ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★【龍馬も泣いている?】日本人は、幕末も現在も「侵略の意図」に気がつかない

=== RPE Journal==================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.664

                         2010/7/22号

================================================================

★月収を10万円増やしたい?


もし、「月収が10万増えれば楽なのに」と思っているのなら、
よい情報があります。

世の中にはうさんくさい情報があふれています。

しかし、この情報提供者は、

・メルマガ読者数28万部、個人としては日本一
・20代で年収1億円突破
・ベストセラー連発
・テリー伊藤さんや田原総一郎さんも大絶賛

等々、絶対的に信頼できる内容です。

あまりにも売れているので(既に1億5000万突破)、【1日後】
に値上げするそうです。

興味のある方は、いますぐ以下の情報をチェックしてみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/38763/rpejournal/








↓



【目が悪い人、必見情報】

★あなたの【視力】はいくつですか?


1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0に!

「見える!驚異の視力回復法」

もともと日本は「メガネ」「コンタクトレンズ」使用者多い国
ですが。

コンピュータの一般化で、ますます目の悪い人が増加して
います。

あなたの視力はいくつですか?

ここであなたにご紹介する【極秘情報】は、


● 年齢・性別・季節・地域などに全く左右されない情報

● 年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
  本部千博先生執筆

● 近視だけでなく“視力の悩み全般”に対応できる

● 一日数分で実践できるので、時間に縛られない

● レーシック手術のように高額のお金を用意しなくて済む


等々、夢のような内容です。

「・・・・・・・ていうか、冗談でしょ?ありえないし・・・」

それでも、「視力回復させたいな~」と思っておられる方は、
↓のページを熟読してみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/42564/sr/
【要注意!】情報を見れるのは★3日間だけです。
真剣に視力を回復させたい方は、お急ぎください。

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★【龍馬も泣いている?】日本人は、幕末も現在も、「侵略の
意図」に気がつかない


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いつもありがとうございます。


北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!

皆さまのご家族に、愛と信頼と調和が満ちていますように!


(●新規購読者の方はまずこちら
→ http://rpejournal.com/ )(北野のHP)
(●副業・投資で手堅く資産を増やしたい方はこちら
→ http://rpejournal.com/hukugyou.html  )




まずは、お知らせから。


1、わたしがキレイになる秘密の話

国際ライセンスを持つプロのエステシャン・O先生が、いくつにな
っても若く・美しくいられる方法を伝授してくださいます。

【完全無料!】登録はいますぐ↓
http://www.mag2.com/m/0001004420.html


2、もえとら

日本の政治の裏話を、教えてくれるブログです。
もえとらさんは、自民党、特に麻生さん支持者。

そして、民主党の暗部については、遠慮なくえぐりだしていきます。
面白いので、日本政治の裏側を知りたい方は、訪問してみてくだ
さい。↓
http://ilovetoritani.seesaa.net/



では、本題。

皆さん「龍馬伝」見てますか?

本当に面白いです。


「日本の全小学校で、『龍馬伝』を見せれば、大志を抱く子供が激
増するのに・・・」


などと考えてしまいます。

それはおいておいて。

龍馬の拠点は、神戸から長崎に移っていきます。

前回、イギリス人商人のグラバーが、非常に重要な発言をしてい
ました。

現代に生きる私たちにも、重要な内容なのでご紹介します。


▼「龍馬伝」これまでのあらすじ


見てない方、見ていても忘れちゃってる方のために、「龍馬伝」こ
こまでの流れをふりかえってみましょう。

もちろん、「フィクション」もたくさんありますが、大きな流れは史実
に沿っています。


1、1835年、坂本龍馬は土佐藩(現在の高知市)に生まれました。

2、1853年、龍馬は19歳で江戸に剣術修行にいきます。

3、この年、ペリーの黒船艦隊が浦賀に来航し、江戸は大騒ぎに
なりました。

4、その後、龍馬は土佐と江戸を行ったり来たりします。(修行)

その間に、「無礼な外国人を追い払え!」という「攘夷運動」が盛
んになってきました。


5、1861年、土佐でも「攘夷」の機運が盛り上がり、龍馬の親友・
武市半平太は、「土佐勤皇党」を結成。

龍馬も参加しましたが、心の中では「非現実的」と考えていました。



6、1862年、28歳の龍馬は脱藩。

7、同年、勝海舟に弟子入り。

8、1863年、勝を中心に「神戸海軍塾」設立。龍馬は塾頭となり勝
を支える

9、1865年、神戸海軍塾閉鎖。龍馬、ふたたび浪人(失業者)に。



ドラマでは、ここまで。

龍馬は、こんな風に考えていました。


1、欧米列強は日本を侵略しようとしている。(世界中で植民地を
つくっている)

2、しかし、攘夷派のように、「日本刀があれば外国に勝てる」とい
うのは、非現実的すぎるぜよ

3、どうすれば、日本は外国に侵略されない?

4、外国が強いのは、「黒船」があるからじゃ。

5、だったら日本も「黒船」をジャンジャンつくり、強力な海軍をつく
れば、独立を守れるぜよ!



それで、海軍つくりに奔走してきたわけですが、塾閉鎖で夢破れ。


しかし、龍馬の本当の活躍はここからはじまります。

この後龍馬は、


1、日本で最初の株式会社・亀山社中(後の海援隊)を設立。

2、薩摩・長州同盟を成立させ、倒幕の流れをつくる

3、大政奉還を実現させ、大規模な内戦を防ぎ、日本の独立をま
もる

4、船中八策を作成し、自由で平等な「新日本国家像」を示す



等々、「日本史上最大の偉人」にふさわしい大活躍をします。


さて、龍馬伝では、塾閉鎖後、薩摩の西郷さんに拾われた龍馬た
ちが長崎にむかいました。

ここで、亀山社中(後の海援隊)を立ち上げることになるのですが、
現在はその前段階。



龍馬は長崎で非常に重要な人物に出会っています。

それが、イギリス人商人のグラバー。


龍馬の商社は、グラバーから船と武器を買い、それを長州に送っ
た。

長州は、この船と武器をもって、幕府と戦い勝利。

それで、倒幕への流れが決定的になっていきます。

前回の「龍馬伝」では、そのグラバーさんが、以下のようなことを
いっていました。


(●龍馬のことをもっと詳しく知りたい方は、こちらをご一読ください。
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100105235611000.html
010/01/05 【RPE】坂本龍馬の生まれ変わりが日本を救う



▼日本植民地化を狙っていたイギリス・フランス


当時、江戸幕府はフランスから大金を借り、その金で最新の武
器をこれまたフランスから買い、力を取り戻しつつありました。

愚かな幕府高官は、「長州憎し」で、フランスの意図に気がつか
ない。

「借金漬け」にして、「植民地化する」のが、列強の方法だったの
です。

いずれにしても、当時は、



フランス → 幕府



という強いつながりがあった。

フランスのライバル・イギリスは、当然これに不満なわけです。

覇権国家イギリスは、このまま手をこまねいて見ているのでしょう
か?

グラバーさんは、イギリス人の商人仲間に語ります。



グラバー「君は商売敵だが、同じイギリス人だから教えてやろう。

稼ぐだけ稼いだら、日本から逃げろ」
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


商人仲間「なぜ?」


グラバー「もう、この国は終わりだからさ!」
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

商人仲間「どういう意味だ?」


グラバー「今の幕府は、フランスの操り人形だ。イギリスがそれを
許すと思うかい?」


商人仲間「戦争になるのか?」


グラバー「イギリスは既に日本との戦争を想定して、上陸作戦を
計画しているんだ」


商人仲間「上陸作戦だと?」


グラバー「イギリス軍は、摂津の海を封鎖し、歩兵1万2000と騎兵
500を兵庫に上陸させる。

大坂を制圧して京へ進行する。

そしてミカドを拘束し、海軍を江戸湾にすすめ、本隊1万5000が江
戸城を攻撃」



グラバー「日本はたった一日で降伏する!」
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ここで、グラバーは、決して忘れられない言葉をいいます。



グラバー「まったくおめでたい連中さ!

今この国が存亡の危機にあると、わかっている日本人は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
誰ひとりいないのさ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」



いかがでしょうか?

もちろんこれはドラマの一シーンです。

しかし、


1、イギリス・フランスは世界中に植民地をつくっていた。

2、よって、両国は当然日本も植民地化しようとしていたに違い
ない

3、そして、両国はしばしば、植民地化したい国に戦争をしかけ、
現地人を奴隷化していた


という史実を考えれば、グラバーさんの言葉も、「ありえるよね」
と思えるのです。


(本文後半へ↓)
================================================================


         ☆

【後9日!】

▼個人投資家の聖書が値上げ直前
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

北野です。

個人投資家なら必ずゲットしておきたいEブック白書。

なんと639万円の投資商材のエッセンスを、冗談のような価格で入手
できるのです。

もちろん、私も即ゲットしました。


『株で1億円作る』(ダイヤモンド社)などで知られる


金融の神様・【仁科剛平(にしな・ごうへい)】先生
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

は、Eブック白書について、こう語ります。


<本書は我々専門家にとっても今後の投資法を研究する上で
指針となるバイブル的存在、ある種のネタ元となることは間違
いありません。

これほどの価値ある内容の情報を、この価格で公表して大丈
夫なのか。

市場に与える影響を考えて私は少し不安になりました。>



う~む、私も不安です。

販売元も市場に与える影響を不安視しはじめたのでしょうか?

ついに【値上げカウンター】が作動しはじめました。

巨富を築きたい個人投資家の皆さまは、値上げ前に入手されること
をお勧めします。

↓
http://www.infocart.jp/t/45045/rpejournal/
【値上げまで後9日です】




  ↓本文後半へ
=================================================================

▼幕末も今も変わらぬ日本人の「平和ボケ」


さて、グラバーさんの発言から、145年が経ちました。

江戸幕府は既になく、日本は世界第2の経済大国になった。

世界に植民地はほとんどなく、人種差別もだいぶ減ってきました。


すべて移り変わっていきますが、変わらないものもあります。


そう、日本人の「平和ボケ」。


グラバーが大笑いした当時から、何も変わっていないのです。



確かに、現在は「列強が植民地獲得競争をする」ような時代では
ありません。

しかし、「自国の利益のために他国を支配する」のは、今も昔もか
わらない。

方法は、より巧妙になっています。

たとえば、


1、トップを買収する

たとえば、アメリカはグルジアのサアカシビリ大統領や、ウクライナ
のユーシェンコ前大統領を買収し、両国を実質支配してきました。


2、ロビー活動

イスラエルと中国は、強力なロビー活動により、アメリカ政界に巨
大な影響力をほこっています。


3、移民

中国は、大量に移民を送り込むことで、ロシア極東での支配力を
増大させています。

また、イスラム教徒は、欧州に大量移民することで、同地域にお
ける政治力を強めている。



リビアのカダフィ大佐は、「イスラムがキリスト教に勝つのに、武
力はいらない」といいました。

これはつまり、「イスラム教徒をジャンジャン欧州に移住させれば、
キリスト教徒は少数派になる。

民主主義は数の原理だから、イスラム教徒が過半数をこえれば、
欧州を実質支配できる」

という意味。


このように、武力を使わずとも、他国を支配する方法はあるのです。

そして、さまざまな方法が、実際に使われています。



さて、われらが祖国・日本は安泰なのでしょうか?

おそらく95%くらいの人が、「日本は絶対安泰!ただ、景気をどうに
かしてくれ!」などと考えているでしょう。


北朝鮮が、核兵器実験しても、ミサイルをぶっ放しても、日本人は
安眠から目覚めません。



もう少し具体的な話をしましょう。


日本は戦後60年、アメリカ幕府の天領として、搾取されながらも安
全を保障され、そこそこハッピーに暮らしてきました。

日本は、実質アメリカに支配されており、アメリカの代理政党たる
自民党政権も極めて安定していた。


しかし、2008年、アメリカ幕府の一極世界は崩壊してしまいます。

それで、自民党もボロボロになってしまった。


かわって浮上してきたのが中国。

中国は、「人民解放軍の野戦軍司令官だ!」と公言する小沢さん
を通し、日本支配をすすめていきます。


別に、「尖閣諸島を侵略!」「沖縄を侵略!」などなど過激な手法
を使う必要もありません。

民主党を通し、たとえば



1、「日本は少子化問題が深刻です。だから1000万人移民をいれ
ましょう!」

2、「グローバル化の時代です。日本に来てがんばっている外国
人に選挙権をあげましょう!」



などと宣伝すれば、大部分の良心的日本国民は、「コロ!」とだま
されてしまう。


しかし、ちょっと頭をクリアにして常識的に考えればわかります。



1、「一言で移民1000万とはいうけれど、そのほとんどは、中国か
らの3K移民になるだろう」

2、参政権を与えられた1000万人の中国人は、


・中国人の権利向上のため

・中国の国益のため


に投票することになるだろう。


しかし、大部分の国民は、このことに気がついていません。

逆に、相当な知識人ですら、「外国人参政権に反対するなんて、
あなた『鎖国時代の人』ですか!?」などと真顔でいっている。





グラバー「まったくおめでたい連中さ!

今この国が存亡の危機にあると、わかっている日本人は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
誰ひとりいないのさ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」





▼日本の「希望」はどこに?


しかし、私は希望に満ち溢れています。

(選挙結果に喜んだことは、とりあえずおいておいて)


なぜでしょうか?


グラバーさんはいいました。



グラバー「まったくおめでたい連中さ!

今この国が存亡の危機にあると、わかっている日本人は、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
誰ひとりいないのさ!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」



しかし、グラバーさんは間違っていました。


わかっている日本人も、わずかながらいたのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それで、日本は英仏の植民地になるどころか、アジアでほとんど
唯一独立を保ち、

世界の大国へと飛躍していった。


ここからわかることは、大部分の人が「平和ボケ」でもいい。

ごく一握りの人に「志」があれば、日本の変革は可能ということで
す。

「幕末の英雄」といいますが、何人思い浮かびますか?

多くて数十人といったところでしょう。


今は、日本がおかれた現状を知っている人が23000人以上います。

(もちろん、それはRPEを読んでいる、スーパーエリート読者さんと
いうことなのですが。)





しかも、「幕末の志士」たちが生まれかわり、現在活動しています。

だから私は日本の未来に希望を持っているのです。

え?


「幕末の志士の生まれかわりって誰か?」


究極のトップシークレットですから、他言しないでくださいね。

こっそり教えてあげましょう。

日本の独立を守るために生まれかわった幕末の志士とは・・・



































あなたです。(^▽^)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄















今回は、「幕末」と「現代」は似ているという話でした。

維新の英雄たちは、危機を乗り越え、日本をすくいました。

その大きな理由の一つは、彼らが「時流を正しく読んでいた」からです。

私たちも、勝利したければ、長期的時流を正確に読む必要があります。

どうやって?

答えを知りたい方は、北野の新刊●「国家の気概」をご一読ください。

ついに●最終章が読めるようになりました。


1章では世界史における日本の役割を明らかにし、「自虐史観」か
ら永遠におさらばしてもらいました。

2章では、20世紀大国の興亡を例に、「人類歴史に流れる法則性」
を明らかにしました。

3章では、1991~2008年、アメリカ一極時代のはじまりから終焉ま
でをとりあげます。

4章では、否定できない中国のダークサイドに触れています。

●最終章では、アメリカ・中国、二つの超大国にはさまれた日本の
行く道を明確に示します。

日本は、なぜ第1次大戦・冷戦に勝利し、2次大戦で負けたのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その法則性とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ご購読はいますぐこちら↓
【yomi-na】(※3キャリア共通)
http://yomi-na.jp/?pagelist=00000vrj;00000vrh;00000vri&reload=1&p1=kitano_kokkanokigai
(註  PCからは読めません。携帯のみ対応しています。)


(おわり)ません ↓


●PS1
「国家の品格」を大ベストセラーにした仕掛け人・「小説新潮」の
元編集長・北野の大恩人M先生が、才能が全然なくてもシステ
マチックに小説が書けるようになる秘密の方法を伝授してくださ
います。↓
内容と北野とM先生の関係については↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090410050415000.html

●PS2
あの勝間和代さん、私の大恩人S社長が一押しする究極の成功法則と
は?
詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183523000.html



▼「危機克服本」コーナーへ
================================================================


          (^▽^)


▼▼▼夏休み旅行の計画をしている方必読!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 北海道旅行→0円 ハワイ→0円 

パリ→0円 ロサンゼルス→0円  香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も

【無料】  で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/43900/sr/



▼「危機克服本」コーナーへ

=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「富を手にする「ただ一つの」法則」 ウォレスD・ワトルズ フォレスト出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/bw32q  )


成功者「成功するのは簡単なんだ!」

北野「え?ホントですか?」

成功者「成功するには9つのステップを踏むことだ!」

北野「・・・・・・・私凡人ですから、9つも覚えられません。。。」

成功者「・・・そうだよね、わかるよ。じゃあ8つの法則ならどうだい?」

北野「・・・・・・8つですか。もう一声欲しいところです。。。」

成功者「・・・・・・・そうかい。じゃあ7つの習慣ではどうだい?」

北野「・・・・・・・習慣って生活を変えることでしょう。一つの習慣を変えるの
も大変なのに、7つも身につけるのは、ちょっと。7つの習慣を身につける
ころには、定年の年になってしまいます。。。」


成功者「・・・・・・じゃあ、君だけにこっそり、成功するための


たった一つの法則を教えてあげよう。。。」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



北野「・・・・・・・えっ!たった一つですか。。。それならいけるかもです。。。」 










成功本を買うと、よいことがたくさん書いてあります。

しかし、それを全部実行するとなると。。。(涙)

この本の場合、法則はたった一つだけ。
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とはいっても、甘くみてはいけません。

1910年アメリカで出版されたこの本は、この国の全盛期を築いた大成功
者達に多大な影響を与えてきた、幻の名著なのです。


●内容紹介

著者のウォレスD・ワトルズさんは1860年生まれ。

世界の宗教・哲学を研究しつくし、ついに、たった一つの成功法則を発見
します。

彼はいいます。


「本書は、抽象的な理念ではなく、実践を目的として書かれたものです。」

「実践のしかたを書いた「手引書」(マニュアル)です。」

「すぐにでも資金を得たい方、理論付けは後回しにしてまず豊かになり
たい方々を念頭におきました。」

「この原則は客観的で明確な科学的知識にのっとったものですから、
失敗はありえないのです。」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


「多くの人が実践してくれたことで、この原則にまちがいないことが証明
されました。」

「この方法で失敗する人はいないでしょう。なぜなら、本書の内容を忠
実に実践するかぎり、豊かになれないはずはないからです。」
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



う~む、すごい自信です。

しかし、「ものごとはシンプルである方がいい」というのは、真実なよう
ですね。

例えば、日本一の大金持ち斎藤一人さんの話は、中学生でもわかりま
すが、経営学者の言っていることは、さっぱりわかりません。

でもね、「一人さんと経営学者どっちがお金稼いでますか???」

そういうことだと思います。

成功する法則なんて、ホントはワトルズさんの主張のように「たった一
つ」で十分なのかもしれません。



ちなみに、この本の解説は、超ベストセラー「ユダヤ人大富豪の教え」の
著者本田健さんが書いています。
  
(ユダヤ人大富豪の教え 本田健 大和書房 → http://tinyurl.com/7lsyh )

曰く、
「「人間の最大の幸福は、愛する人に利益をもたらすこと。」本書には、す
てきな言葉がたくさん出てきますが、これもその一つです」

「本書をきっかけとして、あなたが、自由に望むものを手にいれる人生を
生きることを心からお祈りしています。自分を信じて、情熱的に夢を追い
かけてください。」



たぶん皆さんもこの本を読んだら、やめられなくなるでしょう。


「本書には豊かになるための法則が詳しく説明されていますが、その内
容が真実である以上、この問題についてほかの書物を読む必要はあり
ません。」

「科学的な思考方法もこれ以外になく、それはつまり、目的地までまっ
すぐに伸びた単純な道に沿って思考する方法です。」

「ここに書かれた内容は、不要なものをすべてはぎとった「本質」です。」


マ~マミア!

ここまで言われて、皆さん読まずにいられますか?


★「富を手にする「ただ一つの」法則」 ウォレスD・ワトルズ フォレスト出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/bw32q )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★坂口さまからのおたより


いま先程「★北野、ロシア人に襲撃される」を読んでびっくり
してメールしております。

大変な目にあいましたね・・

もうお身体のほうは大丈夫なのでしょうか?

まあ、メルマガを発行できているのだから、それなりに大丈夫
だろうとは察しますが、もし相手がもう少しだけ過激なタイプで、
武器を持っていたら・・

正直言って、メールを読みながら蒼くなってしまいました。

会った事も無い人をこんなに真剣に心配したのは初めてです。

自分で意識していた以上に、北野様の活躍を楽しみにし、頼り
にし、ひとつの希望だと感じているのだと思います。

どうか身辺にお気をつけて。。

これからもお元気で活躍される事を強く願っておりますが、文
面からすると完全には傷が癒えていないご様子・・無理はなさ
らないで下さい。

お忙しいうえにお怪我もされたところです。返信は無用ですの
で、どうぞ本メールは読み流してください。

一日も早い全治をお祈りします!


▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


退院後、はじめて映画を見に行きました。

ありがたいな~。

見たのは、トワイライト・シリーズの第3章「エクリプス」です。

簡単にいうと、ヴァンパイアのエドワード君と人間のベラさん
の恋をえがいた物語なのですが。


最近は、オリジナリティのある映画が減っていますね。

どの映画を見ても、「あれ、なんか見たことあるな」みたいな。


しかし、トワイライトシリーズは、ホント独特です。

ちなみに、恋愛と戦いが適度にブレンドされているので、彼
氏・彼女、夫婦で楽しめると思います。

面白いですので、まずシリーズ1、シリーズ2を見てから映画
館にいきましょう。

エクリプスの予告編はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=ahcgkdrlsYg




RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  56,496部

他のメルマガを読む