ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★中国にいて思うこと

【RPE】★中国にいて思うこと

RPE Journal==============================================



      ロシア政治経済ジャーナルNo.1958


                      2019/3/11 


=========================================================

中国にいて思うことは?


詳細は、【本文】で!



↓



【英語】

●安倍総理の通訳が語学学習法を暴露!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

英語、いくら勉強しても、話せるようになりませんね。

どうすればいいのでしょうか?

安倍総理の通訳も務められる坪田充史先生が、


「暗記なしでも英語がペラペラになる方法」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をこっそり教えてくださるそうです。

普通の人が、「暗記なしでも英語ぺらぺらになるよ!」
といえば、「うそつくな!」ですが。

安倍総理やコロンビア大統領の通訳をされる坪田先生
がいえば、「ぜひ教えてください!」ですね。

英語ペラペラになりたい方は、いますぐ以下の情報を
ゲットしてください。

【無料】↓
https://icckame.com/lp/25983/949160/ 



↓



【極秘】

●宇宙意識とつながる方法(無料)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宇宙意識とつながることで、


・あなたの真の使命を知り

・魂に刻まれた才能を見つけ

・運を自由自在にコントロールし

・幸せになり

・大成功する


方法を、いまだけ【無料】で知ることができます。

アメリカで5000人以上を、真の幸せと成功に導いた

実証済みの方法です。

こんな機会はメッタにありませんので、いますぐこ
ちらの情報を入手してください。

【無料】↓
https://cml-premiere.biz/lp/25732/941882/ 


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

★中国にいて思うこと


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


上海在住のYさまから、メールをいただきました。

大変興味深いメールですので、シェアさせていただきます。
↓


<北野様


いつも大変ためになるメール配信ありがとうございます。

毎回楽しく読ませていただいております。

初めてメールさせていただく、上海駐在のYと申します。

私がこちらに駐在になってから10年が経ちました。

私の職場と住んでいる場所は、上海郊外の日系企業が大変
多く集まる街になりますが、やはり周りの風景も、生活環
境も、人々の様子も、ずいぶん変わりました。

特に最近は、日系企業や日本人がだいぶ少なくなり、以前
は日本人が多く利用していた飲食店の従業員は、みな声を
そろえて日本人が少なくなったといっています。

日本人相手のカラオケもほとんどなくなってしまいました。

さて、10年住んでの私の中国感ですが、私の周りにいる中
国人たち(ほとんど仕事関係ですが)は、日本人を悪く言
う人は一人もいないし、危険な目にあったことも一度もな
く、一般のひとたちはいたって普通の、日本人とそう変わ
らない気がします。

もちろん、よく言われている、見栄っ張りだったり、自分
の非を認めようとしないとか、声が大きいとか、そういっ
たところはありますが、それは持って生まれた中国人気質
であり、育った環境の差が大いにあると思います。

そして一般庶民は、政府が考えているような、中国は世界
一の覇権国家になるなどとはあまり考えてもいないでしょ
うし、それよりも自分や家族の幸せだけを考えているよう
に思います。

それこそ、北野さんの言われる家族大切主義が最も強い国
なのではないでしょうか。


一方の政府ですが、とにかく目に見えるものは見栄え良く
し、交通ルールや環境衛生など、とても厳しく取り締まっ
ていて、世界の先進国に追いつけ追い越せと躍起になって
いる感じがします。

おかげで、以前と比べて、空気も少しずつきれいになって
きましたし、水も道路もしかりです。

ただ、市内では、昔の中国っぽい建物やお店がどんどん取
り壊され、通りから目に見えるマンションは壁をきれいに
塗られ、古き時代の上海らしさがどんどんなくなっていき
、寂しくも感じます。

また、夜の遊びもかなり厳しく取り締まられていて、若者
たちの性のはけ口である、いわゆる床屋も全く見なくなり
ました。

どこの国でも、年月とともに近代化の波で大きく様変わり
していくのは、当然なのでしょうけれど。

でも、この国はそれが極端な気がします。

一党独裁なのですべて政府の言いなりで、簡単にことが進
められることもあるのでしょうが。

でも、そんなに急激にものを作りかえたり、人々の生活を
厳しく取り締まったりしていると、いつかその反動や反発
が来るような気がします。

今は目に見えて、経済の状態が悪くは感じませんが、きっ
と北野さんの言われる通り、近い将来この国の体制も大き
く変わるかもしれませんね。

そんな、10年もここにいる私ですが、一時帰国で日本に帰
ると、日本はいいなと思います。

北野さんの言われているとおり、空気も環境も綺麗だし、
食べ物もおいしいし、なんでも自由に発言できますから。

でも、心配なことはいくつかあります。

北野さんの新刊は今読んでいる最中ですが、そこに書かれ
ている少子化問題等もその一つですが、安倍総理のことも
心配です。

私も、北野さんのおっしゃるとおり、外交では目に見える
成果をあげられているので、安倍総理の功績は素晴らしい
と思います。

しかし、長い年月続けているせいか、国内ではその弊害が
出てきているように思います。

もりかけ問題や毎月勤労統計不正問題等は、その一部だと
思います。

なので、今の政権のうちに憲法改正に早く道筋を立て(改
正できれば一番いいと思いますが)、次に譲った方がいい
と思います。

そこで質問ですが、北野さんの思う次の総理大臣は、どな
たがいいと思われますか。

外交問題は今の流れを引き継いでくれる人がもちろんいい
と私も思ってはいますが。

世間では、露出度が多いせいか、石破氏が有力とされてい
るようですが、外交については以前北野さんが、安倍さん
とは考えが違うようなメールをされていたように思いまし
た。

そうすると、岸田さんか河野さんでしょうか。

外交面を考えると、河野さんが安倍さんと近い気はします
が。

本当は、北野さんが政治家になって、政権に入られると、
もっとこの日本は良くなると思うのですが。

北野さんにその気はないのでしょうか。

お忙しいのにすみません。

とりとめもなくダラダラと長いメールになってしまいまし
た。

一人ぼっちの駐在者なので、今のこんな気持ちを話す相手
がいないもので・・・。

では、今後もお体大切にして、ご活躍されることを祈って
おります。


●北野から

Yさま、ありがとうございます。

現地からの情報は、いつも貴重です。


総理について。

私は、安倍信者ではありません。

消費税増税、3K外国人労働者の大量受け入れなどに、大
昔から反対しています。

しかし、安倍総理の外交は支持しています。

それで、総理には、2025年まで続けていただきたいと考え
ています。

その頃になると米中覇権戦争の帰結も見え、新たな世界秩
序をどうするかという話がでてくるでしょう。

日本は前回、敗戦国になってしまいました。

今回は、「中国の同盟国になる」など、よほどバカなこと
をしなければ、「戦勝国」になれます。

その時、日本は、本当の意味で「自虐史観」から脱却でき
るでしょう。


そうはいっても、「安倍総理が後6年」、実際には難しい
かもしれません。

次の総理、誰がいいのか私にはわかりません。


次の総理に、私が推薦する第1の条件は、

「中国に勝つ日本の大戦略」

(詳細は→http://amzn.to/2iP6bXa  ) 


を理解し、賛同してくれる政治家さんであることです。

そうでないと、日本は「反日統一共同戦線戦略」にやられ、

「また敗戦」になってしまいます。


私が推薦する第2の条件は、


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→https://amzn.to/2zn4gC3  ) 


に沿って、日本の改革を推進してくれる政治家さんである
ことです。

日本で1950年~1990年まで肯定的役割を果たした「会社教」。

いまでは、「終身雇用」「年功序列」という、教えの根本
を放棄し、

「いつでも首にします!」「給料上げません!」の

「ブラック企業教」に転じてしまいました。

そのせいで、

ありとあらゆる弊害がでています。

私は、「家族大切主義」に沿って、


・真の働き方改革

・人も会社も東京圏から地方に引っ越したくてたまらなく
なる政策

・全子供が、栄養たっぷりの食事を食べられる仕組み

・農村がリッチになる仕組み

・結婚したら、子供が3人欲しくてたまらなくなる制度

などを推進してくれる政治家さんなら、次の総理に推薦し
たいです。


「冬来るだ、ジョン・スノウ」


世界も日本も、危機が迫っています。

それは、米中覇権争奪戦の結果として起こるのです。


しかし、その後は、「いい時代」が待っています。

いえ、「いい時代」を私たちがつくることになっています。


●PS1

「日本はお先真っ暗だ!!!」

こんな俗論が、「既定路線」と認識されています。

日本国民が、世界一健康で幸せで豊かになる方法。

これを読めば全部わかります。


↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→https://amzn.to/2zn4gC3  ) 



●PS2

民主党政権により、「戦後最悪」になった日中関係。

中国は、アメリカ、ロシア、韓国を巻き込んで

「反日統一共同戦線」をつくり、

日本を壊滅させることを決意します。


安倍総理は、どうやってこの戦略を無力化したので
しょうか?

詳細を山盛り証拠つきで知りたい方は、

こちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は→http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り→http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 →http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 →http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  →http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  →http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Oさまからのメール


北野さま

いつも貴重な情報配信ありがとうございます。

本日放送された「正義のミカタ」では、
米朝首脳会談のその後について解説されていましたが、

元・内閣官房参与の藤井聡先生は、
安倍内閣がアメリカに対して、
北朝鮮に簡単に折れるな!長期的にみるとアメリカも世界も損をする。
しっかりと制裁をかけて、核を廃棄させるべきと圧力をかけ続けていた
日本外交の成果ともいえる。と解説されていて、

辺真一先生も、そのとおり!
「トランプは、日本との信頼関係を引き裂きたくなかった」と言っている
と解説されています。

アメリカに頼ることしかできない、
情けない日本外交なんていいますが、
その頼みの綱をしっかり活かした外交は立派だと思いました。

日本国内でもこのような評価が増えるといいですね。

拙ブログでも紹介させて頂きました。
いつもありがとうございます。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


Yさんのまわりにいる中国人は、

反日ではないと知り、安心しました。



RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→tjkitanojp●yahoo.co.jp


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C)RPE Journal All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除はhttp://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/22 部数:  56,420部

他のメルマガを読む