ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★北野、ロシア人に襲撃される(選挙前にお読みください)

=== RPE Journal==================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.660

                         2010/7/7号

================================================================

★不況を乗り越える人と、乗り越えられない人の違い


北野です。

100年に一度の不況がつづいていますが、いかがおすごしでしょ
うか?

皆さん気づいておられないかもしれませんが、不況でもルンルン
気分で生きている人、

不況の影響をモロにくらっている人には明らかな違いがあります。


そう、不況の影響を受けていない人は、【パソコン】の知識が豊富
なのです。


・パソコンを使いこなせれば、リストラされてもすぐ転職できます

・パソコンを使いこなせれば、そもそもリストラされる確率がグンと
減ります

・パソコンを使いこなせれば、副収入を月○十万~○百万円稼ぐ
ことは可能です

・パソコンを使いこなせれば、独立してもノーリスク・ノーコストで
高収益ビジネスを構築できます


とはいえ、問題もあります。


1、パソコンを学ぶ(パソコン教室に通う)時間がない

2、パソコン教室は(ビジネスなので)料金が高い


現代をサバイバルするのに絶対必要とわかっていても、なかなか
身につけることができません。


しかし、ご安心ください。

なんと、パソコン教室の【100分の1のコスト】で、【自宅】で、すべ
てを学ぶ教材があります。

冗談のような話ですが、本当です。

北野内容確認済み、絶対お薦めです。
↓
http://www.infocart.jp/t/43615/sr/ 







↓





↓



【目が悪い人、必見情報】

★あなたの【視力】はいくつですか?


1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0に!

「見える!驚異の視力回復法」

もともと日本は「メガネ」「コンタクトレンズ」使用者多い国
ですが。

コンピュータの一般化で、ますます目の悪い人が増加して
います。

あなたの視力はいくつですか?

ここであなたにご紹介する【極秘情報】は、


● 年齢・性別・季節・地域などに全く左右されない情報

● 年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
  本部千博先生執筆

● 近視だけでなく“視力の悩み全般”に対応できる

● 一日数分で実践できるので、時間に縛られない

● レーシック手術のように高額のお金を用意しなくて済む


等々、夢のような内容です。

「・・・・・・・ていうか、冗談でしょ?ありえないし・・・」

それでも、「視力回復させたいな~」と思っておられる方は、
↓のページを熟読してみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/42564/sr/
【要注意!】情報を見れるのは★3日間だけです。
真剣に視力を回復させたい方は、お急ぎください。

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★北野、ロシア人に襲撃される(選挙前にお読みください)


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いつもありがとうございます。


北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!

皆さまのご家族に、愛と信頼と調和が満ちていますように!


(●新規購読者の方はまずこちら
→ http://rpejournal.com/ )(北野のHP)
(●副業・投資で手堅く資産を増やしたい方はこちら
→ http://rpejournal.com/hukugyou.html  )


●「国家の気概」最終章の感想は、「おたよりコーナー」へ。




件名のとおり、最近ロシア人に襲撃され、入院していました。

(日本とロシアの新聞にも載ったそうです。)

あんまりかっこよくない話ですが、日本国のためになるお話ができ
ると思い、

あえて取り上げさせていただきます。

是非とも最後までお読みください。


▼経緯


事件が起こったのは6月30日の早朝です。

私はその日、まったく寝つけず、やることがなく非常に退屈していま
した。

5時すぎには起き、仕事にいくしたくをはじめます。



とはいっても、私の仕事場(執筆場)は、自宅から歩いて1分ほどの
距離にあるのです。

仕事をするためだけに、アパートを借りています。

5時25分ごろ、私は自宅を出て、仕事場にむかいました。

朝の空気がすがすがしい。

ほとんど寝ていませんでしたが、眠気も疲れもありませんでした。


東京ですと、5時半にはそこそこ人がいると思います。

しかし、モスクワの私の住む場所では、この時間誰もいません。


ところが、私が仕事場から40メートルくらいまで近づいた時、3人
が目の前を横切っていきました。

2人はでかい男、一人は小さい女性です。

年齢は20歳くらいだと思います。


私が仕事場の扉に近づくにつれ、彼らが小石を私にむかって投
げいるのが感じられました。

私は、「若い民族主義者か」と気にとめることなく、アパート一階
のドアを開けようとします。

ところがこのドア、コードがややこしい。


「ピコピコピコ」とコードを押していると、思いもよらない事態が発
生。

なんと、でかい男二人が私の方にむかって突進してくるではあり
ませんか!


私がコードを押し終わり、アパート(建物)内部に入ると、

彼らもドアがしまる前に中に滑り込み。

そして、背後から私に蹴りをいれ、ふらついたところを、顔を中心
にボコボコに殴りはじめたのです。

私も必死に防戦するものの、次第に劣勢になっていきました。

そして、最後にはほとんどサンドバック状態になってしまいます。

朦朧とする意識の中、驚くべき光景を目にしました。


皆さん、もしマンションやアパートに住んでおられるのなら、1階
に郵便受けがあるでしょう?

私の仕事場にも鉄製の郵便受けがあるわけですよ。

男の一人が、なんと郵便受けをひきはがし、それで私の頭を殴っ
たのです。



「・・・・・・・・・俺の命もこれまでか・・・」



はっきり「死」を自覚しました。

郵便受けで殴られた私は、床に倒れ、動かなくなります。

これが幸いした。

彼らは、「死んだ」と判断したのでしょう。

私のパスポートや携帯電話などが入ったバックを持って、逃げ去っ
たのでした。



その後、私は救急車で病院に運ばれ、入院することになりました。

「日本人」だというだけで、もっとも近代的な病院に入れてもらい、
上から下まであらゆる検査と治療をしていただきました。

今も体中傷だらけですし、顔はだいぶ変形していますが、なんとか
生きています。



在ロシア日本大使館の皆さんは、迅速・誠実、かつ親身な対応をし
てくださいました。

この場を借りて、心から感謝を申し上げます。


▼人種対立の都市・モスクワ


今回の事件について、私は「民族主義者の犯行だろう」と考えてい
るわけです。

単に金が欲しくてターゲットを探していたのであれば、ナイフを見せ、


「カネ出しやがれ、この野郎!」


といえばよいでしょう。

ところが、今回の場合、最初の段階で「カネを出せ!さもなければ
・・・」という前置きなしで攻撃がはじまっています。

その攻撃も徹底的。


実をいうと、ロシアには民族主義的組織が数多くあります。

彼らは通常集団で行動し、


・アジア系(中国人・ベトナム人など)

・中央アジア系(キルギス・タジキスタン・ウズベキスタンなど)

・カフカス系(アゼルバイジャン・グルジア・アルメニアなど)


をターゲットにしています。

やり方が大変卑怯で、10人で一人を取り囲みリンチし殺すといっ
た方法なのです。


私が幸いだったのは、


・相手が二人だった

・ナイフなどの武器を持っていなかった


ことです。


▼ロシア、民族主義の芽生え


さて、ここからわが日本国にもかかわるお話になっていきます。

ロシアは、大昔から人種対立が激しい、危険な国だったのでしょう
か?

これがそうではないのです。

私は20年モスクワに住んでいるので、その移り変わりをじっくり観
察することができました。


まず、ソ連崩壊まで。

私が1990年にモスクワに来た時、ここは極めて治安のよい都市
でした。

私は共産主義者ではありませんし、むしろ「反共」ですが、事実は事
実。


しかし、ソ連が崩壊して状況が変わってきます。

ロシアは1992~98年、GDPが43%も減少する、未曾有の経済危機に
みまわれます。

治安は、悪くなる一方でした。

そしてロシア人は、混乱を収束し、ロシアの栄光を取り戻してくれる
強いリーダーを切望しはじめたのです。

それで、民族主義者のジリノフスキー・レベジ将軍などが人気を得た
のです。

この当時、「ロシアは、第1次大戦後のドイツに酷似している」といわ
れましたが、かなり危険な状況だったと思います。


90年代モスクワに住んでいた私の友人・知人は、80%ほどなんらか
の形で襲われた経験がありました。

しかし、「金欲しさの犯行」が多かったようです。


▼3K移民の大量受け入れが人種対立の原因


さて、問題は新世紀に入ってからです。

ソ連は15の独立国に分裂したのですが、その中で「勝ち組」「負け
組」にわかれてきた。

勝ち組の筆頭は、なんとロシアでした。



ロシア経済は、金融危機が起こった98年が底。

その後、10年にわたり年平均7%の成長をつづけます。

ロシアは再び、「超大国」とはいかないまでも、「大国」とよばれる
力をつけてきました。



ロシアの首都モスクワ。

ここでは労働力不足が深刻な問題になってきました。

特に【3K】分野の労働力不足が深刻。

ここに労働力を受け入れる【需要】が生まれます。



一方、負け組・旧ソ連諸国の人々。

ここでは【仕事がない】という深刻な問題がある。

それなら、「繁栄しているモスクワにいって、金を稼ごう!」となっ
た。

ここに労働力の【供給】が生まれます。



こうして、ロシアにむけて、負け組・旧ソ連諸国から【3K労働者】が
殺到することになったのです。

現在モスクワで3K労働に従事しているのは、ほとんどが中央アジ
ア・コーカサスの人たちです。


ロシアと、中央アジア・コーカサスの豊かさを比較してみましょう。

データは09年、IMF

一人当たりGDP


・ロシア=8693ドル

・カザフスタン=7019ドル

・アゼルバイジャン=4807ドル

・(おまけ)中国=3677ドル

・アルメニア=2667ドル

・グルジア=2448ドル

・ウズベキスタン=1175ドル

・(おまけ)ベトナム=1059ドル

・キルギス=850ドル

・タジキスタン=766ドル


おわかりでしょう。

今混乱しているキルギスからモスクワに出てくれば、10倍くらいは
軽く稼げる。

一家の大黒柱であるお父さんは、家族を養うために、モスクワにい
きますよね。


(本文後半へ↓)
================================================================

          ☆


▼個人投資家の聖書とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

北野です。

個人投資家なら必ずゲットしておきたいEブック白書。

なんと639万円の投資商材のエッセンスを、冗談のような価格で入手
できるのです。

もちろん、私も即ゲットしました。


『株で1億円作る』(ダイヤモンド社)などで知られる


金融の神様・【仁科剛平(にしな・ごうへい)】先生
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

は、Eブック白書について、こう語ります。


<本書は我々専門家にとっても今後の投資法を研究する上で
指針となるバイブル的存在、ある種のネタ元となることは間違
いありません。

これほどの価値ある内容の情報を、この価格で公表して大丈
夫なのか。

市場に与える影響を考えて私は少し不安になりました。>



う~む、私も不安です。

巨富を築きたい個人投資家の皆さまは、値上げ前に入手されること
をお勧めします。

↓
http://www.infocart.jp/t/45045/rpejournal/



↓本文後半へ
=================================================================

▼憎悪の拡大スパイラル


このように、モスクワ市が【3K労働者】を大量に入れたのは、純粋
に経済的な視点でした。

ところが、思わぬ展開になってきます。

一部のロシア人が、「中央アジア・カフカス・中国人・ベトナム人は
ロシア人から仕事を奪っている!」と主張しはじめたのです。

じゃあ、彼らが「3K労働」するのか?といえば、おそらくしないでしょ
う。

しかし、こういう主張に、バカで攻撃的な若者は同調します。

そして、アジア系・コーカサス系を実際に攻撃しはじめた。



ちなみに、日本人は憎しみの対象外にあります。

しかし、普通のロシア人は

日本人・韓国人・中国人・ベトナム人・キルギス人・カザフスタン人

等々のみわけがつかない。


日本人だって、

アメリカ人・フランス人・ロシア人・イギリス人・ノルウェー人

等々がだまって並んでいれば、

全部「アメリカ人」に見えるでしょう?



だから、私は「ようわからんけどアジア系」ということで襲撃された
のです。



中央アジア・カフカス系も、当然対抗措置をとりますよね。

特にアゼルバイジャン人たちは結束して、逆にロシア人を襲撃して
います。

私の知り合いのロシア正教の神父さんは、アゼルバイジャン人5人
に襲撃され、瀕死の重症を負いました。


さらに、「3K労働なんて儲からん!」と、儲かる悪い仕事に走る移
民たちもいます。

悪い仕事とは、たとえば麻薬関連。

ロシアで流通している麻薬の大半はアフガニスタン製ですが、売っ
ているのは中央アジア人です。

これが、またロシア人の「反中央アジア感情」に火をつける。



こうなると、もう止まりません。

ロシア人民族主義者は、アジア系・コーカサス系を無差別に攻撃す
る。

アジア系・コーカサス系は、ロシアの一般人を襲撃する


これの繰り返し。

犠牲になるのは、いつも私・北野のように平和に暮らしたい人なの
です。



今回は、ロシアの例をあげましたが、大切なのは



「3K移民を大量に受け入れた国では、どこでも同じことが起こって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
いる」
 ̄ ̄


ということ。


特に、欧州では移民問題が大変深刻です。

だいたい、欧州は50年もたつと「キリスト教文明」ではなくなる。

そして、「イスラム教圏」に飲み込まれてしまうことでしょう。

このあたりはこちら↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20090512233623000.html
2009/05/12 【RPE】イスラム移民により滅びる欧州キリスト教文明

をご一読ください。

すごいですよ。



▼3K移民大量受け入れで、日本に何が起こる?


だいぶ書くのがつらくなってきました。

3K移民大量受け入れで何が起こるか、


●「隷属国家日本の岐路」(詳細は→ http://tinyurl.com/6zcszc )


から引用しておきましょう。

【引用ここから▼】


 日本が3K移民を大量に受け入れた場合、想定される問題を挙げ
ておきましょう。


1、 日本人失業者の増加と賃金水準の低下

 もし日本人が「18万円ください」といい、移民が「10万でいいです」
といえば、どちらが採用されるでしょうか?

 答えは明らかです。

 こうして、日本人の平均賃金は下がり、超下流社会が現出する
でしょう。


2、 差別意識の高まり

 移民が3K労働に従事しているのを見て、「ああ、日本人でよか
った」と差別意識を持つ層が出てきます。
 
 また、日本人の子供達が、移民の子供をいじめる問題も出てく
るでしょう。


3、 民族主義の高まり

 ドイツのネオナチや、ロシアのスキンヘッド集団のように、「日本
人のための日本!」「移民は日本人の職を奪っている!」などと
主張する団体が出てくるでしょう。


4、 生産性の停滞

 3K移民がいなければ、IT化・オートメーション化・ロボット化で
対処していくところ。

しかし、豊富で安価な労働力があれば、生産性を向上させる努力
はしなくなります。

日本の生産性向上は止まり、国際競争力はなくなっていくでしょう。


5、 移民のマフィア化

誰だって3K労働はイヤなものです。

すると、「麻薬や売春業をやって楽に儲けよう」という移民たちが出
てきます。

モスクワの場合、麻薬はアフガニスタンから入っていますが、売っ
ているのは中央アジアの人たち。

日本でも最近は、中国人の売春ネットワークが拡大しているそうで
す。

3K移民の大量受入れは、「美しくない国」「品格のない国」への超
特急切符といえるでしょう。


6、 治安の悪化

フランスでは移民の大暴動、イギリスではテロ、ロシアではスキン
ヘッドの外国人無差別殺人が起こっています。

日本で同じことが起こらないといえるでしょうか?



というわけで、3K移民は決していれるなと声を大にしていいたい。

なんといっても世界中で同じ現象が起きているのですから。

【引用ここまで▲】


▼「1000万人移民受け入れ」を公言する民主党


選挙が迫っています。

皆さんが長年の自民党政治に飽き飽きしているとしても、だからと
いって民主党が「善」ということにはなりません。

民主党は、【1000万人移民受け入れ】を宣言しています。

1000万人移民と一言でいいますが、その大部分は、


・3K移民である

・子供の頃から反日教育で育った中国人である


ことは確実なのです。

つまり、民主党は「反日教育で育った中国人1000万人の3K移民を
入れよう」といっているのです。

いや、「事実はそうなる」ということです。

さらに、この党は、


・外国人に参政権を与えよう!


と宣言しています。

菅さんだって宣言していますよ。



<菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず

産経ニュース2010.1.18 11:10

 菅直人副総理・財務相は18日午前の記者会見で、政府・民主党
が検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案に
ついて、「地方については投票権を認めていいのではないかともと
もと思っている」と述べ、賛成する考えを示した。>




子供でもわかると思うのですが、1000万人の中国人は、「日本の国
益」のために投票するでしょうか?

それとも、「中国人の権利向上」「中国の国益」のために投票するで
しょうか?




というわけで、次回の選挙ではよくよくお考えになり、できることなら
ば、


・3K移民大量受け入れに反対の政党

・外国人参政権付与に反対の政党


をご支持いただければ幸いです。



今回は、選挙がらみの話でしたが、もっと長期的に日本はどこにむか
うのがいいのでしょうか?

ここでは長くなりますので、触れることはできません。



詳しく知りたいからは、北野の新刊「国家の気概」をご一読ください。

●ついに最終章が読めるようになりました!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●最終章の感想は【おたよりコーナー】で!


1章では世界史における日本の役割を明らかにし、「自虐史観」か
ら永遠におさらばしてもらいました。

2章では、20世紀大国の興亡を例に、「人類歴史に流れる法則性」
を明らかにしました。

3章では、1991~2008年、アメリカ一極時代のはじまりから終焉ま
でをとりあげます。

4章では、否定できない中国のダークサイドに触れています。

●最終章では、アメリカ・中国、二つの超大国にはさまれた日本の
行く道を明確に示します。

日本は、なぜ第1次大戦・冷戦に勝利し、2次大戦で負けたのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その法則性とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ご購読はいますぐこちら↓
【yomi-na】(※3キャリア共通)
http://yomi-na.jp/?pagelist=00000vrj;00000vrh;00000vri&reload=1&p1=kitano_kokkanokigai
(註  PCからは読めません。携帯のみ対応しています。)


(おわり)ません ↓


●PS1
「国家の品格」を大ベストセラーにした仕掛け人・「小説新潮」の
元編集長・北野の大恩人M先生が、才能が全然なくてもシステ
マチックに小説が書けるようになる秘密の方法を伝授してくださ
います。↓
内容と北野とM先生の関係については↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090410050415000.html

●PS2
あの勝間和代さん、私の大恩人S社長が一押しする究極の成功法則と
は?
詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183523000.html



▼「危機克服本」コーナーへ
================================================================


          (^▽^)


▼▼▼夏休み旅行の計画をしている方必読!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 北海道旅行→0円 ハワイ→0円 

パリ→0円 ロサンゼルス→0円  香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も

【無料】  で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/43900/sr/



▼「危機克服本」コーナーへ

=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「チベット永遠の書」(シャンバラ)極限の恐怖の果てに「生」の
真理を見た T・イリオン 徳間書店
(詳細は→ http://tinyurl.com/72j2o ) 


T・○○○○「北野さん、ヒトラーってなんで戦争はじめたか知っ
てますか?」

北野「いろいろあると思います。1、第1次大戦後に戦勝国が課
した天文学的賠償金で、経済がボロボロになった。2、それが
原因でナショナリズムが台頭 3、ヒトラーが時流に乗って登場
4、彼はケインズ的政策を徹底的におし進め、ドイツ経済を奇跡
的に復活させ。。。」

T・○○○○「まあ、それもそうなんですが、もっと奥深い理由
があるんですよ」

北野「・・・・・・・なんですか?教えてください。ただし、きれいごと
は聞きませんよ!」

T・○○○○「ある存在と、契約を結んだんですよ、彼は?」

北野「・・・・・なんですかある存在って?」



T・○○○○「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あくまと」



北野「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



全世界のRPE読者の皆さんこんにちは!

「支配者とオカルト」の北野です。(ウソ)

私は普段、金儲けと安全の確保という二つを柱に、国際関係を分
析しています。

ところが、世の中には不思議なことがあります。

例えば、ヒトラーのような狂人が、民主的に一国のトップに立って
しまうこととか。。。


今回紹介するのは、ヒトラーの人生を一変させた幻の本です。

(50年ぶりに大英博物館から掘り出された。日本でも入手困難)

幻ですからね、皆さん、他の人には内緒にしておいてください。



「なお、本書は、ナチス政権を掌握した(1934年)アドルフ・ヒットラ
ーが毎年チベットに調査団を派遣する誘引になった本である」

「ヒットラーをここまでチベットに引き寄せたものは、何だったのだ
ろうか?また、彼が「わたしは地底世界で超人と出会った」と伝記
のある部分で書いたとき、彼は何を意味したのであろう。」

「ヒットラーは闇の世界政府の任務に失敗したのだろうか?それと
も、十分にはたし終えたのか。」

「ベルリン陥落の際に発見されたおびただしい数の黒衣のチベッ
ト僧の自殺体(1000人ともいわれる)は、いったい何を物語ってい
るのであろう?」

(訳者あとがきより)


●内容紹介

ドイツ人探検家イリオンは1934年、幻の地底都市「シャンバラ」を
目指し、単身旅に出ます。

彼は、さまざまな困難を乗り越え、ついに本物の聖人とめぐりあ
いました。

聖人は、空を歩き、奇跡的治療をし、何百年も生きているのだと
か。

ここまでが第1部。

第2部では、イリオンが、世界を動かす秘密結社の男性と出会
い、ついに伝説の地下帝国に潜入することに成功します。


世界を動かす「光の君」はイリオンに何を話したのでしょうか?



世界の裏側でこっそり起こっていたことを知ってみるのもよいのでは
ないでしょうか?(ちょっとこわいっすけど。。)


★「チベット永遠の書」(シャンバラ)極限の恐怖の果てに「生」の
真理を見た T・イリオン 徳間書店
(詳細は→ http://tinyurl.com/72j2o ) 


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★佐藤さまからのおたより


北野幸伯様:


第5章読みました。


去年、上海に行って中国の経済発展を
目の当たりにして、
正直「これは規模と勢いでは絶対にかなわない」と
素直に負けを悟りました。


それ以来、世界中でやりたい放題にしている
中国のニュースを見ていて、暗澹たる思いを
していました。


でも、北野さんの「第5章」を読んで、
ライフサイクルのこと、ナチスやソ連の例を
聞かされ、中国も長くはないかなと納得しました。


もちろん、経済的にはどんどんつながりを深めることは
両国にとって大切なことですが、独裁国家だということを
決して忘れてはいけないですね。


これからの日本が進むべき道まで示して頂き、
歴史の流れ、ライフサイクルや世界が向かっている方向を
見極めて外交をしていかないと、その場その場で、
右往左往していたのでは、いつまでたっても自立した
国にはなれないですね。


北野さんのメルマガや著書は日本中の政治家や国民に
読んでもらいたいです。


先週NHKの歴史番組で吉田松陰の特集をしていました。
それを見るまで、吉田松陰はおとなしい物静かな教師という
イメージがあったのですが、とんでもない。


死をも恐れず、公のために生涯をつらぬいて、
時代の風が吹くのを安穏と待つのではなく、
自分から風を巻き起こすような、まさに国士だったのですね。


日本の独立・自立のために死を決して立ち上がった
人たちがいたんだなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。
北野さんが言う人材とはまさにこういう人達のことなのだろうと
思いました。


それに比べて、国という枠組みやあり方を否定している人たちが
奇兵隊内閣と自称しているのでは、幕末の志士が草葉の陰で
泣いていることでしょう。


最近、色んな政党が出てきていますが、公然と外国人参政権を
否定している政党もあり、行動を起こす政治家は現代にも
いるのだと嬉しくなりました。


彼らがせんとしていることは、北野さんのメルマガを読まない限り
きっと理解できなかったと思います。十把一絡に「新党ブーム」と
片付けてしまうマスコミに乗せられていたと思います。


本当に北野さんには感謝しております。有難う御座います。


私も日本人の力を信じていますし、私自身も愛する祖国のため、
世界の平和のために、しっかりと世の中を見極めて、
行動したいと思います。


有難う御座いました。



▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


ナーバスな話で申し訳ありませんでした。

はやく完全復活できるよう、がんばります!

それと、「メールの返事がない!」という方。

そのような事情ですので、どうかご理解ください。




RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/22 部数:  56,436部

他のメルマガを読む