nyaoの勝手に保険講座

【nyaoの勝手に保険講座】2009/10/29

カテゴリー: 2009年10月29日
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

      保険情報メールマガジン 「nyaoの勝手に保険講座」

        発行元:有限会社 エヌワンエージェンシー
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
            第33号(2009/10/29発行)

   このメールマガジンは生命保険・損害保険に関する様々な情報を、
     「素人にも解りやすく」という主旨で書いています。

バックナンバーをみたい方はこちらです。
http://blog.mag2.com/m/log/0000018300/
nyaoの勝手に保険講座ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/nyao/hoken-kouza/

============================■ 目 次 ■============================

お知らせ★お久しぶり&ホームページ引っ越しました
記  事★入院したらいくらお金がかかるのか
つぶやき★・・・

========================================================================

■編集者のプロフィール■ 
□森田直子  □HN nyao
□保険業界歴18年。
 現在、保険ジャーナリストとしての執筆活動の他、生命保険代理事業、などを
 もやってます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
お知らせ★お久しぶり&ホームページ引っ越しました
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3年間休刊していたこのメルマガですが、このメルマガを初めて発行してから、
丁度10年が過ぎたので10周年を記念してメルマガを再復活することにしました♪

 というわけで。皆さ~ん、3年ぶりのご無沙汰です。

 アタクシも10年トシとりましたとさ。(^^;

 10年の間に業界は激動の変革をしておりますが、それでも自分が今もこの保
険業界で仕事を続けられていることを有難く思います。10年前から変わらず、
私は保険業界が大好きです。これからも、ボチボチこのメルマガとお付き合い下
さいネ。

 それからホームページが引越しになりました。ホントはずっと同じ所に置いて
おきたかったけど、webサービスを提供していたプロバイダーが無くなってし
まうそうなので、やむにやまれずのお引越し。内容は変わってないけどネ(^^;
というわけで今後ともよろしくお願いします。
☆新しいホームページ
http://www.ne.jp/asahi/nyao/hoken-kouza/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
記  事★入院したらいくらお金がかかるのか
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 入院や手術をした時に、給付金が受けられる保険と言えば「医療保険」。
ここ数年、医療保険の販売数は一気に伸びているし、とりあえず医療保険にだけ
は入っておく方が安心~と思う人も増えてるみたいです。

 医療保険のしくみを、カンタンに説明しておくと、

 ●入院した時に受け取れる入院給付金(一日いくら、という設定)
 ●手術した時に受け取れる手術給付金

 この2つが基本となっていて、ほかに色々な特約がつくというのが一般的です。
例えば、通院特約(退院後の通院に)や、女性医療特約(女性特有の疾患の時に
上乗せ)などもその一つです。
 ちなみに最近よく売れているのは「入院一日につき1万円」というタイプ。
ほかにも「一日5千円」というタイプなどもありす。

 ところで、ホントに入院した時って、実際の所、一体いくらかかるのか、気に
なりますよね。入院した時にかかるお金って大体こんなかんじです。

◎医療費:治療にかかったお金
○差額ベッド代:入院中の医療費を高くする一番の要素は、この差額ベッド代。
     無料の部屋というのもあるけど、満室ってことも多い。
     「今、一日2万円の個室しか空いてません」なんて言われることも…。
     最近のデータでは一日平均6千円弱。
○入院中の食費:自己負担額は普通の人で、一食260円
     (低所得者などは、210円、160円、100円という場合あり)
     一食で260円って安い!家にいるより食費はチョット浮くかも?
○入院中の生活費など:例えば本代・テレビカード代・洗剤や洗面道具代、
     寝巻きなどの必需品など。
     これはどこまで節約するかによってかかるお金が随分違うと思うよ。
     病院には自動販売機がたくさんあるしコンビニがあったりして、
     気をつけないとつい買ってしまう…ジュースや缶コーヒーを(^^;
     それと病室のテレビって有料なのでテレビを見すぎると大変なことに
     なるかも。日常で必要な、寝巻き・ガウン・下着・くつした・スリッ
     パなどは必需品。家にあるのがボロいと、買うことになるよね。
     ・・・節約も、案外難しいかも、という気もする。
○交通費:家族などの交通費。毎日病室に来ると毎日かかるネ…。
○お 礼:お見舞いに来てくれた人への御礼も、ばかに出来ないです。
     人気者ほどお金がかかることになるわヨ。


 上記の「◎医療費」については、毎月だいたい8万~9万を超えた分について
は、公的健康保険から払い戻されることになってます。(高額療養費制度)
でも、それ以外の差額ベッド代や食費は自己負担になるので、こうして見ると、
結構お金がかかりそうですよね。

 そして忘れちゃいけないのが、入院している間、仕事などを休むことになる、
というコトです。正社員の人などで、有給休暇などをつかって給与が減らないよ
うに出来る人は良いのですが、入院が長引いたり、あるいは休んでいる間その分
の収入が減る人は、収入減少の対策も必要です。

※上記文書は主観も多分に含まれることをあらかじめご了承下さい。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
つぶやき★・・・
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 この頃、生命保険関係の書籍を見ると、「騙されるな」とか「裏ワザ」とか、
そんな表現のタイトルが多いのよね。そういう否定的メッセージって、注目を受
ける効果があるので、タイトルとしては悪くないんだろうなぁと思うけど…
意外に、内容を読むと必ずしも否定的な内容ばかりではなかったりします。

 本のタイトルって奥が深い。結局は「本」って多くの人に読んでもらうための
ものだし、そういう意味でタイトルは大切、ということはよくわかる。なにかド
キっとくる表現を使うのも、効果的な方法ということもわかる。

 でも、脅かしたり不安要素を強調するのって、個人的に若干抵抗があるような。
 
 なのでわたしは「生命保険の教科書」とか「正しい生命保険の選び方」とか
「生命保険選びの王道」とか、そういうスタンダードっぽいタイトルが好きなん
だけど、これだと、やっぱ売れないかな…(^^;

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★PRコーナー
------------------------------------------------------------------------
■電脳保険記者倶楽部【ins-express】
 保険会社各社のニュースリリースと、業界専門メールマガジンinswatchより一
部記事を掲載し、週2回【無料】でお届けするメールマガジンです。

申込は下記から↓
http://www.inswatch.co.jp/express/index.htm

------------------------------------------------------------------------
ワタクシnyaoが執筆しています。わかりやすと好評なので是非ご覧下さい。

◆Yahoo!保険 保険を学ぼう「からだの保険」
http://insurance.yahoo.co.jp/life/index.html

◆Yahoo!保険 保険を学ぼう「くるまの保険」
http://insurance.yahoo.co.jp/auto/index.html

◆Yahoo!保険 保険を学ぼう「火災保険」
http://insurance.yahoo.co.jp/fire/index.html

◆Yahoo!保険 保険を学ぼう「社会保険」
http://insurance.yahoo.co.jp/social/index.html

------------------------------------------------------------------------

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
当メールマガジンの内容については私見が多分に盛り込まれていることを予めご
了承下さい。内容はあくまでも参考程度として、実際の生命保険契約等は個々の
責任において行って下さい。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

========================================================================
保険情報メールマガジン 「nyaoの勝手に保険講座」第33号(2009/10/29発行)
発行元:有限会社 エヌワンエージェンシー 代表取締役 森田直子
ご意見・ご感想・投稿はこちらまで
mailto:info@n1agency.com 
※メールを送る時は↑件名の始めに【nyaoのメルマガ】と書いてね。

バックナンバーをみたい方はこちらです。
http://www.melma.com/mag/64/m00002264/
nyaoの勝手に保険講座ホームページ
http://www.ne.jp/asahi/nyao/hoken-kouza/

★当メールマガジン記載の著作権は(有)エヌワンエージェンシーにあります。
 内容を無断転載することを硬くお断りいたします。
========================================================================

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む