ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★小沢さん不起訴の裏側~米中どっちに仕えますか?

=== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.632 

                         2010/2/8号

================================================================

★英語が話せないあなたへ


勉強しても勉強しても、ちっとも英語が話せない人は
いませんか?


「ああ、俺だ俺だ!」


そんなあなたに、

・たったの28日で英検準1級を取得した

・TOEICでは、特に準備せずに920点とった


【極秘の方法】をお教えすることができますが。


興味がある方は、この下の情報を今すぐご確認ください。
↓
http://www.infocart.jp/t/41959/sr/
【★要注意!】
冗談のような激安価格でゲットできるのは
●後3日だけです。お気をつけください。




↓






【日経一万円割れ!】
★いつまで株バクチで、金をドブに捨てつづけますか?


07年のサブプライム問題。

08年のリーマンショック。

100年に一度の大不況。

株はシロウトにとっていまや「バクチ」と化しました。

しかし、激動の07年08年09年10年と、勝ち続けている
人もいます。

こんな人を「●真の投資家」と呼ぶのでしょう。


「・・・・・・・う~、俺は負けてばっかりだ!」


ご安心ください。

あなたも少し勉強すれば、株=バクチでなく、

株=安全で利益のあがる投資
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
になります。

まずはこのページを上から下まで熟読してみてください。
↓
http://www.infocart.jp/t/29885/rpejournal/

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★小沢さん不起訴の裏側~米中どっちに仕えますか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

読者の皆さまが、健康で幸せで豊かでありますように!

皆さまのご家族に、愛と信頼と調和が満ちていますように!


(●新規購読者の方はまずこちら
→ http://rpejournal.com/ )(北野のHP)

(●未来の安心のために確固たる財政基盤を築きたいかたは
こちら → http://www.rpejournal.com/hukugyou.html  )

(^▼^)記憶力を劇的にあげ、出世街道を驀進したいかたは、
日本一の宮口先生に教わっては?↓【無料】
http://www.infohouse.jp/outo.php?aid=7469&vid=46





前号は、「中国の栄華はいつまでつづくのか?」を考えました。
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100203192513000.html


そして、今回は「大きな事件がなければ、『日本が中国の小日本省に
なるのは、決定事項か?」を考える予定でした。

ところが、起こってしまいましたね。


「小沢さん不起訴」
↓



<小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針

2月3日21時35分配信 読売新聞

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を
巡る事件で、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反(虚偽記
入)容疑で告発されている小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)とする方針
を固めた。

 同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)らとの共謀を立
証するには証拠が十分でなく、起訴は困難と判断した。 >



途中まで「イケイケ」だったのが、唐突な感じがしたのは、私だけでは
ないでしょう。

これが純粋に、「司法だけ」の話であれば、「大事件」とはいえません。


「あ~小沢さん潔白だったのね」とそれだけの話。


しかし、国民の大部分は、小沢さんが完璧に「お金にクリーンな政治
家」なんて思っていない。

今回の一連の出来事が純粋な司法ではなく、「政治がらみ」だと思っ
ている。

具体的には?


▼変化する日米関係


一般的な読者さんにも消化しやすいよう、長期で背景を説明してお
きましょう。


全然関係ないような話からはじめますが。

1945~1991年の冷戦時代、日米関係は概して良好でした。

なぜかというと、「ソ連」という共通の敵がいたから。


ところが1991年12月にソ連が崩壊。

「ソ連」を「仮想敵」とする日米軍事同盟は、意味を失います。

(中国はまだ弱小、北朝鮮は核を持っていなかった)


冷戦終結後、初めての大統領になったクリントン。

ソ連がいなくなったので、遠慮なく日本バッシングを開始します。

むかついた日本は、アメリカと距離をおき、中国やロシアとの関係を
改善させていきました。


冷戦終結後の日本政権の推移を見ると、


・細川内閣(93~94年) 非自民8党からなる連立政権、細川さんは
クリントンに「NO!」といい人気を得る

・羽田内閣 同じく非自民

・村山内閣 自民党と社会党の連立政権

・橋本内閣 自民党政権 アメリカへの強硬な態度で人気。親中親ロ

・小渕内閣 自民党政権 外交方針は上に同じ

・森内閣 自民党政権 外交方針は上に同じ



こう見ると、90年代の日本は、異常なまでの短命政権つづき。

さらに、親米一辺倒ではなく、中国・ロシアとの関係も重視する政権が
つづいていたことがわかります。


▼小泉親米政権と「国策調査」


新世紀に入ると、アメリカの状況に変化が現れました。

ブッシュ(子)が大統領になった2001年1月、ITバブルは崩壊している
最中。

アメリカは久しぶりに不況に突入し、再び日本の金が必要になってきま
す。

そんな時、日本では小泉政権が誕生。(2001年4月)



小泉さんは、ソ連崩壊から10年つづいた、アメリカ・中国・ロシアを重
視するいわゆる「国際協調外交」をすてさり、


「親米一辺倒外交」


にシフトします。


この時、ロシアとの関係改善のために動いていた鈴木宗男さん・佐藤
優さんが邪魔になったので失脚させられた。

この辺りの経緯は、佐藤優さんの歴史的名著


「国家の罠」佐藤優 新潮社
(詳細は→ http://tinyurl.com/8kpkc )


を是非ご一読ください。

検察が動いたのは、「鈴木さん・佐藤さんが法的にどうのこうの」では
なく、彼らが「国の政策遂行に逆行する動きをしたからだ」と。

この本により「国策調査」という言葉が大流行。

検察の評価はガタおちになります。


この時の構図を見ると、明らかに


ブッシュ政権 → 小泉さん → 検察 → 鈴木さん佐藤さん


というラインがある。


「検察はアメリカの意向に従って動く」。


(ここでは、ザックリ書いているので「ほんまかいな」と思われるかも
しれません。

詳しくは、是非「国家の罠」(詳細は→ http://tinyurl.com/8kpkc )

を参考になさってください)


▼民主党は「反米」政権


さて、ブッシュの時代、アフガン・イラク戦争、および100年に一度
の大不況が起こり、アメリカはボロボロになってしまいました。


世界的に「アメリカの覇権はこれで終わりだ」と思われるようになっ
てきた。

そして、日本では「政権交代」が起こり、民主党政権が誕生。

小沢さんを事実上の頭とする鳩山政権は、


「東アジア共同体は、アメリカ抜きでやります!」

「普天間問題で、アメリカのいうことを聞くつもりは全然ありません!」


等々、反米の姿勢を鮮明にしました。


一方で、小沢さんは大使節団を率いて訪中。

最近は、「日米中の関係は正三角形」などといっている。

しかし、小沢・鳩山さんの言動を見ると、中学生でも 



中国 >>>>> アメリカ



であることがわかるでしょう。

鈴木さん・佐藤さんは、ロシアと接近しすぎてやられましたが、

小沢さんは、



「中国と接近しすぎてやられたのではないか?」




こんな風に考えることができます。

そういえば、小沢さんの師匠・田中角栄さんも、「アメリカを無視し
て中国と独自外交したからやられた」といわれています。


「検察はアメリカの意図に沿って動いている」


こう考えると、面白いことが見えてきます。


▼小沢さんは「寝返り」を約束した?


不起訴が決まったのは2月3日でした。
↓



<小沢幹事長は不起訴、東京地検特捜部が方針

2月3日21時35分配信 読売新聞

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を
巡る事件で、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反(虚偽記
入)容疑で告発されている小沢氏を不起訴(嫌疑不十分)とする方針
を固めた。>



さて、この一日前に、非常に面白いことが起こっていました。
↓



<米国務次官補が小沢氏に訪米を要請

2月5日18時17分配信 産経新聞

 訪日していたキャンベル米国務次官補が民主党の小沢一郎幹事長
と

今月2日に会談した際、
~~~~~~~~~
4月下旬からの大型連休中を念頭に小沢氏と民主党議員団のワシン
トン訪問を要請していたことが5日、明らかになった。

米国に帰国したキャンベル氏がワシントン郊外の空港で記者団に語
った。>



キャンベル国務次官補が、「不起訴」発表の前日、小沢さんと会い、


「議員団を率いてワシントンにお越しください!」


と誘ったと。

まず、キャンベルさんが「もうすぐ起訴されそうな、失脚しそうな男」と
会うのが不自然。

さらに、ワシントンに招待するのも不自然。


しかし、「アメリカが検察を動かしている」と考えれば納得できます。

キャンベルさんは小沢さんと会い、こんな会話をした?(想像)



キャンベル「小沢さん。あなた自分のことを『日本国の最高権力者だ
!』と増長してるようだけど。勘違いしたらダメだよ。

我々はいつでもどこでもあなたを捕まえることができる。

田中角栄さんがどうなったか、わすれちゃったの?」


小沢さん「・・・・・・アイム ソ~リ~」


キャンベル「あやまったってダメだよ。ちゃんと態度で示してもらわな
いとね。

反米親中の姿勢を改めて、これからは親米に回帰しなさいよ!」


小沢さん「・・・・・・イエス サ~」


キャンベル「わかったなら、今回は許してあげるから。明日『不起訴』
の発表がある。

それで、私のいっていることが冗談じゃないとわかるだろう。

反省して、しっかり『天領』の長」としての務めに励みなさいよ」


小沢さん「・・・・・・・センキュ、サ~」



想像ですが、こんな会話があったのではないでしょうか?

この会談について産経新聞2月3日は、



<会談は1時間に及んだが、冒頭発言以外は

一切非公開。
~~~~~~~~~~~~
事後説明も小沢氏の意向で中止になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小沢氏はキャンベル氏を衆院玄関まで丁重に見送り、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キャンベル氏は記者団に

「ナイス・トークス(いい会談だった)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と微笑んだ。>



と伝えています。


見送る小沢さんは、大きく深呼吸し、心からの「安堵感」を味わった
ことでしょう。


小沢さんは、早速「ボス」との約束を果たすべく動き始めます。
↓


<小沢氏、訪米も大名行列?5月の大型連休中に

2月6日0時38分配信 読売新聞

 民主党の小沢幹事長が5月の大型連休中に訪米を検討している
ことが5日、明らかになった。

2日に国会内で小沢氏と会談したカート・キャンベル米国務次官補
が要請した。

 キャンベル氏はワシントン郊外の空港で4日、記者団に「幅広い
グループの民主党議員に来てもらいたい」と期待感を表明した。

民主党幹部によると、小沢氏はキャンベル氏に訪米に前向きの考
えを伝えたという。>



アメリカにも中国並みの数を訪問させることで、「アメリカ重視の姿
勢」を明らかにする。

小沢さんはアメリカの恐ろしさを知り「猛省」したのでありましょう。


↓後半へ
=================================================================



■まだ【ムダ金】を航空券に使いますか?


沖縄旅行→0円 

北海道旅行→0円

ハワイ→0円 

パリ→0円 

ロサンゼルス→0円

香港→0円 

シンガポール→0円

ビジネスクラス・ファーストクラスも→0円!

国内旅行も・海外旅行も


【無料】
~~~~~~~

で行ける方法、こっそりお教えします!

詳しくは↓
http://www.infocart.jp/t/42889/sr/




↓本文後半へ
=================================================================

▼さらなる背景


もう一つ、今回の事件にからむ重要な動きがあります。

それは、「米中関係が悪化している」という事実。


皆さんもご存じのように、オバマ政権はこれまで、「G2(米中)で新
世界秩序をつくろう」等々、

中国に対し弱気かつ卑屈な外交をしてきました。

ところが、ここ1カ月ほど、アメリカが強気の姿勢に転じているので
す。

最近起こった両国がらみの事件を見ると、


・グーグルと中国政府の対立

・台湾への武器輸出問題


などがあげられます。

さらに、



<米国防計画、中国軍拡に深刻な懸念

2月2日11時31分配信 読売新聞

 【ワシントン=小川聡】米国防総省は1日、オバマ政権による初の
本格的な国防戦略となる「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)を発
表した。

 中国の軍事力拡大や国際テロ、サイバー攻撃など「多様な脅威」
への懸念を示した上で、同時発生した二つの地域紛争に勝利する
という、冷戦後の「二正面戦略」から、柔軟で適応力の高い米軍の
構築へと転換した。

日本を含む同盟国と協調する重要性も、これまで以上に強く打ち出
した。>



なぜ米中関係が悪化しているのか?

今まで台湾・ウイグル・チベットを見捨てていたオバマさんが突然
「人権」に目覚めたのでしょうか?


私は違うと思います。

両国関係が悪化しているのは、「原因」ではなく「結果」である。

では原因はなんなのか?

これは、「なぜアメリカが中国と仲良くしていたのか?」を考えればわ
かる。

そう、中国は世界一アメリカに金を貸している(米国債を買っている)
から。

明らかな証拠はありませんが、アメリカが強行姿勢に転じたのは、
中国が


「いつまでもあなたたちの紙切れ(米国債)を買い続けるつもりはあり
ませんよ!」


と、態度を変えてきたからではないでしょうか?


中国から金を借りられないとなると、どこから金をゲットするのか?


「あ!天領の日本に米国債を買わせればいいや!」(^▼^)


ところが、日本を見ると、戦後最も反米な政権になっている。

このままでは、中国も日本も米国債を買わなくなり、アメリカは国家
破産だ!

どうしよう。


「自民党が政権に返り咲くのも難しそうだし、小沢を脅すか!」


世界最大の借金大国アメリカはこんな風に考えたのではないでしょ
うか?


2月2日、キャンベルさんが小沢さんと会った。

2月3日、「不起訴」の発表。

2月5日、小沢さん「大名行列」を率いて「訪米」と発表。


そして、「不起訴」宣言の3日に、重大な発表がされています。



<ゆうちょ銀の資金、米国債で運用も 亀井大臣が見解

2010年2月4日1時30分

 亀井静香金融・郵政改革相は3日、日本郵政グループのゆうちょ銀
行の資金運用について、

米国債
~~~~~~~
や社債などに多様化していくべきだとの考え方を示した。

郵政見直しではゆうちょの預け入れ限度額の引き上げも検討されて
おり、亀井氏は資金の増加が見込まれるとして、運用先も広げるべき
だとの立場だ。

 亀井氏は記者団に対し郵政見直しについて「手足を縛られて営業
をしているわけだから、現実にあった形にしていく」と発言。

昨年12月末で約180兆円のゆうちょ銀行の貯金残高の増加が見込
めるとした上で、

米国債
~~~~~~~~
など日本国債以外の運用が「もう少し増えると思う」と述べた。


 ゆうちょ銀行は昨年12月末で約180兆円を有価証券で運用して
いるが、

9割近くは日本国債で米国債はほとんどなく、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

社債も約12兆円にとどまっている。 >(asahi.com)



う~~~~~~む。

アメリカは、日本国民の富をまきあげることに成功したのですな。


「小沢不起訴のお値段は○兆円?」


と質問してみたいものです。


▼わかれる小沢さんへの評価


ネットを見ていると、日本の国論が真っ二つにわれているのがわか
ります。


小沢支持 と 反小沢


小沢支持の人たちは、日本が良くならない理由について、

「日本がアメリカの天領だからだ。小沢さんは、日本がアメリカから
独立するために戦っている。だから検察に狙われた」

と考えている。

「小沢さんは、悪いアメリカと戦う愛国者だ!」と。


一方、反小沢の人々は、「小沢は日本を中国に売るつもりだ!」と考
えている。


私個人はどう思うか?

民主党が、アメリカからの自立を目指しているのは事実でしょう。

それが原因でアメリカからいじめられているのも事実。


しかし、だからといって小沢さんが「愛国者か?」ときかれれば、「そ
んなことないでしょう」と思います。


民主党政権が発足した後、小沢さんはセッセと韓国・中国の国益の
ために働いてきました。

日本の政治を外国人(主に韓国・中国人)に売り渡す、外国人参政
権付与。

(外国人参政権付与で、なぜ日本が中国の「小日本省」になるか?
は、こちらをご一読ください。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183646000.html




小沢さんは、日本のためではなく、韓国政府のためだと断言してい
ます。
↓



<参政権「韓国の要請」 民主・小沢氏、政府提案望む
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月17日7時56分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎幹事長は16日の記者会見で、永住外国人への
地方参政権(選挙権)付与法案について

「韓国政府サイド、在日の方々からも要求が非常に高まってきている」
と述べ、法案推進の理由に

韓国側の要請があることを認めた。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さらに中国に行っては、「私は『人民解放軍の野戦軍司令官だ!』」と
宣言。
↓



<小沢氏「私は人民解放軍の野戦軍司令官」
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月10日20時56分配信 産経新聞

(中略)

 胡氏は「小沢氏は中国人民の古くからの友人で、中日関係発展
のため数多くの貢献をしてきた。今日は新しい友人がいっぱい生
まれるだろう。それを日中関係に役立てたい」と語った。

 小沢氏は来夏の参院選について、「こちらのお国(中国)にたと
えれば、解放の戦いはまだ済んでいない。

来年7月に最後の決戦がある。

私は人民解放軍の野戦軍司令官として頑張っている」と語った。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そして、帰国した後は、自らが「人民解放軍の野戦軍司令官」であ
ることを、行動で証明しました。

いわゆる「天皇陛下の政治利用」問題。


安倍さんは嘆息し、「国を売らないでくれ!」と叫びます。
↓


<「君、国売りたまうことなかれ」安倍元首相が小沢氏批判

12月16日13時12分配信 産経新聞

 君、国売りたまうことなかれ-。自民党の安倍晋三元首相は16日
付の自身のメールマガジンで、歌人、与謝野晶子の句をもじり、天皇
陛下に関する民主党の小沢一郎幹事長の言動を激しく批判した。

 安倍氏は、陛下と中国の習近平副主席との特例会見を内閣の助
言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化した小沢氏の14日の記
者会見について、


「天皇の政治利用は、好きにやらしてもらうとの宣言といえる」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と指摘。

小沢氏が先の韓国訪問時に永住外国人への地方参政権付与を約束
し、来年の陛下の訪韓にも言及した問題に対し、

「君、国売りたまうことなかれ」と訴えた。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このように小沢さんは、政権交代後一貫して中国・韓国の利益のみ
に動いている。

皆さん、小沢さんが日本のために「これをした!」という例を一つでも
あげることができますか?

はたして、この人を「真の愛国者」と呼ぶことができるのでしょうか?


▼小沢さんの苦悩


アメリカに「恭順の意」を示すことで、起訴を逃れた小沢さん。

これからも厳しい道のりがつづきそうです。

なぜか?


1、求心力の低下

小沢さんは、「不起訴」になりましたが、3人は「追起訴」になってい
ます。
↓



<規正法違反の罪で元私設秘書の衆院議員、石川知裕(36)=
北海道11区、後任の元私設秘書池田光智(32)両容疑者を起訴、
公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)=公判中=を追起訴した。
立件額は計約20億円。>

(2月5日 フジサンケイビジネスアイ)



つまり、「部下を犠牲にして」「自分だけ助かった」わけですね。

これを見た「小沢チルドレン」「民主党議員」はどう思うでしょうか?


「小沢さんについていくと、いざとなったらスケープゴートに使われ
る。距離を置いたほうがよさそうだ」


と思うことでしょう。

そして、大多数の国民も、「部下をいけにえにして、自分だけ助か
るなんて、


「武士道に反している」


と思うことでしょう。

本人は「逃げ切った!」と安堵しているかもしれませんが、影響は
いろいろなところで現れてくるに違いありません。




2、アメリカと中国、どっちに仕えるの?

自らを「人民解放軍の野戦軍司令官だ!」と宣言し、中国ベッタリで
きた小沢さん。

しかし、アメリカに逆らえばいつ逮捕されるかわかったもんじゃない。

小沢さんはこれから、中国とアメリカに挟まれ、厳しい立場に立たさ
れるでしょう。


おそらく、


・アメリカには、日本国民の富を差しだすことで仕える(ゆうちょの金
で米国債を買う)

・中国・韓国には、「外国人参政権付与」を目指すことで仕える


ということなのでしょう。

とばっちりを食うのはまた日本国民。(涙)


このように、小沢さんの問題は、米中の戦いに密接にからんだ



「グローバル問題」



であることがわかります。

2超大国に挟まれた日本はどうするのか?

アメリカの天領でも、中国の小日本省でもなく



真の自立国家



になる道はないのでしょうか?

その方法を知りたい方は、是非この情報をゲットしてください。


山盛り資料つきで全部わかります。
↓
http://tinyurl.com/6zcszc



(おわり)↓ません


●PS1
北野の大恩人S社長のDVD、感謝の声が洪水のように届いています。
「富」と「幸福」を引き寄せたい方、いますぐゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/d2o2d7
北野とS社長の出会い、S社長の秘密についてはこちら↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090421222452000.html

●PS2
あの勝間和代さん、私の大恩人S社長が一押しする究極の成功法則と
は?
詳細は↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20100113183523000.html

●PS3
記憶力を劇的にあげ、出世街道を驀進したいかたは、日本一の宮口先
生から方法を聞いたらいかがでしょうか?
↓【無料】
http://www.infohouse.jp/outo.php?aid=7469&vid=46


▼「危機克服本」コーナーへ
================================================================


★メルマガでお伝えできない情報は・・・・


1、北野がモスクワに来てからの詳細なあゆみは
→  http://rpejournal.com/kitanonokoe.html

2、北野の夢とは?
→ http://rpejournal.com/kitanonoyume.html

3、スーパーエリート読者さんの声は
→ http://rpejournal.com/dokusya.html

4、サラリーマンが安全に億万長者になる方法は?
→ http://rpejournal.com/hukugyou.html



▼「危機克服本」コーナーへ

=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「国家の自縛」 佐藤優 産経新聞社
(詳細は→  http://tinyurl.com/yjsqeo  )


ここ数年の日本で、もっとも評価がわかれるのは、鈴木宗男さんと佐
藤優さんでしょう。

外務省のある知人は、「あんなに日本の国益を考えている人たちは
いません!」と断言しています。

他の外務省の知人は、「ひどい奴らです」と怒っていました。

「実際どうなんですか?」ときかれることがあります。


私は、「善悪は立場によって違いますからね~」と答えます。


その佐藤さんは、「国家の罠」( http://tinyurl.com/8kpkc )という
すばらしい本を出版されています。


このメルマガでも何度か取り上げ、推薦させていただきました。

今回紹介する「国家の自縛」は、産経新聞の斎藤勉さんの質問に
佐藤さんが答えるという形式。

政府や外務省の内実が知りたい人には、必読の書でしょう。

ただ、私自身は政府や外務省の内部には関心がありません。

それよりも、ソ連末期→ソ連崩壊→激動のエリツィン時代を通し、
ロシアで圧倒的人脈を築き上げた佐藤さんの頭の中身を知りたい。

これは、そんな私の好奇心を非常に満足させてくれる、すばらしい
本でした。

私が面白かった部分をいくつか挙げておきます。

・北朝鮮問題を佐藤さんならどう解決するか?
・韓国問題を佐藤さんならどうするか?
・中国との関係を佐藤さんならどうするか?
・靖国問題を佐藤さんならどうするか?
・中東問題を佐藤さんならどうするか?
・北方領土問題を佐藤さんならどうするか?
・プーチンロシアの本質とは?
・佐藤さんはネオコンについてどう考える?
・佐藤さんは「女帝論」をどう考える?


等々、面白さ満載です。

いくつか私と違う考えの部分もありましたが、裏も表も知りつくし
た国際人になりたい人は必読の書でしょう。

是非ご一読ください!


★「国家の自縛」 佐藤優 産経新聞社
(詳細は→  http://tinyurl.com/yjsqeo  )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★山本さまからのおたより


北野様

いつも有意義なメルマガを有難うございます。

ここ数号の外国人参政権がテーマの号、大変に重みがあり、
読者に行動を促しているという意味で正に国難へ投じる一石
となっていると感じます。

私も北野様に励まされ、鳩山マガジンに登録し反対意見を具
申しました。

同様に自民党谷垣氏のHPでも次回選挙では外国人参政権
への姿勢次第で投票先を決める、と意見しました。

こうした草の根活動が実を結んでくれることを祈るばかりです。


草の根といえば、私は昨日、外国人参政権反対のデモに参加
して来ました。

チャンネル桜主宰のデモで、午後3時から国会議事堂裏の衆
議院第一議員会館前でのデモ。

私は少し遅れて行きましたので、列の最後尾に加わりましたが、
しとしと降り止まない雨の中、多数の方が片手に傘を差し、片
手に日章旗を持ち意思表示をしていました。

主催者発表で300人が参加した、とのことですが、現地の感覚
ではもっと多かったように思います。

午後5時に議員会館前から民主党本部に移動し、皆で盛大に
シュプレヒコールを挙げました。

「民主党は恥を知れ~!」

「恥を知れ~!」

「外国人参政権は絶対に許さないぞ~!」

「許さないぞ~!」

「中国への叩頭外交を止めよ~!」

「止めよ~!」

「国民はいつまでも騙されないぞ~!」

「騙されないぞ~!」

という感じです。

参加者は学生風の若年層から中壮年、そしてお年寄りまで幅広
く、男女半々といった印象。

皆さん自分のはっきりした意思でこの集会に参加し、この亡国法
案を絶対に阻止したいという真剣な気持ちをにじませておられま
した。

この雨の中これだけが集まったことに手応えを感じました。

こうした草の根活動も民主主義の大切な一部だと信じます。

しかし、例によって主流メディアはこのデモを一切報じていません。

NHKなど先日は天皇制に反対する20人のデモを報道したそうです。

産経新聞以外のこの国の主流メディアは中共様による検閲を恐
れるかのように振舞う事がデフォルトになっています。

我が国に報道の自由はないのです。

恐ろしいことです。

RPEでも警鐘を鳴らしてくださった小沢独裁体制に対する批判も、
産経以外の主流メディアで眼にすることはありません。

メディアをコントロールするものが世論を決定し、自由意志による
投票を事実上操作する。

そんな世の中になろうとしているのでしょうか。

インターネットなどの非主流メディアではマスに対する働きかけは
弱いのか・・・ 

しかし、あの民主党が二の足を踏んでいることから察して、この
法案への自発的な反発は小沢氏の予想以上のものだったのでし
ょう。

勢いを拡大し、廃案に持ち込み、今後二度と議題に上らないよう
にしなければなりません。

でもそのせいで鳩山氏が切腹したりすることはないでしょうね。

あれだけ変幻自在な人ですから。

鳩山氏の答弁のリンク、見せていただきました。

確かに寒気がします。

この人はこの考えを真剣に信じているんだということが伝わって
来ます。

正に宇宙人。

現実世界との整合性が取れていない。

それは前のご主人から今の奥さんを略奪し、その尻拭いを家族
にやってもらう程溺愛された「恵まれた家庭」に育ったせいでしょ
う。

金銭感覚だけでない、現実全てから乖離した恐ろしさを感じます。

ひょっとしたらこの亡国案、そして「友愛」という宇宙語も奥さんに
吹き込まれているんですかね。

今後ともRPEが我が国の行く末を照らしてくださることを期待しま
す。寒くなりますのでご自愛のほどを。



▼編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


ミーハーな私は、アメリカの「LOST」というドラマにはまって
います。

先日「ファイナルシーズン」がスタートしたばかり。

なんと真田ひろゆきさんが、重要な役どころで出演していま
す。

すばらしい。

全世界で爆発的にヒットしているだけあって、めちゃくちゃ面
白いです。


ためしにユーチューブで見てみてください。

英語の勉強にもなりますよ。

↓
シーズン1の1
http://www.youtube.com/watch?v=0mdZeJsuHns

DVDはこちら↓
http://tinyurl.com/y9m76sw


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,268部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/20 部数:  56,268部

他のメルマガを読む