ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★北朝鮮問題、トランプの忍耐が限界に近づいている

【RPE】★北朝鮮問題、トランプの忍耐が限界に近づいている

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1806


                                2018/7/23


===========================================================

なんとアメリカが、北朝鮮への「追加制裁」を求めてきました。


詳細は、【本文】で!

↓




【極秘】

●潜在意識を【300%】引き出す方法


北野です。

スイスイ、ラクラク成功し、なおかつ健康で幸せで金持ちに
なりたい方はいませんか?


「無理無理!そんなおいしい話は、世の中にないよ!」


普通は、そう考えますね。

しかし、三宅裕之先生は、「絶対できる!」と考えておられます。

三宅先生とは誰でしょうか?

驚愕のプロフィールをごらんください。
↓


    * <世界中で活躍するマスターコーチ
    * 
    * SynergyPlus, Pte. Ltd. CEO

大学卒業後、ベネッセコーポレーションに就職し、語学関連事
業の立ち上げに関わる。 

2000年ジャパンビジネスラボの共同代表に就任し、学生や社会
人のキャリアデザイン・就職・転職をサポート。 

その後、アメリカに渡り大学院でコミュニケーションと脳科学
を研究する傍ら、NLP、催眠療法、マクロビオティックを世界
的権威のもとで学ぶ。 

「脳」・「心」・「体」を包括した理論と、

「自分」「他者」「社会」とつながり相乗効果を促す方法を融
合した、

世界で唯一の【三宅式ホリスティックコーチング】を開発。 

世界最高レベルのスキルと圧倒的な知識を、誰もが活用できる
かたちで提供し、5000名以上のクライアントの自己実現を叶え
る。 

活動の幅は広く、TOYOTA、パナソニック、三井住友銀行など

日本を代表する一流企業や、文部科学省、厚生労働省といった
官僚向けにも研修も行う。

文部科学省では5年連続研修を行い、歴代No.1の満足度を獲得。 

また、日本、中国、シンガポールで法人を経営する実業家でも
あり、テレビ東京、TBSラジオ、日経新聞といったメディア
にも出演。 

「毎朝1分で人生は変わる」をはじめとする著書も
累計20万部を超えるベストセラーになっている。 >


なんというすごい経歴!

トヨタ、パナソニックのメンターでもある三宅先生。

今回皆さんに、「潜在能力を300%引き出す方法」を【無料】
で教えてくださるそうです。

普通に受けたら、「29万8000円」する講義を【無料】で見れる。

こんな機会は、人生に一度だけかもしれません。

いますぐ、この情報を入手してください。
↓
https://bit.ly/2uhFil6




(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★北朝鮮問題、トランプの忍耐が限界に近づいている


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


北朝鮮核問題は、6月12日の米朝首脳会談以降、落ち着いてい
ます。

しかし、最近、とても重要なニュースがありました。

なんと、アメリカが、国連安保理で北朝鮮への「追加制裁」を
求めたというのです。

しかし、安保理常任理事国の中国、ロシアに拒否されました。
↓


<中ロ、石油製品禁輸の保留要請=対北朝鮮で米提案―国連安
保理

7/20(金) 6:33配信  

【ニューヨーク時事】米国が先週、国連安全保障理事会の北朝
鮮制裁委員会に求めた北朝鮮に対する石油精製品輸出の停止に
ついて、ロシアと中国は19日、さらなる検討時間が必要として、
保留を要請した。

安保理外交筋が明らかにした。保留期間は6カ月。>



アメリカは、「石油精製品輸出の停止」を求めた。

すると、「緩衝国家」北朝鮮を守りたい中国、ロシアが、「保
留」を要請した。

なぜ、アメリカは、「追加制裁」を求めたのでしょうか?
↓


<米国は先週、制裁委に送った文書で、北朝鮮が船舶間の洋上
積み替え「瀬取り」で、石油精製品を少なくとも89回密輸入し
、安保理決議が定めた北朝鮮の年間輸入上限量50万バレルを超
えたと主張。

北朝鮮に対する石油精製品輸出の即時停止を加盟国に命じるよ
う制裁委に求めていた。>(同上)



「瀬取り」が問題視されているのですね。


これまでの流れを少し振り返ってみましょう。

RPEでは大昔から、金正恩の真意は、「父・金正日の成功をま
ねることだ」と書いてきました。

つまり、


1、「非核化します!」と宣言する

2、交渉で、「制裁解除」「経済支援」「体制保証」を得る

3、でも、ちゃっかり核兵器は保有しつづける


そして、6月12日、トランプさんと金正恩さんが会った。

ディールは、


「非核化すれば、体制保証」

「体制保証すれば、非核化」


でした。

トランプは、「制裁解除」「経済支援」の約束を一切しなかっ
た。

そして、金は「完全な非核化」を世界に約束した。

「完全な非核化なくして体制保証なし」ですから、トランプは、

事実上金に何も与えていない。

それで、私は、「米朝首脳会談は大成功だ」書きました。

例、
〇米朝首脳会談、「具体性なし」でも評価すべき理由
↓
https://diamond.jp/articles/-/172371

〇金正恩が米朝会談後に「中国属国化」の道を選んだ理由
↓
https://diamond.jp/articles/-/173369


皆さんご存知のように、世界的にこの会談は、「大失敗だった
!」といわれています。



何はともあれ、米朝首脳会談で、金は約束した。

これで、「ウソ」「ホント」の基準が設定された。

金が何も約束していなければ、どうして彼を「ウソつき」と批
判することができるでしょうか????


そして、ポンペオさんを中心に、北の完全非核化にむけた交渉
が開始された。

予想通り、交渉は難航し、ほとんど進展がないようです。


当たり前ですね。

金の意図は、


1、「非核化します!」と宣言する

2、交渉で、「制裁解除」「経済支援」「体制保証」を得る

3、でも、ちゃっかり核兵器は保有しつづける

なのですから。

そして、「緩衝国家」北朝鮮を守りたい中国、ロシアが、金を
守っています。


トランプは2017年4月、習近平とはじめて会い、彼のことが大
好きになってしまいました。

これ、私がいっているのではなく、トランプ自身が、


「私は彼(習)が大好きだ!」


と宣言していた。

ところが1年過ぎ、「習はウソつきだ」ということがわかり、

米中貿易戦争を開始した。


2018年6月、トランプは金と会い、彼のことが大好きになって
しまった。

しかし、トランプは今、徐々に金に対する不信感を増大させて
いる。

だから、「石油精製品の禁輸を」といいはじめた。

そう考えると、11月の中間選挙以降、また北朝鮮問題が盛り上
がっていくという感じでしょうか。


私たちは、金がマジで非核化し、制裁解除、経済支援、体制保
証のトリプルプレゼントを受け取ることを願うのですが。

そうなる可能性は、どんどん減ってきています。

~~~~~

北朝鮮の後ろには、「緩衝国家」を守りたい中国の存在
があります。

「黒幕」中国の対日戦略は、どうなっているのでしょう
か?

「平和ボケ」日本は、中国に勝つことができるのでしょ
うか?

「方法次第です!」

どんな方法??????

全部知りたい方は、こちらをご一読ください。

↓


●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Kさまからのメール


北野 幸伯先生

いつもメルマガで勉強させていただいております。

素人なので、簡潔にしか書けませんが、トランプが孤立して行っていることについて、その裏の意図に関してです。

つまり、アメリカの孤立は、トランプの意図によるのか、意図せずなのか、についてです。

私はトランプは意図してアメリカを「孤立」させようとしていると思います。

アメリカを意図せず孤立させるような人物がアメリカの大統領になれるとは思えません。

トランプは世界をグローバリゼーションから解放してナショナリズムに基づいた正常?な形に戻すことを一つの目的として大統領になったと思います。

その証拠に保護主義を掲げていますし、TPP離脱しましたし、フランスにEU離脱を勧めています。

トランプは中国やEUに貿易で制裁をかけるやり方で保護主義に向かうよう仕向けているのだと思います。実際、相互に関税を上げ合えば、結果、保護主義になります。

また、アメリカへの依存をやめ、各国の自立を促しているのだと思います。日本や韓国への軍事独立もアメリカの軍事援助の不公平を批判する形で促しているのだと思います。

ある意味では頭のいい人は直接的に自分の意図を露わにしないと思います。表向きは無茶な思い付きで行動してるようで、実は公約通りに、また、自分の一貫した計画を実現するために、しっかりその方向へ向けて進ませているのがトランプだと私は思います。公約に関しては法人税の大幅減税という大きな事績もちゃっかり成し遂げています。

トランプは愚かなように見えて、または、そう見えるようにオールドメディアが報道していますが、実は頭が切れるというのが、実際だと自分は思います。

藤井厳喜さんが、トランプが大統領を辞めるときには、アメリカを立て直した立派な大統領と評価されるだろうと仰っていました。自分もそう思います。

長文読んでいただきありがとうございました。

今後ともメルマガで勉強させていただきます。

よろしくお願い申し上げます。




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


最近、アニメの話が多いです。

いまさらですが、

妖怪ウォッチシャドウサイドの映画をみました。

けいた君の娘、なつめさんが主人公。

ジバニャン、かわいくないですが、話は面白かった
です。

妖怪ウォッチの映画は、毎回全然違う話で面白いで
すね。

気になったのは、ケイタ君は、フミちゃんと結婚し
たのでしょうか?


(ケイタ君も(モンスターに変身していないまとも
な姿の)奥さんも、一瞬しか出てきません。)

映画を見終わった後も、よくわかりませんでした。


予告はこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=IcSiRFs0N_4


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,316部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,316部

他のメルマガを読む