ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★中ロが、対北朝鮮制裁緩和に動きだした

【RPE】★中ロが、対北朝鮮制裁緩和に動きだした

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1789


                                2018/7/2


===========================================================

中ロが、対北朝鮮制裁緩和に動きはじめました。


詳細は、【本文】で!↓


↓



●不動産より、安全で儲かる投資とは?
------------------------------------

北野です。

億万長者の石崎先生が、

・長期安定のストックビジネス
・不動産のような空室リスクなし
・ライバルが参入できない高い障壁
・集客、マーケッティングがほとんど不要
・遠隔運用可能、マネジメントいらず
・究極の副業
・相続、退職金対策に最適

を教えてくださるそうです。

最初は、「え!?」と思うかもしれませんが、下まで
読んでみてください。

まさに「寝てても稼げる形態」であることがわかるで
しょう。

詳細は、こちら。
↓
https://bit.ly/2Kjjxvq
PS
そうはいっても、投資は「自己責任」でお願いします。
後で、「北野さんが勧めていたので投資したが儲から
なかった。弁償してくれ!」と言われてもムリです。




↓





●究極の脳力覚醒メソッド
-------------------------

北野です。

脳力を開発して、スイスイ成功したいものですね。


「どうやったら脳力を開発できますか!?」


皆さん、石川大雅先生をご存知でしょうか?


・脳科学モデリング研究所代表

・株式会社プロ・アライブ取締役会長

・ハイパフォーマンス・コンサルタント

・脳と心の専門家


先生は、40年間で3万人の成功者にインタビューを行ない、

「成功者の考え方、行動の仕方、脳の使い方」を誰もが使え
る形に体系化。

超実践的脳科学メソッドを開発。

人材育成や組織開発に応用されている。


30年間にわたり、多くの企業や非営利団体に人材・組織開発
のコンサルを行ない、今までの指導人数はなんと10 万人以
上!

先生のすごさは、クライアントリストに現れています。

NHK、NTT、NTTドコモ、帝国データバンク、山之内
製薬、藤沢薬品(アステラス製薬)、東芝、横浜ゴム、ホン
ダ技研、日本赤十字、中部電力、東北電力、
ユニリーバ、キッツ、AIU損保保険会社、サンダンス・リ
ゾート、NEC埼玉、プルデンシャル生命、JMAM日本能
率協会、JMA、日本生産性本部、CSK、JMAMチェン
ジコンサルテイング、プロミス、宣伝会議、マスメディアン、
フライシュマンヒラードジャパン、ユー・アイズ・デザイン、
フジタ、眞露ジャパン、竹虎、などなど。


このたび、日本が世界に誇る石川先生の「脳力覚醒メソッド
」を

【無料】で知ることができます。


・楽々成功したい

・お金を山ほど稼ぎたい

・幸せになりたい

・バリバリ出世したい

・健康になりたい

・幸せで豊かな家庭をつくりたい


方は、

いますぐこちらの情報をゲットしてください。
↓

https://bit.ly/2yzk8Ud




(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★中ロが、対北朝鮮制裁緩和に動きだした


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●米朝首脳会談後、北朝鮮の「中国属国化」が進んでいます。
なぜそうなっているのでしょうか?
いますぐこちらをご一読ください。
↓
https://diamond.jp/articles/-/173369
(●スマホ、携帯で読めない場合は、PCでお試しください。)



中国とロシアが、対北朝鮮制裁解除に動きだしました。
↓



<中露が北制裁緩和求める声明案、米反対し阻止

読売新聞 6/29(金) 15:12配信  

【ニューヨーク=橋本潤也】米朝首脳会談などを受け、国連安
全保障理事会で中国とロシアが北朝鮮への制裁緩和を求める報
道機関向けの声明案を作成していたことが分かった。>



どういう理由(口実)で、中ロは制裁緩和を求めたのでしょう
か???



<読売新聞が入手した声明案は、12日の米朝首脳会談を「歓
迎」した上で、「安保理メンバーは、北朝鮮が安保理決議を順
守していることを考慮し、制裁を緩和する意思を表明する」と
している。制裁に慎重だった中露が、声明の発表を契機に制裁
緩和を狙ったものとみられる。>(同上)



「北朝鮮が安保理決議を順守していることを考慮し、制裁を緩
和する」

そうです。


まあ、確かに北は、核兵器実験もミサイル実験も止めています。

しかし、約束した「完全な非核化」は、まったく前進していな
い。

で、この「声明案」はどうなったのでしょうか?



<国連関係筋によると、中露は28日、安保理メンバーの15
か国に声明案を配布した。

これに対し、米国は「時期尚早」との理由で反対し、発表が阻
止されたという。

報道機関向け声明は決議と異なり、法的拘束力はないが、安保
理の全会一致が原則となる。>(同上)



アメリカが阻止したそうです。

当然ですね。

制裁が緩和されれば、北朝鮮は、金(かね)をゲットできるよ
うになる。

金のある北朝鮮が、「非核化」する必要はあるでしょうか?

もちろんないです。

ということは、中ロは、米朝のディールをぶち壊そうとしてい
るのでしょう。

なぜ?????



▼中ロの立場



この中ロの動き、昔からの読者さんにとって、意外ではなかっ
たでしょう。

以前に何度も書いたことがありますが、新しい読者さんのため
に再度触れます。


中国とロシアは、北朝鮮核問題で、常に北の側にあります。

なぜ?

中ロは、共に大国ですが、この世界に恐ろしい存在が一つだけ
ある。

そう、アメリカです。

そういう観点から北朝鮮を見ると、この国は、

アメリカの侵略を阻止してくれる「緩衝国家」であることがわ
かります。

この国が消滅すれば、アメリカは、中ロと北の国境近くに基地
を置き、たとえば北京にすぐ届くミサイルを配備することがで
きるようになる。

というわけで、中ロは、北朝鮮を守りたいのです。

これ、RPEで大昔から書いてきました。


一方で、習近平もプーチンも、一貫して北朝鮮の核保有に反対
しています。

なぜ?

その理由は、「北に核攻撃されるかもしれない」日本、アメリ
カ、韓国とは意味が違います。

北が中ロを核攻撃することなどありえない。

では、なぜ反対?

中ロは、「核拡散防止条約」(NPT)体制が崩壊するのを恐
れているのです。

NPTによると、中ロ(と米英仏)の核保有は「合法」である。

その他の国々の核保有は「違法」である。

メチャクチャ不平等な条約ですが、中ロは「勝ち組」にいるの
で、この体制を守りたい。


もし「北朝鮮の核保有はOK」ということになれば、日本や韓
国は、

「北がいいなら、俺もいいはずだ!」と主張することができる。

そうなると、中ロにとってお得な「NPT体制」が崩壊してし
まう。

そして、中ロ共、自国の脅威になるので、日本、韓国の核武装
にもちろん反対。


両国は、これを恐れて、「北の核に反対!」と主張している。


しかし、「緩衝国家北朝鮮を守ること」と「北に核兵器を放棄
させること」、

中ロにとって「どちらが大事?」と聞かれれば?

明らかに「緩衝国家北朝鮮を守ること」なのでしょう。


でなければ、非核化がまったく進んでいない段階で、「制裁緩
和」を要求する理由が理解できません。


繰り返しますが、制裁を緩和して、金(キム)が金(カネ)を
得れば、非核化する理由はなくなります。

つまり、中ロは、北が核兵器を保有しつづけられる環境づくり
をしようとしていることになります。。


===

まったくこの世はウソだらけ。

どうすれば、だまされずに国益を守ることができるのでしょうか?

その第1歩は、ほんとうの情報を学ぶこと。

こちらを読めば、一気にすべてがわかってしまいます。
↓

↓


●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する
日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Tさまからのメール


こんにちわ、Tです。
カルシウムの多い食品ランキングの紹介です。
https://k-nihondo.jp/gold/column/成分/ミネラルランキング/カルシウムの食べ物TOP100.html


昔の日本人は牛乳を飲んでいないので、飲まなくても十分健康に生きていけます。

牛乳が広く飲まれるようになったのは
戦後のGHQにより(余剰農産物を消費させるために)給食に導入されたからです。



嫌いな理由が不明ですが
乳糖不耐症ならおなかが緩くなるので確認したほうがよいかもしれません。

どうしても牛乳を飲ませるのなら温めてはちみつを入れると飲むかと思います。
日本産のはちみつは大瓶で2000円以上するようになってしまいましたが 汗

ロシアでは手に入るのかどうか物価も知りたいところです。



↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


なんか、「世界で一番北の核保有を阻止したいのは、

習近平だ」とかいってた人もいましたが・・・・。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  56,329部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/15 部数:  56,329部

他のメルマガを読む