ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】☆☆☆民主党大敗

=== RPE Journal==================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.662

                         2010/7/14号

================================================================

★新しい時代をサバイバルする知恵


北野です。

非常に残念なことですが、「古きよき日本」は崩壊しつつあります。

ここでいう「古きよき日本」とは、


1、学校を出て、ある会社に入る

2、定年までその会社で働く

3、定年退職後は、退職金および年金で、優雅に暮らす


という構造です。

今は、リストラ当たり前、平均賃金は15年間連続で下がってい
る時代。

ですから、自分自身で防衛策を講じる必要があるのです。


では、実際どうすればいいのでしょうか?

私はこの方から教わることをお勧めします。(RPE北野)
↓


『30歳までに給料以外で月収100万を稼ぎ出す方法』

<Amazonキャンペーン開催中>

→キャンペーン特設サイトhttp://mitooya000.sakura.ne.jp/

●7月7日~7月16日まで●3大特典

☆特典1(無料)=有名不動産投資家『石原博光(恵比寿のI)氏』
VS峯島の音声ファイル60分

☆特典2(無料)年商1億5000万円ネットビジネス界のプリンス
『関口智弘』氏VS峯島の音声ファイル25分

☆特典3(割引)<先着30名※残りわずか>大好評!水戸大家
DVD『高利回り不動産を買い若くして引退した方法』半額購入権




↓



↓



【目が悪い人、必見情報】

★あなたの【視力】はいくつですか?


1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0に!

「見える!驚異の視力回復法」

もともと日本は「メガネ」「コンタクトレンズ」使用者多い国
ですが。

コンピュータの一般化で、ますます目の悪い人が増加して
います。

あなたの視力はいくつですか?

ここであなたにご紹介する【極秘情報】は、


● 年齢・性別・季節・地域などに全く左右されない情報

● 年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
  本部千博先生執筆

● 近視だけでなく“視力の悩み全般”に対応できる

● 一日数分で実践できるので、時間に縛られない

● レーシック手術のように高額のお金を用意しなくて済む


等々、夢のような内容です。

「・・・・・・・ていうか、冗談でしょ?ありえないし・・・」

それでも、「視力回復させたいな~」と思っておられる方は、
↓のページを熟読してみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/42564/sr/
【要注意!】情報を見れるのは★3日間だけです。
真剣に視力を回復させたい方は、お急ぎください。

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★民主党大敗


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いつもありがとうございます。


北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!

皆さまのご家族に、愛と信頼と調和が満ちていますように!


(●新規購読者の方はまずこちら
→ http://rpejournal.com/ )(北野のHP)
(●副業・投資で手堅く資産を増やしたい方はこちら
→ http://rpejournal.com/hukugyou.html  )




皆さんご存じのように、7月11日の参議院選挙で民主党が大敗し
ました。

RPEでは、民主党が


「外国人参政権付与」を目指している、

「移民1000万人受入れ」(その大半は中国人の3K移民)を目指し


ていることから、同党に反対の立場。

それで、今回の選挙の課題は、



「民主党が衆参で過半数をとるのを防ぐこと」



としてきました。

民主党が両院で過半数をとれば、間違いなく「外国人参政権付与」
に動くからです。


選挙の結果、新勢力は、


・与党 109議席(民主=106)

・野党 133議席


となり、民主党および与党は、過半数(122議席)を大幅に割り込む
結果になりました。

これで、「外国人参政権」は、遠のいたことになります。


歴史の教科書には載らないでしょうが、貴重な一勝だと思います。


今回は、ここにいたるまでの歴史を超特急でふりかえってみましょ
う。


▼歴史的「政権交代」


民主党が衆議院選挙で歴史的「政権交代」をはたしたのは、わず
か11か月前のこと。

09年8月30日の選挙で、同党は308議席を獲得し、ライバル自民
党に圧勝したのです。

わずか1年前、日本国民は自民党政治に飽き飽きしていた。

理由はわかります。



1、自民党はバブルを崩壊させた

2、自民党はバブル崩壊後も失策をつづけ「暗黒の20年」をつくっ
た

3、小泉改革(=格差社会)への批判と不満

4、08年からの世界的経済危機



どれも、国民が「政権交代」を望むのに十分な理由でしょう。

09年8月30日。

歴史的政権交代に、大部分の国民は歓喜していました。


ところが・・・。


▼現れる「反日性」


しかし、民主党(というか同党幹部)の異常な反日性が露わになる
のに、そう時間はかかりませんでした。



民主党の実質支配者・小沢さんは、



「韓国政府の要請で、【外国人参政権付与】を目指す」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


と宣言します。
↓



<参政権「韓国の要請」 民主・小沢氏、政府提案望む
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
09年11月17日7時56分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎幹事長は16日の記者会見で、永住外国人への
地方参政権(選挙権)付与法案について

「韓国政府サイド、在日の方々からも要求が非常に高まってきている」
と述べ、法案推進の理由に

韓国側の要請があることを認めた。>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



さらに、同氏は09年12月、史上最大の使節団を率いて中国を訪問。



「私は、人民解放軍野戦軍司令官だ!」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


と喜々として宣言します。
↓



<小沢氏「私は人民解放軍の野戦軍司令官」
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
09年12月10日20時56分配信 産経新聞

(中略)

 胡氏は「小沢氏は中国人民の古くからの友人で、中日関係発展
のため数多くの貢献をしてきた。今日は新しい友人がいっぱい生
まれるだろう。それを日中関係に役立てたい」と語った。

 小沢氏は来夏の参院選について、「こちらのお国(中国)にたと
えれば、解放の戦いはまだ済んでいない。
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
来年7月に最後の決戦がある。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」と語った。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ちなみに、小沢さんは今回、「最後の決戦」「解放の戦い」に敗れ
たわけです。

大敗の結果を見ながら、思ったのは、



胡・国家主席に叱られる・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ということだったかもしれません。


ちなみに、この「人民解放軍の野戦軍司令官」発言。

私は冗談だと思ったのです。

しかし、帰国した小沢さんは、自ら「人民解放軍の野戦軍司令官」で
あることを証明します。

そう、いわゆる「天皇の政治利用事件」。


小沢さんはいいます。



「天皇陛下のお体がすぐれない、体調がすぐれないと言うならば、そ
れよりも優位性の低い行事はお休みになればいいことじゃないです
か」



天皇陛下がご病気であっても、先に決まっていた他のスケジュール
をキャンセルして習近平に会えと主張している。
 
なぜかというと、習近平との会見は、最優先事項だからというのです。

 
ちなみに、習さんは訪日時、小沢さんに会いませんでした。
 
これについてのコメントが非常に興味深い。
 
 

「私は中国に行ったばかりですし、(副主席も)お忙しいところだろう
と思って、ご無理なさらんでもよろしいと」

 
おわかりでしょうか?
 
小沢さんは、天皇陛下に対し、「ご病気だろうが、ご多忙だろうが、
俺のいうことを聞け!」と命令している。
 
一方で、中国の副主席に対しては、「ご多忙だから無理しないでくだ
さい」といっている。


もう一度。

小沢一朗さんは、 

中国副主席に、「無理なさらないでください」といい、

天皇陛下に、「無理をしろ!」と命令している。



彼の頭の中にある序列は、以下のようなものと推測できます。

 
1、胡錦濤・国家主席 2、温家宝・総理 3、習近平・国家副主席 

4、小沢一郎・小日本省長(人民解放軍野戦軍司令官) 

5、天皇陛下・小日本省象徴 6、鳩山由紀夫・小日本省長付スポー
クスマン 7、小日本省民。



私は、小沢さんの「人民解放軍の野戦軍司令官」発言は、ジョーク
ではなく、「本気なのだ」と確信しました。



さらに、小沢さんの傀儡首相だった鳩山さん。

この方は、想像を絶するほど「この世離れしている」ことが明らかに
なってきました。

新しい読者さんは、こちらをご覧ください。
↓



【国会】鳩山首相「死を覚悟してでも、国政参政権を与えたい」
↓
http://www.movie3mai.net/dXtbqVHxQxEo.html



まあ、いずれにしても、小沢さんが支配する民主党は、



中国・韓国→ 小沢さん→ 傀儡・鳩山さん



という構造であったこと間違いありません。


(本文後半へ↓)
================================================================



          (^▽^)


▼▼▼夏休み旅行の計画をしている方必読!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 北海道旅行→0円 ハワイ→0円 

パリ→0円 ロサンゼルス→0円  香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も

【無料】  で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/43900/sr/




  ↓本文後半へ
=================================================================

▼菅・新総理で楽勝のはずが・・・



一般国民は、上記のようなこと、あまり気にとめなかったかもしれま
せん。

しかし、別の理由で、鳩山・小沢コンビの支持率はどんどん下がって
いきました。

別の理由とは、たとえば


・鳩山、小沢両氏の「政治とカネ」の問題

・普天間問題での迷走


などです。

6月の初め、鳩山・小沢両氏は辞任。

菅・新総理が誕生します。

菅さんに期待する人は63%。

民主党の支持率も、22%から34%に急上昇。

自民党は17%で、倍の差をつけた。



「参議院選挙まで1カ月を残して倍の差」



民主党は、楽観的ムードになっていきます。


それで、「鳩山・小沢がこのタイミングでやめたのは小沢の選挙
戦術だ!」ともいわれました。

そう。

菅さんが何もしないで黙っていれば、民主党は今回も楽勝だった
かもしれない。

しかし・・・。


ここで、ちょっと理解に苦しむできごとが起こります。

それが、菅さんの「消費税ひきあげ」発言。(6月18日)



この発言で、菅さんの支持率はみるみる下がっていきます。


そして、今回の結果。

私的には、菅さんの失言を【神風】だと思っているのです。


▼そして、参院選の結果は


さて、前号で「外国人参政権に反対の政党」をあげました。


1、国民新党
2、自民党
3、みんなの党
4、たちあがれ日本
5、日本創新党


選挙結果を見ると、

国民新党、日本創新党は一議席も取れませんでした。

(国民新党は、非改選が3議席ある)


たちあがれ日本は、一議席。

非改選も含めて3議席となります。


自民党は、13議席増やし、非改選を含め84議席を確保。

みんなの党は11議席を確保し、みごと「第3極」になりました。


結局、今回の勝ち組は「自民党」「みんなの党」ということですね。

両党とも、マニフェストに「外国人参政権反対」を明記しているの
で、私的には満足です。


「みんなの党」に関して、

数人の読者さんから、「みんなの党は、『外国人参政権』には反
対でも、その他の政策は民主党とかわりませんよ!」とのメール
をいただいております。

このあたりは、今後じっくりウォッチしていきたいと思います。



もう一つ。

今回の選挙でわかったのは、「ネットの力はまだまだ弱い」という
ことです。

「たちあがれ日本」の平沼さんは、ネット界では「真正保守政治家」
として確固たる評判を確立されています。

それでも、わずか1議席しかとれなかった。

その他、ネット界で大人気であっても、落選してしまった候補がた
くさんいました。



というわけで、このRPEジャーナルも、その影響力を過信すること
なく、卑屈になることなく、今後も着実な歩みをつづけていきたい
と思います。



今回は、選挙がらみの話でしたが、もっと長期的に日本はどこにむか
うのがいいのでしょうか?

ここでは長くなりますので、触れることはできません。


詳しく知りたいからは、北野の新刊●「国家の気概」をご一読ください。

ついに●最終章が読めるようになりました。


1章では世界史における日本の役割を明らかにし、「自虐史観」か
ら永遠におさらばしてもらいました。

2章では、20世紀大国の興亡を例に、「人類歴史に流れる法則性」
を明らかにしました。

3章では、1991~2008年、アメリカ一極時代のはじまりから終焉ま
でをとりあげます。

4章では、否定できない中国のダークサイドに触れています。

●最終章では、アメリカ・中国、二つの超大国にはさまれた日本の
行く道を明確に示します。

日本は、なぜ第1次大戦・冷戦に勝利し、2次大戦で負けたのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その法則性とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ご購読はいますぐこちら↓
【yomi-na】(※3キャリア共通)
http://yomi-na.jp/?pagelist=00000vrj;00000vrh;00000vri&reload=1&p1=kitano_kokkanokigai
(註  PCからは読めません。携帯のみ対応しています。)


(おわり)ません ↓


●PS1
「国家の品格」を大ベストセラーにした仕掛け人・「小説新潮」の
元編集長・北野の大恩人M先生が、才能が全然なくてもシステ
マチックに小説が書けるようになる秘密の方法を伝授してくださ
います。↓
内容と北野とM先生の関係については↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090410050415000.html

●PS2
あの勝間和代さん、私の大恩人S社長が一押しする究極の成功法則と
は?
詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183523000.html



▼「危機克服本」コーナーへ
================================================================


          (^▽^)


▼▼▼夏休み旅行の計画をしている方必読!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 北海道旅行→0円 ハワイ→0円 

パリ→0円 ロサンゼルス→0円  香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も

【無料】  で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/43900/sr/



▼「危機克服本」コーナーへ

=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「この世に不可能はない」政木和三 サンマーク出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/7ptxt )


○○先生「北野君、前世って信じるかい?」

北野「・・・・・・・・・・さあ。。。」

○○先生「私は今までの前世を全部覚えている。大国主命・アトラン
ティスの神官・ネパールハン大王の家臣・応神天皇・日蓮・熊沢蕃山
等々だ」

北野「・・・・・・・・・・・・・・・」


皆さん唐突にこんなこと言われたらどうします?

「今回はインチキ宗教の勧誘ですか?」


その気持ちわかります。

しかし、これを言っているのが、自動炊飯器・自動ドア・瞬間湯沸し器・
エレキギター等々、なんと3000件もの発明をした、

日本一の発明家だったら?


ちょっと考えてしまいますよね~???

この方の名前を政木和三先生といいます。

この本には、驚くべき話が盛りだくさんです。

例を挙げてみましょう。

「人類は過去に4回滅んでいる」(つまり4回現在レベルの科学水準
に達したことがある)

「氷河期がくる」

「孫娘がムー大陸時代の文字を書いた」

「沖縄はムー大陸の一部である」

「日本にもピラミッドがあった」

「人類は、木星と火星にあった惑星からきた」

等々。

どうですか?面白そうでしょ?

これを北野が言ったら、「北野さん、ついにカルトにはまりましたか
?」と皆さん、RPE読者をやめるでしょう?


ところが、日本一の発明家が言っているのですから、一読の価値
があるのでは?


●内容紹介

バリバリの科学者だった政木先生は、昭和47年、人生観がひっく
り返る経験をします。

ある超能力者が、手をふれず念だけでスプーンを曲げるのを目撃
してしまったのです!

その後、政木先生は、1週間に3件のスピードで発明ができるよう
になりました。

しかも発明は一瞬でできるのだそうです。

いろいろな不思議話が出てきますが、皆さんがもっとも関心をも
たれるのは、「この世に不可能はない」という言葉の意味でしょう。

この本には、普通の成功本とは全然違う願望実現法が書かれて
います。

どうすれば脳波を下げることができるのか?(脳波が下がると願
いがかないやすくなる)

どうすれば欲望を捨てることができるのか?(欲望を捨てると逆
に願いがかないやすくなる)


あの世とこの世の構造を知り、なおかつ願望をかなえる方法を
教えてくれる非常に貴重な一冊です。

ちなみに、日本最大のコンサル会社船井総研の創業者船井
幸雄先生絶賛の本です。

幻の名著でなかなか入手できないかもしれませんが、機会があ
れば、是非ご一読ください!


★「この世に不可能はない」政木和三 サンマーク出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/7ptxt )

↑
*要注意!

この本は素晴らしいのですが、

「空中から突如出現した仏像」


「宇宙人の文字」


等の写真が載っていないのが、非常に残念。


これらを「見たい!」という方は、

「奇跡の実現」 政木和三 産能大学出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/95fhc  )

を入手してみてください。

これも負けず劣らずの名著です!


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★Sさまからのおたより


いつも御メールマガジンを楽しみにしていますSと申します。

ドミニカ共和国で駐在をしていることもあり、日本の活字情報に飢
えていた時に偶然、こちらのメールマガジンに出会い、読みごた
えのある内容にいつも驚くばかりです。

それ以来同じ海外で活躍している日本の先輩だと思って勝手な
がら私の人生の目標とさせて頂いています。

そんな北野さまが襲撃されたとあらば、いてもたってもいられず、
メールさせて頂いた次第です。

突然のメールにて恐縮ですが、遠くはカリブ海より何かできること
はないかと考え、微力ながら一読者としてエールを送ります。

また、心身ともに大変な時期にもかかわらず、メールマガジンを発
行して下さるその姿勢には本当に頭が下がる思いです。

北野さまのご回復心よりお祈りしています。
お身体ご自愛ください。

私自身もこれからも、日本の為に、ひいては世界の為に、そして
もちろん自分の為に喜んで何かを成し遂げたいと思います。



▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


体の方ですが、皆さまの応援メールのおかげで、見た目は
ほとんど快復しました。

お医者さんも、そのスピードに驚いていました。

これも全て、皆さまのおかげです。

心から感謝申し上げます。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/22 部数:  56,425部

他のメルマガを読む