EJJ(JET会報)

[EJJ-080331] e-JET Journal #413

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
Caving, Outdoor, Adventure, etc.

                        EJJ(JET会報)

  洞窟探検・ケイビング活動をするJETのメールマガジンです
_______________________________

 [EJJ] e-JET Journal     2008/3/31号       読者:201名
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

映画「マイ・ブルーベリー・ナイト」を見た。
最近、またしてもふられた私にぴったりの切ないラブストーリー、と思ったら、
旅する女子のロード・ムービーだった。
ラスト近くで主役が車を走らせたハイウェイの道路標識に書かれていた地名は
「CAVE LAKE」。おおおお。やっぱり最後にたどり着くのは洞窟か…。 (チカノ)


=== HEAD LINE =============================================================
☆60年前の封印に挑む            by #0008 鈴木健士(エスパ)
★JETの活動予定                                        by JET事務局
============================================================================
______________________________________
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLでおこなって下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発信しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
----------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、ケイビング・洞窟探検に興味のある方、やってみたい方
東海地区で活躍するJET(ジェット)の活動に興味がある方へのメールマガジンです
活動の報告が主な内容で、不定期に発行します。
============================================================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆60年前の封印に挑む            by #0008 鈴木健士(エスパ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
3月15日、先月に引き続き三重県いなべ市の「篠立の風穴」へ行った。
今回は、「洞窟の中にある人工の石積みを取り壊して欲しい」との依頼をうけてのものである。
事前の話では、この壁は洞窟のすぐ傍にある堰堤(えんてい)を造った際に、
"危険だから"バリケード代わりに積んだ物であり、叩けばすぐに壊れるよ。との事であった。
この洞窟には江戸時代の物とされている古い測図があり、それと現在の測図とを
照らし合わせると、この壁の向こうには"一間三尺"の奥行きがあると思われた。
たかだか"一間三尺"を塞ぐ必要があったのか疑問ではあったが、壁を壊せば
それだけ洞窟が広がるという事であり、発電機とハンマードリル、バールなどを持って
壁を取り壊しに向かった。
洞内環境の保護を考えて、発電機は洞口近くに設置し、そこから石積みまでは
延長コードを延ばして、ハンマードリルを使うことにした。
話によれば、この石積みは昭和23年に造られた物であるとのこと。約60年前である。
そんなに古い物であれば、コンクリートも劣化していて、簡単に壊せるだろう
と思っていたのだが、壊しても壊しても、奥にはコンクリートが詰まっている。
石積みの奥にコンクリートが詰まっているという事は・・・、これはもう堰堤本体であると言う事。
いろいろ考察した結果、この壁は堰堤工事中に洞窟を掘り当ててしまい、
慌てて塞いだものではないか、との結論に至った。
何と言っても60年前の話である。正確に記憶している人がいるとは思えない。
「叩けばすぐに壊れるよ。」とは誰の言葉かは分からないが、残念な結果になってしまった。
今回の依頼人である、清水さんがお昼を買ってきてくれていたので、一度洞外へ出て
一休み。状況を説明して、これ以上の破壊活動は無意味である事を理解してもらった。

午後からは最奥にある、風は来ているが石で埋まっている所を掘ってみた。
この空間を埋めてしまっている石は一見、採石場の発破屑に見えるが、採石場からは
10m以上の高低差があるし、平面図上では、この場所の真上は川である。
もしかしたら、ちょっと石を退かせば空間が出てきたりして、と淡い期待を持って
掘り始めたのだが、少しつついてみただけで細かい採石がどば〜っと流れてきた。
間違いない、これは発破屑だ。真上ではないにしても、この空間は採石場へ繋がっている。
と言うより埋められているようだ。それを下からつついてみたところでキリが無いのは
分かっていたが、流れてくる風がだんだん強くなってくるので、もう少し掘ったら
抜けるんじゃないか。あと少し、あと少し、と1時間以上採石を掻き出していた。
結局、掻いても掻いても採石が流れ出てきて、途中で断念したのだが、3人で
4tダンプ1車ぶんくらいの採石を掻いたと思う。測図を書き換える必要があるくらい床が高くなって
しまった。洞窟を広げるつもりが、逆に狭くしてしまったのだが、後々考えると
この洞窟は三重県指定の天然記念物である。こんな事して大丈夫だろうか、
と不安になりつつも、清水さんがまた夕方見に来たので、状況を説明して納得してもらった。
全く成果が無くて残念だったが、洞窟の場合、成果がないのも成果のうちである。
これで清水さんも自分も気が済んだので、それで良かったのではないだろうか。
==============
この日は、エスパ、アガタさん、チカノで破壊行為に励みました。
篠立の風穴は施錠されていますが、清水さんに連絡すれば快く開けてもらえます。
ずっとこの洞窟を調査されてきた清水さんはパワフルなケイバーで、楽しい方でした!(チカノ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★JETの活動予定                                     by JET事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
月1回 月例レスキュー講習
未定 霧穴短期合宿(撮影・探検)
4月5日 霧穴ファンケイビング
4月6日 黒天狗 生物調査

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
JET事務局 担当 チカノユリコ
<chikano@mbd.ocn.ne.jp>         
お問い合わせ
http://genkijin.jp/jet/        JET洞窟探検ホームページ
=============================================================================
◆感想・質問・疑問をメールでくださいね。
---------------------------------------------------------------------------
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLで行って下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発進しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む