ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★2017年はどうなる?2~米中覇権争奪戦のはじまり

【RPE】★2017年はどうなる?2~米中覇権争奪戦のはじまり

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1485 


                                2017/1/8

===========================================================

2017年、トランプ新大統領誕生で、米中覇権争奪戦が本格的
にスタートしそうです。


詳細は、【本文】で!↓



↓



【 前回までと違う話です 】

【 北野絶対超推薦 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●世界一の目標達成法を【無料】で知る方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さん、原田隆史先生をご存知ですか?

「世界一の目標達成メソッド開発者」です。


京セラの稲盛会長

ユニクロの柳井会長


も「原田メソッド」を大絶賛している。

「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」「情報プレゼンターとく
ダネ!」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「ミヤネ屋」

などなどでも紹介されている。

原田メソッドに多くの企業経営者が注目し、

武田薬品工業、ユニクロ、カネボウ化粧品、野村證券、中外製薬
工業、キリンビール

等の企業研修・人材教育を歴任し15年間で、340社・70,000人以
上の企業・ビジネスパーソンが指導を受けた。

私(北野)自身も、「原田メソッド」を知り、全然違う人生にな
りました。

「このメソッドを知って実践すれば、あなたの人生も劇的によく
なります!」と私は断言します。

新年の今だけ、「原田メソッドの真髄」を【無料動画】で学ぶこ
とができます。

しかも、秘伝「原田式目標設定シート」も【無料】でもらえる。

こんな機会は、本当に稀ですので、是非ゲットしてください。

後悔しないこと、北野が絶対保証です。

↓
http://tinyurl.com/jtg29sw



↓



【産経新聞にも登場】

●月収を50万円増やす方法


北野です。

12年間で【1500人】の収入を激増させた

超カリスマ・藤田哲也先生が、


・1日わずか3時間労働で、

・1回に30万から50万の売上を
何度でも再現する仕組みの
ノウハウ

を教えてくださるそうです。


「うお!3時間労働で、月収を50万円増やしたいぞ!」


という方は、いますぐこちらの情報をゲットしてくだ
さい。

(@藤田先生が産経新聞に登場した記事もありますよ。)

詳細は、こちら。
↓
http://tinyurl.com/gqodjw5

(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★2017年はどうなる?2~米中覇権争奪戦のはじまり


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。

引き続き、「2017年はどうなる?」を考えます。

昨日は、二つの時流のうち一つ目、

「グローバリズムからナショナリズムへ」

を見ました。

今回は、もう一つの時流について考えます。


それは、「アメリカと中国は対決する」という時流。



▼世界は、「米中二極時代」



第2次大戦終了から1991年までを、「冷戦時代」と呼びます。

別の言葉で、「米ソ二極時代」。


1991年12月、ソ連は崩壊し、新しい時代が到来した。

二極の一極(ソ連)が消え、一極(アメリカ)だけが残った。

それで、1992年から世界は、「アメリカ一極時代」になった。


「アメリカ一極時代」は、08年にはじまった「100年に1度の
大不況」で終焉しました。

そして、また新たな時代に突入します。


09年から世界は、「米中二極時代」になりました。

世界は、GDP、軍事費世界1位のアメリカ、GDP、軍事費世界2位
の中国を中心にまわっている。

(中国のGDPは、2010年日本を抜いて世界2位になった。)

しかも、米中の関係をみれば、明らかに、


「沈んでいくアメリカ、昇っていく中国」


という関係だった。



▼オバマ外交の迷走



オバマ大統領の一期目(09~12年)、外交らしい外交はほと
んどありませんでした。

というのも、「100年に1度の大不況克服」で忙しかった。

しかし、2期目になると、オバマさんは、かなり積極的な外
交をするようになっていきます。

ところが、彼の外交は、アメリカの国益にまったく一致して
いないものでした。

2013年8月、オバマは、シリア・アサド軍が「化学兵器を使
った」ことを口実に、

「シリアを攻撃する!」と宣言しました。

しかし、2013年9月、「やっぱ、やめた」と戦争をドタキャン。

世界を仰天させました。


2014年2月、ウクライナで革命が起こり、親ロシアのヤヌコビ
ッチ政権が崩壊。

2014年3月、ロシア、クリミアを併合。

アメリカは、欧州、日本を巻き込んで、対ロシア制裁を発動。


2014年8月、イスラム国への空爆開始。


このように、「アジア・ピボッド」「アジア・リバランス」
などと言いながら、

やってることは、シリア問題、ウクライナ、ロシア問題。


この期間、中国は誰にも邪魔されることなく、南シナ海の埋
め立てを行うことができたのです。

オバマが迷走している間、習近平は、「中国の夢」にまい進
していました。



▼目覚めたオバマ



しかし、2015年3月に「AIIB事件」が起こるとオバマは目覚
めました。

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、イスラエル、オー
ストラリア、韓国などが

アメリカの制止を無視し、中国主導「AIIB」への参加を決
めた。


「親米諸国ですら、アメリカではなく中国を選ぶのか!!」


これでオバマは、ようやく「真の敵は、中国」であること
を悟ったのです。

目覚めたオバマは、以後「天才リアリスト」のようにふる
まいはじめました。


まず、2015年2月、ドイツ、フランス、ロシア、ウクライ
ナが、「ウクライナ内戦停戦合意」に達していた。

オバマは当初、ウクライナ軍に武器を与えることで、これ
をぶち壊そうとしていました。

しかし、「AIIB事件」を受け、ウクライナ問題を放置する
ことにします。

アメリカの干渉が無くなり、ウクライナは平和になりまし
た。


2015年5月、ケリー国務長官はロシアに飛び、「制裁解除」
に言及します。

つまり、ロシアと和解しはじめた。

2015年7月、アメリカはロシアと協力し、歴史的「イラン
核合意」を実現します。

2016年2月、アメリカはロシアと協力し、「シリア内戦停
戦合意」を実現しました。


(この合意は後に破棄されました。

しかし、2016年12月30日、ロシア、トルコ、イランの仲
介により、「シリア停戦合意」が実現しています。

今回は、「アメリカ抜き」ですべてが行われました。

トランプは、「アサドは悪だが、ISよりマシ」と断言し
ているため、アサド政権が存続する可能性は、とても高
くなっています。)


このように、「AIIB事件」後オバマは、

・ロシアと和解し

・ウクライナ問題

・シリア問題

・イラン核問題

を解決しようと努力し、かなりの成果をあげた。

一方で、中国による「南シナ海埋め立て問題」を大騒ぎしはじめ、
対決姿勢を強めていきます。

2015年9月、訪米した習近平を冷遇し、米中関係悪化が誰の目に
も明らかになった。


しかし、米ロ関係は現在、再び悪化しているように見えます。

アメリカ大統領選が近づくにつれ、両国関係は悪化してきた。

その理由は、「ヒラリーを勝たせるため」だろうと思います。

ロジックは、

・トランプは、「プーチンとの和解」を明言している。

・そのプーチンは、「悪魔のような男」である。

・トランプは、「悪魔」の「傀儡」である。

・だから、ヒラリーに投票してね!


そして、選挙後も、オバマ政権は、プーチン批判をつづけて
います。

「プーチンがアメリカ大統領選の結果を操作した」というの
です。



▼トランプは、「2015年のオバマ路線」を継承、強化する



さて、トランプ。

トランプは、一貫して「プーチンとの和解」を主張していま
す。

ヒラリーに、「彼はプーチンの傀儡だ」といわれても、気に
せず同じ主張をつづけていた。

そして、国務長官に指名したのは、プーチンの「親友」とい
われるエクソン・モービルのティラーソン会長。

はっきりわかることは、


「トランプ大統領で、アメリカ、ロシア関係は好転する」


そして中国。

トランプは昨年12月2日、台湾の蔡英文総統と電話会談を行い
中国を激怒させました。

アメリカ大統領と台湾総統の電話会談は、1979年の断交以降
一度もなかった。

中国が抗議すると、トランプはツイッターにこう投稿しまし
た。


「中国は彼らの通貨を切り下げること(つまり米企業の競争
を困難にすること)、

中国向けの米製品に重税を課すこと(米国は中国製品に課税
していないのに)、

南シナ海(South China Sea)のど真ん中に巨大軍事施設を
建設することなどに関して、

われわれに了承を求めたか?そうは思わない!」


トランプが米中の長年の慣習を破り、台湾総統と電話会談し
たことについて、「彼は無知だから」という意見があります。

しかし、私は「意図的にやった」と思います。


そして、トランプは、「対中強硬派」でまわりを固めていま
す。

国防相に指名された「狂犬」マティスさんはいいます。


「中国が南シナ海やそのほかで、いじめのような強硬路線を
拡大していくなら、現在のわれわれの取り組みと並行して、
中国に対抗するための政策を構築して行く必要がある。

その対抗策は、われわれの経済にとって重要な安定と経済的
繁栄を維持するための外交的な取り組みであり、太平洋地域
の領土問題や安全保障、経済状況に対する中国の拒否権を否
定できるものでなければならない」

(2015年1月27日、アメリカ議会での発言)



そして、新設される国家通商会議のトップは、超反中派。
↓


<トランプ氏、新設の「国家通商会議」トップに対中強硬派を
指名

AFP=時事 12/22(木) 20:38配信 

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大
統領は21日、中国批判の急先鋒(せんぽう)として知られる
ピーター・ナバロ(Peter Navarro)氏を、貿易・産業政策を
担う新たな組織「国家通商会議(White House National Tra
de Council)」のトップに指名すると発表した。>



さらに、通商代表部(USTR)のトップも、超反中のライトハ
イザーさん。

中国は、これにも激怒しています。
↓


<中国共産党系メディア、トランプ氏に警告-次期USTR
代表人事で

Bloomberg 1/5(木) 18:39配信 

中国共産党系の新聞、環球時報は5日の論説で、トランプ次
期米大統領が貿易戦争を起こそうとしたり米中関係の緊張を
一段と高めようとした場合、トランプ氏は「大棒」に遭遇す
るだろうと警告した。

中国語の大棒は太いこん棒、力や脅しを意味する。 

トランプ氏が米通商代表部(USTR)の次期代表に対中強
硬派のロバート・ライトハイザー氏を起用すると発表したこ
とを受け、同紙は「中国商務省の門の周りには花が飾られて
いるが、扉の内側には大棒も隠されていて、その両方が米国
民を待っている」との文章を掲載した。>




このように、トランプが、「中国と対決する」と決意してい
ることは明らかでしょう。

トランプ外交の基本は、


・ロシアと和解して、

・中国と対決する


です。

世界情勢は、この動きを軸にまわっていきます。

実をいうと、「ロシアと和解して、中国と対決する」のは、


リアリストの大家ミアシャイマーさん

世界一の戦略家ルトワックさん


が勧めている方法です。

そして、「AIIB事件」後のオバマ外交の方針でした。


日米関係は、どうでしょうか?

中国を封じ込めるのに、GDP世界3位の軍事同盟国・日本の協力が
必要になる。

当然、両国関係はさらに良好になるでしょう。

そして、日ロ接近をアメリカが邪魔することもなくなるでしょう。


米ソ冷戦下で、日本は、非常に繁栄しました。

米中冷戦開始で、日本には、繁栄の道が開かれています。


●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Oさまからのメール


北野さま

お返事ありがとうございます!

長期政権のお蔭で、外交の存在感があるので、
なんとか経済政策もうまくやって欲しいと切に願います。


外国人労働者の積極的受けれは、本当に心配です・・・

遠藤健太郎先生も書かれていますが、


「外国人を安い労働力として物のように輸入することは、
間違いなく人権問題だ」

そういう切り口で、マスコミも批判して欲しいですね。
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4546/


それと、【RPE】の「おたよりコーナー」でご紹介して頂き、
ありがとうございます。新年1回目でとても光栄です!

「ビック・ヒストリー」面白そうですね。
長沼先生の動画も拝見しました。
本も読んでみようと思います。

たまたま、昨晩のNHK「クローズアップ現代」をちらっと見ました。、

“幸福”を探して 人類250万年の旅 ~リーダーたちも注目!
世界的ベストセラー~
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3912/index.html

人間の意識もこれから劇的に変わりそうな予感したところなので、
「ビック・ヒストリー」のお話もとても印象に残りました。

どうか幸せな世界になりますように。

いつもありがとうございます。



↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


スターウォーズ、「ローグワン」見ました。

おなじみのキャラ、

ダースベイダー、レイア姫などはほんの少ししか
登場しません。

そして、ジェダイの騎士が一人もいない。

というわけで、今までのスターウォーズに慣れている
私には、少々違和感がありました。

そこを考えなければ、かなりおもしろかったです。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む