ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★ロシア軍機撃墜!ロシアは、【イスラエル】に報復警告!


カテゴリー: 2018年09月20日
【RPE】★ロシア軍機撃墜!ロシアは、【イスラエル】に報復警告!

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1846


                                                2018/9/19


===========================================================

ロシア軍機が、シリアに撃墜されました。

それなのにロシアは、イスラエルに「報復する!」と警告
しています。

なぜ??????????????


詳細は、【本文】で!


↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 →
マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→
海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://bit.ly/2x7zsEv
(●もちろん北野も勉強してます。)



↓



【 必読  】

●認知症にならない方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

妻の名前がわからない・・・・。

娘、息子の名前がわからない・・・。

親の名前がわからない・・・。


恐るべき、認知症!

誰も、「俺は、絶対大丈夫!」といえない時代です。

頭がしっかり働いている今から、しっかりと

【 認知症予防 】をしておきましょう。


母が認知症になったのをきっかけに、猛勉強した

筆者が、「認知症にならない方法」を【無料】で伝授
します。

10分ぐらいで読める内容ですので、いますぐゲット
してください。

【無料】↓
https://mailzou.com/get.php?R=58414&M=22753

(●註、メルマガ登録がダウンロードの条件になってい
ますが、つまらなかったらすぐ解除できますので、ご安
心ください。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任
で決定を下してください。
==========================================================

★ロシア軍機撃墜!ロシアは、【イスラエル】に報復警告!


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界は、今日も動いています。

文さんと金さんが、またあってハグした。

アメリカは、中国に第3弾制裁を科し、中国も報復する。


私がもっとも気になった事件は、こちら。
↓


<ロシア軍戦闘機、シリアに撃墜され15人死亡 イス
ラエルに責任と非難

9/18(火) 18:17配信  

【AFP=時事】(更新)ロシア軍は18日、兵士15人を乗せ
て17日夜に地中海上空で消息を絶った自国軍機はシリアに
よって撃墜されたと発表し、非を負うべきはイスラエルだ
と非難した。>



ロシア軍機がシリアに撃墜された。

しかし、ロシアは、イスラエルを非難している。

???????????????????????



<ロシア軍報道官はテレビ放送された発言の中で、17日
午後10時(日本時間18日午前4時)ごろ、ロシア軍機Il-
20が着陸しようとしていた際に、イスラエル軍のF16戦闘
機がシリア・ラタキア(Latakia)付近の標的に対する攻
撃を開始したと明かした。>(同上)



ロシア軍機が着陸しようとしていた時、

イスラエル軍の戦闘機が、

シリアへの攻撃を開始した。

そうなると、当然シリア軍は、イスラエルの戦闘機を
撃ち落とそうとします。



<その上で、シリア国内の標的に対して攻撃を行っていた
イスラエル軍パイロットらが「このロシア軍機を盾にし、
シリアの防空システムからの砲火にさらした」と非難。

「イスラエル軍の無責任な行動の結果、兵士15人が死亡し
た」と述べた。>(同上)



地上のシリア軍は、イスラエルの戦闘機を撃ち落とそうと
している。

イスラエルの戦闘機は、ロシア軍機を盾にした。

つまり、イスラエルの戦闘機は、ロシア軍機の後ろに隠れ
たということでしょう。

それで、ロシア軍機が、シリア軍に撃ち落とされた。



<その一方、ロシア国防省によるとショイグ国防相は電話
で、イスラエルのリーベルマン国防相に


「ロシア機の撃墜と乗組員の死に対する責任は全てイスラ
エル側にある」


と伝え、ロシアは


「将来的に適切な報復行動を取る権利」を有する
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と強調したという。>(同上)



ロシアは、イスラエルの報復する可能性があるそうです。



▼複雑なロシア、イスラエル関係



ここで、ロシア、イスラエルの関係を見てみましょう。


イスラエルは、いうまでもなく、アメリカの同盟国です。

一方ロシアは、イスラエルに敵対的な、イラン、シリア(
アサド政権)と非常に良好な関係にある。


それで、イスラエルとロシアの関係は、当然悪かった。

しかし、オバマさんの時代に、変わってきました。

というのは、オバマさんの時代に、シェール革命が起こっ
た。

アメリカは、突如資源超大国になった。

今では、世界一の原油、ガス大国になっている。


それで、オバマさんは、「資源がたっぷりある」中東への
関心を失ったのです。

彼は、イスラエル最大の敵イランと和解。

2015年7月には、「イラン核合意」が成立した。

さらに、アメリカは、ダラダラ戦争をし、アサド政権は生
き残っている。

それで、オバマ政権の末期、アメリカとイスラエルの関係
は最悪になっていたのです。


そして、イスラエルは、ロシアに接近しはじめました。


というのも、アメリカは、中東への関心を失っている。

ロシアが支援するアサドは、アメリカが支援する反アサド
に勝っている。

ロシアは、事実上「中東の新たな覇者」になっている。


それで、イスラエルは、ロシアとの関係を良好にして、自
国の安全を守らなければならない。


ところが2017年にトランプが大統領になると、また状況が
変わりました。

皆さんご存知のように、トランプは、「超親イスラエル」なの
です。



アメリカのイスラエルの関係は、再び良好になりました。

しかし、両国関係は、根本的に変わっています。

なぜ?

以前の関係は、


1、アメリカの石油は、2016年に枯渇すると予測されてい
た。

2、だから、資源がたっぷりある中東は、アメリカにとって
死活的に重要。

3、それで中東の同盟国、イスラエルとサウジアラビアは、
とても重要。


今は、

1、アメリカはシェール革命で、世界一の資源大国となった。

2、それで、中東の戦略的重要性は減った。

3、しかし、トランプとネタニヤフの関係が良好なので、米イ
関係も、「今は」良好である。


ご理解いただけると思いますが、今の両国関係は、「国益」
ではなく、トランプ個人に依存しています。

つまり、とても「強固なもの」とはいえない。

トランプが去れば、再びアメリカーイスラエル関係は悪化す
るかもしれない。


それで、イスラエルは、「トランプがいるうちに、宿敵イラン、
シリア(アサド)を征伐してもらおう」と考えているかもしれな
い。

そういう動機はあるのです。


では、ロシアにとって、イスラエルはどうでしょうか?

プーチンは、イスラエルを恐れていると思います。

イスラエルは、人口815万人。

中東の小国ですが、ロシアがおそれる理由がある。


まず、イスラエルの後ろにアメリカがいる。

イスラエルは、アメリカ内で、最強のロビー勢力である。

諜報にすぐれている。

ユダヤ人は、世界のメディア、金融に大きな影響力を持っ
ている。


というわけで、プーチンもイスラエルとの対立は望まないこ
とでしょう。

それで、「謝罪してくれれば、穏便にすませたいのだが・・・」
などと考えていると思います。



しかし、それはともかく中東では、事実上の戦争がはじまっ
ています。

イスラエルは、去年と今年、シリアに200回空爆を行ってい
ると、ロシアのメディアは報じています。


イスラエル と シリアの対立が激化すると、


アメリカ、イスラエル 対 シリア、イラン、ロシアの戦争に発
展しかねません。

そうならないことを願います。

~~~~~~~~~~

アメリカとロシアの対立が激化する。

そうなると、得をするのは、中国です。

その中国は、「日本には、尖閣だけでなく、【沖縄】の領有権
もない!!!」

と宣言している。

日本は、どうすればいいのでしょうか?

「戦争」(戦闘)なしで、中国に勝つ方法を知りたい方は、い
ますぐ、こちらをご一読ください。

全部わかります。
↓

↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に
、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋
を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Sさまからのメール



お世話になってます、Sです。

プーチン、「ブラボー」です。

年金制度は多くの国にとって時限爆弾です。早く対処すればするほど効果があります。

例えばオーストラリア。いち早く年金改革を実施、日本よりも多くの年金支払い原資をもつに至っています。

一方、政治家の人気取りのえさに使われてきたブラジル。ゆるゆるの制度で破綻確実ですが、改革をすると暴動が起き、政治家生命はたたれます。

ロシアの年金はそれほど醜くはないと思いますが、にもかかわらず切り込んだプーチンは立派だと思います。

現在の制度のままでも、年金受給者数の変化は、20年後にかけて6%増加の4,250万人に過ぎません。

今回の改革修正案をもって、20年後の数字は3,500万人とマイナスに転じました!

ロシアの平均寿命の低さ以上に大切なのは、そのトレンドだと思います。2005年前後から一貫して上昇してきており、そのペースは10年間で平均寿命が8年程度伸びる早さです。

蛇足ですが、平均寿命は極めて予測性が強く、実は推計値の粋をでません。

ロシアの死亡原因の特殊性は、日本で第1位であるガン(28%)の比重が16%と低いのに対して、循環器系疾患原因が1位で48%あります。日本は32%です。

高齢化するとガンの比率は高まるのでしょうが、循環器系疾患は「予防可能」で、「治療による生存期間の延長が可能」という性格があります。そして、2005年以降の平均寿命の伸びをもたらした唯一の理由がこの循環器系疾患の原因とする死亡者数の減少です。

飲酒量がすくないからか、ロシアでもっとも長寿な行政地区はイングーシ急和国で80.8歳と日本に近い水準です。また、モスクワ市も77.0歳とロシア全体の平均よりはかなり高くなっています。

私がプーチンなら、こう考えます。

国家の高寿命化がさらに進むであろう。そして、財政支出の10%をしめる医療費の公費負担も上昇するだろう。さらに悪いことに、医療支出そのものも+8%程度で増え続けている。政治的に不人気でも、今やるしかないだろう。財政の弱体化が対外的にロシアの弱点と思われては、安全保障全般にも悪影響をおよぼす。

とうわけで、年金改革です。

日本においては、1992-2000年ごろに就職に恵まれなかった大学卒業生が不良老人負債の塊りとして2035年ごろから社会的救済の対象になってくるでしょうが、それを許容できる財政状態になっているかというと、私は疑問に思います。

ただいえることは、豪州同様に、日本でも、金融資産がある人に対しては年金はガンガン減額されるでしょうね。マイナンバー大活躍でしょう。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・
・
。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は
→ http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


ネコ爪対策壁紙を買おうとしています。

(壁、柱がボロボロになるので・・・・)


しかし、「壁紙色問題」で、妻と意見があいません。



RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4
、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/17
部数 55,892部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/10/17
部数 55,892部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング