ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★減少に転じた中国貿易

【RPE】★減少に転じた中国貿易

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1928 


                                 2019/1/16


===========================================================

中国の貿易額が減りはじめました。


詳細は、【本文】で!



↓



【極秘】

●安倍総理の通訳が英語学習法を暴露
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

英語、なかなか思うように話せず、悩んで
おられる方はいるでしょうか?

そんな人に朗報です。

・安倍総理!
・高円宮妃殿下!
・コロンビア大統領!

の通訳をされた 坪田充史 先生が、

あなたの英語力を短期間で飛躍的にアップさせる

秘密の勉強法を【無料】で教えてくださるそうで
す。

こんな機会はメッタにありませんので、迷うこと
なく、情報をゲットしてください。
↓
https://icckame.com/lp/24595/949160/ 



↓



【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

リーマンショックから今年で11年。

世界経済に再び暗雲が漂いはじめています。

ところで、11年前の危機はなぜ起こったのでしょう?

「中国に勝つ日本の大戦略」には、08年以降の「秘密」
が書かれています。

しかし、08年前にも、一般の人には知られていない

「裏歴史」がたっぷりある。

たとえば、


・「ユーロ誕生」の真の動機は?

・プーチンとあのユダヤ財閥の関係は?

・フセインが殺された真の理由は?

・ドル体制を崩壊させたい勢力とは?


歴史はつづいています。

1991〜2008年の【裏歴史】を知らずして、今の【裏歴史】
を知ることはできません。

いますぐ、世界の99.999%の人が知らない【裏歴史】を
知ってください。

【無料】↓
https://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753 

(【要注意1】
メルマガ登録がダウンロードの条件になっていますが、
気にしないでください。
いつでも解除できます。)


(【要注意2】
海外在住の方は、アクセスできないことがあります。
その際は、私の方にご連絡ください。
アドレスは、編集後記下にあります。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

★減少に転じた中国貿易


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


米中貿易戦争が、米中覇権戦争に転化した2018年。


「大変だ!大変だ!」といわれていますが、どうなのでし
ょうか?


その前に、中国経済の話。

この国は、統計がいいかげんなので、なかなか経済の実態
を把握することが難しい。

それでも、たった一つ中国も「ウソをつけない統計」があ
ります。

「貿易統計」です。

なぜウソがつけないのでしょうか?

相手がいるから。


たとえば、日本の対中輸出額と対中輸入額、中国の対日輸

入額と対日輸出額は一致していないとおかしいですね。

だから、中国がウソをつけば、すぐバレてしまう。

それで、貿易統計が、もっとも信頼できる指標なのです。

こちらをごらんください。



<中国税関総署が14日、先月の貿易統計を発表した。

輸出額は2212億ドル(約24兆円)で前年同月比4・
4%減、輸入額は1642億ドルと7・6%減った。

事前の予想はいずれも増加だったが、輸出は9カ月ぶり、
輸入は2年2カ月ぶりの減少で内需の減速が影響してい
るとみられる。>

(朝日新聞DIGITAL 1月15日)



2018年12月、中国の輸出額は、前年同期比で4.4%減った。

輸入額は7.6%減った。



<事前の予想はいずれも増加だったが、輸出は9カ月ぶり
、輸入は2年2カ月ぶりの減少で内需の減速が影響してい
るとみられる。>(同上)


これ、どうなんでしょうか?

実をいうと、「だからどうだ」と正確にはいえないのです
ね。

というの貿易統計がどうであろうと、結局中国政府は、

「2018年、GDPは6.●%成長した!」と発表するからで
す。



▼実はやばかった15、16年の中国経済



実をいうと、2015年、2016年の中国経済もヤバかったので
す

公式発表では15年6.9%、16年6.72%の成長となっていま
す。

しかし貿易統計を見ると、「ありえない!」と確信できま
す。

2016年1月13日付、毎日新聞を見てみましょう。



<「15年の我が国の貿易は、複雑で厳しい1年だった」。

13日、記者会見した中国税関総署の報道官は、そう話し
た。

同署が同日発表した15年の貿易統計によると、輸出と輸
入を合わせた貿易総額は、前年比8%減の3兆9586億
ドル(約463兆円)となった。

減少は、リーマン・ショックの影響があった09年以来だ。 >



貿易総額は2015年、前年比8%減だそうです。



<最大の貿易相手である欧州連合(EU)向けや日本向け
の輸出が減少した影響で、輸出は2.8%減の2兆276
5億ドルとなった。>(同前)



輸出は、2.8%減少。



<一方、輸入も、14.1%減の1兆6820億ドルと大
幅に減少した。

国際的な資源価格の下落で原油などの輸入額が減少したこ
ともあるが、工作機械や自動車部品、液晶パネルなどの輸
入も落ち込み、内需の低迷ぶりを裏付けた形となった。>
(同前)


輸入は、14.1%減少!

輸入は、GDP成長率と相関性が高いことが知られています。

そんなことは知らなくても、「貿易総額が年間8%、輸出
が2.8%、輸入が14%減って、GDPは6.9%増えたなんて、
ありえるのかな?」と普通疑問に思うでしょう。

ちなみに、高橋洋一先生は、2015年のGDP成長率は、「マ
イナス3%程度」と断言しています。

(例、「日本はこの先どうなるのか」82p)



ちなみに中国、2016年の貿易総額は、前年比で6.8%減少。

輸出は7.8%、輸入は5.5%、それぞれ減少しました。

これで、GDP成長率は、6.72%????

ありえないですね。


これは何だったのでしょうか?

皆さん覚えておられるでしょうか?

実をいうと、「米中覇権戦争」は2015年に始まったともい
えるのです。

なぜ?

2015年3月に「AIIB事件」があった。


イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、オース
トラリア、イスラエル、韓国など、

いわゆる「親米国家群」が、アメリカの制止を無視して、

中国主導「AIIB」」への参加を決めた。


つまり、「親米諸国」ですら、「アメリカより中国をとっ
た」。

この衝撃は大きく、以後オバマさんは、ひどく反中になり
ました。

オバマさんは、ロシアとプチ和解し、シリア、ウクライナ
、イラン問題を沈静化させた。

そして、中国との戦いに、エネルギーを集中しはじめた。


それで、15年、16年、中国経済はひどい状況になってきた。


ところが、トランプさんが大統領になった17年はどうだっ
たのか?

これは、北朝鮮が暴れたおかげで「休戦状態」だった。

それで中国経済も元気を取り戻した。

唯一信頼できる貿易統計は?



<中国税関総署が12日発表した2017年通年の貿易統計(ド
ルベース)によると、輸出は前年比8%増の2兆2634億ドル
(約250兆円)、輸入は同16%増の1兆8409億ドルだった。

輸出、輸入ともに増加するのは14年以来3年ぶり。>

(日経新聞2018年1月12日)



こう見ると、2017年の中国経済は、よかったのでしょう。

18年通年ではどうだったのでしょうか?



<18年通年の中国の輸出は全体では9.9%増と7年ぶ
りの高い伸びを記録。輸入も15.8%増加した。>

〈ロイター 2019年1月14日)


こう見ると中国経済、通年では悪くなかったのでしょう。

まとめるとこうなります。


・2015年3月、AIIB事件で、米中覇権戦争が開始される

・2015~16年、その影響で、中国経済は苦境に

・2017年、トランプが大統領になり、中国と休戦

・結果、2017年、2018年、中国経済は勢いを取り戻す

・2018年後半、米中貿易戦争が覇権戦争に転化

・それで18年12月、中国は輸出入とも減少に転じる


こうなります。

今後はどうなっていくのでしょうか?

トランプと習は昨年12月、「3か月の休戦」で合意しまし
た。


それで3月まであまり動きはないでしょう。

しかし、アメリカ側に中国と和解する気はなさそうで、も
っと悪くなっていく可能性が高いでしょう。

去年から警告しつづけていますが、危機に備えましょう。


●PS1

北野の新刊発売になりました。

もはや二つの現世利益をもたらせず死に体になった「会社
教」。

日本には新たな「中心的価値」が必要です。

日本に幸福と繁栄をもたらす「家族大切主義」とは。


・日本に幸せをもたらす「三つのキーワード」とは?

・なぜ会社教は死んだのか?

・家族大切主義を進める、「真の働き方改革」とは?

・人ギュウギュウの東京圏からスカスカ地方に人を戻す具
体的方法とは?

・地方を大繁栄させる具体策とは?

・日本の子供を健康にしつつ、お母さんに時間と余裕をも
たらす秘策とは?

・日本の農村を大復興させる方法とは?

・ロシアの出生率を1.16から1.75まで激増させた
方法とは?

・日本が世界に和をもたらす具体策とは?


これを読んで感動し、政治家に推薦する人も登場してきて
います。

明るい日本を創るために、いますぐご一読ください。


↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2zn4gC3  ) 


●PS2

米中戦争がはじまりました。

なぜそういうことになったのでしょうか?

その背景、プロセスを知りたい方。

日本が中国に必勝できる方法を知りたい方。

いますぐこちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Nさまからのメール 


北野 幸伯 先生

いつも貴重な情報をありがとうございます。


>【AFP=時事】中国人民解放軍軍事科学院の元副院長で、
>同軍中将の何雷(He Lei)氏は9日、中国が武力行使によ
>る台湾併合を余儀なくされた場合、台湾の独立支持派は
>「戦争犯罪人」と見なされると警告した。


台湾の目作にある「三峡ダム」へミサイルを打ち込めば
中国は半壊しますので、中国の軍事侵攻は無いように思い
ます。

数億の民が濁流に呑み込まれ上海などの都市も機能不全
に陥り、沿線に展開している多くの中国軍も甚大な被害を
受けます。

又、三峡ダムは原発20基相当の電力を産み出しています
ので、深刻な電力不足に見舞われます。

>(1)平和統一の実現
>(2)「1国2制度」の適用

の2つしか選択肢が無いように思います。

ということは、何雷さんの発言は単なる脅しでしょうか?



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


3歳の息子がドラゴンボールZにはまりました。

一方7歳の娘は、「戦ってばっかり」となじめず、

ドラえもんをみています。

徐々にロシア語アニメからは離脱しつつあるよ
うです。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,268部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,268部

他のメルマガを読む