ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】【経験者は語る】●中国に支配されたら

【RPE】【経験者は語る】●中国に支配されたら

RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.1961


                      2019/3/14 


=========================================================

中国に支配されたら、どうなるのでしょう?

経験者が語ります。


詳細は、【本文】で!



↓



【今日まで!】

【英語】

●安倍総理の通訳が語学学習法を暴露!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

英語、いくら勉強しても、話せるようになりませんね。

どうすればいいのでしょうか?

安倍総理の通訳も務められる坪田充史先生が、


「暗記なしでも英語がペラペラになる方法」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をこっそり教えてくださるそうです。

普通の人が、「暗記なしでも英語ぺらぺらになるよ!」
といえば、「うそつくな!」ですが。

安倍総理やコロンビア大統領の通訳をされる坪田先生
がいえば、「ぜひ教えてください!」ですね。

英語ペラペラになりたい方は、いますぐ以下の情報を
ゲットしてください。

【無料】↓
https://icckame.com/lp/25983/949160/ 
(●今日までだそうです。)


↓



【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

リーマンショックから今年で11年。

世界経済に再び暗雲が漂いはじめています。

ところで、11年前の危機はなぜ起こったのでしょう?

「中国に勝つ日本の大戦略」には、08年以降の「秘密」
が書かれています。

しかし、08年前にも、一般の人には知られていない

「裏歴史」がたっぷりある。

たとえば、


・「ユーロ誕生」の真の動機は?

・プーチンとあのユダヤ財閥の関係は?

・フセインが殺された真の理由は?

・ドル体制を崩壊させたい勢力とは?


歴史はつづいています。

1991〜2008年の【裏歴史】を知らずして、今の【裏歴史】
を知ることはできません。

いますぐ、世界の99.999%の人が知らない【裏歴史】を
知ってください。

【無料】↓
https://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753 

(【要注意1】
メルマガ登録がダウンロードの条件になっていますが、
気にしないでください。
いつでも解除できます。)


(【要注意2】
海外在住の方は、アクセスできないことがあります。
その際は、私の方にご連絡ください。
アドレスは、編集後記下にあります。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

【経験者は語る】

●中国に支配されたら【地獄】が待っている



全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



●北野の新刊でました。


日本と日本国民が幸せになる大改革。

「超具体的!」と大好評。

地元の議員さんにプレゼントする人もいれば、数十冊大量
買いする研究所もでています。

まだの方は、是非ご一読ください。


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2zn4gC3  ) 




今回は、全日本国民に読んでいただきたい内容。

特に沖縄の皆さんには、是非読んでいただきたいです。


沖縄県の上の人たちは、「普天間飛行場を辺野古に移設す

るの〝だけ”に反対」というわけではありません。


「米軍基地そのもの」に反対しているのです。


それが証拠に、「沖縄県」のHPを見てみましょう。↓
https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/sugata/begunkichi.html 

<多くの基地があることで、いろいろな問題に苦しんでい
る沖縄の人たちは、米軍基地を可能なかぎり減らしていく
ことを、日本政府やアメリカ政府に求めてきました。>


「可能なかぎり減らしていくことを求めている」そうです。

「普天間は、辺野古ではなく県外に」で終わる話ではない。



<1996年(平成8年)に、日本政府とアメリカ政府が話し
合い、街の真ん中にあり、世界一危険と言われている普天
間飛行場(ふてんまひこうじょう)をはじめとする11カ所
の米軍基地を日本に返すことが約束されました。(SACO合
意といいます。)>

<また、2006年(平成18年)には、約8,000人(2012年(
平成24年)には約9,000人に改められました。)の海兵隊
を国外に移し、嘉手納飛行場(かでなひこうじょう)より
南にある6カ所の米軍基地を返すことなどが約束されまし
た。>

<2013年(平成25年)4月には、この約束を果たすための
計画が発表されましたが、6カ所の米軍基地の大部分は、
県内の他の基地に機能を移し、そのほとんどが2022年(
平成34年)以降に返されるとされています。>


<しかしながら、これら二つの約束が果たされても、沖
縄には、多くの米軍基地が残ります。

そのため、知事と市町村長が協力して、日本政府とアメリ
カ政府に対し、米軍基地をできるだけ早く、そして少しで
も減らしていくよう、求めているのです。>



上記のような措置だけでは十分ではない。

できるだけ早く、少しでも(多く)減らせ!と。


少し前、「そんなことをすれば、人民解放軍がやってきま
すよ。

フィリピン、ベトナムの例をみれば明らかです」と書きま
した。

まだ読んでいない方はこちら↓
https://www.mag2.com/p/news/388218 

すると複数の読者さんから、同じ批判をいただきました。

それは、「沖縄県は、普天間を辺野古に移設することに反

対していますが、それだけです。

普天間飛行場が県外に出ていっても、まだまだ米軍は残り
ます。

だから、「米軍撤退の話をするのは、大げさだ」と。


しかし、沖縄県のHPを素直に読めば、沖縄県は、「できる

だけ米軍基地を減らせ!」と求めている。

どう考えても、「普天間、辺野古」だけの話ではありませ
ん。

そして、全日本国民、沖縄の皆さんに知ってもらいたいこ
と。

それは、「米軍もひどいけど、中国が入ってくれば、地獄
ですよ」ということ。

これ、「経験者」」が語っています。



▼チベットで起こったこと



ペマ・ギャルボさんは1953年、チベットで生まれました。

1959年、ペマさんが6歳の時、人民解放軍が侵攻してきた。

それで、インドに脱出。

1965年からは日本に住んでおられます。

現在は、拓殖大学、国際日本文化研究所教授。

2005年、日本に帰化されているので、「チベット系日本人
」です。

ちなみに私は、カルムイキヤの仕事をしていた時、一度ペ
マさんにお会いしたことがあります。

当時20代の若造だったので、ごちそうしていただきました。

ペマさんは覚えておられるかわかりませんが。


そんなペマさんは、幼少時代何を経験されたのでしょうか?

致知2019年1月号に載っていますので、一部引用させてい
ただきます。



<中華人民共和国という共産党一党独裁国が誕生したのは
、第二次世界大戦が終結して四年後の一九四九年。

中国はその翌年にチベットヘの侵攻を開始しました。

「人民解放軍の基本的課題は、本年中にチベットを帝国主
義者の手から解放することである」。

それが中国の大義名分でした。>



人民解放軍は、「チベットを帝国主義者から解放すること
である!!!」

と宣言して、侵攻してきた。


共産主義者が「帝国主義者」というとき、主に「米帝」(
アメリカ)、「英帝」(イギリス)を指します。

きっと米英人がうじゃうじゃいて、人民解放軍は、米英か
らチベットを解放したかったのでしょう。



<当時、帝国主義者とは白人の植民地主義者を意味する言
葉でした。

しかし、帝国主義者どころか、チベット国内に居住する外
国人は僅か七名にすぎません。

そこに中国は二万人もの軍隊を送り込んできたのです。>



ええ”!!!???

外国人は7人しかいなかった?

対して、人民解放軍は2万人。

それなら、「年内にチベットを帝国主義者から解放する」
という目的を果たせるかもしれません。



<「帝国主義者からチベットを解放する」という中国の
突然の宣言にチベット政府は抗議し、防衛を固めようと
しましたが、既に手遅れでした。

東チベットに侵入してきた人民解放軍は、少数の、しか
も武器の乏しいチベット軍をすぐに駆逐してしまいます。
>


この部分、「非武装中立で日本は安全」とか、「憲法9
条が日本を守ってくれる」など、

「夢みたいなこと」を信じている人に読ませたいですね。



<国内では次第に人民解放軍とチベット人との衝突が繰り
返されるようになり、軍は民衆から食糧を強奪し始めまし
た。

道路建設のためにチベット人を強制動員したり、放牧地を
畑に変えて土地に合わない小麦を無理やり植えさせるよう
になったのもその頃です。

そのためにチベットは史上初ともいえる飢餓に見舞われる
ことになります。>


これ日本に言い換えてみましょう。



<日本では次第に人民解放軍と日本人との衝突が繰り返さ
れるようになり、軍は民衆から食糧を強奪し始めました。

道路建設のために日本人を強制動員したり、放牧地を畑に
変えて土地に合わない小麦を無理やり植えさせるようにな
ったのもその頃です。

そのために日本は史上初ともいえる飢餓に見舞われること
になります。>



想像もできませんね。

しかし、こういうことがチベットで実際に起こったのです。


<しばらくすると人民裁判が始まりました。

宗教者をはじめ数多くの人々が反革命分子の名の下、捕え
られて虐殺され、チベット文化を象徴する伝統的寺院や仏
像は次々に破壊されました。>


これを日本に当てはめると、日本の神社とお寺は破壊され
るということですね。



<中国はチベット人の抵抗や激しいゲリラ戦を封じ込める
ために最高指導者であるグライ・ラマ法王を掌中に収めよ
うとしましたが、首都ラサの市民は総決起して法王を守り
抜き、インドヘと逃がすのです。>


これを日本にあてはめると。

中国は日本国民をだまらせるために、天皇を手中におさめ
ようとした。

しかし日本国民が決起して天皇を守り、陛下はアメリカに
亡命された。

こんな感じでしょう。



<かくて中国の支配下となったチベットでは、 一九八〇
年までに刑務所や強制収容所での死亡、処刑死、餓死、戦
闘や逃亡中の死亡、拷間死、自殺を合わせて実に百二十万
人以上の人々が犠牲になりました(チベット亡命政府発表)。
>



哀れ。

120万人もの人が亡くなった。


こんな現実をしるペマさん、今度は、第2の故郷日本が
中国に支配されるのではないかととても心配されています。

そして、「非現実的」な「夢」を語る人たちの愚かさを嘆
きます。



<軍事力を強化すれば戦争が起きる、憲法九条は絶対に変
えてはいけない、という根強い意見があります。

私はそういう人たちによく考えてほしいのです。

恒久平和を念願するということなら、侵略される前のチベ
ットにも朝から晩まで平和を祈り続ける二十七万人もの僧
侶たちがいました。

しかし、中国はそんな罪なき人々を無慈悲にも投獄、虐殺
し国土を奪ったのです。>



まったくその通りです。

ここまで読まれた人たちの中には、きっと


「北野さん、そんなん1950年代の話でしょ?

今の中国は違いますよ!」


という反論がでるでしょう。

そんな人には、「まさに平和ボケ」といいましょう。


100万人のウイグル人を強制収容所に閉じ込めているのは、

1950年代の話ですか?


それは、今まさに起こっていることなのです。



<トルコ政府が中国政府に対し、トルコ系少数民族ウイグ
ル人の人権を尊重し、中国内のウイグル人収容所を閉鎖す
るよう声明を出した。

声明は、中国政府が新疆(しんきょう)ウイグル自治区で
100万人以上のウイグル人を恣意(しい)的に逮捕し、
収容所などで拷問や洗脳をしていることは「もはや秘密で
はない」と指摘し、人道上の「大きな恥だ」と非難した。

中国によるウイグル人弾圧は昨年来、国連人種差別撤廃委
員会や国際人権団体が取り上げ、国際問題化している。

ペンス米副大統領も昨年10月の演説で「共産党が約10
0万人のイスラム教ウイグル人を収容所に入れ、昼夜を問
わず洗脳している」と批判した。>

(産経2019年2月14日)



というわけで、私たちは、中国の動きをいつも注視してい
る必要があります。

彼らも、すぐに日本本土を狙ってくるわけではない。

その公式は、


・沖縄を支配するためには、尖閣を奪わなければならない

・日本を支配するためには、沖縄を奪わなければならない


です。

だから、沖縄の米軍基地は必要なのです。

沖縄の皆さんには、本当に申し訳ない。

しかし、沖縄は人民解放軍が侵略してくる「入口」なので
軍が集中するのは仕方ないところがあります。

もしロシアが脅威であれば、北海道に米軍基地が集中する
ことでしょう。


私たちは、国を失った、同胞を大虐殺されたペマさんの警
告に耳を傾けるべきです。


ところで、日本はどうすれば中国に勝つことができるので
しょうか?

知りたい方は、是非こちらをご一読ください。

全部わかります。↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



●PS1

「日本はお先真っ暗だ!!!」

こんな俗論が、「既定路線」と認識されています。

日本国民が、世界一健康で幸せで豊かになる方法。

これを読めば全部わかります。


↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→https://amzn.to/2zn4gC3  ) 



●PS2

民主党政権により、「戦後最悪」になった日中関係。

中国は、アメリカ、ロシア、韓国を巻き込んで

「反日統一共同戦線」をつくり、

日本を壊滅させることを決意します。


安倍総理は、どうやってこの戦略を無力化したので
しょうか?

詳細を山盛り証拠つきで知りたい方は、

こちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り→http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 →http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 →http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  →http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  →http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Kさまからのメール


北野 幸伯 様

いつもRPEジャーナル、拝読しております。
リアリスト観点からのご高察、大変参考になります。

「日本の生き筋」拝読しまして、大変感服いたしました。


特に「第4章 給食革命と農業の復興」が大変おもしろかった

というか、我が意を得たりという思いでした。

私どもは、無農薬野菜栽培の農法を広めるとともに、
それらを原料とした健康食品を作っているものですが、
仕事柄、最近の特に日本人の若者の食事内容について
北野さんお持ちの問題意識を常に感じてきました。

プチ和食朝給食、大変素晴らしいですね。
無農薬野菜を作る技術、実績を私たちは持って
おりますので、どちらか自治体の方が興味あれば、
お手伝いしたいところです。

書中の大塚先生がご苦労されたように、
役所や既存組織の抵抗は激しいですから、課題は
様々にあるでしょうが、品格のある日本を後世に
残すために、チャンスがあれば取り組みたいですね。

ちなみに北野さんは、日本にいらっしゃることは
あるのでしょうか?
もしいらっしゃるのであれば、講演会とか開いて
いただきたいです。直接お話しを伺えればと思います。

もし可能であれば、小さな会社ですが、当社で
主催してもいいかな…なんて。育鵬社さんとか
お得意の方の方がいいですね^ ^

今後もご著書、メルマガ、楽しく拝見してまいります。
お身体大切になさって下さいませ。

読後感想まで。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


アマゾンプライムで、

ジュリア・ロバーツ主演の「Homecoming」を見ました。

なんというか、アメリカらしい派手さがないドラマで
した。

しかし、ストーリーが面白かったです。

予告はこちら。
↓
https://www.youtube.com/watch?v=9WJSdpE-sJQ 


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→tjkitanojp●yahoo.co.jp


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE Journal All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除はhttp://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/22 部数:  56,420部

他のメルマガを読む