キリスト教読み物マガジン

キリスト教読み物マガジンNo.199

無料メールマガジン (レムナント出版)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆ 「キリスト教読み物マガジン」 No.199
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお読みくださりありがとうございます。



(おすすめの集会)
●久保有政 教会礼拝メッセージ 講演
「ユダヤ由来の日本精神」
 大泉聖書教会(群馬県大泉町)
 http://gunma-lifeline.org/east/oizumi-seisyo.htm
 6月14日(日) 午前10:30~(礼拝)、午後:講演
●日本を愛するキリスト者の会 講演と親睦の会
7月20日(月・祝)2-6p.m. 東京: 曳舟文化センターにて
ご挨拶:三谷康人 当会会長
講演「大勢のユダヤ人難民を救ったもう一人の日本人 樋口季一郎」
   [講師:樋口隆一(樋口季一郎・陸軍中将の孫)]
「我らは何をなすべきか──精神的バビロニア捕囚からの解放に向かって」
   (手束正昭・当会副会長)
詳細・申込 http://www.nihon-ai.com/
●久保有政 連続講演会 (VIP日本文化と聖書主催)
「古代イスラエル人、東方キリスト教徒と日本」
7月8,15,22日(いずれも水曜)6:30-8:30pm
東京:お茶の水クリスチャンセンター 402号室にて
http://ochanomizu.cc/home_access.php



       まことの幸せへの道



アウグスチヌス(354-430年)
(初期キリスト教会最大の教父。神学者、哲学者として、
後世に大きな影響を与えた。彼は北アフリカのタガステに、
異教徒である父と、キリスト教徒である母モニカの子として生まれた。
しかし若い頃は遊興にふけり、乱れた生活を送っていた。
はじめマニ教を信じたが、疑いの中に悩み苦しんだのち、
ついにイエス・キリストへの信仰に目覚め、生まれ変わった。
その魂の遍歴を、彼は『告白』に記した。
また最初の歴史哲学書と言われる『神の国』も、有名である)


 あなたが、幸せであろうと願うのは、自然なことです。誰もそれに反対する人
はいないでしょう。
 しかしあなたは、自分の愛するもの――それが何であろうと――自分の愛す
るものを得るまでは、幸せではないでしょう。
 また、すでに愛するものを得ていたとしても、それが有害なものになったら、幸
せではありません。それがどんなに優秀なものであっても、得たあとに愛せなく
なるようなものなら、幸せではありません。
 もし決して得られないものを望んでいるのなら、それは拷問と同じですし、自分
の望みもしないものを手に入れるのも、幻滅でしょう。
 得られるのにそれを望まないのも、おかしなことです。これらはいずれも、不幸
の一種です。これらの不幸は、幸福と相容れるものではありません。
 幸福になることは人生において大切なことですから、良い人も悪い人も、それ
を望んでやみません。しかし善人が、幸福を求めて良いことをするのはわかるに
しても、悪人が幸福のために悪事をなすのは、困ったものです。
 邪欲の奴隷となっている人々や、淫乱にふけっている人々は、邪欲や淫乱の
楽しみを味わわないと不幸だ、と思いこんでいます。またそれらを味わうと幸せだ、
と称しています。
 貪欲な人間は、どんな手段を講じても金をもうけて幸せになろう、とします。権
力の好きな人間は、敵の血を流したり、他人を不幸におとしいれたり、犯罪をお
かしたりして権力を手に入れ、自分は幸せだと思っています。
 道をそれて偽りの幸せを求めているこんな人々も、ちょっと耳を澄ませば、神が
良い道に呼び戻そうとしておられる声が、聞こえるはずです。
 「さいわいなことよ。
  全き道を行く人々、
  主のみ教えによって歩む人々」(詩篇一一九・一)。
 この言葉はあたかも、
 "お前たちはどこへ行くのか、滅びに向かう道に気づいていないのか"
 と言っているかのようです。
 あなたは、今歩いている道を通っては、自分の望む目的地にたどり着けません。
あなたは全力をあげて幸福をつかみたい、と思っていますが、あなたの歩いてい
る道は、恐ろしい不幸へと続いています。
 悪い道を通って幸福をつかめると、幻想してはなりません。幸福を手にしたいな
ら、ここへ来て、この道を歩みなさい。幸福でありたいとの思いは変えられなくとも、
通る道を変えることはできるのです。

 汚れた道を通って、幸福という目的地にたどり着くことはできません。汚れた道を
歩んで自分を汚している人は、幸福を求めているのではないのです。
 「さいわいなことよ。
  主のさとしを守り、
  心を尽くして
  主を尋ね求める人々。
  まことに彼らは不正を行わず、
  主の道を歩む」(詩篇一一九・二~三)。
 ここに言われている「主を尋ね求める人々」は、現在よりも、将来にある幸福に
おいて幸せです。というのは、
 「義のために迫害されている者はさいわいである」(マタ五・一〇)
 と聖書に言われています。この人々は、迫害されるからさいわいだというのでは
なく、未来にある幸福において、さいわいなのです。「天の御国はその人のもの」
(同)だからです。
 同様に、
 「義に飢え渇いている者はさいわい」(マタ五・六)
 です。飢え渇いているからさいわいなのではなく、未来において「満ち足りる」(同) 
 ようになるからです。
 「悲しむ人」(マタ五・四)もさいわいです。いま悲しんでいるからではなく、やがて
「慰められる」(同)からです。
 つまり、神の証しを探し求め、全力をあげて神を求める人はさいわいです。その
人々は、やがて求めるものを受けるからです。
 力を尽くし、心をあげて、それを求めなさい。怠惰に流れてはいけません。望みに
おいて清ければ、汚れなく生きることができます。
 あなたがたとえ、現在この世で主のみ教えを行ない、主のみ言葉を求め、心を尽
くして神を求めていたとしても、
 「自分には何の罪もない」
 と言って高ぶってはいけません。それは自分を偽ることであって、真理ではありま
せん。
 へり下って、正しい人であろうとする人は、さいわいです。

 あなたを本当に幸せにしてくれるものは何かを、よく調べなさい。
 あなたが幸せになろうと努力すれば、不幸な今の状態よりも良くなるでしょう。しか
し、あなた自身より値打ちのないものがあなたを幸せにすることは、できません。
 あなたは人間であるのに、幸せになるためにあなたが望んでいるものは、じつは
あなた自身よりも値打ちのないものばかりではありませんか。金も銀も、あなたの欲
しがっているもの、持ちたいと願っているものはみな、あなた自身より値打ちがありま
せん。
 それに対してあなた自身は、それらどんな物質的なものよりも、価値あるものです。 

 あなたは幸せを求め、今の不幸から抜け出したいと思っています。今よりも良くなり
たい――しかし、自分より値打ちのないものに頼って、良くなるのは不可能です。こ
の世のどんなものも、あなた自身以上の価値を持っていません。
 私の助言はこうです。自分を良くし幸福になりたいなら、自分より値打ちのあるもの
を、求めなさい。そうすればあなた自身も、より良いものになります。
 創造主までかけ上りなさい。
 「それは大変むずかしいことだ」
 と思ってはいけません。あなたが望んでいる大金を手にいれることのほうが、もっと
難しいのではありませんか。あなたが望んでいるようなお金は、どんなに欲しがって
も手に入らないでしょう。
 ところが神は、あなたが望んだだけで、もうそれをくださるのです。というより、望む
より先に、あなたのもとに来てくださるのです。
 あなたが神に背を向けるときも、神はあなたを呼んでいてくださいます。あなたが悔
い改めれば、神はあなたに畏れを与え、畏れて痛悔の念を表せば、慰めてくださいま
す。
 すべてをお与えになる神は、あなたに、まず"あなた"という存在を与えてくださいま
した。そして神は、悪人にも、あなたにも、すべての人間に対して、太陽と雨とを送られ、
果物を実らせてくださっています。
 人間の命と健康とを支え、いろいろ為になるものを、与えてくださっています。その神
が、ほかの人ではなく、ただあなただけに与えたい恵みを持っておられます。
 その恵みとは神ご自身でなくて、何でしょう。
 それ以上の恵みがあると思うなら、探してみなさい。神はあなたに、ご自身を与えよ
うと願っておられるのです。
 ああ、貪欲な人間よ。なぜあなたは、天地を手にしたいと思うのですか。天地を造ら
れたかたご自身のほうが、もっと偉大で、ありがたいではありませんか。
 あなたは神を見、神を受けたい、と願うべきではありませんか。神を受けたい、とだ
け望みなさい。
 それだけで、あなたは幸せになれるのです。あなたを幸せにするものは、ほかには
ありません。
 あなたをより良くするものは、あなたより良いものでなければなりません。神を愛し、
神を求めなさい。それはあなたが望んだだけで、自分のものにできるのです――しか
も代償なしに。
                       (アウグスチヌス著『信心生活』より)


〔聖書の言葉〕
 「神に近づきなさい。そうすれば神は、あなたがたに近づいてくださいます」(ヤコ四・八)。



◎「日本を愛するキリスト者の会」会員募集
http://www.nihon-ai.com/
◎日本イスラエル親善協会会員募集 お気軽にご参加を
http://www.japan-israel-friendship.or.jp/modules/jifa/index.php?cat_id=1
◎聖書と日本フォーラム会員募集
http://biblejapan.info/modules/activity/
◎日本民族総福音化運動協議会(民福協)会員募集
http://www.nihonminzoku-soufukuinka.com/

●いろいろキリスト教の読み物が読めます――キリスト教読み物サイト
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/yomu.htm
(聖書を解説したわかりやすい読み物が満載!)
==================================================================
レムナント出版ホームページ http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/
キリスト教読み物マガジンバックナンバー
http://archive.mag2.com/0000014836/index.html

===================キリスト教読み物マガジン==========================
不定期日発行 発行:レムナント出版 主筆:久保有政
e-mail: remnant@remnant-p.com TEL(FAX共)049-265-3567
『まぐまぐ』通じ発行( http://www.mag2.com/ ) マガジンID:0000014836
読者登録/解除は http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/remtsuu.htm
====================================================================

ついでに読みたい

キリスト教読み物マガジン

発行周期:  不定期 最新号:  2017/06/20 部数:  1,101部

他のメルマガを読む