ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★なぜアメリカのシリア攻撃は、【国際法違反】なのか?

【RPE】★なぜアメリカのシリア攻撃は、【国際法違反】なのか?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1536 


                                2017/4/10

===========================================================

ロシアは、アメリカのシリア攻撃を、【国際法違反】だ!
と批判しています。

どういうロジックで、そういう話になるのでしょうか?


詳細は、【本文】で!↓



↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓

https://tinyurl.com/n8daa3c

(●もちろん北野も勉強してます。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★なぜアメリカのシリア攻撃は、【国際法違反】なのか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


世界情勢で今もっとも「旬」な話題は、


「アメリカが、シリアの空軍基地をミサイル攻撃したこと」


でしょう。

これに関して、「全体像」を書くと長くなりすぎます。

そこで、ダイヤモンド・オンラインさんに、記事を書くことに
しました。

近日公開予定ですので、ご期待ください。


それでも、今日は、「アメリカのシリア攻撃」関連を書きます。

こんな記事を見つけました。
↓


<シリア攻撃 菅官房長官 攻撃の根拠「米国から考えを聴取」

産経新聞 4/10(月) 12:24配信 

 菅義偉官房長官は10日午前の記者会見で、米軍によるシリア
攻撃に関する国際法上の根拠について「わが国は軍事作戦の当事
者ではなく、米国から考えを聴取しているところだ」と語った。

10日の日米電話首脳会談で米側からの説明はなかった経緯も明
らかした。

米軍による攻撃に対しロシアなどから「国際法違反」との反発が
出ている現状には「英仏独など西欧諸国や、トルコ、ヨルダンな
ど中東諸国が米国の対応を支持している。本件はG7(主要7カ
国)や国連安保理などの場で議論される予定で、国際社会と連携
しながら取り組んでいきたい」と指摘した。>


<ロシアなどから「国際法違反」との反発が出ている>

そうです。

別に私はロシアの味方ではありませんが、「どうしてそういう批
判がでるのか?」知っておきましょう。



▼国際法上「合法」な戦争1~自衛権の行使



現在の国際法では、「合法的な戦争」が、二つあります。


一つは、「自衛権の行使」です。

たとえば、北朝鮮のミサイルが日本国内に到達して被害が出た。

この場合、日本は、「個別的自衛権」を行使し、北朝鮮を攻め
ることができます。

これは、「国際法上合法」なのです。


さらに、これを見た同盟国のアメリカが、日本と共に北朝鮮を
攻める。

これも、「集団的自衛権」の行使ということで、合法になりま
す。


この二つは、「議論の余地がない絶対的なもの」と認識されて
います。

だから日本が、同盟国アメリカを守るために「集団的自衛権」
を行使することについて、

中韓以外「悪い」という国はありません。


「自衛権行使」ということではじまった戦争の例は、2001年から
のアフガン戦争です。

アフガンが匿っているとされるアルカイダが、アメリカを攻撃し
た。(9.11)

だから、アメリカは、「個別的自衛権を行使した」と。

NATO諸国は、「集団的自衛権を行使した」と。



▼議論がわかれる、「先制的自衛権」



自衛権には、もう一つ「先制的自衛権」というのがあります。

たとえば、北朝鮮には、


・核兵器がある

・ミサイルに搭載できるほど小型化できているとしている

・アメリカに到達する大陸間弾道ミサイルも、まもなく完成
するとしている

・北朝鮮は、日本、アメリカ、韓国を脅迫、挑発しつづけて
いる


こういう現状で、「北朝鮮が、


実際に日米韓を攻撃する前に、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日米韓が北朝鮮を攻撃する」。

これを、「先制的自衛権」といいます。


「先制的自衛権」に関しては、「合法」なのか「違法」なのか、

「議論がつづいている」状態なのです。


もし、米軍が今、北朝鮮を攻めたらそれは「合法」でしょうか?

「違法」でしょうか?


おそらく、中国、ロシアは、「違法だ!」と主張し、

日本、アメリカ、韓国は、「合法だ!」と主張するでしょう。

いずれにしても、「議論がわかれている」ので、「完全に違法」と
いうこともできません。



▼国際法上「合法」な戦争2~国連安保理の承認



もう一つ「合法的」な戦争は、「国連安保理が承認した場合」です。

たとえば、1991年の「湾岸戦争」。

これは、イラクが隣国クウェートを侵略したことで起こった。

国連安保理が一体化した、珍しいケースです。


比較的最近の例では2011年のリビア攻撃。

この時、中国、ロシアは、「拒否権」を行使せず、「棄権」しまし
た。


「国連安保理」といいますが、実権を握っている国は、

「拒否権」をもつ「常任理事国」。

すなわち、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国です。

そして、米英仏 と 中ロ の利害は、ほとんどいつも一致しない。

それで、「国連安保理は、機能不全だ!」という批判が、ずっとあ
ります。


とはいえ、それが現在の「国際法」ですから、仕方ありません。

ちなみにシリアについては、

ロシア、中国が、アサド現政権を守る立場。

アメリカ、イギリス、フランス、が反アサド政権の立場。


米英仏が、アサド関連で何か提案すると、中ロが拒否権を行使
する。

そういう構図になっています。



▼なぜアメリカのシリア攻撃は、「国際法違反」なのか?



では、今回のアメリカによる「シリア攻撃」はどうなのでしょ
うか?

攻撃したのはアメリカ。

攻撃されたのは、シリアです。


理由は、シリアのアサド軍が、反アサド派支配地域を空爆し、86人
が亡くなった。

そのとき、「アサド軍は、化学兵器を使った可能性がある」。


まず、アメリカ軍が攻撃されたわけではないので、「自衛権の行
使」ではありません。

次に、「国連安保理」はどうでしょうか?

国連安保理では、いつものようにアメリカとロシアが激論をかわ
していました。

それで、もちろん「武力行使容認の決議」など、出ていませんで
した。


というわけで、アメリカの「シリア攻撃」は、


「明白な国際法違反」


です。

ところが現実を見ると、ロシア、イラン以外のほとんどの国が、
アメリカのシリア攻撃を支持しています。


今の「国際法」「国連」「安保理」などが、「機能不全」にお
ちいっているのは、明白ですね。

●PS1

アメリカの「シリア攻撃」、全体像については、近日ダイヤモ
ンド・オンラインに記事が出ます。

しばらくお待ちください。

●PS2

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●村石恵照さまからのメール


北野幸伯 様

ロシア政治経済ジャーナルの
毎度の配信ありがとうございます。
参考にさせていただいています。

村石恵照

小論を添付しました、ご参考まで。

一水四見・歴史曼荼羅 / NPJ ↓

http://www.news-pj.net/news-all/muraishi


かって英文毎日(Mainichi Daily News; 新聞紙での販売は停止)
で数年間日本文化紹介のコラムニスト(ペンネームを使用)をし
ていましたが、専門は仏教学で、国際政治や特に経済はまったく
の素人です。

メルマガでの紹介は実名掲載で、どうぞご自由になさってくださ
い。

世界各地で苦しんでいる無辜の民衆には心より同情いたし申し訳
ありませんが、一方、ぞくぞくするような激動の世界です。




↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


今年は、現状花粉症がかなり楽です。

まだ、2回しか薬を飲んでいません。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================


ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  56,496部

他のメルマガを読む