ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★覇権争奪戦としての米中貿易戦争


カテゴリー: 2018年09月22日
【RPE】★覇権争奪戦としての米中貿易戦争

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1848


                                 2018/9/22


===========================================================

米中貿易戦争は、覇権争奪戦でもあります。


詳細は、【本文】で!


↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?

・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得
→ シュローダー投信 →
マネックス証券立ち上げ→
マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役
→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 
クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター
→
海外資産運用協会設立

これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。
そんな内藤先生が、

「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://bit.ly/2x7zsEv
(●もちろん北野も勉強してます。)



↓



【 英語 】

●通訳学校の極秘メソッドを無料で公開!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・1日10分の勉強
・ネイティブなみの英語になれる
・成功率90%以上

【通訳学校】の【極秘メソッド】

を公開しています。

いくら勉強しても英語ができるようにならなかった
方。

探求の旅はもう終わりです。

いますぐこちらの情報をゲットし、「英語ペラペラ
人間」になってください。
↓
https://bit.ly/2D2jUaD



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任
で決定を下してください。
==========================================================

★覇権争奪戦としての米中貿易戦争


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


皆さんご存知だと思いますが、トランプ大統領は、対中制
裁関税第3弾の発動を決めました。


米中貿易戦争の結果、「世界貿易が縮小して、世界経済に
危機が訪れる」と懸念する声があります。

たとえば、ノーベル賞学者のクルーグマンさんは、こんな
発言をしています。



<「トランプ大統領が貿易戦争に向かって行進する中、私
は市場の慢心に驚いている」と、クルーグマン教授はツイ
ッターに投稿。

「トランプ氏が行くところまで行って、世界経済を壊すの
かは分からない。しかし、相当な可能性があるのは確かだ
。50%?30%?」と続けた。>(ブルームバーグ6月20日)



クルーグマンさんは、第3弾発動決定のニュースを聞いて、

「また、可能性が高くなった」と確信したことでしょう。


そして、IMFも、
↓


<世界経済に「深刻な打撃」=米の対中制裁憂慮―IMF

9/21(金) 0:35配信  

【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)のライス報道官
は20日の記者会見で、トランプ米政権が発動を表明した
対中制裁関税の第3弾が及ぼす影響について、米中両国に
とどまらず世界経済に「非常に大きな打撃をもたらす恐
れがある」と強い懸念を表明した。>



「世界経済に非常に大きな打撃をもたらす恐れがある」

そうです。

常識的に考えても、その通りでしょう。


しかし、この話には別の側面もあります。



▼米中覇権争奪戦の時代



それは、「貿易戦争」が「米中覇権争奪戦」の一環だとい
うことです。

なんのことでしょうか?


第2次大戦後、世界は「冷戦時代」、別の言葉で


「米ソ二極時代」


に突入しました。

この時代は、1991年末のソ連崩壊で終わります。

二極のうち一極がなくなった。

それで、1992年から、「アメリカ一極時代」がはじま
ったのです。

アメリカは1990年代、IT革命をけん引し、大いに繁栄
することができました。


ところが、「アメリカ一極時代」は08年、「100年に
1度の大不況」で終わりました。

その後、「米中二極時代」がはじまったのです。


この戦いは、2015年3月まで、明らかに中国有利でし
た。

そのことは「AIIB事件」を見てもわかります。

アメリカは、親米国家群に、「中国主導のAIIBに入るなよ
!」と脅していた。

ところが、アメリカと特別な関係」にあるはずのイギリス
がまず裏切り、

これに日本以外のほぼすべての「親米諸国」がつづいたの
です。

(AIIB参加国は、現在87か国!)


衝撃を受けたオバマさんは、突如「天才リアリスト」にう
まれ変わりました。

彼は、ウクライナ問題、シリア問題、イラン核問題を鎮静
化させ、

中国バッシングを大々的にはじめたのです。

国際金融資本もオバマさんに味方したので、15年、16
年、中国経済は非常に厳しかった。


そして、トランプも選挙戦中は「反中」だったので、私た
ちは、彼に期待していました。

ところが、2017年、米中覇権争奪戦は起こらなかった。

理由は、おそらく二つあったのでしょう。


一つは、トランプが習近平と会って、「大好き」になって
しまったこと。

二つ目、トランプは、「北朝鮮問題で中国の協力が必要だ
」と考えていたこと。


しかし、1年経てば、誰でも「習近平は口だけだ」と気が
つきます。

それで、今年からトランプは「米中貿易戦争」を開始した。



▼「核時代」の戦争形態



これは、何でしょうか?

RPEではいつも、「戦争とは、武器を使う戦闘行為だけで
はない」という話をしています。


・情報戦

これは、メディアを使って、敵国を「悪魔化」させるため
に行われます。

たとえば、「慰安婦プロパガンダ」。

これ、皆さん韓国に憤っているでしょうが、背後に中国が
いるのです。


・外交戦

外交力を使って、敵国を孤立させます。

たとえば、中国は、朴槿恵を使い「告げ口外交」をさせ、
日本孤立化を目指していました。


・経済戦

尖閣中国漁船衝突事件が起こったとき、中国は日本への
レアアース輸出を禁止しました。

あるいは、日欧米は、ロシアに経済制裁を科しています。


そして、必要があれば、私たちが「戦争」とよぶ「戦闘
行為」が行われる。

これは、普通、広義の戦争の「最終段階」で行われます。


(とはいえ、大国の「代理戦争」はわりとしばしば起こ
ります。

たとえば、ウクライナ内戦は、親米ポロシェンコ政権と、

ロシアが支援する東部親ロシア派の代理戦争。

シリア内戦は、ロシア、イランが支援するアサドと、欧
米、サウジ、トルコなどが支援する「反アサド」の代理
戦争。)


問題は、アメリカも中国も「核兵器を大量に保有している」
こと。

戦争が、エスカレートすれば、米中共に消滅することにな
りかねない。

それだけでなく、地球そのものが破壊しつくされ、「人の
住めない星」になる可能性がある。


というわけで、「大国間の大戦争(大戦闘)」は起こりづ
らくなっているのです。


メインは、「経済戦争」に移行しています。

たとえば、ロシアは、ウクライナでルガンスク、ドネツク
を事実上の独立状態にすることができた。

また、ロシアが支援するアサド政権は、欧米が支援する反
アサド派を駆逐し、ほぼ全土を掌握しつつあります。

そう、軍事的にロシアは、ウクライナでもシリアでも勝っ
ている。


ところがアメリカは、「ロシアと戦闘しよう」とは考えな
い。

どうするかというと、「経済制裁を強化しよう」と考え、
実行するのです。

それで、ロシア経済はボロボロになってしまった。


そう、これが今の「戦争形態」なのです。

メインは、「戦闘行為」ではなく、「経済制裁」になって
いる。



▼覇権争奪戦としての貿易戦争



では、トランプの貿易戦争は、中国にどんな影響を与えて
いるのでしょうか?

夕刊フジ9月20日付

「日本企業、中国から総撤退も 米中貿易戦争激化で外資
系が生産拠点切り替えか」


を見てみましょう。

この貿易戦争で、中国に勝ち目はないそうです。

なぜ?


<中国側の打つ手は限られている。

米国の中国からの輸入額は5000億ドル強にのぼるが、
逆に中国の米国からの輸入額は約1300億ドルにとどま
り、全ての米製品を報復対象にしても、金額面で同等の制
裁を加えることは不可能だ。>



アメリカは、中国から年間5000億ドル輸入している。

だから、5000億ドル分に関税をかけ、中国経済に打撃
を与えることができる。


いっぽう、中国は、アメリカから1300億ドルしか輸入
していない。

だからどうがんばっても1300億分にしか関税をかけら
れない。

だから、「アメリカが貿易戦争に勝利する」と。


そして、米中貿易戦争に危機感を感じている日系企業が中
国から逃げ出していると、夕刊フジは報じています。



<米国の対中追加関税第1弾と第2弾を受け、


三菱電機は8月に、中国で生産し米国に輸出していた工作
機械の生産を国内に移した。

コマツは建設機械の部品生産の一部を中国から日本やメキ
シコに振り分けている。

ダイキン工業は米国で製造する空調機の一部部品を中国か
ら賄っているが、調達先の変更などを検討中だ。

東芝機械も10月に自動車向け部品などを製造する射出成
型機の生産の一部を上海工場からタイと国内の本社工場に
移す計画だ。

ユニクロを展開するファーストリテイリングも、米国への
供給をベトナムなど中国以外の拠点に切り替えることを検
討している。>(同上)



誰もが知っている大企業が中国から逃げ出している。

これが「米中貿易戦争」の結果ですね。


この記事は、石平さんの、こんな言葉で終わっています。


<「トランプ氏の罠にはまってしまった習氏は日本企業を
頼ったり、ロシアと経済一体化を進めるなどの対策を取ら
ざるを得ないだろう。

いずれにせよ、中国経済は『終わりの始まり』を迎えた」

>



中国経済は「終わりの始まり」を迎えたそうです。

RPEでは、13年前から、「中国経済は、2020年まで
」と書いてきましたが、ホントにそんな感じになってきま
した。


「中国経済は終わりの始まりを迎えた」


安倍総理も、この言葉をよく記憶していただき、中国への
接近しすぎにお気をつけください。


2次大戦。

日本の敗因はいろいろあります。

しかし、大きな失敗は、「負ける国を同盟国に選んでしま
ったこと」でしょう。

日本は今、「勝つ側と同盟国」なので、このまま進めばい
い。

そして、トランプさんとの関係悪化は、なんとしても回避
していただきたいと思います。

(シェールガス、攻撃型兵器の輸入を増やし、アメリカの
対日貿易赤字を減らしましょう。)

~~~~~

「そこまでやらんといかんのですか!」

そう感じる人もいるでしょう。

しかし、もしあなたが中国の対日戦略の全貌を知れば、考
えが変わるでしょう。

こちらを読めば、「対策」まで全部わかります。
↓


↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●SYさまからのメール


∠ RPEジャーナル 
                                     北野 幸伯 様

いつもメルマガ配信下さり、有難うございます。
気が付いたこと何件か、また諸々記します。


・日中があまり近づき過ぎないこと、よく分かりました。

 ただ、自民党では二階幹事長が親中的な雰囲気ですし、経済界も
進出志向なのが気になるところです。
 採算を十分考慮した上で、経済関係を好転させるのは、米中貿易
戦争の中で良いのかも知れませんが、如何でしょうか?


・中国のいわゆる一帯一路構想ですが、中央アジアに高速鉄道を
敷くと聞きます。人口密度が低く、かつ砂漠・山岳地帯で高速鉄道の
維持が困難ではないかと危惧されます。それ故、支援困難な事業に
投資するのもどうかと思われます。日本が関わるにしても、これらの
事業についてもある程度距離をおいた方が良い様に思えます。

 かつて昭和初期において、日本国内では鉄道を敷けば人が集まっ
て来るという時代がありました。しかし、これは今の中央アジアに当て
はまるとは思えません。 

・プーチン氏の日ロ平和条約の締結案は、メリットもあるのでしょうが、
今はそんな時期ではないでしょう。ミサイル基地がある中で四島の
帰属問題は無意味でしょう。(二島なら有意かも知れませんが)

また、クリミア問題で経済制裁中でもあります。何より米ロ間が今の
調子で、日ロ関係を改善すると日米関係が懸念されます。

四島における日ロの共同経済活動で一つ気になるのは、ロシア極東
地域の人口です。中国からの移民が増えたとも聞きますが、この地域
の人口は増えるのでしょうか?

ロシア人の人口が増えるのなら善いのですが、増えないのなら投資の
規模を考慮すべきと考えます。またロシア人は増えないが、中国移民
が増えるなら、誰のための経済活動かということにならないでしょうか。


・北京市や天津市では市民が防空訓練をしていると聞きます。
また、以前にモスクワ市では、地下シェルターに逃げる訓練をしていた
と聞いたことがあります。(実際にあるのでしょうか?)
 日本は戦争放棄思想で交戦しない方針とはいえ、近隣国との違いが
気がかりです。

いろいろ的外れのところはご容赦ください。
これからも、RPEジャーナルを応援しています。      以上



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


道で転びました。

肘から落ちましたが、幸い擦り傷程度ですみま
した。

しかし、「自分が80歳だったら、これで骨折
だよな」と思いました。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/18
部数 55,903部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/18
部数 55,903部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング