農業文化マガジン『電子耕』

サンプル誌

***********************************************************
         
週刊「74歳が送る農業カルチャーマガジン『電子耕』」創刊号
 --農業・健康・食・図書情報--
http://www.nazuna.com/tom/denshico.html
1999.7.1(木)発行      東京・ひばりケ丘  原田 勉

*************************************発行部数525部*********
<キーワード> 
 農業を中心として健康・食べ物・図書・人物をめぐる雑学情報を
提供し、お互いの意見交換の場を作りましょう。
 毎週木曜日あなたのメールボックスに無料で配信します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

<発刊のことば>

 この度は購読いただきまして有り難うございました。

ウィークリーまぐまぐ  1999/06/28号で紹介され、なんと500を
超える登録をいただき、また、TV局から取材依頼まで飛び込み、
正直戸惑っております。どんな読者の方々がいらっしゃるのか?、
購読の動機は?など考えると興奮で眠れません。
 なにとぞよろしくお願いします。

 このメールマガジンは何のために、誰のために発行するかという
と、第1に私の考えとキーワードにある情報を広めるためです。
  第2に私が所属する山崎農業研究所の会員有志と農文協および農
文協図書館を通じての友人(Eメールを持っている人)と交流した
いと思います。  
 これらの友人は日本の農業問題を共に考える有志であると同時に
農業問題・農林コンサルタントの専門家です。
http://www.taiyo-c.co.jp/yamazaki/yama_top.html
 山崎農業研究所では季刊『耕』
http://www.taiyo-c.co.jp/yamazaki/yama_kou.html
を発行していますが、それを補足するその他の情報交流手段として
週刊メールマガジンを発行することに致しました。

 発行は山崎農業研究所と農文協の了承を得ていますが、発行責任
は原田勉個人にあります。老いの手習いです。おいおい面白くした
いと思います。
 もちろんキーワードに関心ある一般の読者も歓迎します。投稿も
自由です。
------------------------------------------------------------

目 次         **発刊のことば**

 <舌耕のネタ>   
      ◎  タイトル『電子耕』について
      ◎ ニュース

 <農業・図書情報>
   1、写真は語る百歳現役・長寿の秘訣(1)
      2、『世界の水田 日本の水田』は優れもの

  <夏の健康食>   7月(旬の野菜)効用・材料・作り方
                    (1) 酒の肴にヤマトイモのみそ漬け
------------------------------------------------------------

<舌耕のネタ> 

◎ タイトル『電子耕』について

 山崎農業研究所の所報は16号から『耕』と山崎不二夫先生によ
って命名された。田畑を耕すというほかに、心をたがやす、思想を
掘り起こすという意味もこめられたという(山田民雄事務局長の編
集後記による)。
 耕はカルチャー(culture)文化・教養・栽培・耕作・養
殖という意味もある。このメールも、めざすところはカルチャーマ
ガジンである。
 それを今流行の電子メディアでやろうという。これが『電子耕』
である。
 私は今まで新聞記者、雑誌編集者、映画・スライド・テレビ制作
者、図書出版、などいろいろな媒体(メディア)に関わってきたが、
いずれも組織の一員として、主体的に働いてきたが個人の自由の範
囲は限られていた。
 いま私は自ら耕す人、自由に主体的に働く耕作者となった。しか
も新しい未知の分野の電子メディアによって挑戦する。

  60年むかし私は35アールの小作人の養子であった。
 養父の遺言は「小作人にだけはなるな」であった。
 地主の下で米・麦ともに収量の半分を納め、土地取り上げは地主
の自由で小作人には耕作権も補償されないものだったからだ。
 小作人の倅が今自由な『電子耕』という耕作権をもつ主催者にな
る。プロバイダーのサーバーを借りてはいるがわずかな利用料で自
由な発言ができる。
 ぼつぼつであるが『電子耕』は「自分の思想をたがやしそだてる」
ことをめざしたい。
 ご意見は、Eメール
mailto:tharada@anet.ne.jp
原田勉のホームページの掲示板
http://www62.tcup.com/6201/tom.html?
にお願いします。返信はできるだけ『電子耕』に転載したい。
ご了解下さい。

◎ ニュース

・山崎農業研究所では6月13日から初の試みとして海外見学ツア
ー「雲南の花 博・農村と西安の旅」を行い好評であった。
 昆明の世界園芸博覧会は日本の花博とくらべていかがだったか。
雲南の農村の見学は皆初めてだったと思うが興味は?。西安の見物
はいかがでしたか。
   くわしいことは次号の『耕』82号に報告される予定である。
このメールでもお聞きしたい。

・山崎農業研究所の第25回総会

7月2日 東京・四谷3丁目のトラック会館で行われる。
シンポジウムのテーマは「条件の悪い地域の活性化をいかに克服し
ているか」で長野の栄村高橋村長、和歌山の中辺路町真砂町長と北
海道の山地酪農家 斎藤晶氏が体験をのべる。

 詳細は山崎農業研究所(定例研究会等のご案内)を参照ください。
http://www.taiyo-c.co.jp/yamazaki/yama_info.html
 電話問い合わせは03ー3357ー5916山崎農業研究所へ。
------------------------------------------------------------

<農業情報> 

1、写真は語る百歳現役・長寿の秘訣(1)

  自宅の家庭菜園でくわを使う近藤康男先生
http://www.nazuna.com/100sai/70sai.html#1
「今年はなんとかトウモロコシをものにしたい」
と昨年から土をつくり、堆肥を準備して春に蒔いたものが順調に育
ちつつある。
 この写真で皆さんは何歳と見られるだろうか。
 今年の一月一日百歳を迎えられた農業経済学の権威近藤康男博士
である。
  朝日新聞の一月一日号の「ひと」欄などで紹介されてからテレビ
局や雑誌社からのインタビューの申込が多い。
 そして決まって「畑で働いておられる写真を」という注文である。
 でも、「テレビは芸能あつかいだから遠慮する。雑誌社も家族が
気を使うから原田君だけに頼む」と私が独占カメラマンとなった。
 長寿の秘訣は菜園で朝晩の手入れと観察、作物の育つ姿を見るの
がお楽しみ。
(詳細は第2号につづく。今後も随時おしらせします)。

2、『世界の水田 日本の水田』は優れもの

 私の息子
http://www.nazuna.com/
は農業のことはほとんど知らない。
それが「水田って何千年も同じところで稲を育てて、連作障害が出
ないんだってね、水が溜まっているときは嫌気性菌が働いて、乾い
ているときは好気性菌が働くんだってね。それが何千年もつづくわ
けなんて、凄いね」という。
 今ごろ何を言うかと思ったら「テレビのたけしの番組(万物創世
紀)でみた」という。たけしの番組も馬鹿にしてはいけない。こん
な機会に農業を知るひともいるんだ。

 そんなわけで、このメールマガジンで「水田の本」を取り上げた。
 水田稲作の起源はちかごろ中国の長江流域で7000年以上とい
うのが定説になってきている。
 世界各国で米の生産は増えている。米はうまいし、栄養価もすぐ
れている。
 しかも米の生産が環境と調和し、毎年おなじ場所で継続できる。
それは水田という装置が優れているからだ。
 世界各地の水田は「土と水と人間の英知が創り出した文化遺産で
ある」という。
 広大な水田のオーストラリア・アメリカ・ブラジル。川岸に栄え
たイタリア・フランスの水田。世界文化遺産に指定されたフィリピ
ンの棚田。タイ、中国などの水田の特徴をたずね、ひるがえって日
本の水田の優れた特質を紹介し21世紀に向けていかにあるべきか
を説く。

『世界の水田 日本の水田』
 写真と図表が多くわかりやすい解説。6/30発売
 著者:永年農地工学を研究し、水田と水質環境の専門家、
    田淵俊雄博士。
 A5判 222頁 定価2500円  発行 山崎農業研究所
                   発売 農文協
  160-0004 東京都新宿区四谷3ー5太陽コンサルタンツ内
 03-3357-5916
◆インターネット「田舎の本屋さん」
http://www.ruralnet.or.jp/shop/
でも注文できます。
------------------------------------------------------------
●協力をいただいているサイト紹介コーナー
「農文協ルーラルネット」
http://www.ruralnet.or.jp/
「太陽コンサルタンツ」
http://www.taiyo-c.co.jp

------------------------------------------------------------
(コメント交換のルーム・投稿歓迎します)

*B.S.さん(スウェーデン在住)より
「わたしの父も原田さんと同じ位の年です。わたしが遠方にすむよ
うになる前にe-mailを無理やり教えてきました。
面倒がっていましたが、この頃は楽しくなってきたようです。
最初の頃、メールを送るたびに、国際電話で「今、メールおくった
から」と連絡してきたのには、まいりましたが・・・
 でも、いくつになっても新しいものに取り組める姿勢を持ってい
る父を実は内心、尊敬しています。
原田さんのホームページにもとても刺激されています。」
     ---電 耕 掲 示 板より(抜粋)---
掲示板で応援していただいたみなさんありがとうございました。

*原田太郎(息子・42歳)より
 「発刊おめでとう。お父さんが65歳のとき自主的にパソコンはじ
めた時も驚きましたが、今回もビックリです。
Web-tv
http://webtv.co.jp/
でインターネットを始めたのは昨年の夏でしたね。仕事場にも、や
っと世界に繋がるパソコンが入って、これからはwindowsの勉強で
すが応援します。無理せず近藤先生めざして長生きしてください。
 みなさん、くれぐれも父をよろしくお願いします。」

------------------------------------------------------------
<夏の健康食>
------------------------------------------------------------

◎ 7月の旬の野菜
キュウリ、ナス、シシトウ、トウモロコシ、エダマメ、根ショウガ、
葉ショウガ、レタス、オクラ、トウガン、シソ、トマト、カボチャ、
ピーマン、サヤインゲン、

(1) 酒の肴にヤマトイモのみそ漬け

 効用:暑いとき、さっぱりしたみそ漬けを酒の肴にいかがですか。
  ヤマトイモはムチンという粘液質の消化酵素、コリン、アミラ
ーゼ、サポニン、ミネラルなどが含まれていて、滋養強壮、去痰、
消炎の効果があります。夏負け防止に、消化もよく食欲を増します。

 作り方:皮をむいたヤマトイモを甘口みそに5、6時間漬けてお
くだけで出来上がり。昼ころ漬けておくと夕方の酒の肴にもよし、
おかずにもなります。
   この話は長野県烏川村 橋渡 良知夫妻の提供によるものです。

------------------------------------------------------------
<文化欄>
私が戦中より関わっております劇団文化座の公演をご紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■■ 劇団文化座109回公演  ●「パートナー」●
■■■□         これからの人生、
■■□□    あなたはどのように生きていきますか?
■□□□      そして誰と生きていきますか?
□□□□     出演 佐々木 愛  李 麗仙 ほか
□□□□ 東京・1999年9月4日〜12日◆ 前売開始:7月5日(月)
□□□□ http://www.nazuna.com/bunkaza/partner1999.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「『電子耕』読みました」と付記して以下のアドレスにご予約いた
だければ一般券1割引になります。
mailto:bunkaza@anet.ne.jp

ありがとうございました。

***********************************************************
         
週刊「74歳が送る農業カルチャーマガジン『電子耕』」創刊号
 --農業・健康・食・図書情報--
http://www.nazuna.com/tom/denshico.html
1999.7.1(木)発行      東京・ひばりケ丘  原田 勉
mailto:tharada@anet.ne.jp
***********************************発行部数525部***********

ついでに読みたい

農業文化マガジン『電子耕』

発行周期:  隔週刊 最新号:  2018/12/30 部数:  685部

他のメルマガを読む