ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★無礼な韓国とのつきあい方

【RPE】★無礼な韓国とのつきあい方

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1933 


                                 2019/1/23


===========================================================

無礼な韓国とはどうつきあえばいいのでしょうか?


詳細は、【本文】で!



↓



【極秘】

●11次元ヒーリングメソッド【無料】講座ですべての
問題が解決される


もし、あなたが、

◆最近仕事にやりがいを感じない…

◆いつもお金の不安におびえている…

◆自分の居場所はここじゃないと感じる…

◆日本での生活が息苦しい...

など

なんだか私の人生、生き辛いなぁ...
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
と感じているなら、朗報です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
その苦しい悩みを一気に手放す
【最新手法】が公開されました!↓

http://cml-premiere.biz/lp/24712/941882/ 

ちなみに

◆多次元量子エネルギー
 徹底解説動画3本セット

◆全ては同じ物質で出来ている
 本当の引き寄せの法則とは?や

◆全ての不安から解放され
 圧倒的な自信が手に入る
  3つのワーク動画講座

◆世界一しあわせな引き寄せレッスン

◆楽してブレークスルーできる!
 たった一つの起業思考とは?


が【 無料 】でもらえます。

こんな機会は、メッタにありません。

いますぐこの極秘情報をゲットしてください。
↓
http://cml-premiere.biz/lp/24712/941882/ 



↓



【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

リーマンショックから今年で11年。

世界経済に再び暗雲が漂いはじめています。

ところで、11年前の危機はなぜ起こったのでしょう?

「中国に勝つ日本の大戦略」には、08年以降の「秘密」
が書かれています。

しかし、08年前にも、一般の人には知られていない

「裏歴史」がたっぷりある。

たとえば、


・「ユーロ誕生」の真の動機は?

・プーチンとあのユダヤ財閥の関係は?

・フセインが殺された真の理由は?

・ドル体制を崩壊させたい勢力とは?


歴史はつづいています。

1991〜2008年の【裏歴史】を知らずして、今の【裏歴史】
を知ることはできません。

いますぐ、世界の99.999%の人が知らない【裏歴史】を
知ってください。

【無料】↓
https://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753 

(【要注意1】
メルマガ登録がダウンロードの条件になっていますが、
気にしないでください。
いつでも解除できます。)


(【要注意2】
海外在住の方は、アクセスできないことがあります。
その際は、私の方にご連絡ください。
アドレスは、編集後記下にあります。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

★無礼な韓国とのつきあい方


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今回の話は、昨日のつづきです。

まだの方は、必ずまずこちらをご一読ください。

そうでないとわけがわからなくなります。
↓
【RPE】★日本に必要な「戦略的忍耐 」
https://archives.mag2.com/0000012950/20190121105033000.html 

すでに読まれた方は、今日の本題へ。

前号について、こんなメールをいただきました。
↓



<北野様

金沢のKと申します。

いつもメルマガをありがとうございます。


毎回楽しみにし,学ばせていただいています。

「日本に必要なのは戦略的忍耐」との今回の記事。
よく分かります。

大きなレベルで完全に同意いたします。

では,具体的にどうするのか,教えてください。

従軍慰安婦問題では,日本は長年「忍耐」をしてきました。

それじゃいけない,戦って阻止しなければならない,
というのが山岡鉄秀さんの活動でした。

北野さんも絶賛されていたと思います。

さて,昨年来,日本は韓国から

数々の諍いを仕掛けられています。

ここで,北野さんのいう「戦略的忍耐」とは

具体的にどういう行動なのか,お聞きしたいです。

レーダー照射問題について山岡さんは

「動かぬ証拠を突きつけ,粉砕しなければならない」と書いています。
https://archives.mag2.com/0000110606/20190107095847000.html?l=vjd15d3da0  


北野さんのいう戦略的忍耐とは,

山岡さんのような強気の反論をしつつも,

「国交断絶だ!」などと極論には走らないようにする忍耐,
ということでしょうか。


でも,韓国の動きはどうもこれまでとは違いますよ。
もう自由主義国家群から離れて中国軍門に下ったかのよう
で,日本から「断交」を持ち出すまで続けるように思えま
す。

こういう相手をこちら側(日米側)から離れないようにす
る,それが「戦略的忍耐」だとしたら,
具体的には何をどうすればよいとお考えでしょうか?

具体論をぜひ教えていただけるとうれしいです。>



Kさまからのご質問です。

Kさまは質問されていますが、ご自分で正解を書かれてい
ます。

まず、私は「韓国のウソに目をつぶれ」とか、「金を払っ

てしまえ」とか、「慰安婦合意をみなおせ」などと主張し

ているわけではありません。

対応については、「情報戦の神」山岡鉄秀先生を完全に支
持します。

(山岡先生の対応について、必読です。)↓
https://archives.mag2.com/0000110606/20190107095847000.html?l=vjd15d3da0 
そして、Kさまは、書いておられます。



<山岡さんのような強気の反論をしつつも,

「国交断絶だ!」などと極論には走らないようにする忍耐,
ということでしょうか。>



まさに、私がいいたいのはこういうことです。

「慰安婦問題」「徴用工問題」「レーダー照射問題」

ムカつくことは、いろいろいろいろありますが、それで、

「国交断絶だ!!!」

となれば、習近平が世界で一番喜ぶという話です。


Kさまのメールには、もう一つ、とても重要なポイントが
あります。



<でも,韓国の動きはどうもこれまでとは違いますよ。

もう自由主義国家群から離れて中国軍門に下ったかのよう
で,日本から「断交」を持ち出すまで続けるように思えま
す。>



同じように考えている人も多いことでしょう。

しかし、実をいうと、韓国が中国側になったのは今回がは
じめてではありません。

皆さんご存知です。

2012年11月、中国は、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線」
構築を提案した。

ロシアは、この提案に乗りませんでした。

しかし、韓国は喜んで乗ったのです。

そして、2013年2月、朴槿恵が大統領になった。

この方は、世界中で「告げ口外交」と呼ばれる「反日プロ
パガンダ」を行った。

これは、はっきりと中国主導の「反日統一共同戦線戦略」
に沿ってやっていた。、

日本にとっては、非常にムカつく、厳しい時期でした。


ところが、朴槿恵、15年末には日米側に戻ってきました。

なぜか?

北朝鮮の核の脅威が増しているのに、中国側は、全然韓国
を守る姿勢を見せなかったからです。

それが15年末の慰安婦合意につながった。


というわけで、「韓国は中国の軍門に下った」というより、
あの国は、常に米中の間をフラフラしているのです。

それが、大国に挟まれた小国の悲劇です。

欧米とロシアに挟まれたウクライナも、常に欧米とロシア
の間を行き来しています。


というわけでまとめると。


1、個別の問題については、山岡先生の手法で撃破する


2、しかし、国交断然など全面的関係悪化は避ける

なぜなら、それは「習近平の願い」だから


3、韓国が米中感フラフラするのは毎度のこと

そういう国とあきらめてつきあっていく



感情的には、納得できないことでしょう

私だってそうです。

しかし、「日本に沖縄の領有権はない!!!」と主張し、

「反日統一共同戦線戦略」を進めている中国に勝ちたけれ
ば、忍耐するしかありません。



忍耐の代償は、敗戦国から脱却して、戦勝国になることで
す。


韓国にはムカつきますが、それで韓国と断交し、習近平に
「戦略的勝利」プレゼントする気はありません。


私は、ムカついて冷静さを失いそうな時、満州で戦死した
祖父の写真を思いだし、「今度は勝つよ」と誓います。



●PS1

「情報戦の神」山岡先生の本、全日本人必読です。


・日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録 

(詳細は→ https://amzn.to/2T6yVeA ) 


・日本よ、情報戦はこう戦え! 

(詳細は→ https://amzn.to/2mWOIOP ) 



●PS2


北野新刊、発売になりました。

明治維新、敗戦後につづく、3番目の大改革。

会社教のダークサイドに支配され、ボロボロになった
日本社会。

中心的価値を大転換し、幸せで豊かな国を創っていか
なければなりません。

その具体的方策は、こちらに詳述してあります。

是非ご一読ください。

↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2zn4gC3  ) 


●PS3

米中戦争がはじまりました。

なぜそういうことになったのでしょうか?

その背景、プロセスを知りたい方。

日本が中国に必勝できる方法を知りたい方。

いますぐこちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Sさまからのメール


素晴らしい内容で返信せずにはいられませんでした。

大人は感情的に生きてはいけない。「世界は感情で
動く」という書籍があり読みましたが、国が感情で
動いたら、大変な事になります。

そして私たちも感情的にならないようにというのは
心に留め置くべきところですが、これがとても難し
い。

しかし先生の理論、歴史の教訓を知ることにより、
感情的に生きた後の結果を恐れる事ができます。

ロシアとの北方領土交渉や韓国のレーダー照射で、
相手の国を悪く思っていましたが、

日本は10年はこれらの国及びアメリカと仲良くして
行くことが重要だと目が覚めました。

安倍首相は応援していますが、ロシアの交渉が不で
も私が安倍首相を応援するのは変わらないので焦ら
ないで欲しいです。

いつもすばらしいメールマガジンをありがとうござ
います。




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


長期出張なので、

ネコホテルをはじめて利用しようと思います。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  56,326部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  56,326部

他のメルマガを読む