キリスト教読み物マガジン

キリスト教読み物マガジンNo.201

無料メールマガジン (レムナント出版)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ 「キリスト教読み物マガジン」 No.201
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお読みくださりありがとうございます。



(おすすめの集会)
●日本ユダヤ講座 開講!
 主講師: 久保有政(月刊レムナント主筆)
 日本、ユダヤ、聖書を深く学ぼう。
 伝統文化、ビジネスの知恵、人生、家庭、聖書を学べる絶好の機会です
  時間: 2015年11月13日より毎週金曜 夜6:30-8:30
  会場: 東京:豊島区民センター(池袋駅東口より歩5分)
 ◎内容
 ・日本の神道、仏教、伝統文化に息づく古代ユダヤ教および東方キリスト教の影響。
 ・ユダヤ精神と日本精神の類似。ユダヤ由来の日本精神や、日本とユダヤの交わりの歴史。
 ・ビジネスを成功に導くユダヤの知恵。
 ・幸福を引き寄せ、人生を切り開く聖書の教え。
 ・世界はこの先どうなるのか。激動の世界を生き抜く知恵。
   詳細・申込 http://remnant-p.com/n/

●神道・仏教と古代ユダヤ教
 講師:久保有政(レムナント主筆)
 11月28日(土)13:30~ 東京・吉祥寺 ナザレ修女会にて
 詳細・申込 http://remnant-p.com/chirashi1.htm



              人生の目的は何ですか

          人は何のために生きるべきでしょうか


 大切な問題ですね。人生の目的を明確に知って生きるのと、そうでないのとでは、確か
に大きな違いがあります。
 人生の目的を知るには、まず、「生命は神から来たもの」という認識を持つことが大切で
す。
 生命は、決して偶然の積み重ねによっては生じません。私たち人間は偶然の産物では 
なく、創造者なる神様によって造られ、また生かされている者なのです。
 もし、人間が偶然の産物ならば、人生に目的はないでしょう。しかし私たちには、造られ
た目的と、生かされている意味があります。
 では人生の目的、つまり人間の創造目的は何でしょうか。
 人間の創造目的は、神様と、人間自身が共に幸福になることにあります。次のたとえは、
そのことをわかりやすく示してくれるでしょう。
 ある家庭に子どもたちが生まれ、その子たちは健(すこ)やかに成長していきました。そ 
して、彼らが愛と勇気において優れた人物となり、充実した人生をおくるさまを見て、両親
は心から、その子たちを生んだことを誇りに思いました。
 その子たちの成長や行ないは、両親の楽しみとなったのです。
 一方、子どもたちは、深い愛と知恵をもって育ててくれた自分たちの親を、誇りに思うよ
うになりました。
 それは、自分たちの体に流れているものは親から受け継いだものだ、という自覚を彼ら
が持つようになったからです。
 このように、"親が子を喜び、子が親を喜ぶ"という関係は、家庭に最も幸福な状況をつ
くり出します。
 神が人間を創造されたときの目的も、まさにこれに似ていました。すなわち、神は人間を
創造して、人間によってご自身が喜びを受けることを、望まれました。そしてさらに、人間
が神によって喜びを受けることを望まれたのです。
 神にとって人間は「子」のようであり、人間にとって神は「親」のようなかたなのです。
 この"神が人を喜び、人が神を喜ぶ"という相互の喜び、相互の幸福こそ、神が人間を創
造された目的でした。人間の創造目的は、神ご自身の幸福と、人間自身の幸福の双方を 
めざしていたのです。
 ですから私たちは、まず、天地の造り主である神様が私たちの本当の「お父様」であり、
私たちはその「子たち」であるという自覚を、はっきり持つことが大切です。私たちは、偉 
大な神様の子どもたちなのです。
 あるクリスチャンが、小学生の子どもたちと、船に乗って湾を遊覧していました。まわり
には、美しい島々と、澄んだ青い海が広がっていました。彼が子どもたちに、
 「ねえ、みんな。この海も島も、すべて僕のお父さんのものなんだよ」
 と言うと、みんな目を丸くして、「えっ、ホントー?」「ウッソー」と口々に言うのです。そこで、
 「いや、ほんとだよ。この素晴らしい大自然は、天におられる私たちの父なる神様のもの
なんだ。僕や君たちのお父様のものなんだよ」
 と言うと、みなとても感慨(かんがい)深そうに喜ぶのでした。私たちも、そのように単純に、
神様をお父様として受け入れることが大切ではないでしょうか。
 聖書は、
 「主(神)をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」(詩篇37:4)
 と教えています。
 神様は私たちの親ですから、私たちが何を必要としているか、また私たちにとって何が良い
のかを、私たち以上によく知っておられます。そして、つねに私たちにとっての最善をなして
くださるのです。
 また、私たちは神様の教えをよく学び、神様に喜ばれる人となれるよう努力することが大
切です。
 天の父なる神様は、イエス・キリスト様について、
 「これはわたしの愛する子である。これに聞け」(マコ9:7)
 と言われました。ですから私たちは、十字架上で罪の贖いをなして下さったイエス様を、
救い主として信じ、その教えに聞き従っていくべきです。
 イエス様は私たちに、
 「あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行ないを見て、天にお
られるあなたがたの父をあがめるようにしなさい」(マタ5:16)
 と教えられました。また、聖書は、
 「あなたがたは、 (キリストの血潮という) 代価を払って、買い取られたのです。ですから自
分のからだをもって、神の栄光を現わしなさい」(Iコリ6:20)
 と述べています。つまり、自分の身によって、神とキリストがあがめられていくような生き
方をせよと、教えられているのです。
 もちろんそれは、自分自身の力だけではできませんが、イエス様があなたの内にあって、
助けてくださるのです。
 このようにして、あなたは神によって喜び、神はあなたによって喜ばれるでしょう。それ
が、あなたの人生の目的です。
 人生の目的は幸福であり、その幸福は、神と共に生きることにあるのです。



◎「日本を愛するキリスト者の会」会員募集
http://www.nihon-ai.com/
◎日本イスラエル親善協会会員募集 お気軽にご参加を
http://www.japan-israel-friendship.or.jp/modules/jifa/index.php?cat_id=1
◎聖書と日本フォーラム会員募集
http://biblejapan.info/modules/activity/
◎日本民族総福音化運動協議会(民福協)会員募集
http://www.nihonminzoku-soufukuinka.com/

●いろいろキリスト教の読み物が読めます――キリスト教読み物サイト
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/yomu.htm
(聖書を解説したわかりやすい読み物が満載!)
==================================================================
レムナント出版ホームページ http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/
キリスト教読み物マガジンバックナンバー
http://archive.mag2.com/0000014836/index.html

===================キリスト教読み物マガジン==========================
不定期日発行 発行:レムナント出版 主筆:久保有政
e-mail: remnant@remnant-p.com TEL(FAX共)049-265-3567
『まぐまぐ』通じ発行( http://www.mag2.com/ ) マガジンID:0000014836
読者登録/解除は http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/remtsuu.htm
====================================================================

ついでに読みたい

キリスト教読み物マガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2017/06/20 部数:  1,102部

他のメルマガを読む