EJJ(JET会報)

[EJJ-081005] e-JET Journal #415

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
Caving, Outdoor, Adventure, etc.

                        EJJ(JET会報)

  洞窟探検・ケイビング活動をするJETのメールマガジンです
_______________________________

 [EJJ] e-JET Journal     2008/10/5号       読者:192名
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

めっちゃ久しぶりのEJJですわ。
と、前回の発行時と同じ書き出し。
9月から仔猫と同居しています。
独身女が猫を飼い始めるとオシマイだ、とよく聞きますが、
何がオシマイだと言うのか? でも、オシマイな気もします。(チカノ)

=== HEAD LINE =============================================================
☆篠立の風穴報告書                      by #0601吉本 亜裕美(キャサリン)
☆珊瑚洞でヨコエビウォッチング                by #0008 鈴木健士(エスパ)
★JETの活動予定                                        by JET事務局
============================================================================
______________________________________
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLでおこなって下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発信しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
----------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、ケイビング・洞窟探検に興味のある方、やってみたい方
東海地区で活躍するJET(ジェット)の活動に興味がある方へのメールマガジンです
活動の報告が主な内容で、不定期に発行します。
============================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆篠立の風穴報告書           by #0601吉本 亜裕美(キャサリン)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
(6月1日 三重県篠立の風穴 生物調査について)
事前に見せてもらっていた資料が素晴らしかったので期待して行きましたが、
期待以上に面白かったです。鉱山跡の壮観にあっけにとられ、川のきれいさに目を見張り、
左岸の階段を上ったところにある洞窟を堪能しました。
虫メインのはずでしたが、やっぱりあちこちもぐりこんだせいで、
普段着で行ったことをすぐ後悔しました。しかも友人の服を無断で借りていたので、
こりゃやばいとひそかに思っていました。
洞窟自体としても、面白いかたちをしていたと思います。清水さんが
水の流れが変わって乾燥してしまったとしきりに言っていたのが印象的でした。
今回はJET外の人たちとの合同ケイビングで、
とても楽しい人たちと一緒にやらせてもらったので、
その人たちについて簡単に書かせてもらいます。失礼をお許しください。

清水さん:とても元気な熟練ケイバーさん。
初対面の学生らに次々と「お前は何やってるんや?」と嬉しそうに声をかけていました。
自分では「もう年やし」と言っておられたが、まったくそんなそぶりはない。
なんにでも興味津々ところとか、大きな声で屈託がないところとか、
自分の考えをどんどん表に出していくところが、おじいちゃんにそっくりだと思いました。

稲垣さん:元々この企画はえすぱさんが稲垣さんに撮影法など教えてもらうというものだったのに、
結局できなくて、えすぱさんには申し訳ないことをしました。
帰りに稲垣さん宅に寄らせてもらい、貴重な標本、写真提供した共著の甲虫図鑑、
壮大な撮影器具etcを見せてもらいました。虫が大好きな方です。洞窟関連の人って、
やっぱりちょっと変だと思う、それ以上にすごくはあるんですが。

小池くん(クモ屋):誰も彼を止めることはできない。友人いわく、「傑物」だそうです。
ゴキブリ研究が嫌で研究室から逃亡しているそうです。

ヒル屋さん:名前を忘れてしまった。皆ヒル屋と呼んでいました。ご想像のとおり、
ヒルを相手にしている奇特な方です。小池君と同じ野生生物研究会に所属していて、
免許要員として借り出された模様。

クモ屋さん2:小池くんにクモの心得を教え込まれている最中の、新入生さん。
無口な女の子ですが、井戸の蓋からクモの巣をひっかきだしているときは
とても生き生きしていました。

阿辻(探検部後輩):私の後輩。洞窟目当ての入部なので、今後JETに入る可能性もあり。
わりと自己主張がしっかりしていて、時々驚きます。

持ち帰ったヤスデはまだ脱皮をしていません。
友人にときどきマニュアル一眼レフを借りて、成長記録を撮っています。
私もこれからヤスデと一緒に成長していきたいと思います。おわり。
==============
また古い原稿を見つけてきました。6月の活動報告です。
文中の稲垣さんは、JET顧問の稲垣さんではなく、糞虫を専門に研究されている研究者ですが、
本職は耳鼻科のお医者さんです。とても知的でダンディーな方です!
この日は私も参加しましたが、生物調査のために稲垣さんと学生たちに同行しました。
クモやらヒルやら、小さな生き物に情熱を傾ける大学生たちにあきれるやら、感心するやら。
私の学生時代は、酒飲んでダラダラしてるだけでしたのに。(チカノ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆珊瑚洞でヨコエビウォッチング        by #0008 鈴木健士(エスパ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
3月22日、JETのホームグラウンド(ホームケイブ?)である珊瑚洞に入った。
2年ほど前から、地下水性の生物である「メクラヨコエビ」に興味を持ち、
洞窟で見つけたら観察したり採取してきて飼育してみたりしているのだが、
一番入りやすくて簡単にヨコエビの観察ができる珊瑚洞を後回しにしてしまっていたのだ。
実は珊瑚洞に入るのは3年ぶりである。あまりにも身近な洞窟であるために
「いつでも入れる」という思いがあって、近くのJETハウスには頻繁に行くのに、
珊瑚洞には行ってなかったのだ。
ヨコエビを観察したり採取するだけなら、洞窟に入って一番最初の水溜まりで用事が済むのだが、
珊瑚洞に点在する他のプールにヨコエビはいるのか、いるのなら
どれくらいの密度でどれくらいの深さの所に・・・、と生態調査もしたかったので、
珊瑚洞マスターの近野さんに同行してもらった。二人でプールを覗き込んで
ひたすらヨコエビを探すという地味〜なケービングになってしまったが、
調査の結果、ほぼ全てのプールにヨコエビがいる事を確認できた。
点在しているとは言ってもプール同士は地下水で繋がっているので、どこにいてもおかしくはないのだが、
「珊瑚洞のプールにはどこにでもヨコエビがいる」という、一つの"観察成果"が得られた。
メクラヨコエビの生態調査はほとんどされていないようなので、
これはこれでちゃんとした大きな成果である。
さて、これであとは数匹のヨコエビを採取したら当初の目的は達成なのだが、
この日の珊瑚洞は結構水位が低くて、最奥のプールのさらに奥にある空間に行けそうだったので、
思い切って行ってみる事にした。
普段は首まで水に浸からないと入れない場所なので、水嫌いの自分としては7年前にJETに入ってから、
行ってみたいとは思いつつもひたすら敬遠し続けてきた場所である。
水嫌いと言っても多かれ少なかれ洞窟に入れば濡れるのは当たり前なのだが、
一つの基準として"体幹部"が濡れたらダメだと思っている。ぶっちゃけた言い方をすると、
パンツが濡れたらその時点で戦意喪失するのである。
でもまぁ、この日はこの時点でほぼ9割くらい目的を達成していたので、もしプールに落ちたら
帰ればいいや、くらいに考えて挑戦してみた。そうしたら、肘から先と膝から下を犠牲にしただけで
通過できてしまった。思わぬところで7年越しの夢が達成できたのである。
近野さんも奥まで来てくれたし、時間は十分にあったので一時ヨコエビの事は放っておいて
普通にファンケービング。この洞窟には何十回も来ている近野さんでもここへ入るのは4回目なんだとか。
この空間に関しては、過去のEJJに詳しく書いてあるはず("ブラパン作戦"という言葉が出て来る頃)なので
割愛するが、珊瑚洞のこの空間に入ったことで、なんだかやっと一人前のJET隊員になれたような気がした。
いまさらって感じだが。
とか一人で勝手によろこんでいたら、最後に落とし穴が。帰りに最奥のプールを
ボディープロップ(伸身チムニー)で通過しようとしたら、足がすべって"どっぼ〜ん"と落ちてしまった。
結構な高さから落ちたので、首までどころか、全身水没してしまった。
これまたタイミングが悪く、近野さんがプールの迂回ルートへ行ってしまって
一人になった時に落ちてしまい、必死になって這い上がった。
久しぶりに焦った焦った。
もう帰りたい気分100%だったが、そういえばヨコエビの採取をまだしていなかったので、
洞口に一番近い水溜まりで10匹ほど、寒さに震えながら採取して出洞。
この日は3月にしては外気温が高めで助かった。最奥に行けたのは良かったが、
水嫌いが酷くなってしまったような気がした一日だった。
==============
さらに古い原稿を見つけてきました。3月の活動報告です。
この日は、水嫌いのエスパが地底湖に落ちて弱っているのを見れたので、楽しかったなぁ!
私はチムニーが苦手なので、地底湖の奥に行ったときにはいつも迂回路から帰るのですが、
地底湖から「どっぽ〜ん!」と音が聞こえてきて、ワクワクしましたね!
いつも涼しい顔のエスパがどんな顔で…!ずぶ濡れかなぁ!
なんて、考えながらメインルートに戻る時間が惜しかったのを覚えています。ふふふ!(チカノ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★JETの活動予定                                     by JET事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
月1回 月例レスキュー講習
11/1, 2 奇祭 穴祭り2008(地R元との共同企画)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
JET事務局 担当 チカノユリコ
<chikano@mbd.ocn.ne.jp>         
お問い合わせ
http://genkijin.jp/jet/        JET洞窟探検ホームページ
=============================================================================
◆感想・質問・疑問をメールでくださいね。
---------------------------------------------------------------------------
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLで行って下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発進しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む