ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★【超衝撃】中国、【反日統一戦線】を【アメリカ】、ロシア、韓国によびかける

=

<●2012年Eブック大賞・優秀賞受賞作>


◆【世界一わかりやすいアメリカ没落の真実】(北野幸伯著)

【完全無料】ダウンロードは↓  
http://mailzou.com/get.php?R=48689&M=22753

== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.883

                         2012/11/18

================================================================

【無料】

(●時代遅れになりたくないビジネスマン必見!)



●キンドルで巨富を稼ぐ方法教えます?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10月に日本上陸した“Amazonキンドル”。

あなたもチェックされましたか?

実は、すでにキンドルを活用し

【莫大な利益】を得ている人達がいることを

ご存知でしょうか?

時代遅れになりたくないビジネスマン、経営者の方は、必ず
これをチェックしてみてください。

【無料】ですが、

【●後2日で封印です】↓

http://tinyurl.com/d9u4fjj
↑
(●これを教えてくれる小谷川先生は、インターネットマーケ
ッティングで日本一です。
絶大な人気を誇り、圧倒的な信頼を獲得されている方です
ので、是非チェックしてみてください。北野幸伯)







↓








【無料】

●『天才の集中力』


集中力を身につければ毎日の残業もなくなる。

キャリアアップにより給料も上がる。

独立もできる。

金持ちにもなれる。

並の集中力でも暮らし向きはずいぶんよくなる。

もし天才の集中力を身につければ億万長者になれる。

そして、何よりもこの世に生きた証を残すことができる。

【完全無料】ダウンロードは↓
http://mailzou.com/get.php?R=23232&M=22753
↑
●豊富な実例と「集中力」を高める誰でもできる方法が
示されています。
かなり役立つレポートですので、是非ご一読ください。
(●RPE北野)

==============================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
================================================================

★【超衝撃】中国、【反日統一戦線】を【アメリカ、】ロシア、韓国
によびかける


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●北野が、毎回楽しみにしている映画の最新作が出まし
た。詳細は【編集後記】で!)



日本では選挙の日がきまり、面白くなってきましたね。

争点は、


・TPP?
・消費税?
・原発?
・デフレ脱却?
・憲法?


等々、いろいろありますが・・・。


しかし、なんといっても日本最大の問題は、


・中国の侵略をいかに防ぐか?


であります。

前々からRPEで指摘していたことですが、


中国は、ロシア・韓国を誘って、【反日統一戦線】構築を提案
しています。

そればかりか【アメリカ】も。

どういうことでしょうか?


▼現実化する予測


まず、2012年9月27日号から引用しておきます。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20120927213934000.html



【引用ここから▼】


<さて、中国は今後、どんな作戦で来るのでしょうか?

これ予想するのは難しくありません。

なぜ中国は尖閣をとれないのでしょうか?

そう、日本の後ろにアメリカがいるからです。

であるならば、中国がすべきことはすぐわかります。



日本とアメリカを分断せよ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが中国にとって最重要になります。

では、中国は、どうやって日本とアメリカを分断させるのでしょう
か?

これも簡単にわかります。



中国は、尖閣問題(=領土問題)を「歴史問題」にすりかえる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことで、


「日米分断工作」を進める
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これは、どういうことでしょうか?

「軍国主義の日本は1895年、中国から尖閣諸島を奪った!」

という大うそプロパガンダを世界中に広げる。


日本が竹島を返してもらおうとしている件に関しては、

→ 復活した軍国主義日本が、韓国領の独島を侵略しようと
している


北方領土に関しては、

→ 復活した軍国主義日本が、ロシア固有の領土である4
島を奪おうとしている。



なんとも大ウソな主張ですが、中国が韓国、ロシアに「こ
れで共闘しましょう!」といえば、

両国とも「いい考えですな!」となることでしょう。


これは私のファンタジーでしょうか?

そうではありません。

読売新聞9月20日を見てみましょう。
↓



<今秋に予定される党大会で胡錦濤(フージンタオ)総書記のポス
トを引き継ぐ習近平(シージンピン)国家副主席は19日、パネッタ
米国防長官との会談で


「日本軍国主義は米国を含むアジア太平洋の国々に巨大な傷
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
を残した」


と歴史問題を持ち出した上、「日本国内の一部勢力は誤りを
繰り返し、(尖閣諸島の)島購入という茶番を演出した」と非難し
た。

 次期首相候補の李克強(リークォーチャン)筆頭副首相は11
日、パプアニューギニア首相と会談した中で


「(両国とも)日本ファシズムの侵入を受けた」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と指摘し、日本の国有化が「世界の反ファシズム戦争勝利の成果を
公然と否定するものだ」と述べた。>



おわかりでしょうか?

次期国家主席も次期首相も口をそろえて

「日本が尖閣を国有化したのは、「軍国主義」「ファシズム」が復活
してきている証拠だ!」

と主張している。

このことは、中国指導部の中で、きちんと「情報戦」の方針が定め
られていることを示しているのです。


【引用ここまで▲】


2ヶ月前に書いたことが、いよいよ現実化してきたのです。

どんな風に???


(つづく)↓
================================================================








【無料】

●【300億円の男】ジェフ・ウォーカーの稼ぎ方

彼のマスターマインドでもあり、 
日本へこのプロダクトローンチを伝えた 
金井信次さんと 

日本一のマーケッター、与沢翼さんが 
これまで明かされる事のなかった 
プロダクトローンチのその具体的な手法を 
ついに無料で公開しました 

●後数日で封印ですので、いますぐ見てください。
↓
http://tinyurl.com/a6ua7om
↑
(●世界最新の売り方ですので、社長さん、販売担当
の方は、知っておいたほうがいいです。北野)









↓(本文つづきへ)
================================================================

▼中国、【反日統一戦線】をロシア、韓国によびかける


出所は、ロシアの国営放送「ヴォイス オブ ロシア」です。
↓
http://japanese.ruvr.ru/2012_11_15/94728921/



< 中国の著名な専門家は、中国と同様、日本と領土問題を抱える
ロシアと韓国に対し、反日統一共同戦線を組むことを呼びかけた。

この共同戦線は日本の指導部に対し、第2次世界大戦の結果を認
め、近隣諸国への領土要求を退けさせることを目的としている。>

(The Voice of Russia 2012年11月15日)



↑
つまり、

・中ロ韓は一体化して、日本に「第2次世界大戦の結果を認めるよ
う」要求しましょう。

・「第2次大戦の結果ってなんだ?」というと、「領土要求を取り下げ
ろ!」と。


つまり、日本は北方4島と竹島をあきらめ、尖閣を中国に返せ!と

ここにいつものように、大きな「ウソ」があります。

北方領土、竹島問題は、たしかに第2次大戦の「負の遺産」ともい
えるものです。

しかし、中国が「尖閣」の領有権を主張しはじめたのは1970年代か
らで、

第2次大戦とは全然関係ありません。


次いきましょう。
↓



< 14日モスクワで行われた露中韓の三国による国際会議「東ア
ジアにおける安全保障と協力」で演説にたった中国外務省付属国
際問題研究所の郭●● (ゴ・シャンガン)副所長は、こうした考えを
明らかにした。

郭氏は、日本は近隣諸国との領土問題の先鋭化に意識的に対応
し、第2次世界大戦の結果を認めないことを見せ付けたと強調し
ている。

郭氏は対日同盟を組んでいた米国、ソ連、英国、中国が採択した
一連の国際的な宣言では、第2次世界大戦後、敗戦国日本の領
土は北海道、本州、四国、九州4島に限定されており、こうした理
由で日本は南クリル諸島、トクト(竹島)、釣魚諸島(尖閣諸島)の
みならず、沖縄をも要求してはならないとの考えを示した。>

(同上)

(註、●●の部分は、変換できない漢字です。)


どうですか、これ↑。

4島、竹島、尖閣のみならず、


【沖縄】も日本の領土であってはならない!と。


嗚呼、ここに中国の本音が出てますね。

さらに超衝撃の内容がつづきます。
↓



<こう述べる郭氏は、中国、ロシア、韓国による反日統一共同戦線
の創設を提案している。

日本に第2次世界大戦の結果を認めさせ、近隣諸国への領土要
求を退ける必要性を認識させるために、この戦線には米国も引き
入れねばならない。>



↑
おわかりでしょうか?

中国は、「尖閣」「沖縄」を奪うために、「【アメリカ】とも手を組もう」

と主張しているのです。



中国、アメリカ、ロシア、韓国 で反日統一戦線をつくろうと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、ロシア側はどういう反応を示したのでしょうか?



< モスクワ国際関係大学国際調査センターの専門家であるアンド
レイ・イヴァノフ氏は、会議での郭氏の発言は、参加者の反応をさ
ぐるために投げられた「爆弾発言」として受け止められたとして、次
のように語っている。

   「反日統一共同戦線を創設し、日本政府に対し新たな講和条約
を結ばせるという提案はセンセーショナルなものといってよい。

これがしかも中国外務省に属する大きな研究機関の副所長であ
り、中国外交政策の策定にかかわる人物の口から飛び出した。

提案は一方では中国のある専門家の意見であり、別の見方をす
れば大なり小なり中国指導部の感じるところを反映しているとい
える。」>



↑
アンドレイさんは、遠慮がちに語っていますが。

「中国指導部の感じるところを反映している」と。

しかし、私が9月の時点でも書いたように、これは「既定方針」だ
と思ったほうがよいのです。

次に、同記事は、各国政府の態度について触れます。
↓



<ロシア政府は日本との領土論争においては感情の高ぶりを押さえ
、まず互恵的な経済協力を第1に進める方策を採るようになって久し
く、しかもそれは成功を納めている。>(同上)



↑
ロシア政府は「領土論争においては感情の高ぶりをおさえている」と。

確かに、一時期日本は、「中国、ロシア、韓国」に包囲されたような感
じでしたが、

ここしばらく、ロシアは一歩引いて眺めています。

これは、軽薄なメドベージェフが去り、プーチンが戻ってきたことと関
係あるのでしょう。


もう一つ、中国は最近、公然と「沖縄」の領有権も主張しはじめてい
る。

それと同時に、中国では「ハバロフスク、ウラジオストックなどは、中
国固有の領土だ!」と主張する動きがはじまっています。

そう考えると、ロシア極東に中国人が洪水のように流れ込んでいる
のは、


「実効支配を強化するための『国策』ではないのか?」


と疑いも出てくる。

そう、ロシアも中国の貪欲な「支配欲」に警戒心をもっているので
す。



記事は次に韓国について触れます。
↓



<では韓国の反応はどうなるかだが、これについてはなんとも言え
ない。

イヴァノフ氏は韓国の立場については日本がどれほど強硬にトクト
諸島の領有権を主張するかによって決まるだろうとの見方を示して
いる。>

(同上)



↑
韓国については、日本次第だろうと。



<現時点で言えることはただひとつ。

郭氏のイニシアチブが物語るのは、中国の新指導部は領土論争にお
いて日本と、いや日本だけでなくほかの国とも最も強硬な立場を貫く
構えであるということだろう。>

(同上)



↑
<領土論争において日本と、いや日本だけでなくほかの国とも最も
強硬な立場を貫く構えである>


この「ほかの国とも強硬な立場云々」というところに、ロシア側の複
雑な心境が表れています。

これって要するに、「中国はロシアへの要求も強硬にくる」というこ
とでしょう?



さて、中国外務省付属国際問題研究所・郭副所長の発言から以
下のようなことがわかりました。



1、中国は、尖閣ばかりでなく、沖縄も自国領と考えている

2、中国は、ロシア、韓国、で【反日統一戦線】をつくろうとしている

3、中国は、対日本で、【アメリカ】と組もうとしている



日本はどうすればいいのでしょうか?


(さらにつづく)↓
================================================================







【無料】

●松下誠が「100年に1度の不況」でも勝ちつづける秘密
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

個人投資家の皆さま必見情報です。

100年に一度の大不況下でもかわらず勝ちつづけている
投資の神様・松下誠先生が、

その秘密を【無料セミナー】で伝授してくださいます。

内容を見ると、

第1回  移動平均線を使ったトレード手法(8分41秒)
第2回  MACDの使い方(12分9秒)
第3回  スワップ金利は危険!(8分55秒)
第4回  ポートフォリオの考え方(8分01秒)
第5回  ボラティリティの高さを見るATRの使い方(10分12秒)
第6回  ドローダウンが投資家を左右する(7分35秒)
第7回  スイングトレードの考え方(10分45秒)
第8回  ダウ理論から分かるトレンド認識(9分12秒)
第9回  ダウ理論で相場を見る(7分11秒)
第10回 為替相場における両建てはなぜ危険か?(9分43秒)
第11回 為替市場における相場の転換点(7分23秒)
第12~14回 マネジメント(9分35秒)
第15~16回 サイクル理論を使ったトレードイメージ1(7分45秒)
第17回 エリオット波動原理(9分51秒)
第18回 メリマンサイクルにおける波の捉え方(6分50秒)
第19回  根拠ある損切りとは?(8分22秒)
第20回 前半・後半 価格が上がる理由とは?(7分27秒/3分44秒)
第21回  売買回数が多すぎる!(6分52秒)
第22回 底値からの持合いはチャンス!(5分26秒)
第23回 サイクル理論をトレードに活かす方法(9分54秒)


↑驚いてめまいがしてきましたね。

セミナーにしたら軽く数万円はする内容。

しっかり学べば、数百万~数千万利益をあげることのできる内容
です。

常勝投資家になりたい方は、迷わずゲットしてください。
↓
http://123direct.info/tracking/af/289883/YmoTbrTf/







↓(本文つづきへ)
================================================================

▼対策


まさに2012年9月27日号に書いたことが現実化してきたわけ
ですが、

RPEはその時、「対策」まで示しています。

引用しておきましょう。



【引用ここから▼】

<さて、安倍さんは、「真正保守」の政治家です。

ほこり高き日本の歴史、伝統、文化を大切にされている。

そして、多くの日本人が安倍さんに期待しているのは、「自虐史
観」の見直しです。

ところで、この「自虐史観」ですが、二つの側面があります。


1、日本人が日本人のことをどう思っているか?

2、外国人が日本人のことをどう思っているか?


この一番については、どんどんやってもらったらいい。

ていうか、RPEを読まれている読者さんは、とっくの昔に「自虐
史観」とはおさらばしていることでしょう。


世界一植民地を多くつくったイギリスが、日本よりも「善だ」なん
て話は絶対おかしい。

原爆を落として人類史上空前絶後の大虐殺を行ったアメリカが
日本より「善だ」なんて絶対おかしい。


だから、日本国内で「自虐史観を訂正する」のは全然問題あり
ません。


問題は外国です。

日本が「歴史の見直し」を外国に求める。

これは、まさに中国の「思う壺」です。

中国は、第2次大戦で日本の敵だったロシア、韓国、北朝鮮を
巻き込んで、

「日本は右傾化している!」

「日本は軍国主義化している!」

「日本はファシズム化している!」

と大プロパガンダをすることでしょう。


しかし、最大の問題は、アメリカが「歴史問題」で日本を守れ
ないということです。

なぜでしょうか?

既述のようにアメリカは、日本に原爆を落として、人類史上空
前絶後の大虐殺を行った国。


日本が「歴史の修正を求める」ということは、必然的にアメリカ
が完全善から完全悪にかわることを意味する。

だから、アメリカは歴史問題で常に、中国、韓国、ロシアよりな
のです。


これが中国の狙いなのですが、もしアメリカと中国が一体化し
たらどうなります?

当然尖閣も沖縄も中国の支配下に入ることでしょう。


▼安倍新総裁への提言


というわけで、尖閣・沖縄を狙う中国は、今


「領土問題を歴史問題に転化せよ!」
`~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オペレーションをやっています。

そこに安倍さんが、「自虐史観脱却」を宣言し、世界中で
「歴史の書き直し」を要求すれば、まさに中国の思う壺。


だから、私が安倍さんにお願いしたいのは以下のことです。

1、日本の最大唯一の敵は、韓国・ロシアの反日を後ろから
操る中国一国のみと自覚すること


2、中国は、韓国、ロシアを巻き込んで「反日運動」を盛りあ
げたい。

だから、日本はひとまず韓国、ロシアと和解すること


3、中国は「領土問題=歴史問題」にしようとしている

だから、日本はしばらく「歴史問題の書き直し」を要求しない



その上で、


4、日本は、

中国は1895年から1970年まで一度も尖閣の領有権を主張し
たことがなく、

よって尖閣と歴史問題はまったく関係がない

ことを証拠つき(例、尖閣は日本領と記された中国の地図など)
で語りつづける


ことが必要です。


日本は今、非常に危険な岐路に立たされています。

第2次大戦はアメリカに誘導され、破滅にむかっていきましたが、
今回は中国に誘導されています。

日本は、中国の意図をしっかり知り、韓国、ロシア、特にアメリ
カを敵にまわさないよう、「慎重」に外交を行う必要があるので
す。


▼「集団自衛権」を認めることが、中国への最大の反撃


「日本の自立」を目指す私たち。

真の自立を目指すなら、絶対超えなければいけない課題があ
ります。

それが、「日米安保」の改定。

皆さんもご存知のように、現在の日米安保は、「片務的」。

つまり、


・日本が攻撃されたら、アメリカは日本を守る義務がある

・アメリカが攻撃されたら、日本にはアメリカを守る義務がな
い


これは「保護者」(アメリカ)と「子供」(日本)の関係で、私たち
がどんなに「自立!自立!」といっても、対等の関係になれる
はずがない。

ですから、これを


・日本が攻撃されたら、アメリカは日本を守る義務がある

・アメリカが攻撃されたら、日本はアメリカを守る義務がある


という対等の「安全保障条約」に直すのです。

安倍さんは、「集団自衛権」を認めることを断言しておられま
す。

これはドンドンやったらいいですね。


なぜこれがいいのか?

今、日本が中国に対抗して軍事力を増強したらどうなります?

中国は、「日本の軍国主義が復活してきている!」と大騒ぎ
するでしょう。


しかし、アメリカと「双務的日米安保」を結べば、中国が騒いで
も問題ありません。

日本は、アメリカのお墨つきを得て、どんどん自衛隊を強くし
ていくことができます。


日本は自立しなければならない。

なんども書いていますが、「自立」と「孤立」は違います。

中国の工作にはまってアメリカとの関係が悪化すれば、現
時点で日本は自国を守れません。

ですから、まずは「集団自衛権」を認めること。

そして、アメリカのお墨つきをえて、孤立せずに軍備を増強
していく。


アメリカは、長期的に弱体化していく方向ですから、アメリカ
の衰退を補う形で自衛隊の影響力を増し、自立にむかってい
けばいい。


自民党総裁になり、総理大臣のイスに近づいた安倍さん。


「日本が第2次大戦に負けたのは、アメリカ、イギリス、ソ連、
中国を同時に敵に回したからである」


という事実を忘れず、慎重に賢明に、「日本の自立」にむか
っていって欲しいと思います。


【引用ここまで▲】



こうして、


・中国は尖閣のみならず、沖縄も狙っていること

・中国は、ロシア、韓国のみならず【アメリカ】も巻き込んで、
【反日統一戦線】構築に動き始めたこと


が明らかになりました。

9月には、薄弱な根拠しかありませんでしたが、今回ははっきりした
証拠が出てきました。

ですから、皆さん、今回の話、できるかぎり多くの人に【拡散】してく
ださるようお願いいたします。

ブログ、メルマガなどでどんどん使ってください。

そして、政治家の友人・知人にどんどんお伝えください。

日本のために、なにとぞよろしくお願いいたします。

↓





【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)



↓「危機克服本」コーナーへ
================================================================







【無料】

●北野、「人生が一変する話」を聞きました


私も非常に尊敬する超カリスマ・コンサルの濱田さん。

濱田さんは、ごく平凡な会社を短期間で「日本一にす
る」

売り上げや利益を「3倍」「5倍」「10倍」増やす

ことでその名を轟かしています。

先日、その「秘密を教えてくれる」と聞き、早速みてみ
ました。


「・・・・・・・・これは・・・・・・」


もう、テイクマイブレスアウェイです。

小手先のテクニックではなく、「生き方そのもの」を
一変させてしまうお話でした。

皆さん、こんな話、無料で聞けるのはありえません。

後悔しないこと、北野が完全保証します。

いますぐこちらをごらんになってください。↓

(無料です)
http://123direct.info/tracking/af/642169/RdtxLLbU/








↓「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


★「始めよう。瞑想」 宝彩有菜 光文社知恵の森文庫

(詳細は→ http://tinyurl.com/6vdm4ss )


能力開発で、「最強」といえば、おそらく「瞑想」だろうと思います。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズも、日本人禅僧について
瞑想を学んでいたことは知られています。

ああいう革命的発想力も、瞑想の結果だったのかもしれません。


私も、かれこれ10年以上、瞑想を日課にしています。

しかし、日によって「入れたり」「入れなかったり」とバラつきがあ
ります。

それで、意識して「いい指南書はないかな?」と探していました。

それで、見つけたのがこれ。


名前が「始めよう。瞑想」なので、バリバリ初心者むけですね。

でもいいんです。

私が今まで読んだ瞑想本の中で、もっともわかりやすく、実践
的です。

何より、宗教ぽくないところがいい。

それと、瞑想のやり方が、「たった一つ」しか書かれてないところ
もいい。

(他の瞑想書は、○○瞑想、○○瞑想と、何種類もあって迷う。)


しかも、「1回15分だけでいい」というのもいい。

(他の瞑想書は、最低30分、できれば1時間などと書かれてい
る場合が多いが、素人にはムリ。)

さらに、目的とそこにいたるまでの道筋が超明確。


宝彩さんは、「瞑想のポイントは、『無』になるとか『空』になるとか
いうが、『何も考えない状態になること』が最も大事」と断言してい
ます。

「そんなことできるか!」というのが、これまでの常識でした。

禅僧なんて、そうなりたくて、一生すわりつづけるのですから。


ところが、この本には、1日15分の練習で、誰でも「無」「空」にな
る方法が、バッチリ小学生でもわかるくらいやさしく解説されて
います。

この本を入手して、「ああ、瞑想本を探すたびは終わったのだ」
と思いました。

後は、実践あるのみです。


本に書いてあるとおりにやると、ホントにス~と無念無想の状
態に入っていけます。

「無念無想になると、なんかいいことあるですか?」

ってことですが、

1、悩みが激減する
2、ストレスが減る
3、やさしい人間になる
4、うれしくなる
5、よく笑う、明るい性格になる
6、落ち込まなくなる
7、イライラしなくなる
8、健康になる
9、熟睡できるようになる

などの効果があるそうです。

それと、ジョブズさんの例を見てもわかるように、直観力や創造力
も飛躍的に高まるのでしょう。

ちなみにこの「家宝級」の本、たったの【590円】です。

真実を探求している人なら、1億円くらい払っても惜しくないんじゃ
ないでしょうか?


瞑想に興味がある人は、ぜひともゲットしてみてください。

個人差はあると思いますが、私自身にはホントに役立っている
一冊です。


★「始めよう。瞑想」 宝彩有菜 光文社知恵の森文庫

(詳細は→ http://tinyurl.com/6vdm4ss  )



★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html 


↓おたよりコーナーへ
================================================================






●北野お勧め【無料】レポート


・1兆円を動かす男ピーターセージの成功法則
↓
http://mailzou.com/get.php?R=29012&M=22753
(私は、これでお金を引き寄せる「豊かな心」の意味がわかりました。北野)


・天才の集中力
↓
http://mailzou.com/get.php?R=23232&M=22753
(集中力を高める簡単で実践的な方法が満載です。北野)


・中国ビジネス、ここに気をつけろ!
↓
http://mailzou.com/get.php?R=50178&M=22753
(中国ビジネス歴10年、上海駐在歴5年・江口さんによる極上レポ
ートです。これでかなり失敗を減らせるはずです。北野)


・日本一のメンタルトレーナーの【運勢を劇的によくする方法】
↓
http://mailzou.com/get.php?R=35739&M=22753
(北京オリンピックで金メダルをとった女子ソフトボール日本代表
を指導し、一躍有名になった日本一のメンタルトレーナー西田先
生の【劇的に運をよくする方法】です。北野)


・カリスマ占い師が明かす、開運の極意
↓
http://mailzou.com/get.php?R=48697&M=22753
(これまで2万人を鑑定してきた蒼真先生のレポートです。
運勢を知り、どうすれば開運できるか解説されています。北野)


・健康も富も栄光も、全て思いのままになる秘法
↓
http://mailzou.com/get.php?R=48999&M=22753
(106歳まで元気に生きた塩谷医学博士の健康法、成功法で
す。北野)







↓おたよりコーナーへ
================================================================

★MKさまからのおたより


北野さま

いつも送られてくるメルマガを「ナルホド、うんうん」と頷きなが
ら読んでいます。

今回(11月8日)配信されたお勧めの本(スマナサーラ長老著
の「怒らないこと」)に関してお便りを書いています。

私も一年ほど前に「怒らないこと」を読みました。

そして、ちょうど今、同シリーズの「苦しみをなくすこと」を読
み終えた所でした。

私は、多くの日本人がそうであるように、"なんちゃって仏教
徒"です。

仏教に関しても殆ど知識はありませんでした。

これら上記の本を手にしたのも、「今自分が必要としている
事かも」と感じたからでした。

本書を読めば読むほど、仏教とは科学的な宗教だなあと
感じ、一見ネガティブに見えるかもしれないけれど、理屈が
通っているし反論出来ない、ナルホドその通りかも、と納
得せざるを得ないのです。

「苦しみをなくすこと」の巻では、仏教の最大の特徴 "生き
ることは苦である" を説明しています。

一見、暗い教えに見えますが、一度全てを(すべての苦を
見つめて)受け入れて、そこから幸福なっていく道を説い
ています。

具体的には "成り立たない希望があると生きる苦しみが
耐え難くなるほど何倍にも増える、非現実的な希望や妄
想が、人の苦しみを耐え難い所まで拡張する" まずこれ
を理解して受け入れる。

そして仏教が目指す幸福とは "苦になるもの、不幸にな
るもの、無意味なものを消去する、苦を捨てる道、無執
着の道" を、そしてその方法を説いています。

"得ると執着・束縛ですが、捨てると自由" だと。


ただ一つ、「愛。愛すること、愛されること」に関しては上
記の説法に少し反論したくなりますが、それ以外は本当
に理論的で納得せざるを得ません。

宗教と言うよりは、人が今この現実をどう受け止めて、最
良の方法で生きていくか、そういった事を考えさせてくれ
る、とても興味深い本でした。


今、中東等で起こっている紛争も、元はと言えば宗教が
絡んでいたり、ただ一つの教えを信じて、その信仰心が極
端な方向に走っていき、自爆テロになっていく。

そんな現状を見ていて、宗教って何なんだ?とよく思うの
ですが、そういった観点からも、これらの本は理性的で理
論的で真実をついていると思いました。

他のシリーズ本も読んでいきたいと思います。

長いメール失礼しました。

いよいよ本格的な冬が到来してきますね。

お体ご自愛なさってください。





●MKさんも感動した、

★「怒らないこと」 アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ新書 は↓

( http://tinyurl.com/croj5ca )






↓編集後記へ
================================================================






【無料】

●キンドルで巨富を稼ぐ方法教えます?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


10月に日本上陸した“Amazonキンドル”。

あなたもチェックされましたか?

実は、すでにキンドルを活用し

【莫大な利益】を得ている人達がいることを

ご存知でしょうか?

時代遅れになりたくないビジネスマン、経営者の方は、必ず
これをチェックしてみてください。

【無料】ですが、

【●後2日で封印です】↓

http://tinyurl.com/d9u4fjj
↑
(●これを教えてくれる小谷川先生は、インターネットマーケ
ッティングで日本一です。
絶大な人気を誇り、圧倒的な信頼を獲得されている方です
ので、是非チェックしてみてください。北野幸伯)







↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


ここ数年はまってみていた映画があります。

「トワイライト」。

女子高生が同じ高校のヴァンパイアと恋におちてしまう
という話。

シリーズは回を重ね、なんと、結婚し子供も生まれてし
まいました。

こう書くと、ホント、「くだらなファンタジーだろう」と思われ
ることでしょう。


しかし、相当で、是非ごらんになってみてください。

そうそう、最新作も公開されました。


予告はこちら。
↓
http://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_392354&feature=iv&src_vid=5xOSoONDpY4&v=ti0H-bvMi3I


まだ見たことがない方のために
1作目予告
↓
http://www.youtube.com/watch?v=S2T7d8j6I5I



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。


================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================


ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,278部

他のメルマガを読む