ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★テロとゴミ箱と外国人

【RPE】★テロとゴミ箱と外国人

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1797


                                2018/7/12


===========================================================

「ゴミ箱少ない問題」について、本当にたくさんのメールをい
ただきました。


詳細は、【本文】で!

↓




●すごい7つの【無料】プレゼントがもらえます。


北野です。

6時間で7000万円を売る石川勇太先生が、

あなたの人生を変える7つのプレゼントをしてくだ
さるそうです。

「プレゼント」というからには、当然【無料】です。

どんなプレゼント????


1、成功者と一瞬で人脈を築く「3つの鍵」

2、死ぬまでエネルギッシュでいられる、「究極のパワーフード」

3、億万長者だけが知っている富を拡大する「5つの習慣」

4、「言語脳」を覚醒させる秘訣

5、成功する人、成功しない人の、「決定的違い」

6、人生のミッションが理解できる「秘密の内観法」

7、家族、友人と「愛でつながる方法」


石川先生が提唱している方法は、

東京大学医学部の森田敏弘先生、

アイザック・ジョーンズ博士も推薦しています。

【無料】ですので、迷わずゲットしてみてください。

きっとあなたの人生が劇的に変わることでしょう。

↓
https://bit.ly/2ISyhvE



↓



【 衝撃 】

●ガンになる人、ガンにならない人の違い
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガン、怖いですね。

なぜなるのか?

どうすれば、予防できるのかわからないのが怖い。

リアルインサイトさんでいまだけ、こんなすごい情報を
【無料】で入手することができます。


・それまでの栄養学・予防医学の常識を覆し、世界中に
衝撃を与えた歴史上類を見ない巨大プロジェクト
『チャイナ・スタディー』の全貌

・ニコチン等の発がん物質や遺伝子よりも強力。ガンに
なる最大の原因とは?

・絶対に見逃さないでください。1970年の中国のガン分
布図

・ガンになる生活習慣、ガンにならない生活習慣。その
決定的な違いとは


健康で長生きしたい人は、いますぐこちらの情報をゲッ
トしてください。

【無料】↓
https://bit.ly/2z8MK6W



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★テロとゴミ箱と外国人


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


先日、少し変わったテーマでお話をしました。


「日本にはゴミ箱が少なすぎる。

それで、捨てる場所に困った外国人が、公衆トイレに捨ててい
く。

2020年には五輪で大量の外国人がやってくる。

ゴミ箱を増やさなければ、東京中のトイレがゴミだらけになっ
てしまうだろう」


(まだ読んでない方はこちら。↓
https://archives.mag2.com/0000012950/20180705155000000.html )


この後、洪水のようにたくさんのメールをいただきました。

以前、「すずめはなぜ減った」のときもすごかったですが。

今回は、さらに多かったです。


いろいろな方のメールを読んでわかったことは、なんでしょう
か?


「日本国内では、ゴミ箱がないのは、【テロ対策である】という

絶対的コンセンサスが成り立っている」


ということ。

つまり、日本国民にとって、街にゴミ箱が少ないのは、「当たり
前」のこと。

そして、「ゴミを家に持ち帰ること」も、常識である。

たくさんの方からメールをいただいて、このことがわかりました。



一方、「そのことを訪日外国人が知らないこと」については、一
人の例外を除いて、

「考えたことがない」こともわかりました。

今回は、その「一人の例外」のメールをご紹介させていただきま
す。
↓



<Kさまからのメール


北野さん

こんばんは。

毎回楽しみに読ませていただいています。

私も今回のゴミ箱の記事、深く頷きました!

私はドイツに14年間住み、最近NZに移住したかなり変わり
種日本人です。

ドイツのゴミ分類と公共空間でのゴミ箱の多さは徹底して
います。

ドイツ語が分からない外国人も多いので、ゴミ箱の分類に
は色分類や絵で表示されているところも多いです。


日本に帰国したときに、そのゴミ箱のなさにとても驚きま
した。

妹のところに一時滞在させてもらったり、主人の実家に滞
在したのですが 

ゴミを全部持ち帰ると、出すゴミが多くなってしまい
もちろん、自分も滞在中はゴミだしに行くのですが、ごみ
の収集日前に発つ時などはなんだかうしろめたさを感じま
した。

どうして、こんなにゴミ箱が少ないの?と妹にきくと


「テロなんかがあったら困るからじゃない?」と言われ


そんなこと言ったら、ドイツの方が100倍テロの危険性は高
いよ・・と思ってしまいました。

ヨーロッパの中でも今までごみ問題ワースト1や2の国々
でもドイツ式のゴミ分類で観光地はかなり綺麗になったよ
うな気がします。

ゴミ箱を置くと、確かに全部をセキュリティーチェックす
るのは本当に大変ですが

=ゴミ箱を置かなければいい・・ではなくて、北野さんが
おっしゃる通り何か方策を考えないと、町中ゴミだらけに
なりかねないですよね。

自国民の道徳心の高さを世界基準と思ってはいけないとい
う視点多分日本にいたら、気づけなかったかもしれません。

これからもメルマガ楽しみにしています!>



いかがでしょうか?

Kさんはドイツに14年間住まれていたので、視点が「ドイ
ツ人」になっています。

しかし、日本人なので、できる限り日本のルールを尊重し
守っている。

何もわからない外国人であれば、やはり、


「オーマイガ!

ゴミ箱は、どこにあるんだ??

ゴミ持ち旅なんてゴメンだ。

仕方ない、トイレに置いていこう!」


となる可能性が高い気がします。


どうすればいいのでしょうか?

一つは、入国の際に空港で、


「日本は、テロ対策でゴミ箱が少ないです。

ゴミはホテルに持ち帰ってください。」


と一言いい、その外国人の母国語で書いた紙を渡せばいいでし
ょう。

これなら、時間もほとんどかかりませんし、少なくとも


「日本は、ゴミ箱がない変な国」


という悪評がたつのを防げます。


とはいえ、やはり最も効果があるのは、「ゴミ箱の数を10
倍化すること」でしょう。

「テロに使われる」恐れがあるので、同時に見える場所と見
えない場所に防犯カメラを設置することが大事ですね。

見える場所に置くのは、テロリストが、「やばい!撮られて
いるから、ここは無理だ!」と思わせる。

見えない場所に置くのは、テロリストが見える場所に設置さ
れているカメラを破壊する可能性がある。

「見えるカメラ破壊後」も撮影できるようにしておくこと。


これで、かなり防げるのではないでしょうか?

「そんなん高すぎる!」と思いますか?


私は、東京の商店街を歩きながら観察したことがあります。

すでにあらゆる場所に目立たない形でカメラが設置されてい
ていました。


そう、すでに私たちは、「撮られている」のです。

テロが嫌なら、仕方ないですね。


「テロが起こって、東京五輪がめちゃくちゃになる」

「東京中のトイレがゴミだらけになって、訪日客が悪印象を
もって帰国する」


ことを考えれば、たいした金額ではないと思いますが、いか
がでしょうか?

最大の問題は、東京都の上層部にも、国民にも、このことが
「意識化されていない」ことです。

つまり、「そういう問題が起こりえる」と、誰も考えていな
い。

というわけで、読者の皆さんで、小池さんをご存知の方がい
れば、ぜひ教えてあげてください。



=======

世界には「シャドウサイド」も確実に存在しています。

読んだ人すべてを卒倒させる、究極の真実を知りたい方、

いますぐこちらをご一読ください。

心臓の弱い方は、ご注意を・・・。
↓


●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Nさまからのメール


北野様

いつもメルマガ(RPE)を拝読させて頂いております。

埼玉在住のNです。

先日はおたよりコーナーで取り上げて頂きありがとうございま
した。(恐縮致します)

米朝問題に絡む国際情勢を含め、毎回解説頂きありがとうござ
います。


北野様には及びませんが、色々なことに「疑問を持つこと」が
少しずつでも癖になればと、参考にさせて頂いております。

本日は、上記とは関係ありませんが、ご家族のことで少々疑問
を感じ、メールをお送りさせて頂きます。

モスクワで奥様、お子様とのご生活で会話は何語を話されてい
るのでしょうか?

日本では、小学校から国際化のために英語教育を始めるとのこ
と。


個人的には、母国語をしっかり学ばないと言語だけでなく、ア
イデンティティーも確立されない、と感じています。

ただ、北野様のようにご家族で海外生活をされている方のご子
息(ご令嬢)の教育をどのようにされているのか?が気になりま
した。

幼児/子供の頃の教育は「本人の意志ではなく親の躾と方針が
大事」で、国籍を意識するのもその影響と考えます。

バイリンガル、トリリンガルと多くの言語の理解は努力次第で
大人でも可能と考えますが、生まれながらにして海外生活の場
合、ご両親(ご親族)の方が意識する必要はないのでしょうか?

乱文、曖昧な内容ですがご教示頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

末筆になりましたが、益々のご健勝を祈念しております。



●北野から

面白いテーマですね。

いずれ本文で取り上げようと思っています。

ちなみに我が家は、日本語、ロシア語です。

しかし、日本語を話すのは、実質私だけ。

(妻も日本語ペラペラですが、子供とはロシア語で話している。
)

ほかに接する人は、全部ロシア語なので、どうしてもロシア語
が優勢になってしまいます。




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


日本の大雨、こちらでも連日報道されています。

被災地の皆さまの安全を、心からお祈りいたしております。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む