ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★トランプにとって、北朝鮮問題とイラン問題、どっちが大事?

【RPE】★トランプにとって、北朝鮮問題とイラン問題、どっちが大事?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1808


                                2018/7/27


===========================================================

トランプにとって、イラン問題、北朝鮮問題、どっちが
大事なのでしょうか???


詳細は、【本文】で!

↓




【 驚愕! 】

●すごい7つの【無料】プレゼントがもらえます。


北野です。

6時間で7000万円を売る石川勇太先生が、

あなたの人生を変える7つのプレゼントをしてくだ
さるそうです。

「プレゼント」というからには、当然【無料】です。

どんなプレゼント????


1、成功者と一瞬で人脈を築く「3つの鍵」


2、死ぬまでエネルギッシュでいられる、

「究極のパワーフード」


3、億万長者だけが知っている富を拡大する

「5つの習慣」


4、「言語脳」を覚醒させる秘訣


5、成功する人、成功しない人の、

「決定的違い」


6、人生のミッションが理解できる

「秘密の内観法」


7、家族、友人と

「愛でつながる方法」


石川先生が提唱している方法は、

東京大学医学部の森田敏弘先生、

アイザック・ジョーンズ博士も推薦しています。

【無料】ですので、迷わずゲットしてみてください。

きっとあなたの人生が劇的に変わることでしょう。

↓
https://bit.ly/2ISyhvE




(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★トランプにとって、北朝鮮問題とイラン問題、どっちが大事?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


読者のSさまから、こんなメールをいただきました。
↓


<北野様

Sと申します。

いつも拝読の上、勉強させて頂いています。

機会があれば北野様の見解を伺いたい事があります。

私は、辻本貴一様のブログ「中韓を知りすぎた男」も拝読させ
ていただいています。

2018/5/16の配信
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-date-201805.html

において、トランプがアメリカの本気度を金正恩に見せつける
ためにイラン核合意離脱表明を利用した?と読めるような記載
があります。

私は、北野様が度々記載される、金正恩の思惑(制裁解除等を
手に入れた上、核兵器はちゃっかり保持)はトランプには通用
しないと分からせる効果が北朝鮮に及ぶことを見越して、トラ
ンプが核合意離脱表明をした可能性も確かにあるな、と思いま
した。

真偽のほどはトランプと側近にしか分かりませんが、私の印象
ではイラン核合意離脱はイスラエルとのお付き合いであり、
米本土に実害が及ぶかもしれない核弾頭ICBM保持の可能性があ
る北朝鮮対応の方が本気で取り組んでいるように見えます。

北野様にお伺いしたいのは、トランプにとってイランと北朝鮮
何れの問題が深刻と考えられますか?、です。

(そもそもトランプがなぜこんなにユダヤべったりなのか分か
らないのですが。)

何かの機会にご回答いただければ幸甚です。

今後とも、より良い日本に導いて下さる北野様のメルマガの
継続を期待しております。>


お答えします。



▼ブッシュは、なぜ北朝鮮を放置したのか???



ブッシュ(子)の時代からお話しましょう。

ブッシュが大統領になったのは01年。

この年に「9.11」があり、アメリカは、アフガン戦争を開
始しています。

さらに、03年イラク戦争を開始しました。

実に不可解な戦争でした。

開戦の理由は、「イラクは大量破壊兵器を保有している」「
イラクはアルカイダを支援している」

でしたが、どちらも「大ウソ」だったことがわかっています。

証拠はこちら。
↓



<米上院報告書、イラク開戦前の機密情報を全面否定
[ワシントン=貞広貴志]

米上院情報特別委員会は八日、イラク戦争の開戦前に米政府が
持っていたフセイン政権の大量破壊兵器計画や、国際テロ組織
アル・カーイダとの関係についての情報を検証した報告書を発
表した。>(読売新聞2006年9月9日)

<報告書は『フセイン政権が(アル・カーイダ指導者)ウサマ
・ビンラーディンと関係を築こうとした証拠はない』と断定、
大量破壊兵器計画についても、少なくとも一九九六年以降、存
在しなかったと結論付けた>(同前)(太線筆者)




では、なぜアメリカは、イラクを攻めたのでしょうか?

その本当の理由は?

諸説ありますが、FRBのカリスマ・グリーンスパン元議長は、
こんな衝撃的発言をしています。



<「イラク開戦の動機は石油」=前FRB議長、回顧録で暴
露

[ワシントン17日時事]18年間にわたって世界経済のか
じ取りを担ったグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(F
RB)議長(81)が17日刊行の回顧録で、二〇〇三年春
の米軍による


イラク開戦の動機は石油利権だった
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と暴露し、ブッシュ政権を慌てさせている。>

(2007年9月17日時事通信)


グリーンスパン元議長が、「米軍によるイラク開戦の動機は石
油利権だったと暴露」した。

なぜこういう話になるのか?

実をいうと、プッシュが大統領に就任した時、アメリカ・
エネルギー情報庁は、

「アメリカの石油は、2016年で枯渇する」

と予測していたのです。

それで、ブッシュは、「中東を支配しなければならない!」
と考えた。


もう一つ、フセインが2000年10月、

「原油の決済通貨を、ドルからユーロにかえた」

という衝撃的事件も起こっていた。


いずれにしても、ブッシュにとっては、中東征服が最重要課
題。

それで、北朝鮮は、事実上放置された。

北は、アメリカを気にすることなく核開発にまい進。

05年2月には、「核兵器保有宣言」をしています。

そして、同年9月、北は「核兵器を廃棄する!」とウソをつ
きました。


いずれにしてもブッシュの時代、アメリカの優先順位は、


中東 >>> 北朝鮮


だったのです。

北は、その状況を、うまく利用しました。



▼オバマは、なぜ北朝鮮を放置したのか?



09年、オバマの時代がはじまりました。

世界は、「100年に1度の大不況」の真っ最中。

オバマ、一期目はこれの克服に全力投球することになった。

そして、見事に成功します。


二期目がはじまった13年。

危機を克服したアメリカでは、大きな変化が起こっていました。


シェール革命です。


これは本当の革命。

おかげでアメリカは、今や世界一の石油・ガス超大国に浮上し
た。

それで、何が変わったか?

アメリカにとって、中東の重要性が減ったのです。

オバマは、露骨にイスラエル、サウジアラビアを冷遇しはじめ、
アメリカと両国の関係が、著しく悪化します。

一方で、彼はイスラエル、サウジの宿敵、イランと和解。

2015年7月に「イラン核合意」。

そして2016年1月に対イラン制裁を解除してしまいます。


北はどうだったのでしょうか?

オバマは、中東を軽視しはじめていましたが、それでも北問
題が「最重要課題」になることはありませんでした。

金正恩は、2013年に1度、2016年に2度、核実験をしたにもか
かわらず、です。



▼トランプの、中東、北朝鮮観



2017年、トランプ時代がはじまりました。

彼は、イスラエル・ネタニヤフ首相の親友。

娘のイバンカさんは、ユダヤ人クシュナーさんに嫁いでいる。

彼女は、「ユダヤ教」に回収し、「ユダヤ人」になっている。


(ユダヤ人の定義は、「ユダヤ教徒」であること。

もし皆さんが、「ユダヤ人」になりたければ、なることがで
きます。)


そしてイバンカさんの子供たち、つまりトランプの孫たちは、

「ユダヤ人」。


それで、トランプは、親イスラエルなのです。

この「親戚ファクター」、「大国の大統領がそんなことで?
」と思いますか?


実をいうと、この「親戚、友達ファクター」は、非常に重要
なのです。

ヒラリーだって、ファミリービジネス「クリントン財団」の
資金集めに奔走していた。


「ハエもトラも」で汚職追放運動を進めてきた習近平。

そんな彼でも「身内のトラ」は、放置しています。


プーチンは、昔からの友達にガスプロムとロスネフチの経営
を任せている。


だから、トランプが、親イスラエルなのもわかります。

そんなトランプは、イラン核合意から離脱し、イランとの対
決姿勢を強めています。


では、北朝鮮問題はどうなのでしょうか?

2017年、はじめて北朝鮮核問題が、「最重要」になりました。

理由は、金がこの年、狂ったように核実験、ミサイル実験を
繰り返したからです。

そして、「米本土に届くICBMが間もなく完成する」という情
報がアメリカを恐怖させました。


質問の答えにいきましょう。


<北野様にお伺いしたいのは、トランプにとってイランと北
朝鮮何れの問題が深刻と考えられますか?、です。>


これは、もちろん北朝鮮でしょう。


金は「米本土を核攻撃できるICBMを完成させた!」と宣言し
ている。

そして、米国防総省は、「まだできていないが、年内には完
成するだろう」と予測している。

つまり、北朝鮮は、アメリカにとって「ホンマモンの脅威」
である。


一方、イランには核兵器がない。

IAEAは、「イランは、合意内容を順守している」と宣言して
いて、正直いえば、まったくアメリカの脅威ではありません。

しかし、イランは、イスラエルにとっては最大の脅威である。


(数人の読者さんから、「イランは、ドル基軸通貨体制に挑
戦しているので叩かれるのでは?」

というメールをいただきました。

この件は、長くなりますので、別の機会にします。)


トランプにとっても、アメリカにとっても、北朝鮮は最重要
課題。

しかし、相手は、核をすでにもっているので、慎重にいかざ
るを得ない。


日本にも強気な人たちがいて、「北朝鮮なんて攻撃してつぶ
してしまえ!」などと主張しています。

そんな人たちにききたいのは、「その時、日本はどうするの
?」ということ。

全部アメリカにやらせて、日本は何もしないつもりなのでし
ょうか?

それとも、集団的自衛権を発動させて、全力で米軍をサポー
トするのでしょうか?

(私は、戦争反対ですが、それでも戦争になったら、全力で
米軍をサポートすべきだと考えます。

同盟国なので、当然ですね。)


それに、金がヤケッパチになって、日本に核ミサイル、化学
兵器ミサイルを撃ってきたらどうするのでしょうか?


どう考えても、戦争よりも外交で解決した方がいいのです。

経済制裁を強化しつづけ、最終的には外交、交渉で解決する。

うまくいくいかないはともかく、行けるところまで行くべき
です。

つまり、トランプのやり方は、北朝鮮に限っていえば正解な
のです。

~~~~~

北朝鮮問題の解決を邪魔しているのは、その後ろにいる中国
です。

中国は、何を狙っているのか?

日本は、どうすれば中国に勝てるのか?

知りたい方は、こちらをご一読ください。

全部わかります。
↓


●中国に勝つ日本の大戦略 北野幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●シリコンバレー在住Aさまからのメール


北野様、

ご無沙汰いたしております、シリコンバレーのAと申します。

ご著書の売れ行きがよいこと、ほんとうにうれしく存じます。

(もちろん小生も出てすぐ購入、拝読させていただきました。)


今回、非常に大事な論点をご紹介いただきありがとうございま
す。

ご指摘の件は、おそらくAspen Security Forumでのことと拝し
ます。

英語で恐縮ですが、ご参考までに記事一点お送りします。 

CIA以外に、FBI,DNI, State Departmentの担当幹部の見解も示
されております。

https://www.cbsnews.com/news/china-is-waging-a-quiet-kind-of-cold-war-against-the-u-s-says-cia-official/

ほぼ同時進行で、DHS方面から、ロシアによる米国配電施設へ
のいわゆるサイバー攻撃情報などがWSJ, CFRをoutletにして流
出しており、せめぎあいの様相にも見えます。

ただ、テレビを見ていると、議員などのおじいちゃん、おばあ
ちゃんは、本当にソ連、ロシア、プーティンが嫌い、怖れてい
る感じがひしひしと感じられます。 

反面、中国に対する警戒感があまり立法府から感じられないの
が、気がかりでもあります。(懸念している人はもちろんかな
りおられるのですが。)

いつも貴重なご知見を本当にありがとうございます。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


日本、今日は少し涼しいと聞き、とてもうれしい
です。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

他のメルマガを読む