ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】米国防総省、「アメリカの敗北・中国の勝利」を認める

=== RPE Journal===================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.584

                         2009/4/29号

================================================================

★不況時に増税?


不況にたえかねた政府がついに大盤振る舞いをはじめました。

税収に匹敵する●50兆円の国債発行になる可能性があります。

しかし、増えた国の借金はいつか返さなければなりません。

どうやって???

自民党の幹部は、「もはや【消費増税】は避けられない!」と断
言しています。

朝から晩までせっせと働き貯金する。

しかし、史上空前最長の●超低金利政策で、まったく増えない。

バブル崩壊後、一貫して●右肩下がりの実質賃金

そんな国民に、●消費大増税というドロップキックがおそいかか
ります。


「・・・もういやだ!なんとかしてくれ、この国を!」


叫んでみても何もかわりません。

結局、サバイバルする道は、「貯蓄から投資へ」という使い古さ
れたスローガンを実行に移すことだけ。


「・・・それはわかっているんだ。でも●時間が全然ない」


ご安心ください。

●たったこれだけで投資ができます。

1、パソコンの電源を入れます。

2、【オートマネー225V】が起動すると『自動売買ボタン』をクリ
ックします。


「・・・ふ。全自動?そんなんで儲かるはずないでしょ?」


ご安心ください。

●月間勝率91.7%!

●18か月連続利益!

●リーマンショックで大揺れの08年でも、資産を7倍増加!

今だけ●先着50名さまにだけ、この驚愕情報を

●超激安価格でご奉仕ささていただきます。

いますぐこのページを上から下まで熟読し、判断してください。
↓
http://www.infocart.jp/t/37564/sr/
【要注意!】
定員に達しましたので、●4月31日(二日後)販売停止とさせて
いただきます。


↓











★え”っ!【You Tube】を使って稼げるの?

あの宮崎あかりさんも実践している、You Tubeで稼ぐ方法を
●3日間だけ公開中!↓
http://www.infohouse.jp/out.php?aid=7469&vid=526





↓







★たった【7日】であなたも【英語脳】になれる!?


もう英語学習に大金をつぎ込みつづける必要はありません!

あなたの脳も、たった1週間で英語脳になります。

「・・・絶対あり得ない!ウソだ!」

ウソではありません。


●あのケント・ギルバート氏も絶賛!
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「こんなに斬新で、短期間で英語脳にする方法が存在したん
ですね!」 (ケント・ギルバート)


今だけ●冗談のようなお値段で、この革命的方法を伝授して
おります。

今まで英語学習に大金をつぎ込み、成果があがらなかった方。

いますぐこのページを熟読され、秘密の情報を入手してください。
↓
http://www.infocart.jp/t/36159/sr/

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★米国防総省、「アメリカの敗北・中国の勝利」を認める


全世界のRPE読者の皆さまこんにちは!

いつもありがとうございます。

北野です。

読者の皆さまが健康で幸せで豊かでありますように!


前々号は、「危機後に浮上する国・沈む国」(4月22日号)でした。

今回の世界的経済危機後、どの国が今より影響力を増すのか、どの
国が減らすのか?

結果は以下のようなものでした。


中国・インド > 日本・EU > ロシア・産油国 > アメリカ・イギリス。


つまり、一番飛躍するのが中国・インド、最大の打撃を受けるのが米英。

(もちろん大国の話で、IMFの世話になっている小国は除きます)


どうしてそういう結論になるのかは、これを読んでください。↓

http://archive.mag2.com/0000012950/20090421222653000.html
(2009/04/21 【RPE】危機後に浮上する国・沈む国)


「勝利するのは中国・インド・・・」

と聞いて、


「そんなバカな!中国は共産党の一党独裁で、『近々崩壊する』と日本
の専門家は口をそろえていってたじゃないか!」


怒りたくなる気持ちもわかります。

しかし、「中国が嫌いだから、中国は崩壊しろ!」と叫んでみても何もか
わりません。

これを逆にいえば、「中国が好きだから、中国は脅威じゃない」とならな
いのと一緒。

中国が「次の覇権国家候補」というのは、もはや動かしがたい事実。

だって、アメリカ政府の高官が「これからはG2(米中)で世界を運営しよ
う」なんていっている。

今回は、アメリカ国防総省内でも、「やっぱ勝つのは中国だわ」という結
論が出たという話。

え”〜〜〜、じゃあもう相当やばい状況じゃないですか!



難しい話をする前に、超お得(^▽^)な話を二つ。


1、あのベストセラー
「お金をかけずに繁盛店に変える本」(→ http://tinyurl.com/c8xwmh )

の著者・カリスマ経営セラピストの富田英太氏が、その極秘ノウハウを
●完全無料で公開してくださっています。
いますぐ下のブログに入り、メルマガにご登録ください。
↓
http://tomitahidehiro.livedoor.biz/

2、インターネットビジネスで年収1億をこえるカリスマ
和佐大輔氏が、参加費5万円セミナーの映像を
●後1日だけ、●完全無料で公開中!
こんな機会はメッタにありません。迷うことなく情報をゲットしてください。
↓
http://www.infohouse.jp/outo.php?aid=7469&vid=28


では、本題。



▼米国防総省、「アメリカの敗北・中国の勝利」を認める


これからアメリカ国防省で何が起こったのかお話するのですが、
「米ロ新冷戦の結果、漁夫の利を得るのは中国(そしてインド)だ」
という結論。

昔からのRPE読者の皆さまには、特に新鮮ではないでしょう。

なぜかというとRPEでは、大昔から「中印の勝利」を予測していたからで
す。

たとえば、今から約一年前の

「2008/04/08 【RPE】米ロ新冷戦終わらず」

から引用してみましょう。
↓



< アメリカは致命的間違いを犯しています。

1、アメリカの仮想敵NO1は、ロシアでなく中国である

アメリカ上層部は、いまだに「ロシアが仮想敵NO1」だと思っているの
ですね。

しかし、ロシアは既に、東欧とソ連14共和国を失っている。

しかも人口が年間70万人も減少している。

確かにプーチンの指導力により復活していますが、再び世界の覇権
を狙うポテンシャルはないのです。


一方中国はどうでしょうか?

1989年から現在に至るまで、軍事費を毎年二桁増やしつづけている。

軍事費はダントツ世界2位であり、GDPは世界3位である。


中ロを比べたとき、どっちが本当の脅威なのかは、一目瞭然のはずです。

しかし・・・。

キッシンジャーさんのように、中国ビジネスでもうけている有力者が多い。

クリントン夫妻のように、中国から金をもらっている政治家も多い。

民主党議員の多くが中国から金をもらっている。

等々の理由で、アメリカは中国よりロシアを敵視している。


「アメリカにおける中国ロビーはイスラエルロビーの次に強力だ」といわれ
るゆえんであります。


米ロ冷戦の継続は、アメリカ・欧州・ロシアに利益をもたらさない。

英独が戦って覇権が米ソに移行したように、米ロ新冷戦により中印が浮
上することになるでしょう。 >

(2008年4月8日 【RPE】米ロ新冷戦終わらず」より )




どうしてこういう結論にいきついたのかは、これをご一読ください。
↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20080408004410000.html?start=140
( 2008/04/08 【RPE】米ロ新冷戦終わらず )


で、アメリカ国防総省で何が起こったのか?
↓



<経済戦争シミュレーションゲーム 米露対立で中国“漁夫の利” 
米国防総省主催

4月16日7時59分配信 産経新聞

 【ワシントン=有元隆志】北朝鮮が崩壊の危機にあるときだれが
支援するか、ロシアが天然ガスの価格を操作したらどうするか−。

米国防総省が主催して3月中旬、「経済戦争」に直面したときのシ
ミュレーションゲームが行われていたことが14日までに明らかに
なった。>



ほほう。

米国防総省も面白いことをしますね〜。

で、どこの国が経済戦争に勝利したのでしょうか?
↓



<ゲームの勝者は米国でも日本でもなく中国だったという。>
                         ~~~~~~~~~~~~
(同上)



いったい、誰が参加したのでしょうか?

そもそも、この結論に信憑性はあるのでしょうか?
↓



< 米軍や情報機関の当局者が記録をとりながら、「戦争」の行方
を注意深く観戦していたという。

 ワシントン郊外の戦争分析研究所で3月17、18の両日行われた
「経済戦争ゲーム」には、ブラケン教授ら大学教授、投資銀行やヘ
ッジファンドの幹部らが参加した。

それぞれの専門分野に沿って、米国、日本、ロシア、中国の“指導
者”となって、「戦争」に参加した。>



↑
まあ、核大国の米中ロが、実際に戦争に突入する可能性は低い。

(グルジアーロシア戦争のようなケースはあっても)

ですから大学教授・投資銀行・ヘッジファンドの幹部が行う経済戦争
シミレーションは、一定の信頼性があるといえるでしょう。

ゲームでは、今後起こりえるさまざまな危機が想定されていました。
↓



< 討論にあたっては、北朝鮮の崩壊危機やロシアの価格操作の
ほか、中国と台湾の緊張激化、イランへの経済制裁の強化に伴う対
立などを想定。

活発な議論が行われたという。>(同上)



で、結局どうなったか?
↓



< 米露が多くの場面で対立を繰り返した結果、第三者の立場にい
た中国が恩恵を被り、結果的に「勝者」となった。>(同上)



これは、RPE08年4月8日号



<米ロ冷戦の継続は、アメリカ・欧州・ロシアに利益をもたらさない。
英独が戦って覇権が米ソに移行したように、米ロ新冷戦により中印
が浮上することになるでしょう。 >



とほぼ同じ結論です。

国防総省の結論には「インド」への言及がありませんが、これは「イ
ンド」が経済戦争参加国に入っていなかったから。


▼経済戦争シミュレーションゲームの中身は?


実際に米国防総省内で行われた経済戦争シミュレーションゲームの
詳細はわかりません。

ここからは私の想像ですが、だいたい中身はわかるでしょう。

まず参加国は、アメリカ・日本・中国・ロシア。

で、結果は、



< 米露が多くの場面で対立を繰り返した結果、第三者の立場にい
た中国が恩恵を被り、結果的に「勝者」となった。>(同上)



どうしてこういう結果になっちゃったのでしょうか?



▼日本は最後の1円までアメリカに貢ぐ



まず日本から見てみましょう。

日本の強さは、

1、外貨準備で世界2位
2、米国債保有世界2位
3、個人金融資産1500兆円

等々です。

「日本は外需依存だから不景気」といいますが、金融資産の10%
(150兆円)でも国内で動かせれば、アットいうまに好況になるはず。

問題は、「日本はアメリカの天領なので、自国のために金を使えな
い」ということなのです。

おそらく経済戦争ゲームに参加した有識者の結論はこうでしょう。


「日本?ああこの国は国富の最後の1円まで、米国債を買い、ドル
買い支えをつづけるだろう」



要するに、日本の存在はそのままアメリカの強みに含まれる。


▼米中ロの対立点


次にアメリカ。

アメリカは現在、経済を救うために大々的な財政出動を行っていま
す。

今年の財政赤字は200兆円(!)程度になる見通し。

すると今度は、国家破産する可能性が高まってくる。

でも、ドルが基軸通貨でありつづける限り、破産はまぬがれる。

つまり、アメリカ経済戦略の根本は、「ドル体制を防衛すること」。


一方、経済戦争に勝ちたい中国・ロシアの戦略は、「ドル体制を崩
壊させること」。

それで、中ロ両国は、「ドルにかわる『世界共通通貨』創設」を提唱
しています。

↓


< これより先に、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は23日、
国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)がドルに代わる可能
性を示唆した。

 SDRはIMFが1969年に創設した準備資産。

周小川総裁は、人民銀行のウェブサイトに掲載された論文の中で、S
DRが準備通貨として機能する潜在力があると指摘した。>

(09年3月24日  ロイター)




中ロ両国の「ドル攻撃」はこれだけではありません。

両国共、「貿易で、ドルではなく自国通貨を使う」政策をおしすすめて
います。

たとえば中ロ貿易はこれまでドルで行われていましたが、今後はル
ーブルと人民元が使われるようになる。



▼後半へ
=================================================================

●ブログ・メルマガをおもちの皆様へ


北野の最新刊

「隷属国家日本の岐路〜今度は中国の天領になるのか?」

(ダイヤモンド社)
(詳細は→ http://tinyurl.com/6zcszc  )

をお読みくださりありがとうございます。

「これは、今の日本に必要な内容だ」と思われたブロガー・
メルマガ発行者の皆様。

よろしければ、ご自身のブログ・メルマガでご紹介いただ
けないでしょうか?


★すでにこんなところでも紹介されています。

・フジサンケイ ビジネスアイの書評を見る↓
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200809200006o.nwc
・プレジデント・ロイターの著者インタビューを見る↓
http://president.jp.reuters.com/article/2008/11/14/5912BFDC-AB13-11DD-B03C-24C83E99CD51.php
・ダイヤモンド・オンラインの書評を見る↓
http://diamond.jp/series/diabooks/10039/



ご紹介くださったら、その旨ご連絡ください。

日本のスーパーエリートが集結している「まぐまぐ殿堂入
り」メルマガ、

まぐまぐ大賞2005年・08年ニュース・情報源部門1位の

「ロシア政治経済ジャーナル」で皆様のブログ・メルマガを
ご紹介させていただきます。


「載せました!」報告はこちらまで。
↓
tjkitanojp●yahoo.co.jp

★迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。 


=================================================================
▼後半


▼アメリカの対ロ戦略


次に、アメリカの対抗策を見てみましょう。

このゲームにおけるアメリカの敵は中国・ロシアの2国。

でも、結果は


< 米露が多くの場面で対立を繰り返した結果、第三者の立場にい
た中国が恩恵を被り、結果的に「勝者」となった。>


なんでこうなるの?

まず米ロ関係を見てみましょう。

アメリカは「ドル体制攻撃」をつづけるロシアをなんとかしたい。

方法はあるのでしょうか?

あります。

ロシア経済は完全に石油・ガス価格と比例している。

つまり、アメリカの対ロ戦略の要は、「原油価格をトコトン低く保つ
こと」。


これが有効であることは既に歴史が証明済み。

ソ連経済は、2度のオイルショックがあった1970年代絶好調だった。

ところが80年代に原油価格が暴落し、ソ連経済はボロボロになっ
た。

そして91年、ソ連は崩壊。

原油価格がバレル10ドルをわった98年、新生ロシアは国家破産し
た。


最近の話。

アメリカでは07年にサブプライム問題が顕在化し、金融危機に突
入しました。

しかし、歴史的原油高に支えられたロシアは、08年の夏まで余裕
だった。

ところが、原油価格が08年8月から数か月で147ドルから33ドルま
で急落。

ロシアは08年、なんとか5.6%の成長を保ちましたが、今年はマイナ
ス成長になる可能性が大です。

ロシアを「大プラス成長からマイナス成長」に転じるには、数か月の
原油安で十分だった。



そして、歴史的に見ても、アメリカには「石油価格をコントロールす
る力」があります。

なんといっても原油価格はニューヨークの先物市場で決まる。

さらに、最近面白い情報が入ってきました。
↓



<湾岸産油国、原油価格が低く抑えられた状態を容認

4月27日16時20分配信 ロイター

 [東京 26日 ロイター] 石油輸出国機構(OPEC)に加盟す
る湾岸産油国の代表者は26日、当地で日本や中国を含むアジア地
域の石油消費国の代表者との会合を開き、世界経済の回復のため
に原油価格が低く抑えられた状態を容認するとの立場を示した。>



湾岸産油国は、「原油価格が安くても我慢する」といっている。



<消費国との会合に出席したカタールのアティーヤ・エネルギー産
業相は「1バレル=40─50ドルの水準は、2009年に関しては現
実的といえる」と述べた。

またサウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は、1バレル=50ドル
の原油価格は、サウジアラビア政府による「世界経済への貢献だ」
と述べた。>



↑
これを見て、歴史を知っている人は、「あ!」とめまいがしたことでし
ょう。

アメリカは80年代、サウジアラビアを脅迫し、増産させ原油価格を
下げさせた。

もちろん「対ソ連戦略」の一環。

アメリカは今回も、サウジおよび中東産油国を説得(あるいは脅迫)
し、「原油安政策」をとっている可能性があります。

まあ、証拠はありませんが。


米ロ関係の本質をまとめると、

1、ロシアは「貿易におけるドルはずし」政策をつづけることで、「ド
ル体制」を崩壊させる

中国もこの政策に加わっている


2、アメリカは、ロシアを野望をくじくため、原油価格を安く抑える


となります。

この政策を継続することで、両国は疲弊していくことになるでしょう。


▼なぜ中国が勝利するの?


ロシアと一緒に「ドル攻撃」をつづける中国。

ではなぜ


< 米露が多くの場面で対立を繰り返した結果、第三者の立場にい
た中国が恩恵を被り、結果的に「勝者」となった。>


という結果になるのでしょうか?

なぜかというと、中国は一方で「ドル攻撃」をつづけながら、もう一方
で、


・外貨準備世界1
・米国債保有世界1


だからです。

つまり中国は、「アメリカさん。俺たちを怒らせたらタダじゃすまない
よ」と脅迫できる。

つまり、「ドル売り」「米国債投げ売り」により、中国はいつでもアメリ
カを破産させることができる。

中国から金を借りなければ破産するアメリカは、この国のいうことを
聞かざるを得ない。

もしアメリカが、「金を貸さなければ、力づくでも・・・」と脅迫したらど
うでしょうか?

中国は、「そうなったらワシントンとNYに核を落としますが、それで
もやりますか?」と逆脅迫できる。


結局アメリカは、ロシアに対抗する策(原油安)はあっても、中国に
対抗する方法はほとんどないのです。

だから、


< 米露が多くの場面で対立を繰り返した結果、第三者の立場にい
た中国が恩恵を被り、結果的に「勝者」となった。>



どうシュミレーションしても、勝つのは中国という結果になります。

これを阻止する方法はあるのでしょうか?


▼ロシアでひろがるオバマへの幻滅


「中国を覇権国家にさせない方法」はあるのでしょうか?

あります。

アメリカ・日本・ロシア・インド等々が一体化して、中国を封じこめれ
ばいい。

しかし、実現できるかどうかは別問題。

もっとも問題なのがやはりアメリカとロシアの関係。

この二大国の関係が険悪であれば、どうしようもない。



ところで皆さま、オバマさんやヒラリーさんが最近


「米ロ関係を再起動させよう!」(^▽^)


なんていっているのを聞いたことありませんか?

確かにオバマさんは、ロシア・イラン・ベネズエラ等々、反米諸国と
の関係を改善したいように見えます。

ロシアのトップも、なんとなく期待していました。

↓



<<米露首脳>新たな核軍縮交渉の開始で合意 7月訪露も合意

4月1日21時49分配信 毎日新聞

 【ロンドン草野和彦】欧州歴訪中のオバマ米大統領は1日、ロンド
ンでロシアのメドベージェフ大統領と会談した。

両大統領は、今年12月に失効する第1次戦略兵器削減条約(STA
RT1)の後継となる新たな核軍縮条約の交渉を直ちに開始し、今年
7月までに成果を報告させることなどを盛り込んだ共同声明を発表し
た。

オバマ大統領がメドベージェフ大統領の招待を受け、7月にモスクワ
を訪問することでも合意した。

 両首脳は共同声明で「我々は冷戦思考を乗り越え、新たな米露関
係を開始する」とし、ブッシュ前政権時代に悪化した関係の「リセット」
を宣言。

核削減や大量破壊兵器拡散防止、テロ対策など国際問題での協力
を打ち出した。>



しかし、最近は「結局オバマでも何にもかわんないな〜」と幻滅にか
わりつつあります。

なぜか?

ブッシュの時代、米ロ両国の間には、多くの問題がありました。

しかし主な問題は、


・東欧MD問題
・NATO拡大問題


東欧MD問題とは、アメリカがチェコ・ポーランドにMDを配備する問
題。

アメリカは、「このMDは対イランだ!」(^▽^)と主張していますが、
これをまともに信じているリーダーや専門家は世界に一人もいませ
ん。

ロシアも、「東欧MDは対ロシアだ!」と主張している。


NATO拡大問題とは?

アメリカは、旧ソ連(つまりロシアの実質旧植民地)のウクライナ・グ
ルジアをNATOに入れたい。

これはロシアにとって大脅威ですので、当然反対しています。


オバマさんは、白い歯のきれいな笑顔で世界を魅了している。

しかし、東欧MDやNATO拡大について、「ロシアと話し合う準備が
ある」といっているだけで、「やめます」とはいわないのですね。



<首脳会談では、米露関係を悪化させる要因となった米国の東欧
ミサイル防衛(MD)計画や、昨年8月に起きたグルジア紛争につ
いても協議されたが、双方の見解の相違は解消されなかった。>

(同上)



そして、ニコニコ顔で和解したのもつかの間、また大きな問題がおこ
ってきました。
↓



<グルジアで来月NATOが演習 ロシア反発、対抗示唆

4月19日7時57分配信 産経新聞

 【モスクワ=遠藤良介】北大西洋条約機構(NATO)が来月、グル
ジアで計画する軍事演習にロシアが猛反発している。

昨年8月のグルジア紛争で冷え切った露・NATO関係はここにきて
改善の兆しを見せていたものの、この演習が再び冷や水を浴びせそ
うな情勢だ。

ロシア側はグルジアからの独立を承認したアブハジア自治共和国と
南オセチア自治州で対抗演習を行う可能性も示唆しており、ロシア
とNATO軍がグルジア領内で100キロたらずを隔てて対峙(たいじ)
する緊迫した状況も想定される。>



グルジアについて。

NATOを目指すグルジアですが、昨年8月のロシアVSグルジア戦
争で加盟が遠のきました。

なぜかというと欧州がビビってしまった。


「おいおい。もしグルジアがNATO加盟国だったら、欧州ーロシア戦
争に発展していたところだぜ〜。

そしたら、欧州なんて壊滅じゃん。石油もガスも止められるし・・・」



欧州は、ロシアに石油ガスを依存しているし、地理的にも近い。

遠く離れていて、ロシアを破壊しつくせる核戦力をもつアメリカより、
何十倍も深刻なのです。


もちろん、わけのわからないコーカサスの小国のために、ロシアと戦
争したくない。

よって、グルジアのNATO加盟には反対。

欧州が反対なら、どの国のイニシアチブで「演習」という話になったの
か、子供でもわかります。

要するに、現在の米ロ関係は表面上よくても、根本は全然変わってい
ないのです。



グルジアについて補足しておきます。

アメリカ民主党政権は現在、共和党ベッタリのサアカシビリ・グルジア
大統領を排除しようとしています。

それで、近い将来政変かクーデターにより、同大統領が失脚する可能
性があります。


▼日本は・・・


このように、アメリカとロシアの不信感は強く、容易に和解が成立すると
は思えません。

よって、RPEで5年ほど前から主張している日米ロ印その他による
「中国包囲網」は実現しない可能性が高い。

アメリカ自身が「これからはG2(米中)の時代だ」なんていってるくらいで
すから。

もし日本が普通の国であれば、私は「アメリカ共和党の反中派に金をば
らまき、『中国脅威論』をアメリカで盛り上げよう!」などと主張するでしょ
う。(実際本にも書いている)

ところが日本にそんな芸当は無理でしょうから、「外交なしでサバイバル
する方法」を考えなければならない。


それが「自立する」こと。


日本は、中国が覇権国家になる日に備え、日米同盟を守りながら自立
への道を歩みだすべきなのです。

どうやって?

それは、この下の★超具体策をごらんください。↓↓↓(おわり)


●PS
北野の大恩人S社長のDVD、感謝の声が洪水のように届いています。
「富」と「幸福」を引き寄せたい方、いますぐゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/d2o2d7
北野とS社長の出会い、S社長の秘密についてはこちら↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20090421222452000.html


↓
================================================================

【この本は日本が危機を克服するためのバイブルです。】(京都 山根様)


★「僕が生まれたのは、中華人民共和国


小日本省です・・・」
~~~~~~~~~~


アメリカの衰退により、放り出される
天領日本。
~~~~
戦後60年以上「自分で決定したことがない」
依存政治家は、

次の依存先を探し始めた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本には二つの道があります。

1、中国幕府の天領(小日本省)になるのか?

2、真の自立国家になるのか?


05年1月発売「ボロボロになった覇権国家」でアメリカの
現在の危機を予測。

07年9月発売「中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」で
「米ロ新冷戦」勃発を予測した

RPE北野幸伯 待望の新刊

『隷属国家日本の岐路〜今度は中国の天領になるのか?』
(ダイヤモンド社)
↓
詳細はいますぐ↓
( http://tinyurl.com/6zcszc  )

●迷っている方はまずこちら↓

・フジサンケイ ビジネスアイの書評を見る↓
http://www.business-i.jp/news/book-page/debut/200809200006o.nwc
・プレジデント・ロイターの著者インタビューを見る↓
http://president.jp.reuters.com/article/2008/11/14/5912BFDC-AB13-11DD-B03C-24C83E99CD51.php
・ダイヤモンド・オンラインの書評を見る↓
http://diamond.jp/series/diabooks/10039/


PS
本の一番最後に「北野の夢」が書いてあります。
しかし、前から順番にお読みください。


▼お勧め本コーナーへ
=================================================================

★(いつまで続くかわからない)北野のお薦め本コーナー!

このコーナーでは、中学時代病気で死線をさまよい、高校時代クラ
ス一の落ちこぼれで先生に見捨てられたRPE北野が、なんやかん
やとサバイバルしているのに、役立っている本・DVDを紹介してい
ます。

戦争・テロ・デフレ・財政赤字・失業者・リストラの増加、こんな厳し
い時代ですが、せめてRPE読者の皆さんは、健康で幸せで豊かに
生きていけますように。


★「迷ったときは運命を信じなさい〜すべての願望は自然に叶う」
ディーバック・チョプラ サンマーク出版
(詳細は→  http://tinyurl.com/2hbpjw )

    
この「すべての願望は自然に叶う」という副題にそそられました。

私の「怠け心」にメガヒットです。

「ああ、超簡単に願いをかなえる、都合のいい本なのかな」

と思ったのです。

ところが、実に深遠な本でした。

インドの哲人チョプラさんの本は既に

「富と宇宙と心の法則 チョプラ
http://tinyurl.com/2mcyw5  」

を紹介しています。

この本の評判は非常によく、既に100人以上から感謝のメールが
届いています。

まだ読んでない方は、是非ご一読ください。

さて。

「迷ったときは運命を信じなさい〜すべての願望は自然に叶う」
の話。

この本はただの成功本ではありません。

哲学書です。

皆さん、人生の中でシンクロニシティー・偶然の一致ってあるでしょう?

過去を振り返ってみると、「あの時、あの人に会って、人生がこう
なって、ああなって」と。

あたかも映画のストーリーのごとしであります。

私にもあります。

ところで、「偶然の一致」ってなぜ起こるのでしょうか?

前半は、偶然の一致が起こる仕組みを、最新物理学の観点から解
説していきます。

「それが、願望実現とどう関係あるのですか?」

チョプラさんはいいます。

「偶然の一致の意味を理解して、人生を送るようになれば、心の奥
に横たわっている無限の可能性の場につながることができます。

つながった瞬間、奇跡が起こりはじめるのです。

これが「シンクロディスティニ(運命を変える偶然の一致)」とよばれ
る状態です。

この状態に置かれると、すべての願望が、花が咲くように、自然に
実現するようになります。」(7p)


ところが、シンクロディスティニを起こすには、「心の奥深い場所に
赴かなければならない」のだとか。


「目標を紙に書きました!」
「アファメーションをしています!」
「イメージングをしています!」


でも、夢や目標がすんなりかなう人とかなわない人がいる。

そして、その違いがどこからくるのか、はっきり解説した本はなかった
でしょう。

チョプラさんにいわせれば、「心の奥深い場所」に到達できるかどうか
によるということでしょう。


そして、本の後半では、運命を好転させる方法を公開しています。

念のため書いておきますが、「瞑想」「マントラ」「ヨガ」といった言葉に
ていこうがある人は読まない方が無難です。

それと、一回読んだだけですんなり理解できる単純な本でもありませ
ん。

「物理」「哲学」「霊性」といった言葉に抵抗のない、知的水準が高い
素直な人むけの本といえるでしょう。


個人的には絶対お薦めです。


「精神的に成長し、幸せになる同時に夢もかなえることができる」
方法です。

今までの成功本とは、全然違うことを覚悟しておいてください。


「わずかな時間でも、毎日、本書のメソッドを実践に移していただ
ければ、奇跡が起こせるようになるだけでなく、奇跡がいたるとこ
ろに存在していることがわかるでしょう。」

「あなたにも、奇跡が起こります。」(チョプラ)


★「迷ったときは運命を信じなさい〜すべての願望は自然に叶う」
ディーバック・チョプラ サンマーク出版
(詳細は→  http://tinyurl.com/2hbpjw )

★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
http://www.geocities.jp/rpejournal/


▼おたよりコーナーへ
=================================================================

★Sさまからのおたより


今日おくられてきたメールに大変感動しました。

あなたのメルマガに出会って5年ぐらいになりますが、世界情勢の
先を見通した眼力に感服すると同時にあなたの志の高さに感激し
ます。

これからも身体には気をつけて、抜群の出来映えのメルマガを無
料で刊行してください。

広告などいくらでも見ますし、あなたがメールに載せる広告も読者
にとっては有用なものですから。

ではまた。


▼編集後記へ
=================================================================

★婚活はしたいけど・・・結婚相談所は信用できないし・・・


「結婚したい・・・」

「でも忙しい仕事の合間に相手を見つけるのは不可能な
気がするし・・・」

「結婚相談所は信用できないと、みんな言っているし・・・」


そんな悩みをお抱えのあなたに朗報です。

・結婚相談のツヴァイは、業界唯一の【上場企業】!

信用を損なうようなマネは決していたしません。

今年こそ、すばらしい相手を見つけ結婚しましょう。

まずは、↓のサイトに入り、
●無料の資料を請求してみましょう。↓
           http://tinyurl.com/czchwx


=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ

・世界的危機は、これで乗り切れます!
心と体の健康、脳力開発の世界的研究者
斉藤英治博士のメルマガ
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000146702.html


・軍事情報日本一!これを読まずに今の世界は語れません。
★完全無料
登録はいますぐ→ http://www.mag2.com/m/0000049253.htm


・中国情報日本一!Xデーはいつくる?
★完全無料
 ≪ WEB 熱線 ≫≡アジアの街角から≡
登録はいますぐ→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


前号は「RPE10周年」でしたが、お祝いのメールが700通
も届きました。

うう。。。

ありがとうございます。

イイカゲンでテキトーな私がRPEをつづけられるのは、全
部読者の皆様のおかげです。



RPEジャーナル
北野幸伯

●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。


▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

==============================================================

★筆者のプロフィール


北野幸伯(きたの よしのり)

・1970年、長野県松本市に生まれる。

田中康夫前長野県知事と同じ松本深志高校卒。

・1996年、日本人として初めて、ロシア外務省付属モスクワ国際関係大学
(MGIMO)(*1)を卒業。政治学修士。

・1996年、卒業と同時にカルムイキヤ自治共和国(*2)大統領顧問に就任。

・1999年4月、メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を創刊。

「わかりやすい!」「笑える!」「予測があたる!」と話題沸騰。読者は、国
際金融機関・政府諸省庁・ロシアに進出しているほとんどの企業から主婦
・女子高生まで。ロシア関係のメルマガで配信数日本一を独走中。

・2001年9月より、世界一予測があたる国際金融アナリスト増田俊男氏が
編集主幹を務める月刊誌「力の意志」(サンラ出版)でグローパルアイ・ロシ
アを連載。

・2003年9月、長年プーチン大統領のブレーンを務め、ロシアを奇跡の復活
に導いた男Z氏・ディープロシアを知り尽くす唯一の日本人山内氏と共に、
IMT(International Most Trading.,Ltd.)を設立。

・2005年1月、『ボロボロになった覇権国家』〜次を狙う列強の野望と日本
の選択  風雲舎  http://tinyurl.com/dypky を出版。

週刊東洋経済(2005年3月26日号)で「日本の上っ面の海外報道を覆す」
本と絶賛される。

以後、執筆を中心とする生活にシフト。


・2005年12月、まぐまぐメルマガ大賞2005ニュース・情報源部門で、ロシア
政治経済ジャーナルが一位を受賞。

・2006年、Eブック日本NO1サイトTimebook Townのジャンル別06年度年
間ランキング国際部門で、「北野幸伯のぶった斬り国際情勢」が1〜3位
を独占。(ちなみに教養部門NO1は国家の品格【藤原 正彦】だった)

(*Timebook Townは、新潮社・講談社・ソニーの合弁会社パブリッシング
リンクが運営する、Eブック分野日本一のサイト)

・2007年9月

「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日-一極主義vs多極主義」(草思社)

(→ http://tinyurl.com/yro8r7 )を出版

この本について

朝日新聞07年11月18日

「ロシアの揺さぶり策から、アメリカの世界戦略に改めて気づくことができ
る本だ」

産経新聞07年11月27日

「混迷する世界情勢についてユニークな視座を提供する書物が登場した。」

読売新聞07年12月17日

「「日本は、いわば米国の天領。米国がしっかりしているうちはいいが、
中国やロシアが台頭したらどうなるか・・・。」
憂国の情に根ざしたロシア発の言論活動を今後も続けていく構えだ。」




*大学卒業後、失敗したこともたくさんあり、一文なしになり家賃を滞納し
たこともありますが、それを語りだすとキリがないので、カットしてあります。


(*1)MGIMOは、ソ連時代「卒業生の半分は外交官に、半分はKGBに」と
言われた超エリート大学。現在も、ロシア外交官の大半は同大学出身者
が占める。

(*2)カルムイキヤは、カスピ海北西岸に位置する仏教国。1993年、31歳
の若さで同共和国初代大統領に選出されたイリュムジーノフ氏は、就任
時既にロシアで5本の指に入る大富豪だった。現在は国際チェス連盟(F
IDE)会長も務めるスーパー大統領。MGIMO出身で大の日本好き。



================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.htm


=====================================RPE Journal=================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 358

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期: 不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  56,270部

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

発行周期:  不定期 最新号:  2019/02/23 部数:  56,270部

他のメルマガを読む