ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★2016年世界はどうなる?3~欧州はどうなる?

【RPE】★2016年世界はどうなる?3~欧州はどうなる?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1324



                      2016/1/6


===========================================================

2016年、世界はどうなるのでしょうか?

今日は、去年大胆にアメリカを裏切り、世界に衝撃を与えた
欧州の動きを考えます。


詳細は、【本文】で!↓


↓




【北野絶対推薦】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。


今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と言い切る、


着実にお金を守り殖やす、【6つの資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「6つ資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓
https://hec.su/bObB
(●もちろん北野も勉強してます。)



↓





【北野絶対推薦】

●あなたを大成功に導くジェイ・エイブラハム【最後の授業】


皆さん、ジェイ・エイブラハムさんをご存知でしょうか?

「マーケッティングの神様」と呼ばれる、

「世界一のマーケッティング・コンサルタント」です。

彼のクライアントは、

・マイクロソフト
・IBM
・シティバンク

をはじめ、【12000社】!!!

そのコンサルで、累計8400億円(!)の売り上げ増に貢献した
といわれています。

なぜ私は、ジェイ・エイブラハムさんを尊敬しているかという
と、

彼の教えが「本質的」で、「長期的成功」をもたらすからです。

たとえば、

「哲学 × 本質 × 戦略」 が大事という話。


私たちは、「小手先のテクニック」「煽り」などによって、

短期的に大成功した人、会社をたくさん見てきました。

しかし、彼らは、1~2年で消えてしまいます。

私たちは、大成功もしたいですが、「一発屋」にはなりたくない。

ずっと長く、成長し、成功し、繁栄しつづけていきたい。

好景気の時も、100年に1度の大不況でも、変わらず伸びていきたい。

ジェイ・エイブラハムの教えを学んだ人、会社ならそれができると
私は思います。

ところで、【驚愕の情報】が入ってきています。

ジェイ・エイブラハムのセミナー参加費は、【400万円】(!)だ
そうです。

それでも参加者が殺到するのは、大金を投資しても元が取れるか
らなのでしょう。

ところで、その【400万円セミナー】のうち【4時間】をいまだけ

【無料】でみることができます。

こんな機会は、本当にメッタにありませんので、いますぐこちら
から登録し、見てしまいましょう。

経営者、起業家、ビジネスマンは必見です!

【北野絶対お勧め】

【無料】↓
http://tinyurl.com/jmdum3o




↓




【唖然】

●北野、目が良くなりました


先日、免許書き換えのための健康診断にいきました。

視力検査をしてびっくり。

「目がよくなっていた」のです!

それも劇的に。

私は、小学生のころから目が悪く、クラスで唯一「メガネっ子」
でした。

その時すでに、0.2だった。

ところが、先日の視力検査では、1.2になっていました!

「なんで目がよくなったんだ!???」

自分でも驚きです。

しかし、目がよくなることは、あるみたいですね。

「視力をあげたい」人は、こちらを熟読してみてください。
↓
http://hec.su/bck


(●読者さんから「ホントに目がよくなりました!」と
感謝のメールが届きました。)

(●本文へ↓)

===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わ¥かりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密  にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
===========================================================

★2016年世界はどうなる?3~欧州はどうなる?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


「2016年世界はどうなる」シリーズの3回目です。

今日は、欧州について触れましょう。


前号、前々号を読んでない方は、わけがわからなくなります。

まず、こちらからご一読ください。
↓

●2016年、世界はどうなる?~落ち目の覇権国家アメリカが世
界を動かす↓
http://archives.mag2.com/0000012950/20160104000000000.html

●2016年世界はどうなる?~中国はどうする? ↓
http://archives.mag2.com/0000012950/20160105000000000.html



▼米中の狭間で欧州は?



前号、前々号を読まれた方は、ご存知です。

08年以降、世界は「別の時代」に突入しています。

08年以前は、「アメリカ一極時代」だった。

08年以降は、「米中二極時代」になった。

そして、米中以外の国々は、「アメリカと中国、どっちにつくのが
お得かな?」と考えながら動いている。

欧州は、どうなのでしょうか?

これは、「どちらかというと中国側についている」といえるでしょ
う。


例を二つ挙げておきます。

たとえば2015年3月の「AIIB事件」

アメリカの警告を無視してAIIBに参加した欧州の国々は?

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ルクセンブルグ、スイス、
オーストリア、オランダ、デンマーク、ポルトガル、スペイン、
フィンランド、ノルウェー、マルタ、アイスランド、ポーランド、
スウェーデン

となっています。

アメリカが衝撃を受け、「このままでは覇権を奪われる!」とあ
せったのも当然でしょう。

「AIIB」について、「格付け会社が格付けを出さないほどひ
どい状態ですよ」と質問がきました。

その通りです。

しかし、2015年3月の時点では、57か国が中国主導のAIIBに
期待をかけていた。

その後、あせったアメリカが反攻に転じたのです。

夕刊フジ12月8日付は、「中国が格付け会社を脅迫した」ことを
報じています。
↓


<ロイターによると、AIIBの初代総裁に内定している中国出身
の金立群氏は9月、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)や
ムーディーズ、フィッチ・レーティングスなどの主要格付け会社に
接触し、信用格付けについて

「公正な評価を望んでいる」と述べたうえで、

「投資家がわれわれをトリプルAと認識し、格付け会社がそうしな
いならば、格付け会社の評判が大きく傷つくだろう」

と牽制(けんせい)していた。

それだけ格付けに敏感になっていることがうかがえる。>



ところが、【アメリカ】の格付け会社である、

S&P、ムーディーズ、フィッチ

は、中国の脅しに屈しませんでした。
↓


<実際にフタを開けてみると、「二流」どころか「無格付け」と、
もっとひどいことになるという。

投資不適格な低格付け債は「ジャンク(紙くず)債」といわれる
が、それ以下ともいえる。

元内閣参事官で嘉悦大教授の高橋洋一氏は、国際金融機関が無格
付けの債券を発行するというのは「聞いたことがない」というか
ら、前代未聞の事態だ。>(同上)



これは、【アメリカ】の格付け会社である3社が、政府の意向に
従ったのでしょうか?

それとも、正当な格付けを行ったのでしょうか?

私は、「どっちも真実だろう」と思います。

実際、この3社は、「アメリカ政府の意向に従った格付けをつける」
ことで知られています。

比較的記憶に新しいところでは、「サブプライムローン」に「トリ
プルA」を出し、「危機に加担した」と批判されていた。

そして、「AIIBの中身がメチャクチャ」であることも、また真
実なのでしょう。


さて、「欧州が中国より」であるもう一つの例。

2015年12月、中国人民元が、IMF・SDRの構成通貨に採用
されました。

これも「アメリカの意志に反して」「欧州の裏切りによって」
実現したのです。

時事通信12月5日


<人民元、「外交上の勝利」=日米欧の思惑交錯-IMF第3位通
貨に〔深層探訪〕>


から引用してみましょう。

まず、日本とアメリカは、はっきりと「人民元のSDR構成通貨化」
に反対していました。
↓ 


<◇日米、「自由度」に懸念

「元の管理制度には課題が多い」-。

米国や日本の財政当局者らは今年半ばまで、このような見解を相次
ぎ漏らし、元取引の自由度の低さに懸念を示していた。

SDR採用には「貿易量」と「通貨取引の自由度」の二つの水準を満た
す必要がある。

元は前回2010年の審査で自由度の低さがやり玉に挙げられ、採用が
却下されていた。

ルー米財務長官らは今年初め、「中国は市場に基づく為替相場を構
築する必要がある」と表明し、

今回のIMF審査でも不採用に持ち込みたい考えをうかがわせた。>



ところが、アメリカ最大の同盟国であるはずのイギリスが、AI
IBにつづき、今回も裏切ります。



<◇英国は「黄金時代」に期待

しかし、審査は5年前と異なる展開をたどった。

決定的な違いは、中国の経済力に魅せられた欧州諸国が早い段階か
ら「元のSDR採用」に前向きな姿勢を示したことだ。

特にロンドンの金融街シティーを擁する英国は「中国寄り」を鮮明
にした。

10月の習主席訪英では、バッキンガム宮殿で晩さん会を開き、キャ
サリン妃が中国を象徴するような赤いドレス姿で歓待。

キャメロン政権は「英中の黄金時代」の演出に力を注いだ。

この英中首脳会談でまとまった商談は、中国による英原発投資を含
めて総額400億ポンド(約7兆4000億円)。

さらに、英国は元のSDR採用への支持を確約し、将来のシティーへ
の元取引市場の誘致に有利なポジションを手に入れたとみられる。>

(同上)


イギリスにつづいて、もとから親中のドイツやフランス、その他
欧州諸国も、続々とアメリカを裏切った。

そして、もはや日米が反対してもどうにもならない状況になって
いったのです。



<10月のIMF加盟国会合では、ドイツなどの欧州諸国や新興国も、
元のSDR採用に賛意を表明。

この時点で日米が反対しても、否決には持ち込めない情勢にな
っていた。>

(同上)


以上、欧州が、アメリカを裏切って中国についている例を二つ挙げ
ました。

今年も、欧州の大国群は、中国への接近をつづけることでしょう。


イギリスの例を見れば明らかですが、中国パワーの源泉は、「金」
です。

ですから、アメリカが覇権を維持しようとすれば、「中国経済を破
壊すること」が非常に重要なのです。

最近のアメリカメディアを見ると、毎日のように「中国経済お先真
っ暗」記事が出ています。


確かに、中国経済が、多くの問題を抱えていることは事実。


しかし、「経済情報戦」の一環でもあるのでしょう。

プロパガンダが浸透すると、「それは事実」になる。

(例、ある新聞が、「A社はヤバい!」と書けば、実際株は下がる。)



▼欧州、今年の課題は?



ここまで「米中覇権争奪戦」の中の欧州について触れました。

ここからは、もっと欧州内の問題に触れましょう。


欧州、2014年最大の課題は、「ロシアーウクライナ問題」でした。

2014年3月、ロシアがクリミアを併合したからです。

ところが2015年2月、ロシア、フランス、ドイツの仲介で、ウクライ
ナと東部親ロシア派の和解が成立した。

以後、ウクライナ問題は、ほとんど忘れさられています。

そして、欧州最大の問題は、


・難民

・イスラム国(IS)


に移りました。

そして、2016年も、「難民」と「IS」は、欧州最大の問題で
ありつづけるでしょう。

なぜでしょうか?

前々号で、「アメリカが中東への関与を減らすことで、シリア
はごちゃごちゃになっていく」と書きました。


そして、早くも予想通りの展開になってきています。

とても大きな事件が、年初から起こったのです。

スンニ派の大国サウジアラビアが、シーア派の大国イランとの

「外交関係断絶」を決めた。


ブルームバーグ1月4日付を見てみましょう。




<サウジがイランとの外交関係を断絶

Bloomberg 1月4日(月)5時47分配信 

(ブルームバーグ):サウジアラビアは3日、緊張が高まっている
イランとの外交関係を断絶し、同国の外交官を国外に退去させるこ
とを明らかにした。>


なぜ、こんなことになったのでしょうか?
↓


<断交の発表は、シーア派に対するサウジの対応に批判的だったニ
ムル師の処刑を受けて、群衆がテヘランのサウジ大使館を襲撃した
ことがきっかけ。

サウジはテロ活動に関与した罪などでニムル師ら47人を処刑した。>

(同上)


まずサウジが、シーア派の著名な指導者二ムル師を処刑した。

これに激怒したイランの民衆が、テヘランのサウジ大使館を襲撃した。

それで、サウジが、イランとの外交関係断絶を決意した。

これは、直接的動機ですが、背景には、「長年の恨み」があるのです。

「怖い警察官」(アメリカ)が、「もう疲れたから、あんたたち好き
にやってくれ!」と職務を放り出したので、ケンカをはじめた。

これは、怖いソ連崩壊後に、旧共産圏で民族紛争が多発したのと同じ
構図です。

で、シリアはどうなるの?


<両国間の緊張のエスカレートは、既に難航しているシリアの内戦
終結に向けた取り組みにマイナスとなる可能性が高い。

シリアではサウジがスンニ派の武装勢力を支援し、

イランがアサド政権を支持している。>(同上)


サウジは、「反アサド」を支援している。

イランは、「アサド政権」を支援している。

それで、「シリア内戦」は長引きそうだと。


そして、このシリアから、続々と欧州に難民が押し寄せている。

その数、2015年だけで100万人(!)をこえたそうです。

(もちろん、この数は「シリアからの難民だけ」ではありません。

イラク、アフガニスタン、リビアなどからの難民もいます。)


衰退したアメリカの責任放棄で、中東が大荒れになっていく。

そして、今年も大量の難民が欧州に殺到する。

その中には、「ISメンバー」も含まれていることでしょう。


というわけで、欧州今年最大の問題は、

・難民

・IS

で変わらずということなのです。


前々から書いていますが、「衰退期」にある「欧州キリスト教文明」
は、

イスラム教徒の移民、難民で、長期的に滅びる可能性があります。

純粋に、人口でイスラム教徒がキリスト教徒を上回り、

EUは、数十年後IU(イスラム連合)になってしまうかもしれま
せん。

日本は、欧州の愚かな失敗を教訓に、「移民政策」にはくれぐれも
慎重であるべきなのです。


(日本の場合、大量移民受入れで、「中華人民共和国・小日本省」
になる可能性がでてくる。)

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


↓

【3刷決定!】

●アマゾン、「国際政治情勢部門」「外交・国際関係部門」
「社会一般部門」
「トリプル1位!」
↓


↓

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://hec.su/hHN )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に  、つ いにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋を、 完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )





↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



ここ8年ぐらいずっと私のバイブルになっている本があります。


ディーパック・チョプラ博士の、



●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )



です。


ディーパック・チョプラ博士は、世界でもっとも影響力のあるス
ピリチャルリーダーの一人。


私はチョプラ博士の本をたくさん読んでいますが、「富と成功を
もたらす7つの法則」が「最高傑作」だと思っています。


内容ですが、「宇宙の法則に合致して生きていけば、幸せにな
り、成功も富もゲットしてしまう」ということでしょうか。


「宇宙の法則」とは?


1、純粋な可能性の法則

2、与える法則

3、原因と結果の法則

4、最小限の努力の法則

5、意図と願望の法則

6、手放す法則

7、人生の目的の法則


です。


私は、この本を繰り返し読み、実践するよう意識してい ます。


そのせいか、以前より幸せになり、願望実現のスピードがはやく
なった気がします。


1億円払ってもゲットしたいこの本。


私は、07年版を買ったのですが、絶版になり、今は角川から文庫版
が出ています。


その値段がすごい。


たったの475円!!!!!!!


なんてこった。


私は、07年に買った本を「家宝」として残し、1000回読みにむけて
文庫本を買いました。


私は多くの人から、「うんざりするほどリアリスト」と呼ばれてい
ます。


しかし、それは、「世界情勢がリアリズムに沿って動いているから」
で、

実生活で「自分の利益だけを追求する冷酷リアリスト」なのではあ
りません。


むしろ、「宇宙の& nbsp; 法則」を体得することで、「よりよい日本」「より
よい世界」づくりに貢献していきたいと願っているのです。


「宇宙の法則」を知って、健康で幸せで豊かに暮らしたい方は、ぜひ
こちらをご一読ください。



●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )




★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【5刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領  が・・ ・。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細   は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )







↓●おたよりコーナーへ
================================================================



●Hさまからのメール


北野様

いつも素晴らしい内容のメルマガを配信して下さり
ありがとうございます。


メルマガ、楽しみにしています。

とても大きなな学びになります。

日々、このようなお知恵を頂いていることに
心から感謝しています。

ご本も拝読させていただいております。

大賞をとられたとお聴きし、祝福したくて思わずメールいたしました。

今後ともますますのご活躍を!
ますますのご発展とご健勝をお祈りしております。




↓●編集後記へ
================================================================







【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」 「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m






↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


モスクワは、マイナス20度近くあります。

もうすぐ5歳になる娘にせがまれて1時間半散歩しました。

厚着をしたので体全般は大丈夫でしたが、手が冷たい・・・。

いつまで経ってもモスクワの寒さには慣れません。


RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事で きませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。

===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/26 部数:  56,520部

他のメルマガを読む