ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★北朝鮮問題と●●の裏切り


カテゴリー: 2013年04月08日
==

<●2012、13年Eブック大賞・優秀賞連続受賞作>

◆【世界一わかりやすいアメリカ没落の真実】(北野幸伯著)

【完全無料】ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.913

                         2013/4/8

================================================================

北野です。

北朝鮮情勢が緊迫しています。

しかし、その背景に●●の裏切りがあるとは・・・。

詳細は、【本文】で!↓

(●すぐ下のおいしい話も注意してごらんください。)


↓






【無料】

●日本一わかりやすい【ネットビジネス】講座

インターネットビジネスで大成功した斉藤和也さんが、「月収
を30万円増やす」【再現性NO1】の方法を【無料】で伝授して
くれるそうです。

しかも、
1、フェイスブックマーケッティングの秘密 
2、電子書籍「凡人が天才に勝つ思考術」
3、大富豪の時間管理術(動画)
4、売上げが23倍化したランディングページのつくりかた
5、初心者でもできるビジネスをはじめる7つのステップ

等々、無料なのにすごい特典が盛りだくさん。

元ライブドア副社長をはじめ、有名人が多く推薦している
内容ですので、是非ごらんになってください。
↓
http://tinyurl.com/bqdohtv




↓




【経営者必見】

●「やずや」創業者の【秘密】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

年商300億円時で社員80人。

つまり社員一人当たり売上げが【3億7500万円】という驚異
の会社【やずや】。

目先の売上げに振り回され、失敗つづきだった創業者。

【ある三つのこと】をすることで、すべてが劇的にかわりはじ
めました。

【ある三つのこと】とは????

知りたい方は、こちらを熟読してください。

【詳細はこちら↓】
http://tinyurl.com/bmmdhao




↓




【無料】

●FXで常勝するための【たった二つ】の法則

大貧乏から31歳でミリオネアになった竹井祐一先生が、

「FXで勝つための【たった二つの法則」】」

を無料で教えてくださるそうです。

(●もともと9800円で売っている商材の内容です。)

こんな機会はメッタにありませんので、是非ゲットしてま
しょう。

【詳細は】↓
http://tinyurl.com/co8udck




↓





【無料】

●『脳の専門家・医学博士がすすめる!

あなたの脳を若返らす10の習慣』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

物忘れがひどくなったり、アイデアが浮かばなかったりと、 

「もしかして、年のせい?」と心配になったことはありませんか? 

でも、それは、もしかしたら、脳を老けさせる習慣のせいかもし
れません。

【無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=60532&M=22753

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★北朝鮮問題と●●の裏切り


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●食糧危機が来る?
詳細は【おたよりコーナー】で!)



北朝鮮があれています。

日本でも、「すぐ戦争が起こる」ような報道がされていること
でしょう。

今回は、この問題について考えてみましょう。


▼今、世界で起こっていること


どんな問題に関しても、大局的に見ていくことが大事です。

「大局的に」とは、「世界情勢全般について何が起こっているの
か?」ということ。


昔からの読者さんはご存知でしょうが、簡単に触れておきましょう。


1945~1991年は「冷戦時代」「=米ソ二極時代」でした。

1991年末、ソ連崩壊。

それで1992年からは、「アメリカ一極時代」になりました。

しかし、アメリカ一極時代は08年に起こった「100年に1度の大不
況」で終わり。


今はどんな時代か。

「多極世界」「無極世界」等々、いろいろいわれています。


しかし、私は「米中覇権争奪戦時代」と呼んでいます。


つまり、覇権国家としての地位を守りたいアメリカ。

アメリカを追い落として覇権国家になりたい中国。


この二国が、「覇権」をかけて争っているのです。


冷戦時代=米ソ二極時代、世界のできごとのほとんどは、この
二国と関係していました。

たとえば、中国内戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、アフガン戦争(
1979~)等々。

これらの戦争は、「米ソ代理戦争」でもあった。



そして、現在世界で起こっていることは、ほとんど「米中覇権争
奪戦」に関係しているのです。


たとえばシリア。

アメリカはシリアのアサドを失脚させたい。

中国はロシアと組んでアサドを守っている。


たとえばイラン。

アメリカは、イランを民主化し、傀儡政権をつくりたい。

中国は、ロシアと組んでイランを守っている。



北朝鮮情勢を見るときも、やはり「米中覇権争奪戦」との関連で
見る必要があります。


▼北朝鮮をとりまく国々の本音


北朝鮮危機と直接関わっている国は、5カ国です。


日本、アメリカ、韓国、中国、ロシア。


この中で、日本、アメリカ、韓国は一つの陣営。

この3国は、北朝鮮の攻撃対象だからです。


では、中国とロシアはどうなのでしょうか?

北朝鮮が核実験をする。

すると日本では、「中国もロシアも困っている」といった報道がされ
ます。

これ、違うんです。

別に、北朝鮮が核兵器もっても、中国、ロシアは困りません。

だって、北朝鮮が中国、ロシアを攻撃するなんてありえませんか
ら。

日本だって、同盟国アメリカが核兵器もってても困らないでしょう?

同じことです。


そして、中国、ロシアは、本音では「金王朝よ長つづきしてくれ!」
と考えている。

なぜ?

金王朝が崩壊すれば、韓国を中心に朝鮮半島は統一されます。

そして、韓国はアメリカの同盟国。

そうなると、現在の北朝鮮は、「大韓民国」になり、アメリカ軍が
中国、ロシアの国境付近に駐留するようになる。


これは中ロ、特に長い国境を接している中国にとって悪夢。

だから、中国はせっせと金王朝を支援しつづけているのです。

実際、中国が支援をやめれば、北朝鮮は即座に崩壊してしま
うことでしょう。


▼金正恩は戦争したいのか?


日本では、北朝鮮の動きについて、「クレイジーな金正恩が」とい
ったイメージでしょう。

しかし、そういう「レッテルはり」をすると、真実が見えなくなります。


彼の立場にたって考えてみましょう。

彼は、「金王朝」の3代目。

世界的に有名な「独裁者」。

しかも「サウジアラビアの王様」みたく「アメリカ公認の独裁者」
じゃない。

「反米の独裁者」である。


で、近年、反米独裁者は、悲惨な死に方をしているケースがあ
る。

一番わかりやすいのは、イラクのフセイン。

もう一人わかりやすいのは、リビアのカダフィ。

もっといえば、シリアのアサドだって、そのうち同じ運命になる
可能性が高い。


金正恩が世界を見渡してみれば、「明日はわが身」と考えるの
も当然です。

彼の父親・金正日だって、同じように考えていたことでしょう。


「どうすれば、フセインやカダフィの二の舞を避けることができる
かな?」


こう考えると、出てくる答えは一つ。


「核兵器を保有すれば、アメリカはわが国を攻撃しづらくなるで
あろう」


こう考えるのは当然でしょう。


では、彼は戦争をしたいのか?

戦争しても、アメリカに勝てっこありません。

せっかく独裁者になって好き勝手できる。

若くて美人の嫁さんもいる。

かわいい子どもも生まれた。

国民は貧しいが、自分と家族、親戚は優雅な暮らしができる。



アメリカと戦争すれば、100%勝ち目はありません。

そして、100%「金王朝」は崩壊します。

彼の運命は、戦争中に死ぬか、あるいはとらえられてフセインの
ように裁かれるか?

どっちにしても明るい展望はない。

だから、常識的に考えると、金正恩が戦争を望むことなどありえ
ないのです。



実際、今回あれる前、アメリカとの関係改善を求める動きもして
います。


たとえば、2013年1月、グーグルのシュミット会長が訪朝。


・インターネットの利用状況を視察↓
http://www.youtube.com/watch?v=Z3crqf_wrcU

・視察団、平壌を出る直前↓
http://www.youtube.com/watch?v=lppgL0r2QsA


2013年2月、元スターバスケ選手のロッドマンさんが訪朝。
↓
http://www.youtube.com/watch?v=1408Y3QSvps

「金正恩は『偉大な人』と称えるほど、歓待されたようです。
↓
http://www.youtube.com/watch?v=5EDj-OMU-4g


そして、金正恩は、ロッドマンさんに「オバマ大統領からの電話をま
っている」と語ったとか。


つい最近のこんな動きを見ても、「金正恩は戦争をしたがっている」
とは思えません。


要するに、北朝鮮はアメリカに「関係改善のシグナル」を送り、アメ
リカは無視するという構図。


▼米中覇権争奪戦と●●の裏切り


「大局的視点」にもどってみましょう。

今世界では、米中覇権争奪戦が行われている。


そして、世界中の国々が、「米中どっちが勝つのかな?勝つほうに
つきたいな」と考えている。


「米中どっちが勝つのかな?」


この疑問は、多くの国々で、「国内分裂」の大きな要因になってい
ます。


たとえばロシア。

プーチンは、内心どうあれ、「国益」の観点から親中国を選択して
いる。

しかし、メドベージェフ前大統領(現首相)は、親米です。


日本は?

鳩山、小沢政権は、明らかに「反米」「親中」でした。

しかし、安倍さんは「親米」「反中」です。


多くの国が、「アメリカ」と「中国」の間で揺れている。

そして今、重要な同盟国が、アメリカを裏切ろうとしています。

どこの国でしょうか?


そう、韓国です。



去年8月、韓国の李前大統領が竹島を訪問。

そして、「韓国に来たければ日王は謝罪せよ!」と発言し、日本国
民を激怒させた。

私はこれについて、「中国に操られているのだろう」と書きました。


詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20120814181050000.html
2012/08/14 ★韓国大統領竹島訪問、【真の黒幕】は誰???



私はこの時、「韓国はそうとう中国に取り込まれているな~」と感
じたのですが。

「そんなバカな!韓国はアメリカの同盟国。中国に操られるはず
がない!」という意見が大半でした。


これに関連して。

最近私は、「韓国は、アメリカを捨て、中国の属国になることを既
に選択した!」と主張する本を読みました。


日経新聞編集委員・鈴置高史さんの



●中国に立ち向かう日本、つき従う韓国

(詳細は→ http://tinyurl.com/d3zzj88 )



です。

この本は丸々一冊「韓国はアメリカを捨て中国の属国になる」
という内容。

そして、日経新聞編集委員らしく、「公開情報」を中心に、「こ
れでもか」「これでもか」と証拠があげられています。

詳しくは本書を読んでいただければと思いますが、二つ例を
あげておきましょう。


鈴置さんは、「朝鮮日報社説 2012年2月11日付」を紹介してい
ます。



<「米国の衰退は韓国に苦渋の選択を迫る。

中国による東アジアの覇権を受け入れ、中国にさらに接近す
るか、

歴史的な反感にもかかわらず、日本との関係をさらに強化す
るかの選択だ」


「日本や韓国は核の傘を期待できなくなる。

日韓両国は新たな核の傘を求めるか、自前の核武装を迫ら
れる」 >

(19p)



↑
つまり、「アメリカは衰退していくので、たよりにならない」とい
う大前提のもとに、次の選択肢を考えている。

選択肢とは?

1、中国に接近する

2、日本に接近する

3、核武装して自立する


3については、韓国が「核武装」をいいはじめると、「北朝鮮」
を非難できなくなるということで、さらなる言及なし。


2の「日本接近」については、


<「日本と手を結ぶ」に関しては、ブレジンスキー氏の「米国の
強い支援がない場合、日本が中国に対抗できるかは疑わしい
」との意見を引用し、

現実的な選択ではないと示唆した。>(21p)



つまり、「アメリカもダメ」「日本もダメ」。

で、結論は?

そう、結局「中国の属国になるしかないじゃないか?」。

(正確には、韓国が核武装するか、中国の属国になるかだが、
鈴置さんは、「韓国は既に中国の属国になる道を選んだ」と見
ている。)



↑
さて、これは韓国の最有力紙の「社説」に過ぎません。

では、韓国政府の方針はどうなのでしょうか?


▼韓国は、既にアメリカを捨て、中国を選択した


鈴置さんは、本の中で再三「日韓秘密情報保護協定」ドタキャン
事件について触れています。

これはなんでしょうか?

ウィキを見てみましょう。



<日韓秘密情報保護協定(にっかんひみつじょうほうほごきょうて
い)は、日本国と大韓民国の間で秘密軍事情報を提供し合う際、
第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。

2012年6月29日に締結される予定であったが、韓国側の都合によ
り締結予定時刻の1時間前になって延期された[1]。>



↑
1時間前にドタキャン・・・。

韓国らしいです。

実はこの協定、アメリカから日韓に「締結するよう」強い圧力がか
けられていました。

一方中国は、韓国に、「締結したらひどい目にあわせるからな!」
と恫喝していた。


二つの超大国にはさまれた韓国はどういう選択をしたのか?

既述のように、アメリカではなく、中国のいうことをきいてドタキャ
ンしたのです。

その理由がふるってます。




<中国に対しては「ご指示通り軍事協定は断りました」と歓心を
買った。

その一方で、米国に対しては、「ご指示の通りに協定を結ぼうと
したのですが、


日本のせいでできません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


従軍慰安婦問題や独島(竹島)問題で日本が強情なため、我が
国の左派が反対するのです」

と責任を転嫁した。>(41p)



姑息な・・・。

米中との関係を損なわないよう、日本を「スケープゴート」に使っ
たのです。

そして、日本に対しては。



<協定署名をドタキャンされて驚く日本に対しては、「慰安婦で
韓国の要求を受け入れず、

軍事大国化を狙うお前が悪い」と居直った。>(41p)




確かにこの時、韓国はアメリカではなく中国の指示に従いました。

しかし、この後、決定的な事件が起こります。



<協定署名を巡るドタバタ騒ぎの直後、韓国各紙に

「中国と韓国の軍当局が事実上の物品役務相互提供協定(ACS
A)締結を目指して交渉中。結べば米国に続き2番目」(7月3日付)

というニュースが小さく報じられた。

「日本とのバランスをとるために中国にも申し込んでいる」(朝鮮
日報5月21日付)

と韓国政府が説明していた

軍事協定だ。>(42p)
~~~~~~~~~~~~~~~ 



つまり、韓国は、アメリカ仲介による日本との軍事協定を断り、

一方で中国との軍事協定交渉はつづけていたのです。



韓国の、アメリカ、日本軽視、中国重視はこればかりではありま
せん。



<FTA(自由貿易協定)交渉でも、韓国は日本より中国を優先
した。

排他的経済水域(EEZ)に関する国際交渉でも、韓国は中国に
追従し、

日本や米国と対立するようになった。(中略)

もう、韓国は少し前までの韓国ではない。>(42p)


メルマガではこれ以上詳述できませんが、興味のある方は、



●中国に立ち向かう日本、つき従う韓国

(詳細は→ http://tinyurl.com/d3zzj88 )



をご一読ください。

中国と韓国の現状がとてもよくわかる名著です。


▼北朝鮮問題と韓国裏切りの関係は?


こういう背景をふまえて、朝鮮半島情勢を考えてみましょう。


北朝鮮が、アメリカとの関係改善を望んでいる件について、

レコードチャイナ3月5日付は、
↓



<北朝鮮が日米との民間交流を活発化、関係改善へのサインか
―韓国メディア


2013年3月4日、韓国の聯合ニュースによると、事実上の弾道ミサ
イル発射と核実験により北朝鮮と日本、米国などとの政治的関
係が悪化している一方で、政治以外の民間レベルにおける交流
は活発になっている。

中国新聞社が伝えた。 

日本の指揮者・井上道義氏が北朝鮮を訪れているほか、元NB
Aスター選手のデニス・ロッドマン氏も北朝鮮を訪問し、現地で行
われた試合を金正恩(キム・ジョンウン)第一書記と観戦している。

また、検索エンジン最大手・米グーグルのエリック・シュミット会
長も1月に訪朝するなど、海外の文化・スポーツ分野の著名人が
次々に北朝鮮を訪れている。 

注目されるのは、そうした著名人の訪朝を北朝鮮のメディアが詳
細に伝えていることで、井上道義氏は2011年にも訪朝しているが、
その際は積極的に報じられなかったのに対し、今回の訪朝は大
手メディアが即座に報じている。

ロッドマン氏に関しては金正恩第一書記との会談の様子まで伝
えられている。 

これらは北朝鮮が米国や日本との間で非政治分野の交流を活
発化させる姿勢の表れである。

1月からは外国人の携帯電話使用も認めていることから、日本や
米国との関係改善のサインではないかと指摘する声もある。
(翻訳・編集/岡田) >



↑
ところが、アメリカは、こういうシグナルを無視して、対話の道をと
ざしています。

北朝鮮には何度もだまされているので、それでもいいとは思いま
すが。

ただ、朝鮮半島情勢が緊迫しているのは、「アメリカがそれを望
んでいるから」という事実は知っておいたほうがよいでしょう。

なぜ?


北朝鮮が暴れると一番困るのはどの国ですか?

そう、韓国です。

中国を選択したはずの韓国ですが、北が暴れるとアメリカのとこ
ろに帰ってくるのです。



思い出されるのは、日本の民主党政権ですね。

小鳩政権は、今の韓国同様、アメリカを捨て中国を選択しようと
した。

すると、ふたりの「金銭問題」が浮上し、短期政権で終わった。

次の菅さん時代、「尖閣中国漁船衝突事件」が起こった。

日中関係は超悪化し、日本は徐々にアメリカの元に帰っていっ
たのです。



私は、日中関係悪化の背後に「アメリカがいる」とは思いません。

しかし、「覇権争奪戦をしている米中が、世界中の国々をとりあっ
ている」のは事実。

そして、今朝鮮半島で起こっていることは、アメリカが、裏切り者
韓国を、中国から取り戻そうとしているのです。

↓




「もし、プーチンが日本の首相だったら?」

↓

【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================








【株やってる人必見!】

●第3の投資法とは?(上げっても、下がっても儲かる?!)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

「アベノミクス相場」がすごいですね。

去年11月8600円だったのが、今年2月には11000円。

3ヶ月で30%ちかくあげています。

ところで、皆さん、うまく上昇相場に乗れましたか?

乗り遅れて、「30%も急騰して、今から買うのはこわい!」という
方に面白い話があります。

「ファンダメンタル」でも「テクニカル」でもない、【第3の投資法】。

なんと以下のような、驚きの特徴があります。

・相場は上がっても、下がっても、どっちでもいい(!)
・売買タイミングは、いつでもいい(!)
・テクニカル指標は、いらない(!)
・トレード時間は週30分(!)
・年利は、~50%程度
・トレード手法を身につける時間 = たったの1~2日!!!

この【第3の投資法】を知る方法。

概要を知るために500円かかります。

とはいえ、たった500円なのに【90日の完全返金保証】がつい
ている。

ですから、迷うなく申し込んでごらんになってみてください。

ちなみに解説をされている江崎先生は、3万3000人の投資家
をサポートしていて、絶大な信用をほこる方です。

私も早速見ましたが、本当に参考になりました。

まじめな個人投資家の方は、いますぐごらんになってください。

詳細は
↓
http://tinyurl.com/b7xsjbf









↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


●「週休3日の成功ルール」

(詳細は→ http://tinyurl.com/yapbccd ) 


著者はマーク・アレンさん。

ニューワールド・ライブラリー出版の社長さんです。

私はこの人のことを、大昔から知っていました。

私が100回読みした本は2冊しかないのですが、その一冊が、


「マスターの教え」です。

(詳細は→ http://tinyurl.com/ajewh )


で、「マスターの教え」を再発見し、アメリカで出版したのが
マーク・アレンさんなのです。

「週休3日の成功ルール」を読むと、マークさんは30歳まで
ド貧乏な暮らしをしていたことがわかります。

彼は子供のころ、俳優とミュージシャンになりたかった。

それで、劇団で働いたり、ロックバンドを結成したりするの
ですが、一向に成功しない。

私にも知人がいるのでわかるのですが、俳優やバンドで
成功するのはホントに難しい。

成功していない俳優・バンドの生活はかなり大変です。

また、マークさんはハワイに行って禅の勉強をしたり、ス
ピリチャルな運動めぐりをしていました。

今の言葉で「自分探し」をしていたということでしょうか。


30歳の誕生日を迎えた日、彼の生活はこんな感じでした。


・無職(フリーター)
・貯金ゼロ
・毎月の家賃65ドルを払うのが一苦労


「もうこんな人生はいやだ!」と切実に思ったのでしょう。


マークさんは、こんなことをやってみました。


1、5年後の理想的な場面をイメージしてみる
2、それを紙に書いてみる


10年後、彼は億万長者になっていました。

どうやって?

その秘密が、この本には凝縮されています。

しかも「週休3日」、帯には

・午前中は働かない
・月曜日は働かない
・長期休暇は必ずとる

とあるように、スポ根人生とは対極のやり方で幸せに成功する方法
です。

特に、「成功哲学って何ですか~?」という方には、人生を一変させ
るインパクトがあると思います。

是非ご一読ください。


●「週休3日の成功ルール」

(詳細は→ http://tinyurl.com/yapbccd )



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================





●北野、「人生が一変する話」を聞きました


私も非常に尊敬する超カリスマ・コンサルの濱田さん。

濱田さんは、ごく平凡な会社を短期間で「日本一にす
る」

売り上げや利益を「3倍」「5倍」「10倍」増やす

ことでその名を轟かしています。

先日、その「秘密を教えてくれる」と聞き、早速みてみ
ました。


「・・・・・・・・これは・・・・・・」


もう、テイクマイブレスアウェイです。

小手先のテクニックではなく、「生き方そのもの」を
一変させてしまうお話でした。

皆さん、こんな話、無料で聞けるのはありえません。

後悔しないこと、北野が完全保証します。

いますぐこちらをごらんになってください。↓

(無料です)↓
http://tinyurl.com/an3a7ge







↓おたよりコーナーへ
================================================================

★ワッチさまからのおたより

北野様

お久しぶりです。

相変わらず食料難の件ですが、例の冊子は何度も改訂されて、
今は第7版で「食料難迫る」という書名です。

賛同者が国会議員などに送っていますが、反応がありません。

国民皆が税金で農業・食を支えようというのが、国民の人気取
りをする議員先生方には気に食わないのでしょうか。 

税金のバラマキよりましと思うのですが。

TPP交渉参加でいよいよ食料難を深刻に考えねばいけないと
思いますが、震災対策や防衛問題は取りざたされても食料安
全保障はなおざりです。

地元の代議士は食料安全保障を考えているというので秘書に
話しましたが、食料難が来ても一時のことで輸入すればよいと
いう考えで、がっかりしました。

ネットで訴えようと思いホームページを作りましたが、まだ検索
にも引っかからない状態です。

参考に見てください。
http://www.geocities.jp/wotch_yan/

それでは、益々のご活躍を期待しております。

長野県松本市 ワッチ





↓編集後記へ
================================================================







【無料】

●アベノミクス【株高】で大もうけする方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アベノミクスで株がすごいことになっています。

08年の大暴落で撤退していた人も、そろそろ(迅速に)カムバックす
るべきなのでしょう。


「・・・・・・・そうはいってもトラウマが・・・」


それなら、常勝カリスマトレーダーのS氏からトレード手法を超特急
で学んでカムバックしましょう。
↓


<千載一遇のチャンス到来

アベノミクスで円安・株高にマーケットが振れて、個人投資家にと
ってまたとない投資で利益を稼げるタイミングがやってきました。 

絶対にこの機会を逃さないで下さい。

株で稼ぐための1+1+1=∞の絶対定理を無料でお教えいた
します。>

↑
いまだけ【無料】です。

詳細はこちら↓
http://tinyurl.com/bwlh4fj







↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


昔からの読者さんはご存知ですが、私は映画、ドラマをたくさん
みます。

ドラマは、一番見るのがアメリカ。

そして、日本。

ロシア在住ですが、ロシアのドラマはあまり見ません。

たまには面白いドラマもありますが。


アメリカのドラマと日本のドラマには、明らかな違いがあります。

アメリカドラマの面白さは、「金」と「びっくり」です。

「金」というのは、ドラマに金をかけているということ。

たとえば、「レヴォリューション」というドラマでは、「電気がなく
なって無政府、戦国時代になったアメリカ」が描かれています。

日本のドラマでは、予算の関係で、同じことはできないでしょう。


「びっくり」というのは、ストーリーに「意外性がある」ということ
です。

たとえば、「LOST」は毎回最後に、「まじで!」という驚きがあり
ました。



一方、日本ドラマのよさは、「人情」とか「繊細さ」です。

たとえば、私は最近「とんび」というドラマをみました。

視聴率が20%を超えていたので、ごらんになった方も多いでし
ょう。

結婚し、子供がうまれて喜んでいたら、奥さんが亡くなってしま
ったヤッさん。

小さいころにお母さんを亡くしてしまったヤッさんの息子アッ君。


運送会社につとめながら一人で、子育てをするヤッさん。

お母さんがいないさびしさを抱えつつ、お父さんと近所のみん
なに愛されながら成長していくアッ君。



1話で奥さんが亡くなる以外は、本当に「どこにでもあるような
話」がつづいていきます。

・一人での子育てがきつく、再婚したくなるヤッさん

・野球部で後輩いじめをしてしまったアッ君

・故郷を離れ「早稲田大学」に入りたくなるアッ君とそれに反
対するヤッさん

・出版社に就職したいアッ君と反対するヤッさん

・7歳年上、子連れ女性と結婚したいアッ君と反対するヤッさ
ん


などなど。

要するに、自分の子供が大学に入り、就職し、結婚し、孫が
うまれという、「人生」をドラマにした。

しかし、毎回毎回、泣かせます。

「俺の涙腺がどうかしているのか?」と思っていたのですが。

「とんび」を見たロシア人も、「毎回涙が止まらない」というの
です。


それで、「ああ、こういうドラマは日本人にしかつくれないが、
ドラマで描かれる心情は世界共通なのだろう」と感じました。


というわけで、「とんび」絶対お勧めです。

これ見たら、日本の親子関係がよくなることでしょう。

まだの方は、是非ともごらんになってみてください。


公式サイトは↓
http://www.tbs.co.jp/TONBI/

DVDは↓
http://tinyurl.com/cr6aux2



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/15
部数 55,864部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/15
部数 55,864部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング