欺師にどんどん丸め
込まれていくところ。やさしく親切に接したと思ったら、今度は一転して恫喝
し始める村田。その豹変ぶりや巧みな言動に、詐欺師の怖さを思い知らされま
す。なるほど人はああやって騙されていくのですね。

また、これほどエロくてグロい映画なのに(R-18指定)、笑いがタップリなの
も異例なこと。日常のシーンだけでなく、殺人や死体解体のシーンでも笑わせ
られます。こういうシーンが怖いのは、当事者たちが恐怖や罪悪感を抱えてい
るからこそ。ところが、村田やその妻にはそんなものはカケラもありません。
もはやほとんど狂気の世界。それが場違いともいえる笑いにつながっていきま
す。

村田を演じるのは、いつもは気のいいおじさん役が多いでんでん。その落差が
なおさら恐怖と笑いを巻き起こします。妻役の黒沢あすかともども怪演です。

後半、村田に付け込まれて奈落へ落ちていく社本。それとともに言動も変化し
て、最後は人格が一変してしまいます。そして、あまりにも凄惨でショッキン
グなラストへとなだれ込んでいきます。

人間の狂気、生と死、家庭の問題など、様々なテーマが浮かび上がるこの映画。
しかし、それ以上に単純にエンターティメントとして面白い映画です(普通の
エンタメとはまったく違いますが)。犯罪サスペンス、スプラッターホラー、
コメディ、アクションなど様々な要素が詰め込まれています。やりすぎに思え
るラストも、エンタメ精神のあらわれと考えれば納得。

≪ぽちの満足度≫
★★★☆☆(+1/2★)

≪ぽちのオススメ度≫
★★★☆☆
                             (ぽち)

2010年11月27日(土)有楽町朝日ホールにて(東京フィルメックスでの上映)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2.メールちょうだいッ!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「Cinemaの王国」は皆さんからのメールを活力に発行を続けておりまッす。

▽(こーいち)さんから『シチリア!シチリア!』の感想をいただきました。
<意外とレビュアーの間では評判が良くないようですね。長いとか、踏み込み
が甘いとか言われてますが…。でも、おっしゃるように故郷への讃歌としては、
成長し変わっていく人間と変わらない土地の風土と自然、風景、あの3つの岩も
ですが、見事に対比されていて、面白く観ました。それに、ちょっとハッとす
る映画的な表現の数々には、思わずニッコリ。映画好きにはたまらない作品だ
ったように思います。>

ありがとうございました。
みなさんも「Cinemaの王国」へのメッセージや取り上げて欲しい作品のリクエ
スト、観た映画の感想など、気軽にメールをくださいネ。できれば名前(ハン
ドルネーム可)を本文中に明記してください。(メールは誌面で紹介する場合
もあります。載せて欲しくない方は、その旨を明記してください。)
・メールはこちらまで fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3.映画情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲今週は、明日から『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』『YOYOCHU SE
Xと代々木忠の世界』『180°SOUTH』『ねこばん3D とび出すにゃんこ』
『イップ・マン 葉問』『カンフーサイボーグ』『グリーン・ホーネット』
『ソウル・キッチン』『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメ
リカ横断~』『ネスト』『ハーモニー 心をつなぐ歌』『ハイブリッド刑事
(デカ)』『フード・インク』『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『完全
なる報復』『劇場版 ブレイク ブレイド 第五章/死線ノ涯』『犬とあなたの
物語 いぬのえいが』『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック 
ON 銀幕』『不倫純愛』などが公開です。

各映画の公式サイトは下記サイトあたりで探してみるとよいでしょう。
→ http://www.eiga-site.info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4.ぽちのひとりごと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*本日取り上げた『冷たい熱帯魚』は、来週の土曜日、29日から公開です。

*ツイッターやってます。よかったらフォローしてね。
→ http://twitter.com/Wordrocks
                         (ぽち)

~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~◇~
☆このメールマガジンは
■『まぐまぐ』  http://www.mag2.com/  ID:0000021508
の配信システムを利用して発行しています。
====================================================================
■週刊「Cinemaの王国」  vol.853(2011. 1.21)
●編集発行人:ぽち
●登録・解除はこちらからお願いします。
   http://homepage1.nifty.com/pochie/mailmaga/moushikomi.html
 (発行者自身による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません。ご面
  倒でもホームページまたは上記メルマガサイトからお願いします。)
☆本誌に掲載されている評価、感想等はあくまでも個人のものであり、特定の
団体、個人等を中傷する意図はありません。掲載された内容に起因するトラブ
ルには一切関知いたしません。また、記事の無断転載はお断りします。
●Copyright(c)1999-2011  ぽち  fwkg4052@mb.infoweb.ne.jp
====================================================================

Cinemaの王国

発行周期: 週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2018/12/12 部数:  1,014部

ついでに読みたい

Cinemaの王国

発行周期:  週刊(毎週金曜+不定期の水曜) 最新号:  2018/12/12 部数:  1,014部

他のメルマガを読む