ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★「ロシア情報部員12人を起訴!」からわかるアメリカ上層部の分裂

【RPE】★「ロシア情報部員12人を起訴!」からわかるアメリカ上層部
の分裂

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1800


                                2018/7/16


===========================================================

アメリカで、ロシアの情報部員12人が起訴されました。

今日、米ロ首脳会談があるのに、なぜ???????


詳細は、【本文】で!

↓




【極秘】

=======================

●秘密の【内観法】

=======================


北野です。

6時間で7000万円を売る石川勇太先生が、


人生のミッションがわかる

【 秘密の内観法 】を教えてくださるそうです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


石川先生が提唱している方法は、

東京大学医学部の森田敏弘先生、

アイザック・ジョーンズ博士も絶対推薦しています。

【無料】ですので、迷わずゲットしてみてください。

きっとあなたの人生が劇的に変わることでしょう。
↓
https://bit.ly/2ISyhvE



↓



【 衝撃 】

●ガンになる人、ガンにならない人の違い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガン、怖いですね。

なぜなるのか?

どうすれば、予防できるのかわからないのが怖い。

リアルインサイトさんでいまだけ、こんなすごい情報を
【無料】で入手することができます。


・それまでの栄養学・予防医学の常識を覆し、世界中に
衝撃を与えた歴史上類を見ない巨大プロジェクト
『チャイナ・スタディー』の全貌

・ニコチン等の発がん物質や遺伝子よりも強力。ガンに
なる最大の原因とは?

・絶対に見逃さないでください。1970年の中国のガン分
布図

・ガンになる生活習慣、ガンにならない生活習慣。その
決定的な違いとは


健康で長生きしたい人は、いますぐこちらの情報をゲッ
トしてください。

【無料】↓
https://bit.ly/2z8MK6W



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================


★「ロシア情報部員12人を起訴!」からわかるアメリカ上層部
の分裂


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今日は、2018年7月16日。

フィンランドで、トランプさんとプーチンさんが会うのですね。


皆さんご存知のように、トランプさんは、大統領選挙戦中から、

ず~~~と「プーチン愛」を公言してきました。


しかし、

米ロ関係は、2014年のクリミア併合以後、悪化しつづけていま
す。

16日の会談で、改善にむかうのでしょうか?


ところが、「会談直前」といってもいい13日、アメリカからシ
ョッキングな情報が届きました。

なんと「ロシアの情報部員12人が起訴された」というのです。
↓



<<米国>GRU情報部員12人を起訴 ロシア疑惑で

毎日新聞 7/14(土) 16:03配信  

【ロンドン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入
とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、米連邦
大陪審は13日、モラー特別検察官の捜査に基づきロシア連邦
軍参謀本部情報総局(GRU)の情報部員12人を起訴した。

選挙介入を目的として民主党全国委員会をハッキングするなど
の国家に対する謀略の罪などに問われている。>

<起訴状によると、12人は16年春から民主党や同党候補の
クリントン氏陣営関係者にサイバー攻撃を仕掛け、不当に取得
した文書やメールをインターネット上に流出させたほか、州選
挙管理委員会のウェブサイトもハッキングし、有権者約50万
人の個人情報も盗み出したとされる。

起訴を発表したローゼンスタイン司法副長官は「大統領選への
影響力行使」が被告らの目的だったと指摘した。>



これ読んで、「そうなのかな?」と思いますが、問題は起訴し
た「時期」ですね。

米ロ首脳会談直前に起訴するとは、

「トランプは、ロシアとの仲をぶち壊したいの?????」

と思えます。

それなら、「そもそもなんで会うんだ?会うのは米ロ関係を改
善させたいからだろ???」

とも思える。

一体、どうなっているのでしょうか?



▼アメリカ上層部は、分裂している



思い出してみましょう。


既述のように、

トランプさんは、大統領選挙戦中からず~~~と「プーチン愛」
を公言していた。

それで、国務長官には、「プーチンの親友」と呼ばれるティラ
ーソンさん(エクソン・モービルの元CEO)を任命した。


ところが、トランプさんが大統領に就任した後、米ロ関係はむ
しろ悪化しつづけていった。

大統領が親ロシアなのになぜ???



そう、「ロシア・ゲート」が盛り上がったからです。

「ロシア・ゲート」とは?

三つあります。


1、ロシアが、2016年の大統領選に介入した疑惑

2、トランプとロシアが、大統領選で結託していた疑惑

3、トランプが、コミーFBI長官を解任したのは、「捜査妨害な
のか?」という疑惑


1について、FBIは「間違いない!」としています。

ロシアは、一貫して否定していますが。



2と3については、攻めきれない。


それにしても、この「ロシア・ゲート」、日本の「モリカケ問
題」と同じで、長くつづいていますね。

なぜなのでしょうか?

「モリカケ問題」が長くつづいているのは、要するに「安倍内
閣を退陣に追い込みたいから」でしょう?

「ロシア・ゲート」も同じで、民主党はこの問題を利用してト
ランプを陥れたい。

それに、民主党と共和党反ロシア派(マケインさんなど)の数
は多く、影響力も強い。

さらに、国防総省は反ロシアだし、国務省も官僚は反ロなので
す。

というわけで、今のアメリカは、

トランプさんが、「親ロシア」「親プーチン」。

民主党、共和党反ロシア派、国防総省、国務省の官僚のほとん
どが「反ロシア」「反プーチン」である。

それで、トランプさんが関係を改善させようとしても、なかな
かうまくいかない状態がつづいています。



なぜ米ロ首脳会談の直前に、12人のロシア情報部員が起訴され
たのか?

答えは、「アメリカの反ロシア派が、米ロ関係の改善を阻止し
たいからそうした」

と考えるのが自然でしょう。


はたして今日の会談で、何か変わるのでしょうか?

注目しておきましょう。

==============

ところで、トランプは、なぜプーチンと仲良くしたいの?

なぜ、世界最高の戦略家ルトワックさんや

「リアリズム神」ミアシャイマーさんは、

「アメリカはロシアと和解せよ!」と主張しているので
しょうか?

答えを知りたい方は、こちらをご一読ください。

全部わかります。
↓


●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Nさまからのメール


PREジャーナル


北野幸伯 様

いつも大変貴重な情報を配信して頂きありがとうございます。

今回の★中国の沖縄工作(アメリカ政府は警告する)は
私にとって非常にタイムリーな話題でした。

というのも数日前に


「沖縄はいつから日本なのか」仲村覚 ハート出版


を読了したところで


その中に中国が国連を巻き込んで沖縄を手に入れようと活動し
ているという内容の記述があります。


その中で、中国が沖縄は日本と違う異民族国家で日本に侵略さ
れているというデマをながして沖縄独立運動を展開していると
書かれています。

そして、中国のデマを信じて「沖縄が日本と違う国だった」と
思っている外国がたくさんあるのではと書かれていました。

それを読んで、ロシアは沖縄をどう思っているか
北野さんに聞いてみたいと思った次第です。

アイヌの事は北方領土の事もあってロシアも詳しいのではない
と思いますがロシアからずっと離れた沖縄をどう思っているの
でしょうか。

機会がありましたらメルマガで取り上げてください。

大阪在住で北野さんのメールもずいぶん長い事読ませていただ
いてます。



●北野から


ロシアの「沖縄観」は、「どっちでもいい」です。

日本人が「フォークランドは、イギリス領?アルゼンチン領?」
と聞かれたら、どう答えるでしょうか?

ほとんどの人は、「わかりません」と答えるでしょう。

そして、心の中で、「どっちでもいいです」とつぶやくでしょ
う。

沖縄に関するロシア人の感覚も、これと同じです。

では、日中が沖縄問題でもめたら、ロシアはどうするのでしょ
うか?

答えは、「ロシアがお得な方につく」です。

ひどいようですが、すべての国がそうしていますね。

トランプさんは、「アメリカ・ファースト」と口に出していい
ます。

他の国は、口には出しませんが、やはり「自国ファースト」な
のです。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


ワールドカップ、フランスが勝ちましたね。

1か月前、フランスが勝つとは、まったく予想できま
せんでした。


しかし、予想外のことが起こる方が面白いです。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,316部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/18 部数:  56,316部

他のメルマガを読む