紳也特急

紳也特急 vol,78


カテゴリー: 2006年02月01日
---------------------------------------------------------------------
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,78  ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
    地域医療振興協会、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
-------------------------------------------------------------AD------
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
----------------------------------------------------------------------


〜今月のテーマ『出会いは大切』〜

●『いいじゃない いいんだよ』の感想
○『デブな医者をやせさせるには』
●『過程(プロセス)を評価する意味』
○『心に響く性教育』
●『博士の愛した数式』
○『「出会い」の創造を狙って』

◆CAIよりお知らせ
「2代目ハッピートラック完成しました!」
http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp

---------------------------------------------------------------------
●『いいじゃない いいんだよ』の感想
 どんな問題も、人と人の関係。人間愛なのかなぁと、考えさせられました。
生徒たちを見ていて思います。「何で、そんな簡単に『死ぬ』と口にするんだ
ろう?」と。ちょっと嫌なこと、辛いことがあると「もう死ぬ〜」「死んだ〜」
「死にたい〜」と言います。
 私は言葉には力があると思っています。いわゆる言霊というものでしょうか。
だから、「事故ればいいのに」「死ねばいいのに」という言葉を聞くと、とても
辛く、嫌な気分になります。生徒に「もう死ぬぅ」と言われると、「大丈夫。め
ちゃめちゃ生きてるし」と切り返します。
 もう去年になりますが、口癖のように「死にたい」と言っていた女の子がいま
した。しかしある日、親しくしていた彼氏の兄が事故で亡くなりました。彼女の
親は離婚していますが死んではいません。きっと、初めて「死」というものを身
近に感じたのだと思います。その出来事以来、彼女の口から「死にたい」と私は
聞いていません。
 この本を読んでいて、やはり「出会いは大切」とつくづく感じました。たくさ
んの人たちと触れあわないと、いろんなことを学べないんですね。
 ある養護教諭の先生が私たちの本を読んで感想のメールをくださいました。人
が育つにはいろんな経験を重ねることが必要なのでしょうね。大人たちは次世代
に何を、どう、伝えればいいのでしょうか。先月のメルマガを書きながら、そも
そも性教育、エイズ教育の目標、目的は何なんだろう。いい性教育、悪い性教育
ってどのように評価すればいいんだろうという考える中で、やっぱり大切なもの
は出会いだということを改めて感じたので今月のテーマを「出会いは大切」とし
ました。

『出会いは大切』

○『デブな医者をやせさせるには』
 先月号で少し紹介しましたが、私(岩室紳也)は昨年7月からダイエットをは
じめ、約10キロ減量することに成功しました。しかし、この10キロに満足するこ
となくあと5キロはやせようと思っています。
 面白いことに、ヘルスプロモーション関連の研修でこの話をすると、保健師や
栄養士といったいわゆる専門家の人たちは「どうやってやせたのですか」と繰り
返し聞いてきます。私は「おいおい、皆さんプロでしょ」と言っています。「食
べない、飲まない、運動する」しかないじゃないですか。そんな知識は誰だって
持っているんです。
 エイズウイルスに感染しないためにはノーセックスかコンドーム(細かいこと
はここでは触れません、あしからず)。こんなことはみんな知っています。でも
できない。だからこそ性生活習慣病という概念(紳也特急57号)を取り入れない
といけないと言っていた私が、性教育の評価を旧来の行動変容、知識の変化、と
いったことでしようとしていました。恥ずかしいことです。

●『過程(プロセス)を評価する意味』
 公衆衛生関係者であれば様々な生活習慣病の原因の一つになっている肥満の人
に対して、知識伝達だけでは十分な成果を挙げられないということは百も承知し
ています。もちろん知識伝達型のアプローチは意味がないというわけではありま
せんが、その人の意識や行動が変わるためのきっかけづくりとしての出会いも大
切ですし、行動が変わった、変わろうとした後、その変わった、改善された生活
行動が習慣化されていくための環境を整備しておくことも重要になります。すな
わち、様々な取り組みがあってはじめて望ましい生活習慣を身に着けられること
から、逆に無駄なものはなく、多様な出会いがなければならないと言ってもいい
のではないでしょうか。

○『心に響く性教育』
 私はお蔭様で全国を飛び回らせていただき、そんな中で多くの出会いをいただ
き、一つ一つの出会いを大切にすることでまた日々の元気が生まれているように
思います。「出会いが大事」と考えていた時に北海道思春期教育ネットワークの
研修会で話をさせていただく機会を得ました。いただいた演題が「心に響く性教
育の実践」でした。講演内容は基本的に今までと同じだったのですが、「心に響
く」ということを意識して整理して話してみると、これが岩室の性教育の原点だ
ったと改めて気付かされました。一人ひとりの患者さんとの出会い。やり取り。
死。私自身が心を動かされてきた中でいただいたものをそのまま伝えるのが私の
性教育、エイズ教育の原点でした。つい先日も一人の患者さんが亡くなられまし
た。どうしてこんなに若くして亡くならなければならないのか、という悔しい思
いをそのまま若者たちに伝えることの大切さを忘れたくない。その原点を思い出
させてくださった北海道の皆さんに感謝です。

●『博士の愛した数式』
 「最近、本を読んでいないんじゃない。人に話を聞かせる人が自分の中に感動
がなくていい話がでるはずがない」こんなことを私に言ってくれるのは家内しか
いません。勧められた本が映画化もされた小川洋子さんの「博士の愛した数式」
でした。記憶が80分しか持たない障害を背負った数学者の物語です。読後感は何
とも言えない暖かいものでした。映画化されているのでそれもぜひ見てみたいと
思っています。
 とても読書好きとは言えない自分がこんなに本を読むようになったのは家内と
の出会いのおかげです。確かに出会いに疲れることもあるでしょうが、心に響く
出会いをもっと増やしたいものです。最初に紹介させていただいた養護の先生が
「出会いは偶然ではなく必然だと思えるようになってからは、新たな出会いがだ
いぶ好きになりました」とをおっしゃっていました。本当にそうですね。

○『「出会い」の創造を狙って』
 たった一回の講演を聞かせるだけでいいのだろうかと迷っている人がいますし
私もそのように思っていた時期がありました。しかし、若者たちの立場になって
考えてみてください。いま、若者たちが性やエイズについて考えるチャンスはほ
とんどありません。エイズを題材とした小説で感動できるものもありません。教
科書的な情報はそれなりにあるのでしょうが、かれらの心に響く感動的な話を一
つでもしてあげられたら、それこそ別の生き方に触れる出会いであり、自分の生
き方を見直すチャンスではないでしょうか。「あの人の話を聞いてよかった」と
いう感動を伝えることが出来ればと思い、これからもこつこつと講演会を重ねた
いと思います。


◆CAIよりお知らせ

「2代目ハッピートラック完成しました!」
http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp

アースデイ東京に向けてクルーを募集しています。

---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------





紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/10/01
部数 825部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/10/01
部数 825部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング