ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★富をもたらす情報、破滅をもたらす情報

【RPE】★富をもたらす情報、破滅をもたらす情報

RPE Journal==============================================



       ロシア政治経済ジャーナル No.1927 


                                 2019/1/15


===========================================================

あなたに富をもたらす情報、破滅をもたらす情報。

どうすれば見分けることができるのでしょうか?


詳細は、【本文】で!



↓




【極秘】

●安倍総理の通訳が英語学習法を暴露
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

英語、なかなか思うように話せず、悩んで
おられる方はいるでしょうか?

そんな人に朗報です。

・安倍総理!
・高円宮妃殿下!
・コロンビア大統領!

の通訳をされた 坪田充史 先生が、

あなたの英語力を短期間で飛躍的にアップさせる

秘密の勉強法を【無料】で教えてくださるそうで
す。

こんな機会はメッタにありませんので、迷うこと
なく、情報をゲットしてください。
↓
https://icckame.com/lp/24595/949160/ 



↓



【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

リーマンショックから今年で11年。

世界経済に再び暗雲が漂いはじめています。

ところで、11年前の危機はなぜ起こったのでしょう?

「中国に勝つ日本の大戦略」には、08年以降の「秘密」
が書かれています。

しかし、08年前にも、一般の人には知られていない

「裏歴史」がたっぷりある。

たとえば、


・「ユーロ誕生」の真の動機は?

・プーチンとあのユダヤ財閥の関係は?

・フセインが殺された真の理由は?

・ドル体制を崩壊させたい勢力とは?


歴史はつづいています。

1991〜2008年の【裏歴史】を知らずして、今の【裏歴史】
を知ることはできません。

いますぐ、世界の99.999%の人が知らない【裏歴史】を
知ってください。

【無料】↓
https://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753 

(【要注意】
メルマガ登録がダウンロードの条件になっていますが、
気にしないでください。
いつでも解除できます。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任で決定を下してください。
==========================================================

★富をもたらす情報、破滅をもたらす情報


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



▼12月の大暴落を無傷で乗り切った友人



先日、28年前に知りあった親友に会いました。

私は、モスクワ国際関係大学でしたが、

彼は、モスクワ大学で学んでいた。

卒業後、しばらく欧州系の企業で働いていましたが、やが
て帰国。

何度か転職して、今は国際商社マンとして大活躍していま
す。

結構大規模に株をやっているので


「12月の暴落は大丈夫だった?」


と聞きました。

すると彼は「ニヤリ」として、いいました。


「暴落前に全部売ってたから、無傷だよ」


私は、「さすがだな~」といいました。

彼曰く、


「クリスマスの前後に暴落することは、あらかじめわかっ
ていたからね」


そして、あるレポートを見せてくれたのです。

そこには確かに、「クリスマス前後に暴落が起こる」と書
いてありました。


2018年、「株で大儲けしました!」という人は少ない
でしょう。

しかし、私の友人のように、儲かって利益を確定し、うま
く脱出した人もいるのですね。


福沢諭吉は書きました。


「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」


生まれたときは皆平等である。

それなのに、金持ちになる人、貧乏になる人、出世する人、

しない人がいる。

なぜ?

福沢諭吉は、「学問をしてるかどうかが差になる」と考え
た。

そうなのでしょう。


それにプラスで「正確な情報をもっているか?」あるいは

「正確な情報とニセ情報を見分けられるか?」もとても大

事なのでしょう。



▼情報で、国家は繁栄し、破滅する



日本はなぜ、第2次大戦で負けたのでしょうか?

いろいろな意見があるでしょう。

私の本、



●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  ) 


には、「日ロ戦争後、日本外交は間違えつづけ、孤立の道
を進んだ」こと、

そのプロセスが詳しく書かれています。

興味のある方は、参考になさってください。


その他、日本のトップが正確な情報を得ていなかったこと
も重要です。

平沼首相は1939年8月、


「欧州情勢は複雑怪奇!」


と嘆き、辞任しました。

要は、「欧州情勢は、複雑で、何が起こっているかようわ
からん!」と告白している。

当時欧州は、世界情勢の中心。

「欧州情勢がわからない」ということは、「世界情勢がわ

からない」ということです。


ちなみに平沼さんが辞任した翌月(1939年9月)、

第2次大戦が勃発しました。


日本の総理は、大戦が起こる前月に、


「世界で何が起こっとるか、まるでわからんの~」


といい辞任している。

世界情勢を正しく理解せずして、どうして戦略を立てるこ
とができるでしょう?

日本は負けて当然だったのです。


一方、狡猾なスターリンは、ゾルゲ→尾崎秀美ラインをと
おして、近衛内閣の情報を正確につかんでいた。

そればかりか、尾崎を通して、近衛総理の考えに影響をあ
たえることもできたのです。



▼フェイクニュースだらけの時代



というわけで、「情報」は、あなたに富をもたらすことも、

破滅をもたらすこともある。

あるいは、国家に繁栄をもたらすことも、破滅をもたらす
こともある。

とても大事なものなのです。


ですから、正確な情報を仕入れなければならない。


しかし、問題があります。

この世の中は、「フェイクニュースだらけ」だということ。


これ、トランプさんのおかげで明らかになりました。

彼は、間違った情報がメディアで流されると、「あれはフ
ェイクニュースだ!」と大声でいう。

彼が指摘したすべてが実際にフェイクニュースだったのか
わかりません。

それでも、いくつかは「確かにフェイクニュースだった」
ことがわかっている。


フェイクニュースを流していた媒体が、CNNとかニューヨ
ークタイムズとか、「信用できる」と思われていた媒体
だった。

それで、ますます一般人は困ってしまうのです。


「何を信用したらいいのか、わからない!」と。



▼勝つための情報学



私たちは、どうすれば「真の情報」と「ニセ情報」を見分
けることができるのでしょうか?

ここに面白い本があります。

山村明義先生の



●勝つための情報学 山村明義

(詳細は→ https://amzn.to/2ClLjRf ) 


です。

この本には、「フェイクニュースの見分け方」が細かく書
かれています。



そして、私たち社会人は普通

情報の受け手であると同時に、

情報発信者でもありますね。


メルマガ発行者、ブロガー、ユーチューバーはもちろん。

SNSで発信したり、社内や顧客にプレゼンしているのなら、
あなたは立派な「発信者」です。

情報を発信する際に、「フェイクニュース」と見なされな
いように注意すべき点も、とても具体的に載っています。


「情報確認、い・な・か・も・ちの原則」


とは何でしょうか?


あなたはこの本を読むことで、

1、真の情報とフェイク情報を見分けることができるよう
になるでしょう。

2、フェイク情報をスルーし、真の情報を参考にすること
で、

あなたは富と成功と繁栄を得ることができるでしょう。

3、私たちは真の情報を得ることで、フェイク情報に影響
されることなく、日本の国益を守る政治家を支持すること
ができるでしょう。

4、あなたはこの本の指針に従って情報を発信することで

「信頼できる人物だ!」という名声を得るでしょう。


というわけで、

フェイク情報の海を安全に泳ぎ切りたい方は、是非こちら
の本をご一読ください。

RPE読者さん好みの名著だと思います。



●勝つための情報学 山村明義

(詳細は→ https://amzn.to/2ClLjRf ) 



●PS1

北野の新刊発売になりました。

もはや二つの現世利益をもたらせず死に体になった「会社
教」。

日本には新たな「中心的価値」が必要です。

日本に幸福と繁栄をもたらす「家族大切主義」とは。


・日本に幸せをもたらす「三つのキーワード」とは?

・なぜ会社教は死んだのか?

・家族大切主義を進める、「真の働き方改革」とは?

・人ギュウギュウの東京圏からスカスカ地方に人を戻す具
体的方法とは?

・地方を大繁栄させる具体策とは?

・日本の子供を健康にしつつ、お母さんに時間と余裕をも
たらす秘策とは?

・日本の農村を大復興させる方法とは?

・ロシアの出生率を1.16から1.75まで激増させた
方法とは?

・日本が世界に和をもたらす具体策とは?


これを読んで感動し、政治家に推薦する人も登場してきて
います。

明るい日本を創るために、いますぐご一読ください。


↓


●日本の生き筋 家族大切主義が日本を救う

(詳細は→ https://amzn.to/2zn4gC3  ) 


●PS2

米中戦争がはじまりました。

なぜそういうことになったのでしょうか?

その背景、プロセスを知りたい方。

日本が中国に必勝できる方法を知りたい方。

いますぐこちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  ) 



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド 〜世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  ) 



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●比較中学歴史教科書─国際派日本人を育てる→ https://amzn.to/2Pg4F3r 

●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF 

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk 

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr 

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806 

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 ) 



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Tさまからのメール 




北野様、

いつもメルマガ興味深く拝見しております。
また新刊も楽しんでおります。

現在の日本はアイデンティティクライシス(価値観の崩壊)に直面していることに同感です。
振り返れば、何故私たちは会社教に没入していたのでしょうか?

 ●給料を与え、生活を保障してくれた
 ●終身雇用で、生活を設計出来た
 ●雇用により、身分を保持できた
 ●人生観と会社の成長がシンクロした
 ●福利厚生と家族主義で、人生に関与・保護してくれた

信じることで安心と安定を得て、更に挑戦する目的と生きがいを授けてくれたと思います。

翻って、リストラ上等、請負契約社会で得られる安定感は限られます。

私が思うに、現在の若年層には、お金だけが信仰の対象で、まだ家族も信じていません。
なぜなら、家族という括りが自分を保護し、生産手段として活用できないからです。
中世の武士団のように家族で集団を形成し、農・工業を束ねるなら、家族中心でまわりますが、
現代勤め人では、家族がいるが、どうやってお金を稼げばよいかが大きな課題になります。

会社と違う、現世利益を得られ、お金だけではない、コミュニティの誕生が新しいアイデンティティの
形成に役立つと思いますが、既得権益を壊し、新秩序でシステムを動かすことになれば、これは
革命的次元になるので、明治維新級の社会改革が必要ですね。

北野様の、更なる家族主義構想の発展を楽しみにしております。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシアーグルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC ) 



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


私自身も「フェイクニュースに気をつけよう」

と思いました。



RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html 



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,330部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,330部

他のメルマガを読む