EJJ(JET会報)

[EJJ-990825] e-JET Journal #22

「ケイビング(洞窟探検)withJET」購読者各位
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
★[EJJ] e-JET Journal  1999/08/25 Vol.22  購読者数:253名
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
=== HEAD LINE =============================================================
★お知らせ
 「地蔵祭り」盛大に開催される!!
  おわび
★「お浪さん」レポート  
  日本昔話「お浪さん」                                 by #9915 青柳 健太郎
  駅で「待ちぼうけ」                                    by #9906 内山  智範
★JETメンバーの活動報告
  「さんご洞のうえの穴」探検                            by #9918 平川 晃子
  「ロックアウト」                                      by #9917 服部 和恵
★「体験ケイビング99」の参加者の声
●「体験ケイビング99」の予定
●体験ケイビングに、ついての参加注意事項
●今後のJETの活動予定(JETメンバーのみ参加できます)
============================================================================
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLでおこなって下さい。
 http://www.na.rim.or.jp/~hayama/caving/mm/
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発信しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
----------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、ケイビング(洞窟探検)に興味のある方、やってみたい方
東海地区で活躍するJET(ジェット)の活動に興味がある方へのメールマガジンです
毎週水曜日と週末の週2回発行します。号外が発行されることもあります。
----------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
----------------------------------------------------------------------------
●「地蔵祭り」盛大に開催される!!
----------------------------------------------------------------------------

「さんご洞」のある地区のお祭り「地蔵祭り」が8月24日盛大に開かれました。

日頃、地主さんや地元の方にお世話になっているので、
JETメンバーも、たいやき、焼き鳥、ピザ、ウィンナーなどの鉄板焼きを
担当してお手伝いしました。

わずか19戸の地区ですが、この日ばかりは平日にも関わらずものすごい人で、
300名いやそれ以上の人でもりあがりました

詳しいお話は、週末号で紹介できると思います。


----------------------------------------------------------------------------
●おわび
----------------------------------------------------------------------------

いつもは、水曜日の朝6時ころにメルマガを発送するのですが、
こんな私も風邪を引きましてお昼になってしまいました。
なんとか水曜日には発行できたので、良しとしてくださいね。

昨日の朝から熱があったのに、薬を飲んで地蔵祭りのお手伝いを
しましたが、さらに悪化したようでした。
でもお昼過ぎに起きたときには、もう直ってました(笑)
やはり寝るのが一番ですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「お浪さん」レポート  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
----------------------------------------------------------------------------
●日本昔話「お浪さん」                                 by #9915 青柳 健太郎
----------------------------------------------------------------------------
おぞましいヒルの話に辟易(へきえき)している皆さんに、
涼しげな話題をひとつ...。

JET合宿で「お浪穴」の探索をしてきました。
この名の由来には諸説あるようですが、案内いただいた地元の方の話です。

昔々、この近くお浪さんという方が住んでいたそうです。
ある時、ふと行方知れずになり、村総出で山狩りをしました。
するとこの穴の縁でお浪さんの草履がひと揃え見つかりました。
その穴には大蛇が棲んでおり、大蛇のお嫁さんになったのだろうとのことでした。 

で、その大蛇なんですが、今でも隣りの山にいるようなんです。
草が幅20〜30cmに渡って押しつぶされていて、
それが何十mも続いているなんて当たり前。
なんと案内くださった方は実際にサルが体半分も飲み込まれているのを
見たことがあるとのこと。
     
どうですか。涼しーくなったでしょ。

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 【NORIの一言】 

なんか現実ではありえなそうなので、そうは怖くないですね。
現実に存在するヒルやまむしの方が恐怖に感じると思います。


----------------------------------------------------------------------------
●駅で「待ちぼうけ」                                    by #9906 内山  智範
----------------------------------------------------------------------------

今日、図書館に行ったんですけど
美山町の「お浪さん」の民話があるかな?
と思って探してみました。
そしたら、確かにありました。

残念ながら、お浪と源三(げんざ)が、恋をして
竜(大蛇ではなかった)も出てくるのですが、
肝心の「お浪穴」は出て来ませんでした。
ああいうハナシは、何バージョンもあるものなので
一概には言えないですけど、二冊あって二冊とも
同じ内容だったので、「お浪さんが竪穴に身を投げた」
という話しは一般的ではないようです。
ちなみに竜の棲家は穴ではなく池でした。舞台は美山町です。

でも、珊瑚洞の地主さんが 前に「まんが日本昔話」でやった時は
お浪穴が出てきたと言っていたので、それを見れば
出てくるのかもしれません。
「まんが日本昔話」は、今日行った図書館には
置いていなかったので 確認できなかったけど。。
ちょっと興味があるので、調べてみようかな と思っています。

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 【NORIの一言】 

東京から参加する内山くん、8月22日はこちらに来るはずが
分けあって図書館で美山町の「お波穴」の由来を調査しに行きました。
偶然にも、二人から「おなみ穴」レポートになりました。

地元に伝わる昔話程度に思っていたのに、意外や意外に結構有名な
日本の昔話だったんですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★JETメンバーの活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET
8月22日の「さんご洞のうえの穴」の調査です。
久しぶりにJETオリジナルメンバーも入り、新洞の確認をおこないました。
まだまだ伸びる要素のある穴であることが確認できました。

----------------------------------------------------------------------------
●「さんご洞のうえの穴」探検                            by #9918 平川 晃子
----------------------------------------------------------------------------

今回は、隊長、稲垣さん、及川さん、伊藤さん、小川さん、和恵の7人で、
”さんご洞のうえの穴”を探検しました。

伊藤さんは、”隊長と及川さんが一緒に行くんだから、なにか起これるはず”
と期待に胸を膨らましていました。

少しだけ山道を登っていくので、ヒルとの遭遇を恐れつつ進んでいました。
途中何匹かのヒルに遭遇し、”ひゃー”と思いながら早足で進みました。

やっと到着したぞ!ほっ!と思ったその時、和恵の肩にそれらしき物体が!!!
”きゃー”と言いながら、あわてて払うと、
稲垣さん曰く、”これはヒルの仲間やけど、血は吸わないよ”ということでした。
ほんと、いやですね。
これからも血を吸わさないように気をつけようと心に誓いました。

”上の穴”は入り口からいきなり狭く、しばらく匍匐前進で進んでいきました。
さんご洞とは違い、ごつごつしていて痛かった。
それに入り口だけでなく、全体的にさんご洞と比べて狭いな。
という印象を受けました。
みなさんどんどん進んでいくので、ついていくのに精一杯でした。

しばらく行くと、たて穴がありました。
結構上の方まで続いていたので、”大丈夫かな?”
と思いながら、下で待っていました。
前の小川さんが着いたとの合図があり、いよいよ私の番です。

”腕と足を一緒に動かさないように”
”しっかりした石であるか確認してつかむように”
といったアドバイスを胸に、進んでいきました。
とがった部分がたくさんあり、無事登り切ることができました。

今回行ったコースの他にも、いろんな道があるはずなので、
また行ってみたいです。

今回は、学ぶことがたくさんありました。
そしてこれからも気を付けて行かなくてはいけないことが
たくさんででくると思います。
JET隊員になったのだから、いつまでも体験気分でいてはいけないな。
と思いました。

さんご洞よりもきついコースのはずなのに、
1回目に行った時より疲れませんでした。

ただ、岩がごつごつしていた分、膝のあざの個数が増えているような気がします。

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 【NORIの一言】 

「さんご洞の上の穴」は「さんご洞」に比べて、泥がないので、
アザがいっぱいできます(人にもよりますが)。
「さんご洞」がいかに初心者にやさしい穴かがわかったと思います。

----------------------------------------------------------------------------
●「ロックアウト」                                      by #9917 服部 和恵
----------------------------------------------------------------------------

今回で3回目の参加となる服部です。

これまでは土場まで自分の車で行き、珊瑚洞までは誰かに
乗せていってもらっていたのですが、早めに帰ることもあって
今回初めて珊瑚洞まで自分の車で行きました。

いつも通りせっせと準備をし、「荷物は自分の車に乗せて」と
調子よく、バタンとドアを閉めました。
しばらくすると、葉山さんが「乾電池のお金を」と言うので
車に財布を取りに行って、初めて気づきました。
車のキーを中に入れてロックしてしまったことを!
「最近、物忘れがひどいなー」と我ながら思っていましたが
ここまでおバカな奴とは思っていませんでした。
隊長をはじめとするJETのメンバーの人たち、また初心者の人
たちも協力してくれて、無事解除することができました。
(というか、私は何もできなかったのですが・・・)
及川さんが持つハンガーが「ピンッ」と解除した瞬間、鳥肌がたつ
ような感動を覚えました。
ここに、感謝の念と、開始時間を遅らせ、ご迷惑をかけたことを
お詫び申し上げます。どうもすみませんでした。

さて、本題の洞窟ですが・・・
2回目の「上の穴」でした。
今回は隊長・及川さん・稲垣さん・小川さん・伊藤さんなど豪華
メンバーでした。
伊藤さんは万全のヒル対策をしていました。すごい。
上の穴は入口に着くまでが一苦労です。
体力の無さを思い知るのでした。
やぶこぎ等に備え、体力をつけなければ。
前回行かなかった上のほう(?)に行きました。
「えー、こんなん登れるの?」と思いつつ、なんとか登り、少しの
達成感を感じ、また、いつもながら皆さんの積極性・好奇心の感心
していたのでした。
洞窟では恥じらいを捨てなければなりません。(女を捨てるともいう?)
時にはサルのような大声をあげ、大股を広げなければいけないときも
あります。
大股を広げるのはとにかく、サルのような声をあげるのはまだ抵抗が
ある私でした。

ご飯を食べた後、すっかり眠ってしまい、参加者の皆さんとあまり会話
ができなかったのがちょっと残念でした。
洞窟に来る人に悪い人はいません。今回の車のキー事件で思い知りました。
これからはもっと積極的に話そうと思ったのでした。

そういえば、1回目の参加のときは土場に傘を忘れていった私。
1回おきになにかおバカなことをしてしまうのかもしれません。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いします。

⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒ 【NORIの一言】 

今の季節は風邪が気持ちよく、ゆっくり昼寝ができます。
ただこれから「あぶ」が大量に発生する季節となりますので、
ここ1〜2週間が風も心地よく最高の時期でしょう。

「サルのように吠える」のは山に入る際に恥ずかしがらずにできるように
しなくてはいけません。JETでは、「ホォー!!」と声を上げることで
お互いの位置や距離の確認をしいます。
一部のJETメンバーは町中でも「ホォー!」と声を上げて連絡をとっています。
たしかに、この音はよく通ります。恥ずかしがらずに声をだしましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「体験ケイビング99」の参加者の声
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET

8月22日は、前日まで突発性の雷雨で、どんなものか心配していましたが、
当日はいい天気で、初心者5名と洞窟を探検しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ます初めに、依然「ケイコとマナブ」を見て参加された
平川さん(既にJETメンバー)のお母さん(三重県)の登場です。

> 娘からいろんな話しを聞いたり、
> JET発行のメルマガを見たりしていたので、
> 何の違和感もなくみんなに溶け込めたように思います。
>
> 最近、特に好奇心が旺盛になり、
> 娘の体験ケイビングを聞いて
> すぐ「私もやりたい!」と言ってしまいました。
>
> 娘や服部さんの都合もあり、やっと昨日、初体験できたわけで…。

すごいパワフルな行動的なお母さんでした。
JETのメンバーも、彼女の好奇心の強さは凄いと思いました。

> 「さんご洞」に入ってすぐは、想像していたより広いし、
> 立って歩けるし、上を見上げると、岩からしみてきた水がライトに反射し、
> きらきら光ってプラネタリウムに行ったよう。
>
> これなら大丈夫みたい、と思っていたのですが、何の事はない、
>
> すぐに匍匐前進になり、頭はガツンガツンとぶっつけるわ、
> 靴は泥ですべるわ、肘や膝は痛いわ、狭いところで詰まるわ、
> もう大変。
>
> 葉山さん、葛谷さんに足を押し上げてもらいやっと通過。
> つくづく腕力のなさ、腰の回りの大きさを実感。
>
> 詰まってしまうと、足や腕の力でやみくもに抜け出そうとするので
> よけいに詰まる。も一度体制を整えやり直すことが大切なんだと実感、
> 人生と同じだな…無理したら、あかん、あかん。

そうか「人生といっしょ」か。
どうりで、私はよく詰まるのか。

> 地底湖は、うーん、とても幻想的。
> 
> 奥深く透き通るように見える湖
> 水面に「ぽちゃっ…ぽちゃっ…」と落ちるしずくの音
> 水面に写し出された岩の影
> 暗闇の中での暫しの沈黙
> 水の音だけが音色を奏でている
>
> いや〜、ほんと、素晴らしかった。
> 言葉に言い尽くせないほどの感動。

このところの雷雨で、落ちるしずくが多くていい音してました。

> 初心者5人のメンバーも、今日始めて会ったなんてとても思えず
> 和気藹々とした中での体験ケイビング。

今までで、一番明るく元気なチームでした。
JETメンバーがわかるようにたとえて言うと、
梅ちゃんが5人いるようでした。(笑)

> 洞窟を出る頃は、全員ドロだらけ。
> つなぎは水とドロを含んで重たくなりずり落ち、
> 靴もドロドロ、軍手もドロドロ。
> でも、みんなの顔は充実感でいきいき。
>
> 四日市の古川さん。
> 破れたつなぎから見えたパンツはとっても魅力的?でした。
>
> 最近、日常感じたことがないのですが、
> 男性達がたくましく見えたことも収穫でした。



> 昼食のスパゲテイも美味しかった。
> 吉田隊長、葛谷さん、元ちゃん達の調理の腕は抜群。
> フライパンさばきもお見事。

普段は葛谷くんだけですが、
今回は元ちゃんや隊長、服部さんが手伝ってくれました。

> とっても楽しい1日でした。
> こんな機会を与えていただいた、JETのメンバーに感謝。
> 特に葉山さん、葛谷さんにはお世話になり感謝。
> 初体験チームの4名に感謝。
> 津から運転を引き受け、又娘をケイビングに誘ってくれた服部さんに感謝。
> 最後に、母の願いを聞きいれ、ケイビングに同行してくれた娘に感謝。
> ほんとうにありがとうございました。

元気いっぱいのお母さんで、私たちもとても楽しかったです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
他の参加者に関しては、感想が間に合わなかったので届きしだい紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★「ケイビング(洞窟探検)」を体験しましょう!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET

「観光の洞窟をただ歩いて見ていく」というものではありませんのでご注意ください。
狭い穴をよじ登り、腹ばいになって泥水の中、砂利の上を進んでもらいます。

個人差はありますが、すり傷、切り傷、打ち身、アザ等ができますので
覚悟してください。
また、普段使用しない筋肉を使いますので次の日にきつい筋肉痛になる人もいます。
そうはいっても、これまで脱落した人は一人もいませんから大丈夫です。

「体験ケイビング」にはお客様気分で参加されないようご注意願います。
参加は各個人で決めてください。「友達にさそわれたから」とか、
そういう気持ちで参加しても、多分この体験は苦痛でしかありません。
お友達を誘う方も、その点をはっきり説明してください。

さて、興味が湧いたら、早速メールで連絡をしてみましょう
<mailto:hayama@na.rim.or.jp>
ケイビング(洞窟探検)の様子は、このメールマガジンやバックナンバー
「体験ケイビング99」参加者の声を参考にしてください。
それでは、あなたの参加をお待ちしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「体験ケイビング99」の予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET

8月29日(日)体験ケイビング99	初心者 6名(しめきり)
9月  5日(日)体験ケイビング99	初心者 2名(参加募集中)
9月12日(日)体験ケイビング99	初心者 0名(参加募集中)

8、9月も基本的に週末日曜日の開催です。
既に(締め切り)になっているからと諦めずに、ますはご連絡を下さい!

JETメンバーの参加人数によりますが、初心者の定員は毎回5名くらいです。

ここに掲載される予定は、JETの都合ですぐかわります。
参加したい方は、こまめにメールで連絡を取ってください。

また参加したい人は、具体的な日を明記して積極的に担当者
<Mailto: hayama@na.rim.or.jp> にメールしてください。

ここにある「体験ケイビング99」はあくまでも予定であり、
新しい洞窟等が発見された場合は、JET本来の活動が優先されます。

参加意欲のある方は、積極的にメールしてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●体験ケイビングに、ついての参加注意事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET

「体験ケイビング」参加希望者は、参加する前に下記の注意をよくお読みください。

開催日:週末日曜日、雨天決行です。
参加費:2,000円(つなぎ、ヘルメット、ヘッドランプ、電池、軍手、写真)
    保険料:500円が別途必要です(参加者は強制加入です)
	昼食費:500円、キャンプ時は三食で2,000円くらいになります。
	結局、一人3,000円〜4,500円の参加費が必要です。
	(当日に現地集合場所で、朝に集めますのでお願いします)

締切日:定員になりしだい締め切り。(最初に申し込んだ方が無理が通りますよ)
        定員はJETメンバーの参加人数で決まりますが、6名〜8名くらいです

集合場所:東海北陸自動車道の一宮木曽川インター付近(車の場合)
          JR東海の尾張一宮駅、名鉄の新一宮駅(電車の場合)

集合時間:現地近くの指定箇所は朝8時、駅の場合は朝6〜7時です。
        (時間は絶対厳守です)

遠方からの参加の方へ:
        遠方からの参加者は各自で宿泊の手配をしてもらいます
        (一宮駅前のビジネスホテルの電話番号はお知らせできます)
        また暖かくなってきましたので、前日から洞窟近辺でキャンプも可能です。
        (ただしJETメンバーが参加できるときですが)
	とりあえずメールして確認してください。

持ち物:着替え用下着と探検用下着(必ず2セット以上)
	探検用の靴(トレッキングが望ましい)と移動用の靴(必ず2足)
	サンダル(川遊び用)
	探検用のつなぎの下の服	
	(長袖の化繊の下着やTシャツやジャージ上下、スパッツなど)
	(フリースのTシャツが一番いい)
	ひじ当て、ひざ当て等があるといいかもしれません。、   

また探検後は、野外で分担して昼食を作ります。その後はJETハウス建築を
経験してもいいし、川で遊んでもいいし、昼寝(これが最高に気持ちいい)でも
好きなことをして遊んでください。もちろん体力が有り余っていれば、近くの
「だるま洞」等も紹介します。また近くに「瀬見峡温泉(露天風呂)400円」
もあります(夏は暑すぎて、川の水の方が気持ちいいです)

解散時間は、5:00です(冬はもっと早くなります)
最近の傾向として夕食も共に盛り上がるので、解散は20:00頃になっています。

またスケジュールは、その都度変更になります。
前日からキャンプしたり臨機応変に対応していますので、
詳細はメールで問い合わせてくださいね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今後のJETの活動予定(JETメンバーのみ参加できます)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ JET

8月29日(日) 体験ケイビング・JETハウスの建築作業

9月  5日(日) 体験ケイビング・JETハウスの建築作業
9月12日(日) 体験ケイビング・JETハウスの建築作業
9月19日(日) 洞窟探し「やぶこぎ」体験
9月26日(日) 洞窟探し「やぶこぎ」体験

10月中  体験ケイビング・JETハウスの建築作業
10月中  洞窟探し「やぶこぎ」体験


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
=============================================================================
〒494-0007 愛知県尾西市小信中島字萱場54−302
有限会社ブルーリッジ内 
JET事務局 担当 葉山(はやま)
<mailto: hayama@na.rim.or.jp>        お問い合わせ
http://www.na.rim.or.jp/~hayama/caving    洞窟探検ホームページ
=============================================================================
 ◆感想・質問・疑問をメールでくださいね。
---------------------------------------------------------------------------
■配信停止及び配信先変更の手続きは、次のURLで行って下さい。
 http://www.na.rim.or.jp/~hayama/caving/mm/
■このメールマガジンは【まぐまぐ】から発進しています
 http://rap.tegami.com/mag2/    [ID:0000013335]
----------------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む