ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★日本が中国の「小日本省」になると、どうなるの?

=== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.633 

                         2010/2/15号

================================================================

★あなたの【視力】はいくつですか?


1353人のメガネ使用者が、わずか3日で視力1.0に!

「見える!驚異の視力回復法」

もともと日本は「メガネ」「コンタクトレンズ」使用者多い国
ですが。

コンピュータの一般化で、ますます目の悪い人が増加して
います。

あなたの視力はいくつですか?

ここであなたにご紹介する【極秘情報】は、


● 年齢・性別・季節・地域などに全く左右されない情報

● 年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
  本部千博先生執筆

● 近視だけでなく“視力の悩み全般”に対応できる

● 一日数分で実践できるので、時間に縛られない

● レーシック手術のように高額のお金を用意しなくて済む


等々、夢のような内容です。

「・・・・・・・ていうか、冗談でしょ?ありえないし・・・」

それでも、「視力回復させたいな~」と思っておられる方は、
↓のページを熟読してみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/42564/sr/
【要注意!】情報を見れるのは★3日間だけです。
真剣に視力を回復させたい方は、お急ぎください。







↓




★個人投資家のあなたにお願いがあります。

いいかげん、「勝率100%!」とか「1年で3億円!」なんて
いう 【詐欺ノウハウ】にだまされるのは、やめにしませんか?

それより、

●1日20分のパソコンチェック と

●2~3日に一度のゆったりトレード で

●100万円を5年で1億まで増やしていく

●長期的 かつ 堅実な 株式トレードシステム

を試してみませんか?


【驚異の全額返金保証!】

安心してお試しください。

さらなる詳細はこちら↓
http://www.infocart.jp/t/29885/rpejournal/

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★日本が中国の「小日本省」になると、どうなるの?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!

皆さまのご家族に、愛と信頼と調和が満ちていますように!


(●新規購読者の方はまずこちら
→ http://rpejournal.com/ )(北野のHP)

(●未来の安心のために確固たる財政基盤を築きたいかたは
こちら → http://www.rpejournal.com/hukugyou.html  )

(^▼^)記憶力を劇的にあげ、出世街道を驀進したいかたは、
日本一の宮口先生に教わっては?↓【無料】
http://www.infohouse.jp/outo.php?aid=7469&vid=46





前々号は、「中国の栄華はいつまでつづくのか?」を考えました。
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100203192513000.html


そして、「大きな事件がなければ、『日本が中国の小日本省にな
るのは、決定事項か?」を考える予定でした。

ところが、小沢さんが不起訴になったので、前号ではその「裏側」
を考えてみました。
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100208214439000.html



今回も予定変更です。

読者さんから、興味深い質問をいただいたのです。


「日本がちっともよくならないのは、日本がアメリカの『属国』だから
です。バランスを取るために中国にすり寄るのはよいことでしょう?」

「日本が中国の『小日本省』になっても、それほど悪くならないので
はないでしょうか?」


等々。

私は、これらのメールを読み「唖然」としたのですが。

しかし、考えてみると「共産党一党独裁」がどんなに大変か、経験
してみないとわからないのかもしれません。

私は、1年ですが共産ソ連を経験しました。

周りには、親族がスターリン時代に粛清されたり、強制収容所に送
られた人たちがたくさんいます。


え”?


「ソ連と中共は違う???」


そうでしょうか?

今回は、「日本が中国の『小日本省』になればどうなるのか?」を考
えてみましょう。


▼中国は「少数民族」をどう扱ってきたか?


日本は現在、「人民解放軍の野戦軍司令官」を自任する小沢さんが
支配しています。

そして、小沢さんの支配下にある民主党は、


・外国人参政権
・1000万人大量移民受け入れ
・東アジア共同体


等々の「売国政策」を推進しています。

(外国人参政権付与で、なぜ日本が中国の「小日本省」になるか?
は、こちらをご一読ください。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183646000.html



東アジア共同体の話はとりあえずおいておきましょう。

1000万人の外国人(主に中国人)が、参政権を得れば、


1、日本人ではなく中国人の利益を追求する

2、日本国ではなく中国の利益を追求する


に決まっています。

そうなると、中国ロビーは強大な力を持つことになる。

当然「中国の利益より日本の国益を優先させる政治家は、当選でき
ない」という事態になっていきます。

すると、中国は尖閣諸島も沖縄も「中国の領土」としていますから、
日本の首相が


「友愛の証として沖縄をプレゼントします!」


なんてことになりかねません。

中国側はお礼として「パンダ」くらいくれるかもしれませんが・・・。


こうして、日本は実質中国の支配下に入るわけですが、その時どうな
るか?

日本人は事実上、中華人民共和国の「少数民族」になるわけですよ。

で、中国はこれまで少数民族に対しどんなことをしてきたのか?


1、中国はチベット人を120万人虐殺した

1950年10月、(小沢さんが「野戦軍司令官」と称する)人民解放軍
がチベットを侵略します。

彼らは、チベット仏教寺院を次々と破壊。

無抵抗の僧侶や一般人を大虐殺しました。

その数120万人(!)といわれています。


2、ウイグルでは核実験が行われ19万人が死んだ

3、中国は、「台湾を標的」にしたミサイルを1400発(!)も配備し
ている


どうです?

「日本の悪の元凶はアメリカの『属国』であることだ!」と憤っている
人たちもいますが。

しかし、「ソ連や中国の属国になるよりマシだった」ともいえます。

(もちろん、日本がアメリカの「天領」でいいはずがありません。
相対的な話です。)


↓後半へ
=================================================================



■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 

北海道旅行→0円

ハワイ→0円 

パリ→0円 

ロサンゼルス→0円

香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も


【無料】
~~~~~~~

で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/42889/sr/




↓本文後半へ
=================================================================

▼日本が「小日本省」になれば?


ここからは、日本一の中国ウォッチャー・宮崎正弘先生の


「中国分裂7つの理由」

(詳細は→ http://tinyurl.com/y8lz44y )

↑
(名著です。特に中国をあまく見ている「平和ボケ」の人は必ずご
一読されることをお勧めします。)


を参考に、「日本が『小日本省』になったら?」を考えてみましょう。


宮崎先生によると、中国の少数民族支配には、7つの共通点があ
るそうです。


1、言語政策と歴史教育の漢族優位主義

少数民族は子供のころから「北京語」を強制的に勉強させられる。

そのため、チベットやウイグルの若者は、チベット語やウイグル語を
話せない。

これを日本にあてはめれば、

日本の学校教育、日本のテレビなどはすべて「北京語で」ということ
になるでしょう。


2、共産党の支配が、奥地まで確立される



<したがって支配階級(=党)に反旗を翻そうと組織的な行動をとれ
ば、すぐに弾圧される。>

(中国分裂7つの理由 41p)



愛国者が「日本独立運動」を起こそうものなら、即座に処刑されると
いうことでしょう。


3、資源を奪う

たとえばウイグルには石油・ガスがあるのですが、漢族が利益を独
占し現地に還元されない。


日本近海には、新エネルギー「メタンハイドレート」が「世界一」多く
存在しています。

これを開発すれば、日本は「東洋のサウジアラビア」として、世界一
豊かに暮らせる。

しかし、日本が中国の「小日本省」になれば、中国が全部それをもっ
ていってしまう。

そして、少数民族日本人は、貧しい生活を強いられることになります。


4、徹底した宗教弾圧

チベットの仏教、ウイグルのイスラム教は、過酷な弾圧にあっている。


これを日本にあてはめるなら、日本の伝統的な宗教は神道です。

神道は「多神教」ですが、天照大神が最高神格である。

そして、天照大神は皇室の「祖神」であるので、神道と皇室は深くむす
びついています。



中国は当然「皇室」を廃するか、支配し傀儡化しようとするでしょう。

結果、ダライラマがインドに亡命したように、天皇陛下もアメリカに亡命。

日本には、中国傀儡の「偽天皇」が擁立されるなんてことにもなりかね
ません。

(●中国はこれまでも天皇陛下を政治的に「利用」しつづけてきました。
詳細は、2分前に届いた「日本自立の最終兵器」をご一読ください。)



5、対立する宗教同士を混在させる

中国は、チベットに大量のイスラム教徒を移住させているそうです。

それで、「民族性」や「伝統性」を破壊していくのですね。

これを日本にあてはめれば、日本にイスラム教徒をどんどん送り込ん
でくることもあり得る。


6、少数民族には人間の尊厳を与えない

「小日本省」になることで、日本人は少数民族に転落します。

そして、差別されることになる。

「政治家になるなら北京へ、ビジネスで成功するなら上海へ行かな
ければダメだ!」

なんてことになる。

で、日本国内でも漢族は「優越民族」としていばり、少数民族「小日
本人」をいじめる。

小日本人は出世できない。


7、軍事優先

チベットには50万人、ウイグルには100万人の軍隊が駐留してい
る。

そして、反逆の機会があれば、「軍事力で鎮圧」できるよう備えてい
る。

これを日本に当てはめるなら、「自衛隊」は解散ですね。

代わって人民解放軍が日本を支配することになる。


どうです?

もちろん、すぐこうなるわけではありません。

しかし、何事にも「はじめの一歩」があります。


「千里の道も一歩から」


中国が日本を小日本省化するための一歩はなんでしょうか?



「外国人参政権」です。



これが実現すると、日本の小日本省化は一気に進む。

逆にこれを阻止すれば、日本の小日本省化は進みません。


小沢さんも鳩山さんも知ってか知らずか、「日本を中国に売る」政策
をすすめています。

相変わらずやる気満々なのですね、この人たちは・・・。



<小沢氏「参政権法案、首相は多分やる」

2月10日17時49分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎幹事長は10日、党本部で、同党の川上義博参
院議員に対し、永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案
について、
「鳩山由紀夫首相がやるといったんだから多分やるだろう。推移を見
ている」と述べた。>



皆さん、是非日本が中国の小日本省にならないよう、ご協力をお願
いいたします。

もう6回目になりますが、ひきつづき。

特に、谷垣総裁には、「外国人参政権に反対の立場を明確にしてくだ
さり、ありがとうございます!」と激励しましょう。

谷垣さんも今、「よかったかな~」と揺れておられると思うのです。

そこで、よいフィードバックがあれば、決意も固まるでしょう。

方法はこちら。↓



1、(もう6回目になりますが)鳩山さんに直接意見を伝えましょう。

やり方は、

【引用ここから▼】

<外国人参政権を阻止しようと思えば、鳩山さんに「外国人参政権に
反対する人が山ほど多い」という事実を実感させばいいのです。

どうすれば、鳩山さんのところに意見が届くのでしょうか?

これは総理のメルマガに意見を送るのが一番いい。

まずは、総理のメルマガに登録します。
↓
 http://www.mmz.kantei.go.jp/jp/m-magazine/

その後、送られてくるメルマガの一番下に、感想を書きこめるアドレ
スが載っています。

このページに入っていただければわかりますが、一番下に120字
まで感想を書ける場所があります。

名前もメルアドも入力する必要はありません。

送信者を特定されることを恐れている方も、安心して意見をお書き
ください。

【引用ここまで▲】



2、自民党をさらに本気にさせよう


どうすれば、自民党を動かすことができるのでしょうか?

これは、「外国人参政権に反対する方が、『お得』である」ことをわから
せればいい。

つまり、その方が「票につながる」ことを理解させればいい。

方法ですが、

一、谷垣さんのHPに入ります
↓
http://tanigaki-s.net/index2.php

二、一番上の「お問い合わせ」をクリック

三、意見を投稿します


例

「民主党は「外国人参政権付与」を推進しています。

私は前回民主党に入れましたが、もし自民党が外国人参政権に断固
反対してくださるなら、次回は自民党に入れようかと思っています。

はっきりいいますが、国民の大部分は「外国人参政権」に反対です。

ですから、自民党が態度を明確にすれば、次回は勝てる可能性がた
かまるはずですよ。」



3、動画を紹介しましょう

日本在住日本人の99%は、この動画の内容を知らないと思います。

民主党はこんな大事なことを、「国民に内緒でこっそり」決めちゃおうと
している。

ですから、なるべく多くの人に動画の内容を知らせる必要があるでしょ
う。

ブログのある皆さまは、ブログにちょろっとでも動画をご紹介いただける
とうれしいです。↓


【国会】鳩山首相「死を覚悟してでも、国政参政権を与えたい」
↓
http://www.movie3mai.net/dXtbqVHxQxEo.html



なんだか、「政治運動メルマガ」みたいになってますが。

私は常々、「日本は自立国家になるべきだ」と主張していますので、仕
方ありません。



ちなみに、日本が「自立国家」になるためには、「外国人参政権」をとめ
るだけでは足りません。

その他には何が必要なのでしょうか?

興味のある方は、ぜひこの情報をゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/6zcszc


山盛り資料付きで全部わかります。


(おわり)↓ません

●PS1
北野の大恩人S社長のDVD、感謝の声が洪水のように届いています。
「富」と「幸福」を引き寄せたい方、いますぐゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/d2o2d7
北野とS社長の出会い、S社長の秘密についてはこちら↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090421222452000.html

●PS2
あの勝間和代さん、私の大恩人S社長が一押しする究極の成功法則と
は?
詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183523000.html

●PS3
記憶力を劇的にあげ、出世街道を驀進したいかたは、日本一の宮口先
生から方法を聞いたらいかがでしょうか?
↓【無料】
http://www.infohouse.jp/outo.php?aid=7469&vid=46



▼「危機克服本」コーナーへ
================================================================


★メルマガでお伝えできない情報は・・・・


1、北野がモスクワに来てからの詳細なあゆみは
→  http://rpejournal.com/kitanonokoe.html

2、北野の夢とは?
→ http://rpejournal.com/kitanonoyume.html

3、スーパーエリート読者さんの声は
→ http://rpejournal.com/dokusya.html

4、サラリーマンが安全に億万長者になる方法は?
→ http://rpejournal.com/hukugyou.html



▼「危機克服本」コーナーへ

=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「華僑大資産家の成功法則」 小方功 実業之日本社
(詳細は→  http://tinyurl.com/y8nngy  )


王さん「北野君、成功する法則を知っているかい?」

北野「はい!好きなことを一生懸命やることです!」

王さん「ブ~~~~~~~~~~~」

北野「え”~、皆好きなことわくわくすることをすれば成功するといって
ますよ!」

王さん「成功するための第1の教えは「好きなことを一生懸命やっても
成功しない!」だ」

北野「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」



商才のある人たちといえば、1にユダヤ人、2に華僑ですね。

この本の著者は、北京留学中に華僑の大富豪と知り合い、成功法則を
伝授してもらったのです。

そして、帰国後華僑大富豪・王さんの教えに従い、IT企業ラクーンを立
ち上げ、大成功させています。

ビジネス立ち上げ時の苦労話も入っていますから、実践的に役立つ本
と思って間違いありません。


こういう系統の本で一番有名なのは、本田健さんのユダヤ人大富豪の
教え(  http://tinyurl.com/7lsyh   )←(これも名著)でしょう。

ユダヤと華僑の成功法則を身につければ、鬼に金棒です。

ところが、ユダヤと華僑では全然違うことをいっているのが興味深い。

だって、いきなり第1の教えが「やりたいことを一生懸命やっても成功し
ない」ですよ。

それと、華僑は「契約を重視」しないのだそうです。

というか、信頼できる人としか仕事をしないので、複雑な契約をかわす
必要がないのだそうです。

これもユダヤと違いますね~。

ユダヤは契約めちゃくちゃ重視ですから。

ちょっと他の成功本とは違う感じの本です。

新鮮で役に立つ話が満載されていますので、是非入手してみてください。


さらに、国際情勢メルマガRPEの読者さんとしては、「中国人理解」にも
役に立ちます。

日本では今、「中国人はこうだ!」という本のほとんどが、ネガティブな内
容ですね。

ところが、中には王さんのようにすばらしい人もいる。

世界でビジネスを展開する華僑の成功法則と、別の視点からの中国理
解。

2度おいしい本です。

是非ご一読ください。


★「華僑大資産家の成功法則」 小方功 実業之日本社
(詳細は→  http://tinyurl.com/y8nngy  )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★Ryoさまからのおたより


北野様

  ロンドン駐在中にひょんなことでこの配信を知り、かれこれ4
年になります。

現在は帰国して東京に居ります。

恐らく毎回感想が山のように来るのでしょうから見ていただけ
れるかはともかくメール致しました。

私は07年までロンドンに5年駐在していました。

その前はアジア担当をして中国にも結構”通って”いました。

国内の営業マンから意を決して英語を学び念願の海外部署に
いけたのは10年前。

しかし最初の担当の中国では、拝金主義的な現地人の仕事の
進め方、民度の低さに”幻滅”し、

ある面談で「中国はコリゴリだと」言ったところ、欧州部署に配転、
そのまま駐在となりました。

 ロンドンの生活も当初は食事はともかく、それを上回るインフラ
のひどさ、やる気の無い社員など負の面も見ましたが、

良かったこととして新興国(04年頃にEUに新規加盟した国々や
旧ユーゴ、エジプトなどアフリカの国など)の人たちの日本を見る
期待の目、一緒に仕事をしていきたいという意欲が肌で感じられ、

成果こそ決して多くはありませんでしたが、本当に楽しい時期で
した。 (少々利益は出せたので すが、社内での評価は??でし
たが・・)

 現在は、会社が合併し会社がアジア重視(近いし、すぐに稼げ
るから??)という路線を打ち出したことから、自分は帰国と同時
に(なぜか)国内部署に異動し、これまでと異なる仕事をしていま
す。

(合併前の両社がともに中国に工場を持つなど、逃げるに逃げら
れず・・・という感がしますが)

 今の上司は全くのDomestic人間なので海外話はしませんが、時
折ヨーロッパの小国やイスラム圏の話になるとつい「会社として、
無策なのはおかしい!」とほえている状況です。

弊社はそれなりに大きいメーカーですが、これですら海外を長期
視野で考える人は・・・というところでしょうか・・・

国内市場の仕事はそこそこやりがいは有り、当面行っていきます
が、先生の配信を見て思うのは、

「日本の現代史教育はどうなっているのか?」ということです。

高校の授業では通常教科書の最後まで進むことは稀なので実質
習っていない人ばかりかつ、

先生の配信は、文系の学生は理解することはあっても受験科目で
はなくただ世界史や政治経済を習っただけの人はそうとうじっく
り読まないとわからないのでは?と思います。

(自分の理系の妻に含んで教えるのは<楽しいけど>大変でした!)

理系の上層部が多い当社では、いわんやでしょう。

すぐに仕事を変えるのはRiskyなのでしませんが、ライフワークとし
て現代史や外国人は日本人をどう見ているか? といった経験を活
かすいい方法はないのでしょうかね?

大学の先生になれるほどの海外実績はないのですが、何かない
のでしょうか?(笑)

配信を読ませていただくたびにそんなことを考えています。


今後も読み続けます、長文失礼しました。



▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


ORTで「スラムドック・ミリオネア」やっていました。

見るのは初めてです。

インドのスラム街で育った、超ハイパー貧乏の少年ジャマール君が、

「クイズ$ミリオネア」に出演。

全問正解し、なおかつ子供のころからの愛を成就させるという物語。

まず、インド・スラム街の貧しさに驚きました。

これだけ貧しいと、「人生お金じゃないよね」なんていってられません。

そして、苦労を重ね成功を勝ち取るジャマール君とその一途な愛に
感動です。

現在苦境の陥っている方は是非ご覧ください。

元気がでますよ。

みのもんたさんの予告編はこちら
↓
http://www.youtube.com/watch?v=rx2gtDCSZZI

DVDはこちら
↓
http://tinyurl.com/yktbr3u


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  56,326部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/17 部数:  56,326部

他のメルマガを読む