ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★米中冷戦時代がはじまる~日本は?

【RPE】★米中冷戦時代がはじまる~日本は?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1486 


                                2017/1/10

===========================================================

トランプ新大統領誕生で、米中冷戦時代がはじまりそうです。


詳細は、【本文】で!↓



↓



【 前回までと違う話です 】

【 北野絶対超推薦 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●世界一の目標達成法を【無料】で知る方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さん、原田隆史先生をご存知ですか?

「世界一の目標達成メソッド開発者」です。


京セラの稲盛会長

ユニクロの柳井会長


も「原田メソッド」を大絶賛している。

「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」「情報プレゼンターとく
ダネ!」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「ミヤネ屋」

などなどでも紹介されている。

原田メソッドに多くの企業経営者が注目し、

武田薬品工業、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、中外製薬
工業、キリンビール

等の企業研修・人材教育を歴任し15年間で、340社・70,000人以
上の企業・ビジネスパーソンが指導を受けた。

私(北野)自身も、「原田メソッド」を知り、全然違う人生にな
りました。

「このメソッドを知って実践すれば、あなたの人生も劇的によく
なります!」と私は断言します。

新年の今だけ、「原田メソッドの真髄」を【無料動画】で学ぶこ
とができます。

しかも、秘伝「原田式目標設定シート」も【無料】でもらえる。

こんな機会は、本当に稀ですので、是非ゲットしてください。

後悔しないこと、北野が絶対保証です。

↓
http://tinyurl.com/jtg29sw



↓



【産経新聞にも登場】

●月収を50万円増やす方法


北野です。

12年間で【1500人】の収入を激増させた

超カリスマ・藤田哲也先生が、


・1日わずか3時間労働で、

・1回に30万から50万の売上を
何度でも再現する仕組みの
ノウハウ

を教えてくださるそうです。


「うお!3時間労働で、月収を50万円増やしたいぞ!」


という方は、いますぐこちらの情報をゲットしてくだ
さい。

(@藤田先生が産経新聞に登場した記事もありますよ。)

詳細は、こちら。
↓
http://tinyurl.com/gqodjw5

(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★米中冷戦時代がはじまる~日本は?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


モスクワ、1月7日、8日の夜は、マイナス35度まで下がった
そうです。

うう寒い。


前号と前々号で、「2017年世界はどうなる?」という話を
しました。

「二つの時流があります」と。


一つ目は、「グローバリズムからナショナリズム」という
時流。

これで、「イギリスのEU離脱」「トランプ勝利」が起こった。


もう一つは、「アメリカと中国は対決する」という時流。

オバマさんが作った流れが、トランプでもっと強くなっていく。


今回の話、前号、前々号を読んでいないとわかりづらいと思います。

まだの方は、まずこちらからご一読ください。


●EU崩壊?キリスト教が危機に?日本は?ド~なる、2017年の世界
↓
http://www.mag2.com/p/news/233444

●2017年はどうなる?2~米中覇権争奪戦のはじまり
↓
http://archives.mag2.com/0000012950/20170108000000000.html



しょっちゅう書いていますが。

1937年、日中戦争がはじまりました。

この時、中国は、アメリカ、イギリス、ソ連から支援を受けてい
た。

(初期は、ドイツからも支援を受けていた。)

つまり、日本は、アメリカ、イギリス、ソ連、中国の4大国と戦
っていたのです。

こんなもん、勝てるはずがありません。

私は自虐史観の持ち主ではありませんが、米英ソ中を同時に敵
にまわすのは、愚かだったと思います。

普通はどうするのでしょうか?



▼イギリスは、なぜドイツに勝てたのか?



たとえばイギリスとドイツの関係を見てみましょう。

イギリスが衰退したのは、「20世紀に入ってから」と思われが
ち。

しかし、実をいうと、イギリスは1890年時点で、ドイツにあら
ゆる面で負けつつありました。

劣勢のイギリスはどうしたのでしょうか?


「三大国と和解すること」で挽回したのです。


「三大国」とは、フランス、ロシア、アメリカのこと。


イギリスは当時、フランスと、アフリカ、インドシナで争っていた。

そして、ロシアとは、ペルシャと中央アジアで争っていた。

イギリスから独立したアメリカとは、当時全然「特別な関係」では
ありませんでした。


1890年代~1900年代はじめ、イギリスは、ドイツに対抗するため、

フランス、ロシアと和解し、アメリカとの関係を改善させていきま
す。

結果、ドイツは1914年にはじまった第1次大戦で大敗しました。

イギリスは、ロシアとアメリカを味方をつけたので勝つことができ
た。

見事です。

1890年からドイツを仮想敵と定め、フランス、ロシア、アメリカを
味方につけた。

その大局観、長期的視点、戦略性を、私たちも見倣うべきです。


今の日本にあてはまるなら、敵ドイツにあたるのは、明らかに中国
でしょう。

なんといっても、「日本に、沖縄の領有権はない!」と宣言してい
る。


イギリスがドイツと戦うために和解し、関係を強化しつづけたのは、
アメリカ、ロシア、フランスでした。

今の日本にあてはめれば、アメリカ、インド、ロシアでしょうか。


日本はこれら大国との関係を、「一貫して」「長期にわたって」
強化していかなければなりません。

問題が多い日ロ関係についても、少なくとも20年ぐらい先を考え
るべきです。



▼アメリカは、なぜソ連に勝てたのか?



さて、イギリスは、第2次大戦でもドイツに勝利しました。

今回も、アメリカとロシア(当時ソ連)を味方につけて勝った。

面白いのは、アメリカとイギリスが、

「資本主義打倒」「米英打倒」を「国是」とするソ連と和解し
てドイツと戦ったこと。


米英は、「戦争に勝つためなら、なんでもする」ことを示して
います。

さて、第2次大戦が終わると、アメリカとソ連の「冷戦時代」
がはじまります。

アメリカ、今度は2次大戦中敵だった、日本とドイツ(西ドイ
ツ)を味方につけることにしました。

また「敵」と組んだのです。

日本とは「日米安保」が結ばれた。

「日米安保」には二つの目的がありました。

まず第1に、ソ連の脅威から日本を守ること。

第2に、日本が再びアメリカに逆らわないようにすること。


2番目の理由で、「アメリカは日本を守るが、日本はアメリカを
守らなくていい」という、「変な」軍事同盟になった。

日本がアメリカを守るためには、相応の軍事力をもつ必要がある。

日本に軍事力を持たせると、またアメリカに歯向かうかもしれな
い。



▼米ソ冷戦下で、空前の成長を遂げた日本経済



「冷戦」は、日本にとってどうだったのでしょうか?

二つの側面があります。

まず、ソ連という巨大な脅威がいる。

「核戦争で世界は破滅する」という恐怖が、いつでもありました。

ゴルバチョフが登場した80年代半ばまで、そうだった。


一方で、日本は1950年から1990年まで、40年に渡って世界が驚く
経済成長をはたしました。

「日本に軍事力を持たせたくない」アメリカが、日本の安全を保
証したので、日本は経済に専念できた。

「属国」なのはその通りなのですが、実際日本は、「冷戦でもっ
とも恩恵を受けた国」だったのです。

冷戦は、1991年末、ソ連の崩壊で終わりました。

日本経済の栄華も冷戦とほぼ同じ時期に終了。

以後、「暗黒時代」に突入していきます。



▼トランプは、どう動く?



こういう歴史を振り返ると、戦略国家アメリカは、


1、仮想敵を定める

2、仮想敵以外の国々と和解する


という、極めて普通のことを、極めて普通にやっていること
がわかります。

オバマさんはこれを、8年の任期中6年間やっていませんでし
た。

というか、「敵」を「見誤った」のです。


GDP世界2位の中国ではなく、GDP世界12位(2015年)ロシアを

「敵ナンバー1」と思ってしまった。

それで、ウクライナ、シリアでロシアと「代理戦争」をして
た。

米ロが戦っているうちに、中国はどんどん強力になってしま
いました。

しかし、いつも書いているように2015年3月の「AIIB事件」
以降、アメリカは変わりました。

ようやく中国を「最大の敵」と定め、動きはじめた。


トランプはどう動くのでしょうか?

「常識的な動き」をするに違いありません。

つまり、

1、中国を敵と定め

2、その他の国々との関係を改善していく


その他の国々の中で、最重要なのが日本です。

なんといっても日本は、GDP世界3位。

そして、親米国家でほとんど唯一「AIIB」参加を見送った。

安倍総理の「希望の同盟演説」は、「AIIB事件」で落ち込ん
でいたアメリカに力を与えました。


そして、二番目に重要なのがロシアです。

トランプが、「プーチン、プーチン」「ロシア、ロシア」と
繰り返している。

「プーチンが、アメリカ大統領選の結果を操作した」といわ
れても、

「別に、俺が勝ったからどっちでもいい」という感じ。

これは、トランプが「戦略的」に考えているから、そういう
態度になるのです。


そして、トランプは、インド、ベトナム、フィリピンなどと
の関係を、より強固にしていくことでしょう。

オバマさんが嫌悪しているフィリピン・ドゥテルテ大統領に
ついても、

「彼のやり方は正しい」といって、喜ばせています。



▼米ソ冷戦時代と米中冷戦時代の違い



トランプ新大統領で、米中冷戦時代がはじまる。

それで、アメリカは日本との関係をさら改善せざるを得ない。

だから、日米関係は良好になり、日本は楽になる。


こういう構図は米ソ冷戦時代と同じ。

しかし、米ソ冷戦時代と米中冷戦時代では、違うこともあります。


まず、経済。

米ソ冷戦時代、日本経済は、大繁栄しました。

しかし、米中冷戦時代に日本経済が、「大繁栄」することはなさ
そうです。

というのも、日本はすでに十分豊かな「成熟期国家」である。

「高度成長」するはずがありません。


もう一つは、ソ連と違って、中国は世界経済に統合されている。

ですから、今後ますます悪くなっていく中国経済の悪影響は、
日本にも及ぶことでしょう。

そして、欧州経済にも暗雲が漂っているので、これも日本に影
響します。


さらに、日本にとって、米ソ冷戦時代より米中冷戦時代の方が、
「戦争の可能性」が大きい。

もちろん、「尖閣」のことです。

オバマさんは、ほとんどの期間「親中」でした。

しかし、2010年「尖閣中国漁船衝突事件」以降、一貫して

「尖閣は日米安保の適用範囲」と断言し、日本を守りました。

しかし、トランプは、どうリアクションするか発言していな
い。

ですから、中国は、「トランプがどう動くか見てみよう!」と
考え、挑発を激化させることでしょう。

「うまくいけば、尖閣をとってしまおう」と考えながら。


そして、最後に、「アメリカの変化」があります。

つまり、米ソ冷戦時代のアメリカと今のアメリカを比べると、

明らかに今のアメリカの方が弱くなっている。


トランプさんが、「日本、韓国、NATO加盟国、サウジアラビア
にもっと金を払わせる!」

というと、支持率が上がるような国になっている。

日本は、こういう変化をしっかり認識し、日米安保をより「双務
的」なものにしていく必要があります。


それをすることにより、日本はアメリカのお墨つきを得て、軍備
を増強できる。

そして、「アメリカをもっと助ける」という名目で、「軍事的自
立」に近づいていけるのです。


米中冷戦時代がはじまる。

日本にとって、中国の脅威は変わりません。

しかし、2015年3月までずっと「親中」だったオバマ時代より、
ずいぶん楽になることでしょう。


もちろん、一瞬たりとも油断は禁物ですが・・・。



●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Aさまからのメール


北野様、

本当に仰せの通りと存じます。

ただ、当地では民主党に加え、McCain上院議員を中心とする
共和党有力者が、より強力な対露制裁を主張しており、どう
も冷戦時代の構造の延長線上で考えておられる有力者がまだ
多いのかもしれません。

ところで、こんな冗談記事を見つけました。


お仕事の合間にご笑納いただければと思い、お知らせ申し上
げます。

原典 Financial Times
https://www.ft.com/content/1ef9fb1c-c2b1-11e6-81c2-f57d90f6741a

和訳:日経
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10827560Z11C16A2000000/

こちらこそ、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


モスクワは1月7日、8日、

夜マイナス35度まで下がりました。

いつも寒いモスクワでも、マイナス35度はメッタに
ありません。

なるべく外に出たくないのですが、用があって出ざ
るを得ないこともあります。

道であった近所のおじさんに、「寒いですね~」と
いうと、


「こんなもんは、寒いうちに入らない。

田舎にいくとマイナス40度より下がることがある」



といって、「ニヤリ」としました。

その顔から、「強がりではない」こと明らかです。

私は、「嗚呼、ロシア人はつよい」と感心しました。

だから、「制裁」「ルーブル暴落」「原油暴落」の三重苦

でも、平気で暮らしているのですね。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

他のメルマガを読む