EJJ(JET会報)

[EJJ-051025] e-JET Journal #376

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
Caving, Outdoor, Adventure, etc.

                        EJJ(JET会報)

  洞窟探検・ケイビング活動をするJETのメールマガジンです
_______________________________

 [EJJ] e-JET Journal     2005/10/25号       読者:210名
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

気がついたらもう秋!山の樹木が枯れ始めると、洞窟が見つけやすくなります!
雪が降るまでの数週間でいくつ洞窟を見つけられるかな?
今年、JETは洞窟見つけたい病の患者が増えているので、期待がふくらみます!
今年はちょっとオカシイくらい洞窟好きなメンバーが多数入隊したのですが、
あなたのチームではいかがですか?よそのチームでも同じ現象が起きていたら、
なんだか怖いわ。(チカノ)

=== HEAD LINE =============================================================
★2005 10/15 レスキュー机上講習            by #9929 谷健一
★2005 10/16 レスキュー実地訓練            by #9929 谷健一
★3週連続 活動参加記念レポート♪         by #0339 日置沙也香
★JETの活動予定                                        by JET事務局
============================================================================
______________________________________
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLでおこなって下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発信しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
----------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、ケイビング・洞窟探検に興味のある方、やってみたい方
東海地区で活躍するJET(ジェット)の活動に興味がある方へのメールマガジンです
活動の報告が主な内容で、不定期に発行します。
============================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2005 10/15 レスキュー机上講習            by #9929 谷健一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
ウォ〜〜〜ッ! 何も見えん!!
そんな雨の高速をゆっくり(笑)飛ばしてJETHOUSEへ。

そういえば、まともな活動は久し振りだなぁ。
EJJのレポートなんて何年ぶりだろう。
すっかり影の薄い(頭も?)幽霊隊員になってるけど、
今回の活動はとっても重要だろうってことで、
レスキュー訓練、初めて参加してみた。

雨のせいで、JETHOUSEに辿り着いたのは予定より数時間遅れ。
タタミンと、初めて会う宮本くんが出迎えてくれた。
今までタタミン先生の下、レスキューの机上講習をしていたらしい。

千葉から飲まず食わずのノンストップで来たので、
少しだけ喉を潤した後、机上講習を再開してもらった。
結び方を幾つかと、1/3システムの組み方なんかを教えてもらったが、
8ノットしか覚えていない身には、なかなか厳しい講習だ。

そんなこんなで、「10時から全然時間が変わらない」柱時計を見ながら、
年老いた脳をこき使っている所へ、さやぶ〜登場。
別の時計を見ると12時を回っていた。

彼女と会うのは初めてだが、JETには貴重な飲み仲間と聞いていたので、
さっそく乾杯。ほんとに美味そうに飲んでるなぁ。

楽しく飲んだ後、2階で寝る準備をしている間に、稲垣さんが来たけど、
下に降りた時には既に眠っていた。素早い。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★2005 10/16 レスキュー実地訓練            by #9929 谷健一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
日頃の睡眠不足を解消し、すっかり明るくなってから起床。
いつものことながら、他のメンバーは既に活動を開始している。
初めて会うみっちゃんも朝から楽しそうだ。
でも夜型のさやぶ〜は、早くから起こされて辛そう。
やっぱり体調を整えてから活動しなくっちゃ(笑)

宮本くんが活動記録のビデオを持って来てくれた。
自分で撮影、編集したらしいけど、実際に見てビックリ。
テレビのドキュメンタリー物を見ているようで、めちゃカッコいい。
他の穴も色々撮ってもらわないと。

さて、メインのオン・ロープ・レスキュー実地訓練だけど、
最初はなかなか上手く行かない。
救助される役は、ハーネスが腿に食い込んで凄く痛い。
なので、繰返し練習は厳しいものがある。
後から到着した吉田さんは、この痛い役も好きみたいだけど、、、、。

でも、みっちゃんとさやぶ〜のチームはあまり痛みを感じていないみたい。
何度もやってみて、色々と研究している。
やっぱり体重が軽いと、ハーネスの食い込みも少ないんだろうなぁ。
これって、ハーネスの形状や材質の改良で軽減できないのかなぁ。
メーカーさん、頑張ってちょ〜だい。

3パターンほどのレスキュー訓練をしたが、訓練した範囲での肝は、
救助される側の人をどうやってロープから外すかってことだった。
特にチェストアッセンダー(胸に付けた登るための器具)の外し方。
外す時には、アッセンダーから荷重を抜かなきゃ駄目なんだけど、
自分の体重を利用して相手を持上げるテクニックを使う。

このテクニック、カウンターバランスっていうんだけど、
軽い人が重い人を持上げるのはちょっと大変。
ってことで、助けに行く人はある程度重い方が良さそう。

助けてもらう方は、カウンターバランスのやり易さからも、
痛みの少なさからも、体重は軽いほうが絶対良い。
体重だけなら、自分は助けに行く方だなぁ。
頑張ってダイエットしなきゃ(笑)

何度か練習すれば、それなりに時間短縮出来そうだけど、
救出される側が気を失ってたりすると、もっと大変なんだろうなぁ。
いずれにせよ、練習が大切ってことを実感した。

訓練の後は、みんなで夕飯。実はこの活動後の夕食って大好き。
特に今回は、初めて会ったメンバー3人とも、
凄く濃いキャラだというのが分かって、とても楽しめた。

どういうキャラかって?
 、、、ふっふっふ、、、秘密です。
その内、嫌でも滲み出てくるはずなので、それまで少々お待ちください。

==============
千葉在住の古き良きメンバー・谷さん。
アルコールのある活動にはなぜかブラリと現れます。
本人いわく、「酒に誘われるわけではない。酒が僕を追いかけるのだ」と。
ニワトリが先か、卵が先か…。
どっちでもいいので、また参加して私たちをなごませてね!(チカノ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★3週連続 活動参加記念レポート♪         by #0339 日置沙也香
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
今年で入隊3年目を迎え、初めて3週連続JETの活動に参加したので、
そこで起こった出来事を報告します。

10月2日(日) SRT & 珊瑚洞ファンケイビング
SRTの個人装備を購入済みにもかかわらず、全く練習に励むこともなく、
ましてや洞窟でその成果を発揮してみることもなく3年が過ぎようとしていた。
せっかく持っているのだからせめて1年に1度くらいは練習をしておこうと、
暑さも納め時を迎えた10月初旬、ようやく重い腰を持ち上げた。
今日の参加メンバーは顧問の稲垣さん(教官)とチカノさん(司令官)。
新入隊の宮本くんと、名古屋嬢ケイバーの阿部さん、そして私の計5名。
現地集合場所のJETハウスに着くと、もう他のメンバーがそれぞれに準備を始めていた。
時計を見ると10時ちょっとすぎ。過去の経験から、30分は待たされるであろうと
想定していたのに、先を越されていた。正直びっくりした。

稲垣さん、チカノさんに挨拶を済ませる。実に半年ぶり(以上)の再開だ。
初対面の宮本くん、阿部さんに笑顔で自己紹介。初めから、いい感じの人たち
だとは思っていたが、30分ほど他愛もないおしゃべりをしているうちに、
彼らがとんでもなく面白い人物であることに気づきはじめた。
やはりJETにいると必然的に変な人たちと知り合うことができて、本当に楽しい。
吉田隊長をはじめ、稲垣さん、チカノさん、過去の活動で出会った人たちにしても
しかり。和気藹々とした雰囲気の中、楽しくSRTの練習を始めた。
1年ぶりの練習ではあったが、身体が覚えていてくれていた・・・といっても
昇降しかできないけど。リビレイ越えは、何度やっても次の練習の時(半年
もしくは1年後)にはすっかり忘れてしまっている。今回も例外ではなく
ご指導を賜ることとなった。
昼食後は、珊瑚洞へファンケイビングに。実は、今日の活動はSRTの練習だけ
だと勝手に思い込んでいたため、洞窟に入る準備を持ってきていなかった。
借りたつなぎに着替える。何度か入ったことのある洞窟であったため、
軽い気持ちで入洞したが、実際のところ、全然気軽な感じのケイビング
ではなくて、地底湖に胸まで浸かり、奥に抜け、結構な高さの傾斜を
登ったり降りたりと、かなりスリリングで楽しい探検ができた。
そして、探検の間中、メンバーの皆は和気藹々と、ボケたりつっこんだり
しながら、笑い合っていた。濡れたつなぎがかなり冷たくてこたえたが、
そんなことが比にならないくらい本当に楽しかった。


10月9日(日) イラバタ実地訓練
せっかくSRTの練習をしたのだから実際の竪穴に行ってみたいと思い、
お願いして連れて行ってもらうことにした。今回は、ハウス近くの竪穴
「イラバタ」での実地訓練だ。メンバーは、稲垣さん、チカノさん、
宮本くん、そして伝説のヒル姉と私。個人装備、ロープ、昼食などを
詰め込んだ重い荷物を背負って出発。私にとって洞口に辿り着くまでもが、
試練だった。たかだか30分程度の山歩きだというのに、かなり辛い。
日頃の運動不足が身にしみた。それと、山ヒル!うじゃうじゃいるわけではないが、
気を抜くと袖口にくっついていたりしてうっとうしい。藪が濃く繁っていて、
何処が道なんだかよく分からない斜面を洞口目指して進んだ。洞口が
なかなか見つからなくて結構彷徨った。
入洞。それにしても、練習したSRT技術を実践しながら探検するということが、
思った以上にとても刺激的で面白かった。暗くて深い穴の中に、ロープ一本と
小さな装備数点だけを頼りに降りていくなんて・・・なんてスリリング!
すごいアドベンチャー!自分のSRT技術を信用できていない点が更に恐くて
刺激的!!!でも、講師役の稲垣さんとチカノさんの存在感がかなり圧倒的で、
私は「この二人がいてくれれば何が起きても大丈夫!」と、無条件に安心していた。
例え落ちても大丈夫!と本気で思ってしまうくらい頼もしい2人なのだ。
本当に尊敬してしまう。全員無事に最奥まで辿り着き、出洞することができた。
帰りは、また藪の中。行きと違い下り坂だったため、楽チンだった。
皆一気に黙々と下山した。
ハウスに着くやいなや、皆一斉にヒルチェック。靴やバッグに数匹張り付いていた。
ここで本領発揮したのがヒル姉だ。その名の通り“ヒル”に対しては容赦なかった。
持参の塩を用いて、ヒルを塩漬けにしていた。塩に水分を奪われたヒルは
あっという間に小さくしぼんで硬くなった。


10月15日(土) 机上講習会
土曜日の夜、仕事を終えるとすぐにハウスを目指して出発した。
今日は机上講習会が開催されるらしいが、到着予定時刻が午前1時と遅かったため、
着く頃には終わってしまっているだろうと思っていた。山道は真っ暗で、
ハウスの明かりが煌煌と物凄い勢いで明るかった。明日のレスキュー講習の
講師であるタタミン先生と、初対面の谷さん、宮本くん、そして私が今晩の
参加者らしい。既に「飲み会」という名の机上講習会が催されていた。
私も早速参加させてもらう。後々考えてみると、それは実に有意義な机上講習会で、
ワインの楽しみ方に始まり様々なお話を伺うことが出来て、人生うんぬんを
考えさせられる一晩であった。「JETの魅力は人にあり」だ。とてつもなく変で、
底の深い素晴らしい人たちと出会うことができる。稲垣さんが明け方到着した。

10月16日(日) レスキュー講習会
昨日寝袋に潜り込んだのは、確か朝の6時頃だった。眠い。
本日合流した阿部さん、ことみっちゃんが、さわやかな笑顔を
振り撒きながら、やさしく起こしてくれた・・・ああ、まぶしい。
結局起きれずにまた寝た。今度はタタミン先生に寝袋ごと引きずられ起こされた。
もう観念して起きることにした。太陽がまぶしい。
暫くして、昨日の酒が抜けてくると自分が二日酔いであることに気が付いた。
ああ、またやってしまった。
二日酔いの朝は自己嫌悪で始まる。しかし、全て自己責任であって、そんなことは
言い訳にならない。今日はレスキュー講習なのだ。つなぎに着替えて
SRT装備を装着した。ああ気持ちが悪い。
予備ロープのある場合、無い場合、上からのアプローチ、下からのアプローチなど、
4パターンほど学習した。何とか乗り越えたが、二日酔いの身体で、ロープに
長時間ぶら下がっていることはかなり辛かった。よい精神修行になったと思う。
午後から隊長が合流した。お昼ご飯を食べながら、宮本くんが編集したDVDを
皆で鑑賞した。自分が洞窟の中を這いずっているのを、客観的に見ることが
面白かった。へっぴり腰だ。それにしても隊長のオナラはくさい。しかも沢山出る。
隣で何発もやられて、二日酔いの身体に大きなダメージを受けた。
お昼休憩を終えると、二日酔いも徐々に収まり、気分も良くなってきた。
レスキュー講習再開だ。かなり複雑なレスキューで、男と男が空中で密着して
絡み合う異様な光景を目にした。自分でもやってみるが、なかなか上手くいかない。
複雑で一発で覚えられないのだ。みっちゃんと相談しながら練習したが、
結局最後の大技は完全にはクリアできなかった。
また次回のレスキュー講習会で練習しようと思う。
それにしても、皆で和気藹々として楽しい1日だった。レスキュー講習なんて、
言い換えれば勉強会なのに、異様なくらい楽しかった。メンバーが面白いと
何をやっても面白くなるんだなぁと、学生の頃を懐かしく思ったりした。
やっぱり「JETの魅力は人にあり」だ。

==============
3年もJETに在籍しながら、JETのメンバーのオカシさを知らなかったとは、気の毒な…。
これからはもっと参加して、その明るさでみんなを盛り上げてね!
(チカノ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週のJET                                        by JET事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
10/25(月)竪穴スーパー訓練byゴリ隊長
11/6(日)近江カルスト調査1
11/7(月)多賀の洞窟さがし
11/20(日)近江カルスト調査2
11/23(水・祝)近江カルスト調査3
11/26(土)忘年会・予定
11/27(日)竪穴(イラバタ)・予定

12/30(金)第8次霧穴合宿準備
12/31(土)〜1/9(月)第8次霧穴合宿

日程の決まらない活動予定
・11月後半 レスキュー訓練A(たたみん、ほか)※以降、毎月開催。
・11月某日 白川方面?洞窟さがし(宮本、稲垣)
・11月某日 どどん周辺 洞窟さがし(稲垣、宮本、近野)※どどん自体の入洞とは別です。
・某日 どどん[竪]ファンケイビング(稲垣、宮本、美和さん)
・某日 chotto(青柳、稲垣、阿部、近野)
・2006年6月 第二回マダガスカル遠征(吉田、ほか) 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
JET事務局 担当 チカノユリコ
<chikano@mbd.ocn.ne.jp>         
お問い合わせ
http://genkijin.jp/jet/        JET洞窟探検ホームページ
=============================================================================
◆感想・質問・疑問をメールでくださいね。
---------------------------------------------------------------------------
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLで行って下さい。
 http://genkijin.jp/jet/mm.html
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発進しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む