ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★ところで、北朝鮮と「対話」すると、何が問題なの???

【RPE】★ところで、北朝鮮と「対話」すると、何が問題なの???

RPE Journal==============================================



     ロシア政治経済ジャーナル No.1611  


                                2017/9/15

===========================================================

ところで、北朝鮮と「対話」すると、何が問題なのでしょうか?

詳細は、【本文】で!↓



↓



【 極秘 】

--------------------------------------------------------

●大富豪の【秘密結社】に伝わる【9つの錬金術】とは???

--------------------------------------------------------

北野です。

いつもお世話になっているICCさんから、驚きの情報をいただ
きました。

なんでも、【大富豪の秘密結社】が存在する。

そこには、世界ナンバー1コーチ、アンソニー・ロビンズ

億万長者大量生産男ダン・ケネディ

などなど、ビジネス界の超有名人が多数属しているという
のです。

(他の名前は、下のHPから確認してください。)

そして、この大富豪秘密結社には、【9つの錬金術】が存
在する。

これを用いれば、誰でも億万長者になれるという。

大富豪秘密結社に伝わる【9つの錬金術】を知りたい方。

いますぐこちらのページから、極秘情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://tinyurl.com/ya9l3y9q



↓



【 驚愕! 】

●タダで、ファーストクラスで、世界一周できる方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【無料】↓
https://tinyurl.com/y982ckfd



↓



【 本日封印 】

【 NHKも注目! 】

●4人に3人が月20万を稼ぐ独占ビジネスはいりませんか?


あのNHKにも特集された
^^^^^^^^^^^^
独占自動収益ビジネスを知りたい方は他にいませんか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
実は、このビジネス、
4人に3人が月20万を稼いでいるという
圧倒的な結果が出ています。。。

→  https://tinyurl.com/ydcetuzr
※期間限定の公開です。お急ぎください。

・月に20~100万円の副収入が欲しい
・給料や今の事業収入以外に、手堅い収入を作りたい
・短期的ではなく、長期的に稼いでいきたい
・特別なスキルを持っていない
・販売できるような商品やサービスを持っていない
・忙しい仕事や人間関係に気を使うような仕事が苦手
・でも、クリックだけ●万円みたいなビジネスは怪しいと感じている
・ネットビジネスに取り組んだけど、全く稼げなかった経験がある
・会社にバレずに副収入を得たい
・新規事業として確実性の高いビジネスを探している
・子育てや介護など、家で出来る仕事を探している

いずれかに当てはまるのであれば、
一度、確認してみてください。

今なら、このビジネスモデルを知るだけでなく、
ノウハウも無料で見ることができるので、
このチャンスを逃さないでくださいね。

→ https://tinyurl.com/ydcetuzr

(●今日封印です。)



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP  を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================


★ところで、北朝鮮と「対話」すると、何が問題なの???


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


皆さんご存知のように、北朝鮮は

8月29日、北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射した。

9月3日、核実験を行った。

これに対し国連安保理は9月11日、新制裁決議を全会一致
で採択しました。

北朝鮮は、これにブチ切れ、「日本を核で沈める!」と宣言して
います。
↓


<北朝鮮が「核で沈める」と日本を威嚇-「言語道断」と菅官房
長官

ブルームバーグ 9/14(木) 11:37配信  

北朝鮮が核兵器を使用して日本列島を沈めるとの声明を発表した。

核・ミサイル開発による東アジアの緊張をさらに高めることにな
り、日本政府は反発している。 

朝鮮中央通信(KCNA)は14日、

「日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない。

日本はもはやわが国の近くに存在する必要はない」とする北朝鮮
の朝鮮アジア太平洋平和委員会による報道官声明を伝えた。 >



<日本列島は核爆弾により海に沈められなければならない。>


だそうです。

こういうのを、「墓穴を掘る」というのですね。

哀れです。

そして、15日、またミサイルを発射しました。



ところで、「対北朝鮮政策」には、大きく三つの方向性があります。


一つ目は、「戦争」。

これは、多くの犠牲者が出る。

「韓国人は、最低100万人は死ぬ」といわれています。

それで、アメリカの歴代大統領も、決断できなかった。


二つ目は、「国連安保理を通じ、制裁を強化していくこと」。

私は、これを支持しています。

「緩衝国家・北朝鮮」を守りたい中国、ロシアが、抵抗する。

しかし、北が、安保理を無視してバンバン挑発を繰り返すので、
中ロも守りきれなくなっている。

それで、制裁が徐々に強化されてきています。


三つ目は、「北朝鮮と対話すること」です。

「平和を希求する日本人」だと、「対話すればいいのに」と考
える人も多いのではないでしょうか?

正直いうと、私も「対話すればいい」と思います。

しかし、やるなら、「アメリカ、韓国と一緒」でなければなら
ない。

日本が勝手に対話しはじめれば、アメリカは、「そうか、俺た
ちを無視してそういうことをやるのか、日本は!」と

激怒することでしょう。


(@キッシンジャーはかつて、田中角栄がフライングして中国
と国交回復したことに激怒。

彼は、「ジャップは最悪の裏切り者!」と憎悪を露わにした。

日本が北と単独交渉すれば、トランプの「顧問」であるキッシ
ンジャーは、

「ジャップは、相変わらず最悪の裏切り者!」と叫び、

トランプも納得することでしょう。)


するとどうなるか?

アメリカは、日本に内緒で北と秘密交渉をはじめ、


1、北朝鮮の核兵器は、黙認(もちろん公表されない)

2、アメリカを攻撃できるICBMは、廃棄

3、日本、韓国を攻撃できる弾道核ミサイル保持は黙認

4、アメリカは、北朝鮮の体制存続を保証する


なんてことになりかえない。

え?

ありえない?

そんな人は、歴史を知らないのでしょう。

アメリカは70年代、共産党の一党独裁国家中国と和解するために、
台湾と断交したではないですか???

(日本も、追随。)



アメリカは、こういう恐ろしい国なので、「猪木さんを団長に、
日北交渉を単独で開始しよう」などとやっては絶対にいけない。

日本は、あくまで、アメリカ、韓国と「チーム」で北にあたる
必要があります。


ところで、アメリカは、なぜ「対話」を拒否するのでしょうか?



▼アメリカの条件



「対話」は、目的をもって行われます。


アメリカの「目的」は、なんでしょうか?

北の、核兵器とICBMがアメリカの脅威になっている。

だから、目的は、「核兵器と、ICBMの破棄」となるでしょう。

しかし、北も「無料」では、同意しないですね。

「見返り」はなんでしょうか?

これは、金王朝の「体制保証」でしょう。

つまり、「核、ICBM」を破棄すれば、アメリカは、

「北朝鮮を攻撃しないし、クーデターを画策したりしない」と。


皆さん、どうですか、これ?

金正恩にとっては、「いいディール」だと思いませんか?



▼北の条件



ところが、北の条件は違います。

北は、


「核兵器、ICBMを保持したままで、体制保証」を求めてくる
でしょう。


なぜでしょうか?

北は、アメリカを信用できないからです。

なぜ?

アメリカはこれまで、「反米独裁者」を殺してきた。

たとえば、イラクのサダム・フセイン。

フセインのイラクには、「大量破壊兵器」も「アルカイダとの関係」
もなかった。

しかし、彼は殺された。



アメリカは2013年から現在まで、シリアのアサドを殺そうと、努力
をつづけている。


そして、金正恩にとって「最良」(?)の教訓は、リビアのカダフ
ィでしょう。

カダフィは03年、核開発中止に同意した。

それで、欧米との仲がよくなった。

しかし、わずか8年後の2011年、米英仏はリビアを攻撃。

カダフィは殺されました。


金正恩は、「カダフィは核開発を放棄したから殺された」という
教訓を得たことでしょう。

そして、「アメリカを絶対信用するな」とも。


だから、「核兵器保持」は譲れないのです。



▼挑発合戦の真意



アメリカは、戦争を望んでいるでしょうか?

普通に考えたら、望まないでしょう。

戦争がはじまれば、まずソウルが火の海になり、最低100万人が
死ぬといわれている。

金正恩が、「もうすぐ俺は殺される」と思えば、「韓国人、日
本人も地獄に道連れにしてやろう」

となり、核を使うかもしれない。


北朝鮮は、戦争を望むのでしょうか?

普通に考えれば、望まないでしょう。

北は、アメリカに勝てない。


では、繰り返されるミサイル発射と核実験はなんなのでしょうか?

北は、「もはやアメリカですら、わが国を攻撃すれば、無傷では
すまない」

「あきらめて、わが国の核兵器保有を認め、体制を保証し、制裁
を解除せよ!」

と訴えている。


アメリカは、挑発に対し、

・トランプさんの過激な発言

・国連安保理での制裁強化

・日本や韓国との軍事演習などによる威嚇

で応じています。

これはなんでしょうか?


「おまえたちは国際的に孤立している。

戦争になったら、勝ち目は1%もない。

だから、おとなしく核兵器を放棄せよ!

そうすれば、体制保証について、考えてやる」と。


かみ合わないまま、「挑発合戦」はつづいていきます。



▼ところで、北朝鮮の「核保有」を許したらどうなるの?



ところで、北朝鮮の「核保有」を許したらどうなるのでしょうか?


第1に、クレイジーな独裁者(と思われている)が核を持つこと
で、アメリカの安全が脅かされる。


第2に、北朝鮮の核保有を認めれば、他の国の核開発を止めるこ
とが難しくなる。

これ、とても重要ですね。

アメリカが、北朝鮮の核保有を認めた。

イランは、「北朝鮮がよくて、イランがダメな理由はなんだ?」
と迫ってくるでしょう。

そして、アメリカにも国際社会にも、「北がよくてイランがダ
メな理由」は説明できません。


さらに、中ロが恐れているのは、日本と韓国の核武装です。


「北朝鮮が核をもっているのだから、日本も核を持たざるを得
ない」

となれば、なかなか反対するのが難しい。


中ロが、「緩衝国家」北朝鮮を守る一方で、制裁強化に同意し
ているのは、そういう背景があるのです。

ちなみに、日本人は自国について、「わが国は、気概を失った
ダメダメ国家だ」と思っているでしょう?

しかし、世界はそう見ていません。


「かつて中国(清)に勝った国、ロシアに勝った国、アメリカ
に挑んだ国。

いまはおとなしくしているが、目覚めたら怖ろしい」


と思っている。

だから日本は、「おとなしく」していた方がいい。

トウ小平もいいましたが、「警戒されないこと」はとても大
事です。

「日本も剛腕プーチンを見習って」などという人もいます。

しかし、ロシアは、世界有数の石油、ガス大国で、

アメリカよりも多くの核を保有している。

資源もない、核もない日本がプーチンのマネしたら、すぐつぶ
されるだけです。


話を元に戻しましょう。

アメリカと北朝鮮がなかなか「対話」しない。

その理由は、

アメリカは、「核放棄」を求め、

北は、「核保有」を求めているからなのです。


●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>




===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  56,281部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  56,281部

他のメルマガを読む