ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★ビック・ヒストリー~私たちは、どこに行くのか?

【RPE】★ビック・ヒストリー~私たちは、どこに行くのか?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1483 


                                2017/1/5

===========================================================

私たちは、どこに行くのでしょうか?

未来は、明るいのでしょうか?

それとも暗いのでしょうか?


詳細は、【本文】で!↓



↓



【極秘】

●月収を30万円増やす方法


北野です。

12年間で起業家【1500人】を育て上げた

超カリスマ・藤田先生が、


・1日わずか3時間労働で、

・1回に30万から50万の売上を
何度でも再現する仕組みの
ノウハウ

を教えてくださるそうです。



「うお!3時間労働で、月収を30万円増やしたいぞ!」


という方は、いますぐこちらの情報をゲットしてくだ
さい。

詳細は、こちら。
↓
http://tinyurl.com/gqodjw5



↓



【北野絶対推薦】

●北野の人生を変えた人の「成功法則」


北野です。

私は1990年、モスクワに留学しました。

すると翌1991年、ソ連が消滅してしまった。

そして新生ロシアは、年2600%のインフレ時代が到来します。

GDPは、98年までに43%減少。

98年、ロシアはデフォルトして、国家破産状態になります。

私自身、98年には「一文無し」になっていました。

本当に大変でしたが、学びと実践によって、少しづつ復活
の道を歩みはじめました。

いろいろな人の教えを学びましたが、特に


「目標を設定し、それを実現する」


ことができるようになったのは、原田隆史先生のおかげです。

原田先生は、ユニクロの柳井先生、京セラの稲盛先生も大絶
賛されている方。

本当にすごいです。

私は「原田メソッド」に出会い、自分で目標を設定し、それ
を達成でき、加速度的に進んでいくことができるようになり
ました。

そういう意味で、原田先生は、私の大恩人です。

あなたの人生にも、きっと「革命的変化」を起こすことでし
ょう。

幸せな成功者を目指す方は、ぜひ原田メソッドを学んでみて
ください。

後悔しないこと、北野が絶対保証します。

詳細は↓
http://tinyurl.com/zzpnohm


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★ビック・ヒストリー~私たちは、どこに行くのか?


明けましておめでとうございます!

今年が皆さんにとって、人生最良の年になりますように!

本年も、よろしくお願いいたします。


というわけで、新年一号です。

普通は、「今年はどうなる?」みたいな話をするのですが。

すこし違う話からはじめましょう。



▼奇跡的出会い



人生には時々、驚くべき出会いがあります。

2010年2月、私はモスクワの空港に向かう電車に乗りました。

日本から親友がやってきたからです。(出迎え)

電車は、ガラガラすいています。

座ろうとした時、知らない男性が話しかけてきました。

なんと日本人でした。

しかも、ただの日本人ではありませんでした。

その人は、世界的生物学者・長沼毅先生だったのです!

とはいえ、モスクワ在住の私は、長沼先生の偉大さを知りま
せん。

後で知ったのです。

しかし、空港までの道中は、とても愉快なものになりました。

長沼先生は、「宇宙生物」の話など、いろいろ面白い話をし
てくださいました。

とても印象に残ったのは、長沼先生の若さとエネルギーです。

長沼先生は当時49歳だったと思いますが、とても楽しそうで、
動きが軽快で、20代に見えました。


ありがたいことに、日本に帰国された後も、ときどきメール
でやりとりさせていただいています。

先生は、政治や経済の話も、時々されますが、世界的生物学
者の視点は、まったく違うことに驚かされます。

それにしても、モスクワの電車の中で、となりに世界的生物
学者、しかも日本人が座る確率は、どのくらいでしょうか?

私はこの奇跡的出会いに、いつも感謝しているのです。



▼ビック・ヒストリー



さて、長沼先生は、毎年本を出されています。

(しばしば、年に数冊。)

去年11月には、長沼先生の監修本


●ビック・ヒストリー 

(詳細は→ http://tinyurl.com/j9nprjd )


が出版されました。

この本は、なんと


「宇宙の誕生から現在までを記した歴史書」


なのです。

そうはいっても、138億年の歴史を全部詳細につづるわけには
いきません。

そこで、8つのターニングポイント(スレッショルド)に焦点
をあてています。


この本、ビルゲイツが絶賛し、世界に拡散するために、私財
を投じています。

日本語版の推薦も、蒼々たる人たち。


●池谷裕二氏(脳研究者、東京大学薬学部教授)

「ビッグバン、宇宙、生命、進化、農業、文明、殺戮、経済
この世の空前絶後のノンフィクションを、わずか一冊で知るこ
とのできる文字通り空前絶後の書物だ。」


●佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)

「われわれはどのようにして生まれたかを宇宙の始まりから解
いた優れた書。この本を読む前と後では、世界の見方が変わる
。」


●土井隆雄氏(宇宙飛行士、京都大学宇宙総合学研究ユニット
特定教授)

「138億年前に起こったビッグバンから歴史が始まった。原子
が作られ、星が生まれ、地球ができた。そこに生命が誕生し、
進化し、今、私たちがいる。ビッグヒストリーは、私たちに
過去を理解する知恵を授け、未来を予想する力を与える。」


●中村桂子氏(生命科学者、JT生命誌研究館館長)

「身のまわりにあるすべてを生み出した138億年の歴史とそ
の中での人間の活動がみごとに描き出された壮大な物語。こ
こから新しい物語を創るのが私たちの役割です。」



▼未来は、私たちの選択にかかっている



さて、私はなぜ、新年一発目に「ビック・ヒストリー」を紹
介することにしたのでしょうか?

「皆さんに138億年の宇宙史、人類史を知ってほしいから」

ではありません。

過去を知ることで、未来も知ることができるようになる。


しかし、「明るい未来の可能性」と「暗い未来の可能性」が

あり、どっちの未来になるかは、

今に生きる「私たちの選択次第」なのです。


長沼先生は語ります。


「人間にもっとも近い存在はチンパンジー」

「しかし、過去には、チンパンジーよりもっと人間に近い

存在(たとえばネアンデルタール人)などが10数種類いた」

「それらは、全部絶滅し、人間(ホモサピエンス)だけが
残った」


私たちも、選択を間違えば絶滅する可能性があるのでしょう
か?

私たち人間は、明るい未来を選択することができるのでしょ
うか?



私は普段、各国の「国益」(主に金儲けと自国の安全)をベ
ースに、世界の動きを分析、予測しています。


世界の指導者たちの多くは、

「自分の権力を守り、増大させること」を考えている。


よい指導者になると、

「自国の国益をマックス化するためにはどうすればいいの
だろう?」

などと考えている。


しかし、私たち人間全体が「明るい未来」を選択するため
には、別の視点が主流になっていく必要があります。

長沼先生は、おっしゃいます。


「チンパンジーに、歴史はない。

過去も現在も未来も、同じだ。

人間には、歴史がある」


なぜチンパンジーは、過去、現在、未来変わらないのか?

なぜ人間は、過去、現在、未来で変わっていくのか?


人間は、「集団的学習」をすることができる。

誰かがあることを発明すると、それが言葉でどんどん伝わり、

人間界の「共有財産」になる。


私は新年を迎えるにあたり、エゴドロドロの世界情勢から少
し離れてみたいと思いました。

そして、「明るい未来を選択するのは、私たち自身なのだ」
ということを、意識したいと思いました。

皆さん、是非「明るい未来」を共に創っていきましょう。

その方法は、この本に書いてあります。


●ビック・ヒストリー 

(詳細は→ http://tinyurl.com/j9nprjd )


ちなみに、監修者長沼先生ご自身の解説、ユーチューブで見る
ことができます。

是非世界的叡智に触れてみてください。
↓
https://www.youtube.com/watch?v=0ljFG2rzhH4

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Oさまからのメール


北野さん

明けましておめでとうございます。
メールありがとうございます!

昨年の日本外交は、対中国に対して、まずます良かったですね。

ツイてる感じもしますし、そのツキも含めて(笑)安倍総理に
感謝です。

RPEの読者も増えて、
日本人の外交センスも、良くなってきているように感じます。

本年も日本のため、世界平和のために、
メルマガ配信をお願いします!

あと、安倍政権には、日本経済を復興してもらいたいですね。


緊縮財政で、すっかりデフレに戻った感じですし、
外国人移民は、どんどん進めるていますし。

三橋貴明さんも、今年は「お金に関する解説」に重点おおかれ
るそうです。

[三橋実況中継]お金の魅力に取りつかれています
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2017/01/01/mitsuhashi-520/

天野統康さんの本もきっと売れるでしょうね。
今年、とても期待しています。

それと、JA新聞のコラムでこんな記事がありました。

2016.12.28 "隠れ共産党"宣言
http://www.jacom.or.jp/column/2016/12/161228-31741.php

自民党が新自由主義路線を続けると、
JAも対立を明確にするかもしれないですね。
自民党も良くなりますように。

拙ブログでも紹介しました。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5169.html

北野さんの益々のご活躍をお祈りします。
本年もどうぞよろしくお願いします。




↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


もう一度、あけましておめでとうございます!

編集後記まで読んでくださっている

あなたには、

よいことが山ほど起こる一年になります!

今年もよろしくお願いいたします。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,281部

他のメルマガを読む