ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】【必読】★日本はなぜ、情報戦で中国に負けたのか?


カテゴリー: 2012年12月21日
==

<●2012年Eブック大賞・優秀賞受賞作>
<●メルぞう、歴代ランキング(ニュース・情報源部門【1位】!>


◆【世界一わかりやすいアメリカ没落の真実】(北野幸伯著)

【完全無料】ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.890

                         2012/12/21

================================================================

●億万長者への最短距離とは?


北野です。

ここ数年、私の知人で億万長者になる人が続出しています。

「ここ数年」って、世界的大不況ですよね。

彼らはそんなことに関係なく、どんどん富を蓄積しています。


いったい、どうやって億万長者になったのでしょうか?


「情報販売ビジネス」でです。


インターネットを使ったビジネスにもいろいろありますが、もっと
も爆発的にお金を稼げるのが「情報販売ビジネス」。



「面白そうだが、『情報販売ビジネス』っていわれても、なんの
ことやらわからん・・・・」


そんな人に朗報があります。


「インターネットビジネス」で10億円稼いだ、若き天才・小野た
つなり先生が、

そのやり方のセミナー映像【8時間】を【完全無料】で公開し
てくれています。

最速で「億万長者」になりたい方は、その一歩として、是非

この【8時間セミナー】の映像をごらんください。

私も見ていますが、「おいおいこれを無料で教えちゃうの?」
という内容になっています。

詳しくは、こちら。
↓
http://tinyurl.com/cevzqm2






↓






【無料】

●『嫌でも目標までたどりつく方法を教えます!』


張り切って目標を立ててすぐに挫折した経験はありませんか?

私は何回もありました。

挫折するたびに情けない思いもしました。

でもある日、嫌でも目標にたどりつく方法を覚えました。

それは1つの簡単な作戦でした。

【無料】ダウンロードはいますぐ
↓
http://tinyurl.com/bpsxs9u

(●短いレポートですが、これは本当に役立ちそうです。
目標挫折常習者の方は、是非参考になさってください。
北野)

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★日本はなぜ、情報戦で中国に負けたのか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●最終章見ました。
頭と胴体が切り離されました。
詳細は「編集後記」で!)



最近、気になって仕方がないことがあります。

それは、中国のプロパガンダが徐々に世界で浸透していること。

尖閣問題。

日本国民は、「どうみても中国が悪い!」と思うでしょう?

だって中国は、1895年から1970年まで尖閣が日本領であるこ
とを認めていたのですから。


ところが、世界のメディアを見ていると、なぜか日本が悪者にな
っているケースが多々ある。


「日中両国が領有権を主張する尖閣諸島で問題が起こってい
る。

そのきっかけは、日本政府が尖閣国有化を決めたからだ!」


とまあ、こんな論調。

実をいうと、日本が中国の大うそでひどい目にあったのは、こ
れがはじめてではありません。

日本は、第2次大戦で負けました。

いろいろな理由があるのですが、その一つは、


中国に情報戦で負けたこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回は、第2次大戦の敗因を探ることで、私たちが今どう動く
べきなのかを考えてみましょう。


▼日本の「世界征服計画」???


皆さん、「田中上奏文」ってご存知ですか?

外国では「田中メモリアル」として知られています。

1927年、当時の田中義一首相が、天皇陛下に上奏したとされる
「怪文書」です。

なんと、「田中首相が、天皇陛下に『世界征服計画』を提出した」
というのです。


有名な一節。


<シナを征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。

世界を征服せんと欲せば、必ず先ずシナを征服せざるべからず>



つまり、日本が世界を征服するためには、


1、満州および内蒙古を征服する

2、次に中国を征服する

3、そして世界を征服する


まことにバカバカしい「偽書」なのですが、これを中国は1929
年ごろから組織的に全世界にばら撒いていった。

誰がこれをつくったのか、いまだに真相は謎なのですが、中
国はフル活用しました。

英語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、中国語に翻訳され、
全世界に流布していきます。

これに大きな役割を果たしたのが、各国の共産党でした。


(つづく)↓
================================================================







【有吉ジャポン出演!】

●20代で【月収】1億円達成男の秘密とは?


昨日、放送された”有吉ジャポン”は
見ましたか?
→ http://tinyurl.com/d47awt4


いや~ とんでもない男でしたね。

美人モデルの彼女に、
高級マンションや高級車の数々。

おまけにヘリまで持ってるなんて
どうやって手に入れたんでしょうね~

聞いた話では、数ヶ月前までは
貯金が10万円しか無かったらしく、
わずかな期間で、
ここまで上り詰めたみたいです。

一体どうやったら、こんなに稼げる
んですかね~

今だけ、その稼ぎの秘密を

【期間限定】で公開しているそうです。
→  http://tinyurl.com/d47awt4







↓(本文つづきへ)
================================================================

▼罠にはまった日本


<シナを征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。

世界を征服せんと欲せば、必ず先ずシナを征服せざるべからず>



どう見ても「偽書」なので、当時の日本外務省は抗議。

中国国民党政府も「田中上奏文」が「偽書」であることを認め、1930
年4月、機関紙「中央日報」に、そのことを掲載しました。

つまり、中国も「上奏文」は「ウソである」ことを知っていたのです。


しかし、その後の日本は、あたかもこの「上奏文」に沿っているか
のような行動をとります。

そう、1932年に「満州国」を建国した。

国際連盟は、「満州国ってどうよ?」ということで、イギリス人リッ
トンさんを団長とする調査団を派遣します。

リットン調査団は報告書を作成。

そして、1932年1月、「満州国問題」を検討する「国際連盟理事
会」が開かれたのです。


中国側の代表は、最初からこういいました。


<シナを征服せんと欲せば、先ず満蒙を征せざるべからず。

世界を征服せんと欲せば、必ず先ずシナを征服せざるべからず>


「皆さん、これは日本の「世界征服計画」のはじまりです。

日本は、この計画に従い、まず満州を征服した。

そして、次に『中国全土の征服』を目指すことでありましょう。

その次は、いよいよ『世界征服』です。

皆さん!

『満州国建国』は日本による『世界征服』の第1歩であります。

いまここで日本をとめなければ、あなたの国も必ず日本の支配下
に入ることでありましょう!」



↑
上の部分は私の想像ですが、中国の代表が、「田中メモリアル」
を引用し、「これは日本の世界征服のはじまりだ!」とプロパガンダ
したことは事実です。

これに対し、日本の松岡洋祐・全権は反論します。


「田中上奏文などというものは存在しない!
それがホンモノであるというのなら、中国は証拠を提示せよ!」


これに対して、中国代表は、


「田中メモリアルの原本など、日本の皇室関係者でもなければ、
入手できない。

だから、そんなものは提示できない。

しかし、証拠はある。

日本がいまやっていることは、田中メモリアルのとおりではない
か?」



「証拠はないけど、あんたたちがやっていることこそ、田中メモ
リアルが真実である証拠だ!」

と。

中国人は、今も昔も、口が達者です。

結局この問題はどうなったのでしょうか?

リットン調査団の報告をもとに、国際連盟で勧告案が作成さ
れた。

そして、1933年2月、総会で採決が行われたのです。

結果は、42カ国が満州国建国に反対(つまり勧告案に賛成)

満州国建国に賛成はわずか一国。

そう、日本。

結果に激怒した日本は、なんと「国際連盟」を脱退してしまい
ました。



私たちは、「なんでこうなっちゃったのかな?」と考えてみる必
要があります。

1933年といえば、日中戦争開始の4年前、太平洋戦争の8年前。

この時点で、日本はすでに国際的に孤立し、「勝てない戦」に
突入していったことが見えるのです。

毎回書いています。

日本はなぜ負けたのか?


アメリカ、イギリス、ソ連、中国 を同時に敵にまわしたからで
す。


はじまった時点で既に負けていたのです。

こんなもん勝てるわけありません。

絶対勝てません。



しかし、当時の日本外交の甘さを嘆いても仕方ありません。

私たちは過去の教訓をいかし、「いつか来た道」を行かない
決意を固める必要があるのです。



▼中国は、「尖閣問題」を「歴史問題」「軍国主義問題」にすりかえ
る


さて、中国。

この国のプロパガンダのうまさは、今も昔も変わりません。

しかし、一つの特徴があります。

それは、「一つの問題を、全世界的問題に拡大してプロパガンダ
すること」。


たとえば「満州国」は日中間の問題でした。

これを中国は、「日本、世界征服の第一歩!」と位置づけ、全
世界が日本の敵になるように誘導したのです。


今、日本と中国には「尖閣問題」があります。

日本は当時、「田中メモリアルはウソである!」ということに、集
中していました。

しかし中国は、「日本のやっていることを見てください!まさに
田中メモリアルのとおりではありませんか!?」と反論した。


今の日本はどうでしょうか?

そう、「尖閣は日本固有の領土であり、『領土問題』は存在し
ない」

日本の主張はこれだけです。

しかも、中国が尖閣を日本領と認めていた証拠が山ほどある
のに、

中国に遠慮して、それを全世界に提示もしていない。


これじゃあ負けますわ。

安倍さん、この点はガンガンやって欲しいと思います。


「中国の地図に、『尖閣』は日本領と記されている!」


と実際の地図を見せながら、ことあるごとに主張していただき
たい。


さて、中国は当時、「満州問題は、世界征服の第一歩」としま
した。

日中間の問題を世界問題にした。

今はどうでしょうか?



「日本が中国固有の領土である尖閣を『自国領』と主張し、

韓国、ロシアの領土侵略を狙っているのは、

日本が再び右傾化し、軍国主義への道を歩みはじめている
からである!」



これです。

そして、日本の軍国主義復活を阻止するために、

中国、アメリカ(!)、ロシア、韓国で

反日統一戦線をつくろう!

と主張している。



<こう述べる郭氏は、中国、ロシア、韓国による反日統一共同戦線
の創設を提案している。

日本に第2次世界大戦の結果を認めさせ、近隣諸国への領土要
求を退ける必要性を認識させるために、この戦線には米国も引き
入れねばならない。>

(The Voice of Russia 2012年11月15日)


郭氏の驚愕の主張を知りたい方はこちら。(前号)
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20121217042709000.html



中国の領土要求は1970年からはじまったのであって、「第2次大
戦」とはまったく関係ありません。

しかし、中国は、またもや「日中間の問題」を「世界問題」に転化
し、


「日本は『軍国主義国家』だから、『韓国、ロシア領を狙い、中国
領(=尖閣)を支配しつづけている』」と。

日本はどうすればいいのでしょうか?


(さらにつづく)↓
================================================================







【無料】

●松下誠が「100年に1度の不況」でも勝ちつづける秘密
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

個人投資家の皆さま必見情報です。

100年に一度の大不況下でもかわらず勝ちつづけている
投資の神様・松下誠先生が、

その秘密を【無料セミナー】で伝授してくださいます。

内容を見ると、

第1回  移動平均線を使ったトレード手法(8分41秒)
第2回  MACDの使い方(12分9秒)
第3回  スワップ金利は危険!(8分55秒)
第4回  ポートフォリオの考え方(8分01秒)
第5回  ボラティリティの高さを見るATRの使い方(10分12秒)
第6回  ドローダウンが投資家を左右する(7分35秒)
第7回  スイングトレードの考え方(10分45秒)
第8回  ダウ理論から分かるトレンド認識(9分12秒)
第9回  ダウ理論で相場を見る(7分11秒)
第10回 為替相場における両建てはなぜ危険か?(9分43秒)
第11回 為替市場における相場の転換点(7分23秒)
第12~14回 マネジメント(9分35秒)
第15~16回 サイクル理論を使ったトレードイメージ1(7分45秒)
第17回 エリオット波動原理(9分51秒)
第18回 メリマンサイクルにおける波の捉え方(6分50秒)
第19回  根拠ある損切りとは?(8分22秒)
第20回 前半・後半 価格が上がる理由とは?(7分27秒/3分44秒)
第21回  売買回数が多すぎる!(6分52秒)
第22回 底値からの持合いはチャンス!(5分26秒)
第23回 サイクル理論をトレードに活かす方法(9分54秒)


↑驚いてめまいがしてきましたね。

セミナーにしたら軽く数万円はする内容。

しっかり学べば、数百万~数千万利益をあげることのできる内容
です。

常勝投資家になりたい方は、迷わずゲットしてください。
↓
http://123direct.info/tracking/af/289883/YmoTbrTf/







↓(本文つづきへ)
================================================================

▼安倍さんは、中国の罠にはまるな!


「田中メモリアル」の教訓1。

それは、「田中メモリアル」が「偽書」であったにもかかわらず、
日本は、あたかもそれが「真実」であるような行動をとったこと。

そして、世界が「偽書」を「ホンモノ」と信じてしまった。


今、中国の主張は、「日本は右傾化している!」「軍国主義化
している!」です。

もし日本が中国の主張を裏付けるような行動をとれば、その
主張に「正当性」を与えてしまうことでしょう。

結果、日本は、中国、アメリカ、ロシア、韓国からなる


「反日統一戦線」


に包囲され、少なくとも尖閣、ひどければ沖縄まで奪われて
しまうことでしょう。


では、どうすればいいのでしょうか?

そう、中国の主張を裏付ける行動を日本がとらなければいいのです。

それは、たとえば、


・国防軍の創設

・核兵器武装の議論をはじめる

・憲法改正

・愛国教育の復活(愛国教育とよばず「道徳教育」ならOK)


等々です。

こう書くと、「北野は左翼か!?」と思う人も出てくるでしょう。

断言しますが、私は左翼ではありません。

私は、「日本のよき伝統、歴史、文化を守る」という意味で「保守」
です。

私は「平和憲法教徒」「護憲派」ではありません。

だいたい、アメリカがつくった憲法を、「絶対視する」とか「神聖視
する」とか、理解できません。

心情的には、「さっさと自主憲法をつくれ!」と思います。

しかし、今の段階でそれをやると、喜ぶのは中国だけなのです。



「じゃあ、憲法改正はどうなんだ?」


現状の憲法でも、あたりまえですが「個別自衛権」はあります。

中国が攻めてきたら自衛隊が出動して撃破できる。


じゃあなんで憲法改正するんだ?

主な理由は「集団的自衛権」の問題でしょう?

しかし、実をいうと、集団的自衛権を行使するのに、「憲法改
正」する必要はないのです。


「集団的自衛権」は、国際法ですべての国に認められた「権
利」です。

「すべての国」ですから、当然日本にも権利はある。

しかし、日本政府は、「権利はあるけど、『平和憲法』があるの
で『行使はできない』」と解釈している。


だからこれを、「すべての国は『集団的自衛権』をもっている。
当然『行使』も可能」と「解釈を変える」だけですむ話。


私が左翼でない証拠に、「集団的自衛権は認めるべし」と主張し
ています。

なぜ認めるべきかというと、それによって、日米安保が「片務」か
ら「双務」にかわるから。

いままでは、


「アメリカは日本を守るが、日本は(集団的自衛権行使を禁止し
ているので)アメリカを守れない」


だった。

だから「対等な関係を!」なんて不可能です。

これを


「アメリカは日本を守る。日本もアメリカを守る」


とすればいい。

これは日米同盟を深化させ、中国への抑止力を飛躍的に強める
効果をもちます。


安倍さんには、何か行動する際、日本の左翼ばかりでなく

「私のこの行動は、中国に『日本軍国主義化』の口実を与えるだ
ろうか?」

と一考する習慣をつけていただきたいと思います。



▼日本は「尖閣問題」を「世界問題」に転化せよ!


田中メモリアルの教訓2。


日本の情報戦能力は、第2次大戦当時から全然進歩していません。

中国が世界中で反日プロパガンダをしているのに、日本はサンド
バックのように、だまってひたすら打たれつづけています。

そうこうしているうちに、日本は一日一日「孤立」の道を進んでいる
ことを自覚する必要があります。

ではどうすればいいのでしょうか?

中国の手を日本も使うのです。


「尖閣は日本固有の領土。領土問題は存在しない」


ではなく、


「中国は、世界中の領土を狙っている。

その証拠に『ハワイは自国領』と主張している!」


これです。

証拠をお見せしましょう。
↓



<クリントン国務長官明かす 中国「ハワイ領有権主張も」

産経新聞 12月1日(土)7時55分配信

 ■米「仲裁機関で対応する」

 【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は11月29日、ワシン
トン市内で講演した際の質疑応答で、過去に南シナ海の領有権問題
を中国と協議した際、


中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言した
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことを明らかにした。>




日本の全閣僚、全官僚は、この新聞記事の英訳を常に持ち歩く。

外国で「尖閣問題どうなってるんですか?」と聞かれることもある
でしょう。

その時、



「う~ん、中国すごいですね。

『全世界は中国領』と思っているみたいです。

だって『ハワイは中国領』と主張していますから」



レポーター「ハハハ、ユーアーキディング!」



「いや、ジョークじゃないですよ。

この記事見てください」



レポーター「・・・・・・・・・・・!!!」



「まあ、こんな国ですから、尖閣問題がなぜ起こったのか、
解説する必要もないでしょうが、いちおう歴史的経緯をお話
しますね」



てな感じで、毎日毎日、全世界にこの真実をばら撒いていき
ます。

「田中メモリアル」は偽書でしたが、それを流布されて日本は
負けました。


しかし、中国が「ハワイ=中国領」と主張しているのは事実で
すので、これを世界の人に教えてあげなければなりません。


▼アメリカで意見広告うつなら


日本の「歴史事実委員会」が米紙に「従軍慰安婦のウソ」について
、11月に意見広告を出したと報じられています。


これは韓国の話ですが、対中国で意見広告をするなら、

「尖閣の真実を知ってください」

とやるよりもっといい方法があります。

こんな感じ。
↓


<ハワイは【中国領】だって知ってましたか?>



これで、全アメリカ読者の目が釘付けになるでしょう。


<「いや、ハワイはアメリカ領だろ?」


そう、ハワイはアメリカ領です。


しかし、中国は「ハワイは中国領だ!」と主張しています。


「・・・・・うそいうな、バカたれ!」


あなたがそう思われる気持ち、わかります。


しかし、証拠をお見せしましょう。
↓


<クリントン国務長官明かす 中国「ハワイ領有権主張も」

産経新聞 12月1日(土)7時55分配信

 ■米「仲裁機関で対応する」

 【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は11月29日、ワシン
トン市内で講演した際の質疑応答で、過去に南シナ海の領有権問題
を中国と協議した際、


中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言した
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことを明らかにした。>


(註、できれば転載は英字新聞が好ましい)



クリントンさんも、さぞかし驚かれたことでしょう。


しかし、中国が全世界で他国の領土を自国の領土と主張してい
る実態を考えれば、当然なのかもしれません。

中国はなんと、

日本、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ブータン、イン
ド、パキスタン、韓国、

と領土問題を抱えています。

しかし、どれも「ハワイは中国領」とどうレベルの「泥棒的主張」で
す。

最近は、「ハバロフスク、ウラジオストックは中国領」と主張しはじ
め、ロシア政府を困惑させています。


親愛なるアメリカ国民の皆さま。

共産中国がハワイを狙っています。

どうかお気をつけください。

日本はいつもアメリカの味方です。

PS
東日本大震災のときは命がけで助けてくださり、ありがとうござ
いす!

このご恩は、永遠に忘れません。>



とまあ、こんなかんじでいかがでしょうか?

櫻井よし子さんにも是非検討していただきたいです。


いずれにしても、日本国民は過去の歴史をよく勉強し、同じあ
やまちを繰り返さないことが大事。


「日本の外交敗戦」について、もっと詳しく勉強したい方は、



●「なぜ日米開戦は避けられなかったのか」 服部龍二

(詳細は→ http://tinyurl.com/c8orwsw  )



をご一読ください。

戦争がはじまるかなり前から、日本は情報戦、外交戦でやぶれ、
破滅への道を歩んでいったことがよくわかります。

「田中メモリアル」の真実も書かれています。


そして、こちらも。↓





「プーチンが日本の首相だったら?」

↓

【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================







【無料】

●北野、「人生が一変する話」を聞きました


私も非常に尊敬する超カリスマ・コンサルの濱田さん。

濱田さんは、ごく平凡な会社を短期間で「日本一にす
る」

売り上げや利益を「3倍」「5倍」「10倍」増やす

ことでその名を轟かしています。

先日、その「秘密を教えてくれる」と聞き、早速みてみ
ました。


「・・・・・・・・これは・・・・・・」


もう、テイクマイブレスアウェイです。

小手先のテクニックではなく、「生き方そのもの」を
一変させてしまうお話でした。

皆さん、こんな話、無料で聞けるのはありえません。

後悔しないこと、北野が完全保証します。

いますぐこちらをごらんになってください。↓

(無料です)
http://123direct.info/tracking/af/642169/RdtxLLbU/








↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 



★「ねこ背は治る!」 小池義孝 自由国民社

(詳細は→ http://tinyurl.com/afe6kza )


先日、知人のAさんは、笑顔が素敵な女性と知り合いました。

仲間由紀恵さんのような美人だといいます。

私は、「そりゃすごい!次に会う日は決めたの?」とききました。

するとAさんは、「まだ決まってない」といいます。

「そんなもん、すぐ決めないとダメでしょ!」というと、なんと


「口説くか迷ってる」と贅沢なことをいいます。


理由をきいてみると、顔は仲間由紀恵さん似だけど、


【猫背だ】


というのです。

ひどい話ですが、現実世界では、そんなことで判断されちゃう
こともあるんでしょう。


この本には、「猫背」を一瞬で治す方法が書かれています。


「正しい知識」を「知るだけ」で「猫背」が治る。


正確にいうと、「正しい立ち方を知る」でしょうか。


そのほかにも、「呼吸を深くして健康になる方法」

「正しい座り方で、つかれなくなる方法」

「歩くのが速くなり健康になる方法」

「腕力が一瞬であがる方法」


等々、面白情報が満載です。

長い間アマゾンベスト100にランク入りしていたので読んでみたの
ですが、やはり売れてる本は、面白いです。

猫背のみならず、トータルに「健康」になるための知識・方法が身
につきますので、是非ご一読ください。


★「ねこ背は治る!」 小池義孝 自由国民社

(詳細は→ http://tinyurl.com/afe6kza )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






●北野お勧め【無料】レポート


・1兆円を動かす男ピーターセージの成功法則
↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753
(私は、これでお金を引き寄せる「豊かな心」の意味がわかりました。北野)


・天才の集中力
↓
http://mailzou.com/get.php?R=23232&M=22753
(集中力を高める簡単で実践的な方法が満載です。北野)


・中国ビジネス、ここに気をつけろ!
↓
http://mailzou.com/get.php?R=50178&M=22753
(中国ビジネス歴10年、上海駐在歴5年・江口さんによる極上レポ
ートです。これでかなり失敗を減らせるはずです。北野)


・日本一のメンタルトレーナーの【運勢を劇的によくする方法】
↓
http://mailzou.com/get.php?R=35739&M=22753
(北京オリンピックで金メダルをとった女子ソフトボール日本代表
を指導し、一躍有名になった日本一のメンタルトレーナー西田先
生の【劇的に運をよくする方法】です。北野)


・カリスマ占い師が明かす、開運の極意
↓
http://mailzou.com/get.php?R=48697&M=22753
(これまで2万人を鑑定してきた蒼真先生のレポートです。
運勢を知り、どうすれば開運できるか解説されています。北野)


・健康も富も栄光も、全て思いのままになる秘法
↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753
(106歳まで元気に生きた塩谷医学博士の健康法、成功法で
す。北野)







↓おたよりコーナーへ
================================================================

★ドイツ在住末政さまからのおたより


北野様、

ドイツ、ブレーマーハーフェンの末政です。

最新号、いつもと同じように興味深く読ませて頂きました。

ただ、ひとつだけ、私は復興に違和感を抱いております。


理由は私の「オーボエマガジン」の最新号にも書きましたが、
↓
http://archive.mag2.com/0000120874/index.html

まだ福島原発がアクティブであることです。

原発の収束の可能性が見えておりません。

勿論、東北地方といっても福島県だけではありませんが、まだ原発
が収束していない間に、また地震でもあったらと思う背筋が寒くなり
ます。

そして、今度原発に異常をきたすような事が起これば、被害は福島
だけでは収まりません。


ですから、今の段階で東北関係でなすべきことは、人々の救済と
原発の収束だと思いませんか? 

現段階で東北にお金を費やすのは砂の上に基礎工事なしにビル
を建てるようなものです。


それから、中国の領土政策を説明した面白いユーチューブがご
ざいます。

宜しければどうぞご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=anftwndg77Q


それでは、北野様、メリークリスマス! 

それからどうぞ良いお年をお迎えください。

---------------------------------------------------------
■ 選挙戦と福島
---------------------------------------------------------

今回の選挙、かなりの政党が原発について政治課題として取り上げ
ています。

そして福島復興についても同じようにテーマに登っております。

ただ、私は福島に関しては復興以前の問題が山積みではないかと
感じております。


例えば未だに福島原発から放射能が排出されているという事です。

11月29日に東電はNHKを通じて発表したようなのですが、このニ
ュースが瞬く間に消し去られているようなのです。

インターネットで現在かろうじて残っているのがアメリカ系のウォー
ル・ストリート・ジャーナル日本版。
http://jp.wsj.com/Japan/node_555828?mod=KW_Search_Result

「3号機で4780ミリシーベルト=昨年11月より高く、福島第1─
東電」
2012年 11月 29日  11:51 JST

東京電力は28日、福島第1原発3号機原子炉建屋1階の北東エリ
アにロボットを投入し、放射線量を測定したところ、床表面付近で毎
時最高4780ミリシーベルトに上ったと発表した。

昨年11月にほぼ同じ場所の線量を計測した際は同1300ミリシー
ベルトだった。

東電によると、調査は27日に実施。ロボット2台を入れ、約1時間
40分にわたり、線量の測定や状況確認を行った。東電社員や協力
企業の作業員計12人で調査を行い、最大の被ばく線量だった人
は0.52ミリシーベルトだったという。 [時事通信社]

ニュース隠匿で悪名高き東電が発表したはずのこのニュース(去年
の11月と比較して3号機内では放射線濃度が3,6倍に上がって
いる)がことごとく消え去られているのが不思議です。

例えば「NHK 3号機で4780ミリシーベルト」でGoogleで検索をか
けますと


→3号機で4780mSv測定 - NHK福島県のニュース
www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6053766201.html

共有福島第一原発3号機の原子炉建屋の内部で27日、ロボット
を使った調査が行われ、建屋1階で1時間あたり4780ミリシー
ベルトの高い放射線量が測定されました。

福島第一原発の3号機ではことし6月、タービン建屋にある放射
性物質を含んだ空気が通る管に傷 ...というのがヒットいたします。

しかし、そのページに飛んでみると内容は削除されております。

グーグルではニュースが実際に存在したことを示しており、誰か
が意図的に報道規制した、としか考えられません。

どなたか真実をご存知の方いらっしゃいましたら教えていただ
きたいです。


現在の福島県の放射能濃度を発表しているサイトで確認しま
すと、平常値の200倍の数値を示しています。
http://atmc.jp/realtime/


私が申し上げたい事は、この福島の現状を無視して、復興と
マニフェストを掲げても無意味。放射能が流れ出している地域
に住んでいる住民の安全確保と原発の放射能拡散を何とか
防ぐ手立てを打って、復興はその後のテーマだと思います。

どうして放射能の現実を無視して復興と言えるのか、復興させ
ようと思うのか、砂の上に基礎工事もなく高層ビルを建てよう
としている、そんな風に私は感じております。






↓編集後記へ
================================================================






●NHKでも放映された信用できる【副業】とは?


北野です。

サラリーマンの平均年収は1997年以降、ず~と下がりつづけて
いる。

非正社員の割合は35%で、年収は200万円。

ニート、フリーターが増えている。


こういうご時世ですので、【副業】を考える人も多いことでしょう。

しかし、その【副業】自体が、【うっさんくさい】ものが多い。


でも、【NHK】で放送された【副業】なら信用してよさそうです。

興味のある方は、こちらをごらんください。
↓
http://tinyurl.com/bekr4hg







↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


全世界で超ヒット公開中の「トワイライト・ブレイキング・ドーン2」
を見てきました。


トワイライトシリーズ5作目。

これが最後です。

女子高生のベラは、草食系イケメンのエドワード君に惚れてしま
います。

ところが、彼は「ヴァンパイア」だった。

人間とヴァンパイアが恋をしたことで、いろいろな事件が起こっ
てきます。

しかし、二人の愛は強く、ついに結婚し、可愛い赤ちゃんまでう
まれました。


ちなみに、ヴァンパイア一族にも、支配階級と被支配階級がい
るのですね。

ヴァンパイアの王族をヴォルトゥーリ族といいます。

ヴァンパイアの王アロは、「ヴァンパイアと人のハーフ誕生」に
激怒。

ベラとエドワード、子どものレネズミ、そしてその一族皆殺しを
決意します。

そのことを知ったエドワードの一族は、全世界に散らばり、仲
間を集め、決戦の日に備えます。


とまあ、こんな話なんですが。

メルマガでちょろっと触れるだけでは、いかにもバカばかばか
しい。

しかし、私は1作目からはまってみています。

バカバカしい話を最高のエンターテイメントにしてしまうのが、
ハリウッドのすごさですね。


「トワイライト」シリーズは、かなり面白いので、できればDV
Dで1作目から見て、最終章を映画館でごらんになることをお
勧めします。

恋愛の要素も満載ですから、彼氏、彼女で見るのにもいいで
す。



一つ気になったこと。

不死身のヴァンパイアを殺すには、首と胴体をひきちぎるしか
方法がないのです。

今回は最終決戦ということで、たくさんの首が落とされます。

「おいおいここまで見せないでよ」と目をそむけたくなるシーン
もありました。

ですから、「家族連れ」はやめたほうがいいです。

小さい子どもには、結構衝撃的だと思います。


もう一つ、今度は肯定的な話。

トワイライトは、ベラ役のクリステン・スチュワートとエドワード
役のロバート・パティンソンを世界的スターにしました。

今回、二人の子どもレネズミを演じたマッケンジー・フォイは、
天使のようなかわいさで、将来アン・ハサウェイ級の女優にな
るだろうと思いました。


トワイライトシリーズ、好き嫌いのわかれる作品だと思います
が、私はお勧めします。


予告はこちら。↓
http://www.the-twilight-saga.jp/breakingdawn2/



RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/11/17
部数 56,025部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/11/17
部数 56,025部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング