ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★日本政府は、AIをいかに活用するべきか????

【RPE】★日本政府は、AIをいかに活用するべきか????

RPE Journal==============================================



     ロシア政治経済ジャーナル No.1610  


                                2017/9/15

===========================================================

AIの進歩が目覚ましいです。

日本政府は、AIをどう活用すべきなのでしょうか???


詳細は、【本文】で!↓



↓



【 極秘 】

--------------------------------------------------------

●大富豪の【秘密結社】に伝わる【9つの錬金術】とは???

--------------------------------------------------------

北野です。

いつもお世話になっているICCさんから、驚きの情報をいただ
きました。

なんでも、【大富豪の秘密結社】が存在する。

そこには、世界ナンバー1コーチ、アンソニー・ロビンズ

億万長者大量生産男ダン・ケネディ

などなど、ビジネス界の超有名人が多数属しているという
のです。

(他の名前は、下のHPから確認してください。)

そして、この大富豪秘密結社には、【9つの錬金術】が存
在する。

これを用いれば、誰でも億万長者になれるという。

大富豪秘密結社に伝わる【9つの錬金術】を知りたい方。

いますぐこちらのページから、極秘情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://tinyurl.com/ya9l3y9q



↓



【 驚愕! 】

●タダで、ファーストクラスで、世界一周できる方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【無料】↓
https://tinyurl.com/y982ckfd



↓



【 NHKも注目! 】

●4人に3人が月20万を稼ぐ独占ビジネスはいりませんか?


あのNHKにも特集された
^^^^^^^^^^^^
独占自動収益ビジネスを知りたい方は他にいませんか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
実は、このビジネス、
4人に3人が月20万を稼いでいるという
圧倒的な結果が出ています。。。

→  https://tinyurl.com/ydcetuzr
※期間限定の公開です。お急ぎください。

・月に20~100万円の副収入が欲しい
・給料や今の事業収入以外に、手堅い収入を作りたい
・短期的ではなく、長期的に稼いでいきたい
・特別なスキルを持っていない
・販売できるような商品やサービスを持っていない
・忙しい仕事や人間関係に気を使うような仕事が苦手
・でも、クリックだけ●万円みたいなビジネスは怪しいと感じている
・ネットビジネスに取り組んだけど、全く稼げなかった経験がある
・会社にバレずに副収入を得たい
・新規事業として確実性の高いビジネスを探している
・子育てや介護など、家で出来る仕事を探している

いずれかに当てはまるのであれば、
一度、確認してみてください。

今なら、このビジネスモデルを知るだけでなく、
ノウハウも無料で見ることができるので、
このチャンスを逃さないでくださいね。

→ https://tinyurl.com/ydcetuzr


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP  を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★日本政府は、AIをいかに活用するべきか????


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


読者のKさまから、メールをいただきました。


<北野様

北海道で農業を営むKと申します。
いつもご活躍を拝見させていただいております。

さて今回、数年ぶりにメールさせていただいたのは、
単純で長時間の農作業をしながら、頭の中では今後二十年の世界
の有り様を想像しているうちに袋小路に嵌まり込んでしまい、
北野様のお考えを伺いたいなと思うようになったからです。

今後も増え続ける老人がハンドルを握れば、国の血管である道路
が詰まり介護・看護を現役世代が担うと経済を回す働き手が不足
することからおそらく日本は、今後数年のうちに自動革命を演出
すると思われます。

そのためには関連法整備が必要ですが、そのタイミングに最適な
のはオリンピックのはずです。

オリンピックで世界に日本の自動技術をアピールするというのは
すでに計画として掲げられていますので、
これは間違いないかなと思います。

自動化への反対派がいたとして、それを抑え込む材料には
団塊の世代ドライバーによる交通死亡事故の激増が利用されると
思われます。

人命の問題にされれば、公然と反対できる人は少ないでしょう。

法整備が整い、オリンピックで技術のお披露目ができれば
オリンピック後の景気の落ち込みに合わせるように
自動運転自動車の買い替えキャンペーンが開始されると思われ
ます。

これについては過去の、テレビの地デジ切り替えに伴う
強制的な買い替えキャンペーンが参考になるかと思います。

老人にこそ車の買い替えができるように税金がジャブジャブ投入さ
れそれにより自動車関連業界に金が入り、自動化のための道路整備
により土木業界にも金が入るのですから経済はかなり回るはずです。

さらに、団塊の世代が要介護状態・要看護状態になるタイミングで
もあり介護・看護目的の自動技術も緊急に必要とされるはずですの
で、しばらくは自動革命フィーバーと呼べるような状況が続くと思
われます。

ここまでは核戦争でも勃発しない限りは、遅いか早いかだけの
既定路線かと思います。


私にとって想像しきれなくなるのはここからです。

自動技術で公道を走れる、人間を介護や看護もできる。

そんな法と技術が揃うのなら、この世のほとんどの仕事は自動技術
によって代替え可能なはずです。

AIがチェスや将棋の名人を破り、小説や音楽を自動生成し各種セン
サーやマニピュレータが人類を凌駕しつつある現状から考えると飛
躍しすぎとは思えないのです。

経営者視点では、奴隷以上の理想的な労働力が誕生することになり
ます。

人権がない、給料がいらない、さぼらない、文句を言わない・・・
導入する側にはメリットしかありません。

自動技術が進歩するほどに、人間を雇う理由がなくなっていき
ます。

そしてここで疑問が生じます。

資本主義とは雇い主と労働者の金のやり取りで成立するはずで
す。

しかし自動化が進むと労働者のほとんどは自動機械に置き換わ
ってしまいます。

労働者=消費者がほとんどいない経済とは、社会とはどのよう
なものなのか・・・

一般人の生活はどんなものなのか・・・

世界の支配層と呼ばれる方々には、なんらかのシナリオがある
のでしょうがいまのところ私にはさっぱり想像できません。

こういった未来について北野様のお考えをお聞かせいただけた
ら幸いです。

長文失礼いたしました。>


申し訳ありません。

私にも、さっぱりわかりません・・・・。

わからないですが、

「国は、これからAIをどう活用すべきか?」

について、書いておきましょう。


質問に対する回答とはいえず、申し訳ありません。



▼AI普及で、奪われる職業



15年ぐらい前のことです。

私は、コンサル会社もやっていて、某自動車会社のお手伝いを
していました。

超カリスマ改善マンが、「自動運転車」「無運転手車」につい
て話してくれました。

「近い将来、運転手はいらなくなるよ」と。

その話を聞いて、私は「マジですか!?」といいました。

ところが、今では「自動運転車」が現実化しています。

時の流れは速いですね。


AIは急速に進化しています。

オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士によると、
「AI普及で消える職業」は、以下だそうです。


・銀行の融資担当者
・スポーツの審判
・不動産ブローカー
・レストランの案内係
・保険の審査担当者
・電話オペレーター
・給与・福利厚生担当者
・レジ係
・娯楽施設の案内係
・チケットもぎり係
・カジノのディーラー
・ネイリスト
・クレジットカード申込者の、審査・調査を行う作業員
・集金人
・弁護士助手
・ホテルの受付係
・電話販売員
・仕立て屋(手縫い)
・時計修理工
・税務申告書代行者
・図書館員の補助員
・データ入力作業員
・彫刻師
・苦情の処理、調査担当者
・簿記、会計監査の事務員
・検査、分類、見本採取、測定を行う作業員
・映写技師
・カメラ、撮影機器の修理工
・金融機関のクレジットアナリスト
・メガネ、コンタクトレンズの技術者
・殺虫剤の混合、散布の技術者
・義歯制作技術者
・測量技術者、地図作製技術者
・造園、用地管理の作業員
・建設機器のオペレーター
・訪問販売員、路上新聞売り、露店商人
・塗装工、壁紙張り職人



このリストを、子供に見せた方がいいかもしれません。


「この職を目指すのは避けた方がいいよ。

AIがやるようになるからね」と。


軍隊も変わりそうです。

数年前テレビでみました。

米軍のある男性が、アメリカにある軍のオフィスにいく。

そこで、アフガニスタンやイラクにある無人機を操り、敵
をリアルに爆撃する。

爆撃し、敵を何人か何十人か殺し、その後コーヒーを飲ん
で、ホッと一息。

時間が来ると、自動車で自宅に戻っていく。

こういうことは、もう現実に起きているのですね。

そして、アニメの世界だけだと思っていた、「ロボット軍」
も将来現実化しそうです。


AIの進歩が目覚ましい。

それで、映画「ターミネーター」のように、「人類に反乱す
るのではないか?」と真剣に恐れている人たちもいます。

しかも、「陰謀論者」ではありません。


物理学者ホーキング博士は、「AIの発明は、人類史上最大の
できごと。しかし、『最後』のできごとになる可能性がある」
といっている。

マイクロ・ソフト創業者のビル・ゲイツも、テスラのイーロ
ン・マスクも、AIの反逆、反乱を、マジメに心配している。

そうはいっても、「開発競争」は止まらないでしょう。



▼3K外国人労働者大量受けれは、亡国の道



20年後、30年後、AIがどうなるか、私にはわかりません。

しかし、日本のリーダーたちは、「時流」を見据えてAIを
活用するべきです。

時流とはなんでしょうか?

少し考えてみましょう。

日本国内で現在最も問題視されているのは、「少子高齢化」
でしょう。

私は、「少子化は解決可能」と考えています。

実際、ロシアは、短期間で劇的に出生率を増やした実績が
ある。

ここでは詳述しませんが、興味のある方は、こちらをご一
読ください。↓
http://www.mag2.com/p/news/119241


ま、それでも一般的には、「少子高齢化」「人口減少」は

「不可避」と思われている。


そこから出てくるのが、「外国人労働者、移民の大量受け
入れも不可避」という話。

しかし、このロジックは、「亡国」です。


なぜ?

「人口が減少するから、外国人労働者、移民を大量に入れ
なければ」

と主張する人が、決して触れない「事実」「本音」がある。

それは、


「日本人は『3K労働』をやりたがらない。

だから、貧しい外国人にやらせよう!」


これが、動かしがたい「事実」「本音」です。

欧米は、こういう「差別的動機」で、大量に移民を受け入れて
きた。

ところが、移民2世、3世がISに入り、頻繁にテロをするように
なった。

あるいは、ISが難民に紛れてやってきてテロをする。

それで、嫌気がさしたイギリス人は、「EU離脱」を選択した。

アメリカ国民は、トランプを大統領にした。


そう、「移民に3K労働をさせよう」という政策は、欧米で失
敗しているのです。

日本人の賃金水準は下がり、職を奪われる人がでてくる。

そのうち「外国人排斥運動」が盛り上がってくる。


外国人労働者の一部は、低賃金、長時間労働に嫌気がさし、
反逆を企てる。

麻薬のバイヤーになったり、売春に走ったりする。

あるいは、マフィア化する。


これら、欧米やロシアで起こっている問題。

その根本的理由は、



「自国民がやりたがらない3K労働は、

貧しい外国人にやらせればいいさ!」



という「差別的動機」で外国人労働者、移民を受け入れたこと
です。

(@同じ外国人労働者、移民でも、シリコンバレーのように優
秀な人材を入れるのには、賛成です。)



▼国が、AI普及進めるべき分野は?



90年代、IT革命が起こり、世界は全然違うものになりま
した。

これからAI革命が起こり、世界は、また全く異なるもの
になるでしょう。


「AIを制する者が、世界を制する」


AIには、非常に高度なものと、そうでないものがありま
す。

国は、日本が競争に負けないよう、高度なAI開発を支援
する必要があるでしょう。

しかし、同時に、「少子高齢化で起こってくる問題をAI
普及で解決する努力」も必要です。


それは、なんでしょうか?

たとえば、「介護ロボット」の開発と普及です。

「高齢化社会」には、必須ですね。

これを、「貧しい外国から人を入れて、日本人が嫌がる
仕事をさせよう」などと、差別的考えをもつべきではあ
りません。


あるいは、「肉体労働ロボット」「農業ロボット」。

農業も、「高齢化が深刻だ」というのなら、ロボットに
やってもらえばいいのです。


AIには、人間の暮らしを楽に豊かにする可能性がある。

一方で、「ターミネーター」のように、反乱を起こすリ
スクもある。

この件については、いずれ「AI規制」の国際会議が開か
れルールが定められていくことでしょう。

しかし、今は国が、「AIをどう活かしていくか?」を考
え、投資していくことが大切です。


●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>




===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む