キリスト教読み物マガジン

キリスト教読み物マガジンNo.202

無料メールマガジン (レムナント出版)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ 「キリスト教読み物マガジン」 No.202
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお読みくださりありがとうございます。



(おすすめの集会)
●日本ユダヤ講座 好評開催中!
 主講師: 久保有政(月刊レムナント主筆)
 日本、ユダヤ、聖書を深く学ぼう。
  時間: 2015年11月13日より毎週金曜 夜6:30-8:30
  会場: 東京:豊島区民センター(池袋駅東口より歩5分)
   詳細・申込 http://remnant-p.com/n/

●神道・仏教と古代ユダヤ教
 講師:久保有政(レムナント主筆)
 11月28日(土)13:30~ 東京・吉祥寺 ナザレ修女会にて
 詳細・申込 http://remnant-p.com/chirashi1.htm




          リバイバルは奇跡ではない


       チャールズ・フィニーによる聖書講義

〔チャールズ・フィニー 1792~1875年〕
 19世紀にアメリカで起こった「リバイバル」の中心的人物。リバイバルとは
信仰復興のことで、大衆の中に大規模な信仰的覚醒(かくせい)と、高揚
(こうよう)が起こることをさす。
 彼は、もとは弁護士であった。救われる以前に、きわめてかたくなだった
彼は、教会に出席し始めてからも、長い間回心しなかった。人々は、
 「ほかの人が回心しても、彼だけは回心しないだろう」
 と言った。しかし29歳のある日、制しきれない思いを抱いて、ひとり林の中
へ行き、神の前にひざまずいて回心する。
 以後彼は伝道者になり、各地をまわって、聖書の真理を力強く語った。真
理をまっすぐ、かつ、おごそかに語る彼の説教を通して、多くの人々が深い
認罪(にんざい)に導かれ、回心した。
 彼が説教してまわった所には、どこも数千人規模の新しい教会が誕生した。


リバイバルは奇跡ではない

 一般に「奇跡」とは、"自然法則を退け、あるいはとどめて、神が介入される
こと"と定義されています。
 この意味では、リバイバルは奇跡ではありません。
 リバイバルの中で、物理的・心理的な法則は、通常と何ら変わりありませ
ん。リバイバルにおいて、自然法則が退けられたり、とどめられたりすること
はありません。
 また、「奇跡」にはもう一つ、"自然の力以上のもの"という定義があります。
しかしこの意味でも、リバイバルは奇跡ではありません。
 信仰は本質的には、自然の力を正しく用いることです。信仰そのものに、
自然の力以上のものはありません。
 信仰を得たからと言って、それまで持っていなかった力を持つようになるわ
けではありません。
 ただ以前から持っていた力を、神の栄光のために、新しい方法で用いるよ
うになるのです。
 このようにリバイバルは、いかなる意味においても「奇跡」ではありません。
また、「奇跡によるもの」でもありません。何事でも、方法を正しく用いるなら
それなりの結果が出るように、リバイバルも、定められた方法を適切に用い
るなら、当然起こります。
 もちろん、リバイバルに先立って、きっかけとなる奇跡があるかも知れない
し、ないかも知れません。
 かつて使徒たちは、人々の注意をメッセージに引きつけるために、奇跡を
用いました。彼らは、それによって神の権威を明らかにしたのです。 
 しかし、それらの奇跡がリバイバルだったわけではありません。奇跡と、そ
れに続いて起こったリバイバルとは、別のものです。
 使徒の時代には、奇跡がきっかけとなって、リバイバルが起きました。しか
しリバイバルそのものは、奇跡ではなかったのです。


リバイバルは正しい方法を適切に用いるなら当然起こる

 "リバイバルは、正しい方法を適切に用いるなら当然起こる"と述べましたが、
実際神が定めておられる方法は、明らかにリバイバルを生み出す素地を持っ
ています。そうでなかったら、神はその方法をお定めにはならなかったでしょう。
 ただし、神の祝福がなければ、方法だけでリバイバルを起こすことはできま
せん。
 麦を蒔(ま)いても、神の祝福がなければ、収穫を生み出すことはできません。
同様に、リバイバルを生み出すためには、神の直接的な介入が必要です。
 麦を実らせる際の自然法則は、神が働かれるときの原則を私たちに教えて
くれます。聖書は神のみことばを「麦」に、説教を「種まき」に、結果を「麦の発芽
と生長」にたとえています。
 麦の収穫が正しい労働の結果であるのと同様にリバイバルは、正しい手段を
用いれば必ず起きるのです。このことを、私は強調しておきたいのです。
 というのも、信仰の前進は、何か特別なもので、通常の因果関係では計り知
れない、という考えが長い間支配的だったからです。
 働きは結果に関係がなく、用いる手段が結果を生むのではない、というのです。
教会の成長のために、これほど危険で愚かな考えはありません。
 だれかが農夫のもとに行って、麦の種まきについて次のように説教したとした
ら、どうでしょうか。
 「神は主権者ですから、神の気の向いたときだけ、収穫が与えられます。です
から収穫を待ち望んで耕したり、種まきをするのは間違いです。
 それは神の御手から働きを取り上げることであって、神の主権を侵すことです。
あなたの働きは、結果と何の関係もありません」。
 農夫がこんな言葉を信じたら、世界中が餓死してしまうでしょう。教会も、"信仰
の前進は神秘的な神の主権によるもので、働きと結果は何の関係もない"と思い
こんでしまったら、それと同じ結果になるのです。 実際、これまでの結果はどう
だったでしょうか。 
 何世代にもわたって、教会は、人々が失われていくのを見ながら、何の手段も
講じず、神が彼らを救ってくださることを夢見ていました。これこそ、サタンが魂を
滅ぼすのに用いる、最も効果的な手段です。
 神のご支配のもとで、だれもが覚えておくべき、一つの事実があります。
 それは、有益で大切なものは、適切な手段によればたやすく、確実に手に入れ
ることができる、ということです。たとえば私たちは、日常の生活必需品を、すべて
簡単な方法によって得ています。
 反対に、ぜいたく品を手に入れるのは、たいてい困難です。ぜいたく品を手に入
れる方法は、複雑なことが多く、うまく手に入るかどうかもわかりません。
 また有害なものを入手するような場合は、自然に反するような方法でしか入手で
きないことが多いものです。
 このことは、魂の問題にも当てはまります。霊的な祝福は、最も必要な事柄です。
だからこそ、適正な方法を用いれば容易に与えられる、と期待してよいのです。
 また、定められた方法を正しく用いるなら、霊的な祝福は永続的な効果を生み出
すと、私は固く信じています。


リバイバルとは何か

 現実の教会は、後退した状態にあります。リバイバルとは、教会をその状態から
引き戻すことであり、罪人(つみびと)を回心させることです。
 リバイバルの際には、つねに、まず教会内に罪の自覚が伴います。
 信仰の後退したクリスチャンは、深く心を探られなければ、目覚めてもすぐに奉
仕につくことはできません。罪の泉は、滅ぼされなければなりません。
 そこで、真のリバイリバルにおいては、まずクリスチャンが深い罪の自覚に導か
れます。強い光のもとで罪が明らかにされ、しばしば、神に受け入れていただく望
みさえ失いそうになります。
 いつもこれほどの認罪が起こるとは限りませんが、純粋のリバイバルにおいては、
いつも深い罪の自覚が伴うのです。
 リバイバルの時にはまた、後退していたクリスチャンが、悔改めに導かれます。
 リバイバルとは結局、神に対する服従が新たにされることです。人々は、罪人が
回心する時のように、深い悔改めに導かれ、心が砕かれて、神の御前でちりに伏し、
罪を振り捨てます。
 またリバイバルは、クリスチャンの信仰を新しくします。
 信仰の後退したままでは、信者は罪人の状態に対して盲目で、心は大理石のよう
に固くなっています。聖書の真理は、夢のようにしか思えません。
 良心と理性が、聖書の言葉を真理だと認めても、それが救いの絶対的な道を示し
ている、との実感を持てないのです。しかし、いったんリバイバルに導かれると、クリ
スチャンはもはや、人をぼんやりとは見なくなります。
 神に対する新たな愛で心が満たされ、その光において物事を見るようになります。
また熱心に、人々を神に導こうとします。
 神を深く愛するあまり、他の人が神を愛していないことに痛みを覚え、心を神にゆ
だねるように懇願(こんがん)します。人々に対する愛は新たにされ、優しい、燃える
愛で満たされます。
 その魂は、全世界の救いを待ち望むようになります。さらに友人、親族、敵対して
いる人などの救いのために、苦悩します。
 また、彼らの心を神にゆだねるよう勧めるだけでなく、信仰をもって神の前に連れ
ていき、神があわれんで救ってくださるように、大きな叫びと涙とをもってとりなすので
す。
 リバイバルはまた、クリスチャンを縛っている罪の力と、世の力とを破り去ります。 
 恵みの高きに引き上げられたクリスチャンは、天的なものに新しい期待を持つよう
になります。
 天国のすばらしさを垣間見(かいまみ)て、神と一つにされることを願い始めます。 
 世の魅力は失われ、罪の力は克服されるのです。
 そして、教会がこのように覚醒され、改革されると、罪人が救われるようになります。 
 人々の心は砕かれ、変えられて、しばしば最も不道徳な者でさえ救いに導かれます。
売春婦、酔いどれ、邪教にとらわれていた者など、また荒れすさんだ生活に落ち込ん
でいた人々が、目覚めて救われます。
 どんな邪悪な人でも、柔和にされ神の子とされて、聖なる麗しさを備えた人に変え
られるのです。


真理が、神と人とを出会わせる

 一般に、罪人を回心に導く働きには、3者がかかわっています。また1つの手段が、
その働きのために用いられます。
 3者とは、神・真理を伝える人・罪人、そして用いられる1つの手段とは、真理です。 
 真の回心においては、つねに神と罪人との出会いがあります。
 第1に、神ご自身の働きを見てみましょう。
 神はまず"摂理(せつり)"によって、罪人が真理に触れるようにされます。耳や目
によって、真理を知ることのできる環境に、罪人を導かれます。
 神がどのようにそれをされるのか、一連の出来事を考えてみるのは、興味深いこ
とです。
 たとえば、ときにすべてが、リバイバルに都合よく見えることがあります。真理が力
強く広まるために、天候、疫病(えきびょう)などの環境が、絶好の条件をつくり出す
ことがあります。
 そしてまさにそうした絶好機に、必要な説教者が与えられ、人々に聞く耳があると
きに、最も適切な真理が語られます。
 神はまた、"聖霊の特別な介入"によって働かれます。
 聖霊は、罪人の心をじかに探り、その過去と現在の有り様を完全に知っておられ
ます。そのため、その人に最も適した真理を示してくださいます。
 神が真理を、生き生きしたかたちで力強く示されると、罪人はうなだれ、反抗をや
めて神に立ち返ります。聖霊の働きのもとでは、真理は、その進む道を火のように
焼きます。
 真理が圧倒的に迫ると、どんな高慢な人でも、山のような重荷によって砕かれま
す。人が神に心を開くなら、真理は聖書によって明らかにされます。
 人は説教を聞いて、いろいろなことを知ることができます。ところが知識は増しても、
なかなか従うことができません。
 そこで御霊は、その心に強い輝きをもって、圧倒的な真理を注がれるのです。こう
して初めて、心が砕かれ、救いを受け入れることができます。
 第2に、回心のためには、真理を伝える人間の働きも重要です。
 真理が、回心のために用いられる手段であるのに対し、働き人は、単なる受け身
の手段ではありません。人間は道徳的行為者であって、自ら行動する者です。
 それゆえ働き人は、罪人を導くために、自由意志をもって積極的に行動しなければ
なりません。
 そして第3に、罪人自身の働きがあります。
 回心とは、罪人が真理に従うようになることです。したがってその人が真理を自分
で受け入れなければ、回心はあり得ません。
 しかし、そこまでその人を導くのは、やはり神と、働き人の仕事なのです。


回心において働き人の役割は決定的に重要である

 人は言葉だけでなく、姿、涙、ふるまいによっても、接する人に影響を与えます。
 たとえば、敬虔な妻を持ちながら心がかたくなな、夫を例にとってみましょう。妻の
姿、優しさ、おごそかで同情に満ちた品性が、キリストの標準にまで練られていれば、
それ自体が夫にとって"説教"となります。
 夫は心に強いとがめを感じて、顔をそむけますが、耳の中では1日中説教が鳴り
響いているように感じるのです。
 人は、隣人の表情を読むことができます。罪人はしばしば、クリスチャンの目を見
て、その心の状態を読み取ります。心がうわついているか、世のわずらいで一杯に
なっているか、神の霊に満ちているかは、目を見ればわかるのです。
 実際、クリスチャンの目を見ただけで、罪人が認罪に導かれることがよくあります。 
 ある人が、紡績工場を見学に訪れました。彼はリバイバルのある所から来たので、
心がおごそかな思いで満ちていました。
 工場で働いていた人はみな、彼がどのような人か知っていました。そこに働いてい
た娘が、彼を見て、何か言って笑いました。
 すると彼は立ち止まって、悲しそうに見つめました。彼女は笑うのをやめました。娘
の扱っていた糸が切れましたが、彼女は動揺していたので、つなぐことができません
でした。
 彼女は、気持ちを静めようとして窓の外に目をやりました。それからもう一度やっ
てみました。
 何度も何度もやってみましたが、感情を抑えきれず、ついに座りこんでしまいました。 
 その時、彼が近づいて来て話しかけると、娘はすぐに深い罪の意識を告白しました。 
 その感情は、火のように作業場に広まりました。2、3時間のうちに、従業員のほと
んどが、認罪に導かれました。 工場主は世的な人でしたが、あまりのことに驚いて、
仕事を中止して集会を開くように依頼しました。彼は仕事を続けるよりは、この人々
が回心するほうが、よほど大切だと言いました。
 数日のうちに、工場主をはじめ従業員のほとんどが回心しました。その人の目、厳
粛な顔、そのあわれみに満ちた心が、この娘の軽薄さを刺し、その罪を自覚させた
のです。
 この出来事に続いて、その地域には、大きなリバイバルが起きました。

 注: 工場を訪れたこの人は、フィニー自身である。 フィニーは前の晩、近くの学校
で集会を開いていた。集会には、工場からも多くの若い人々が出席していた。そうい
うわけで、翌朝フィニーが工場にやってきた時、彼らはわずかな言葉で、ただちにキ
リストに導かれたのである。なおこの工場の出来事に続いて、その町にリバイバル
が起きたが、回心者の数は3千名にも及んだ。

 クリスチャンが、信仰の問題について深い感情を持っていれば、行く所どこにおい
ても、深い感情を生み出すのです。
 反対に、冷たかったり軽薄だったりふざけたりしていれば、覚醒された罪人の深い
感情さえも、破壊していまいます。
 ひとりの婦人が、ある時強い求道心を持ちました。ところが悲しいことに、ある日彼
女の罪の自覚が、まったく失われてしまいました。
 それまで何をしていたのか尋ねてみると、その日の午後、ある所で信者たちと交わ
っていた、というのです。私は、信者たちと交わることが罪の自覚をかき消すとは、思
いもよりませんでした。
 しかし、実際にそこの信者たちが軽薄で、独善的であったので、彼女の罪の自覚が
消えてしまったのです。信者たちの愚かさが、ひとりの魂を滅ぼしました。
 彼女は、2度と戻ってきませんでした。
 教会は、あらゆる努力をして、罪人を回心に導かねばなりません。回心するために
何かせよ、と罪人に言うことはできません。教会が、何かをすべきなのです。
 罪人は、真理に従うか拒むかを、選択するだけです。罪人が、回心のために自分で
手段を講ずべきであるかのように考えるのは、誤りです。
 リバイバルが起こると、真理が、力をもって心に迫ります。人々は、真理に対しては
っきりと、態度を決めなければならなくなるのです。
   〔「リバイバルに関する講演集」より〕




◎「日本を愛するキリスト者の会」会員募集
http://www.nihon-ai.com/
◎日本イスラエル親善協会会員募集 お気軽にご参加を
http://www.japan-israel-friendship.or.jp/modules/jifa/index.php?cat_id=1
◎聖書と日本フォーラム会員募集
http://biblejapan.info/modules/activity/
◎日本民族総福音化運動協議会(民福協)会員募集
http://www.nihonminzoku-soufukuinka.com/

●いろいろキリスト教の読み物が読めます――キリスト教読み物サイト
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/yomu.htm
(聖書を解説したわかりやすい読み物が満載!)
==================================================================
レムナント出版ホームページ http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/
キリスト教読み物マガジンバックナンバー
http://archive.mag2.com/0000014836/index.html

===================キリスト教読み物マガジン==========================
不定期日発行 発行:レムナント出版 主筆:久保有政
e-mail: remnant@remnant-p.com TEL(FAX共)049-265-3567
『まぐまぐ』通じ発行( http://www.mag2.com/ ) マガジンID:0000014836
読者登録/解除は http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/remtsuu.htm
====================================================================

ついでに読みたい

キリスト教読み物マガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2017/06/20 部数:  1,102部

他のメルマガを読む