ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★国連、中国政府がウイグル人100万人拘束と批判

【RPE】★国連、中国政府がウイグル人100万人拘束と批判

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1843


                                2018/9/17


===========================================================

国連が、「中国政府は、ウイグル人を100万人拘束している
!」と非難しました。


詳細は、【本文】で!


↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://bit.ly/2x7zsEv
(●もちろん北野も勉強してます。)



↓




●【人間関係改善法】

~あなたの人間関係を改善する3つの方法~』


こんにちは。
滝澤浩治と申します。

あなたも下記のようなことで悩んだことはありませんか?

『会社の中にどうしてもうまく合わない人がいる。』
『上司や先輩が、自分の意見を認めてくれない。』

※上記項目に一つでも当てはまる方は、続きをお読み
ください。

厚生労働省の発表によると、
日本の労働者が挙げる具体的なストレスの原因第一位
は、

「職場の人間関係の問題」

となっております。

人間関係の問題が悪化すると、会社に行くのが本当に
嫌になります。

最悪の場合は、休みがちになり、仕事で成果が出せな
くなります。

ここでご紹介している【人間関係改善法】の無料レポ
ートは、 以前、人間関係に悩んでいてどうしようも
なかった私が、 人間関係に関する本を読みあさり、
セミナーに参加し、
試行錯誤を続けていった結果、実際に使えた方法を載
せております。

無料情報ドットコムで、歴代1位のレポートです

是非、これを読み、実践し、あなたの悩みを解決して
ください。

【無料】↓
https://bit.ly/2MriWE9

(●メルマガ登録が条件になっていますが、すぐ解除
できますので、ご安心ください。)



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★国連、中国政府がウイグル人100万人拘束と批判


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まずお知らせから。

先日、武光誠先生の


●日本人なら知っておきたい日本 

(詳細は→ https://amzn.to/2ot51nr )


をご紹介させていただきました。

この本は、私の長年の疑問を解決してくれた名著です。

すると、「日刊SPA!PLUS」に「日本人とは何か?」という
タイトルで、

「日本人なら知っておきたい日本」と、それを紹介した私

のメルマガが取り上げられていました。

「世界を救う『円の思想』とは???」

興味のある方は、こちらをご一読ください。
↓
https://nikkan-spa.jp/plus/1509469



では、本題。

BBC NEWS JAPAN9月11日に、

「国連、中国政府がウイグル人100万人拘束と批判」

という動画が出ていました。

内容は、


・国連によると、中国政府は最大100万人のウイグル人を
拘束している

・イスラム教徒の少数民族1000万人が住む新疆ウイグル
自治区で起きているという


なぜ、中国政府は、100万人のウイグル人を拘束している
のでしょうか?


・イスラム武装勢力や分離独立派のせいで現地情勢が不安定
だと中国はいう


で、収容所で、拘束された人は、何をされているのでしょう
か?


・収容所では習近平国家主席へ忠誠を誓わされるとの情報も
ある


「アラーではなく、習近平に忠誠を誓え!」ということです
ね。


・中国は宗教過激主義を取り締まるため拘束政策を実施して
いるといわれる

・目撃した人たちによると「教育による矯正」事業と呼ばれ
ている

・「党のスローガンを繰り返させられ自己批判集会に出席さ
せられる」という


しかし、おいしいものを食べ、コンフォートな環境にいたら
、なかなか考えを変えないのではないでしょうか???


・世界ウイグル会議は収容者の食事が足りず大勢が拷問され
ていると主張する


中国政府は、この主張にどう反応しているのでしょうか?


・中国政府は指摘を否定するが過激主義者の再教育は認める


恐ろしいですね。

想像してみてください。

反安倍派の人達を捕まえて、拷問し、「安倍総理に忠誠を誓
え!!!」と「再教育する」状況を。

日本は、なんと自由であることか・・・。


・新疆ウイグル地区は何年も暴力と取り締まりを繰り返して
いる

・国連は中国に正規の刑事手続きのない身柄拘束をやめるよ
う呼びかけた


出所動画はこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-55480237-bbcv-int



▼変わりつつある中国観



というわけで、アメリカにつづき、国連が、ウイグル問題で
中国を批判しはじめました。

正直、国連が何をいっても、中国を変える力はないでしょう。

しかし、国連の指摘がまったく無意味なわけではありません。

国際世論に大きな影響を与えるからです。


アメリカや国連が中国の人権問題を取り上げはじめた。

このことは、何を意味しているのでしょうか?


アメリカや国連の「中国観」が変わってきたことを意味する
のでしょう。


私たちは、「人権は普遍。侵害すれば、即座に批判される!
」と考えがち。

実は、そんなこともありません。


たとえば、アメリカは、イランを批判しています。

核兵器開発問題が主ですが、「民主主義がない!」と非難す
ることもある。

とはいえ、イランの大統領は選挙で選ばれます。

(その上に選挙を経ない最高指導者がいるのですが。)


ところで、サウジアラビアは、全然民主主義のない「絶対君
主制」です。

しかし、アメリカがこの国を批判することはありません。

なぜ????

そう、サウジは、アメリカにとって、イスラエルと並ぶ中東
の同盟国だからです。


「え~~~~~??同盟国なら絶対君主制でもいいの?

民主主義は、普遍なのでは??」


私たちはそう感じますが、実際アメリカは、サウジを批判し
ません。


たとえば、世界一人権にうるさい欧州。

しかし、欧州は、中国の人権問題を、ほとんど無視していま
す。

なぜ????


おわかりですね。


【 金 】です。


欧州は中国の金が欲しいので、この国を批判しない。


アメリカだってそうです。

1980年代末から1990年代初め、米中関係は危機に陥った。

理由の一つは、1989年に起こった天安門事件。

これで、「人権侵害国家中国とつきあうな!」という機運が
高まった。


二つ目は、1991年末のソ連崩壊。

それまで、米中は、「反ソ連同盟」だった。

ソ連が崩壊したら、仲良くする理由がなくなる。


ところが、クリントンは、元ゴールマンサックスの会長ルー
ビンさんにいわれます。


「大統領!

アメリカは、中国とつきあうことで、大儲けできますぞ!」


それで、クリントンは、人権よりも金儲けを選択し、中国
と再び仲よくすることにした。

国防総省の顧問ピルズベリーさんは、この事件を、中国に
よる

「クリントン・クーデター」と呼んでいます。


ところが、アメリカも国連も、中国の人権状況を問題視し
はじめた。

その意味は?

トランプさんは中国について、「金儲けのパートナー」と
は感じていない。

むしろアメリカの国益を脅かす敵と認識している。

それで、反中国になった。


アメリカが変わったので、国連も少し変わったのでしょう。


この動き、日本はもちろん歓迎すべきです。

(大声で歓迎する必要は、ありませんが。)

~~~~

ウイグルを弾圧する中国は2012年、「日本壊滅戦略」をたて
ました。

どんな戦略???

その対処方法は??

こちらをご一読いただければ、すべてわかります。


↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Tさまからのメール


北野さん、こんにちわ。Tです。

猫の爪とぎ対策は、場所と高さと素材が重要です。

本人の好きな場所と好きな高さに
気に入った素材があるとバリバリっとします。

止めることは不可能なのでうまく誘導しなくてはなりません。

これ以上は状況を見ないとアドバイスしようがないので

アイテムと対策法をご紹介しますね。

猫の爪とぎ対策アイテム10選
https://allabout.co.jp/matome/cl000000015518/

猫の習性を利用した対策
https://irohanihoheya.com/neko/538/




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


ウイグルの人達は、かわいそうです。


RPEジャーナル 
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2018/12/12 部数:  56,232部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2018/12/12 部数:  56,232部

他のメルマガを読む